福島活動報告です

テーマ:

まず、ねこさま王国様大変お疲れ様です。

今回、時間がなくて、殆どお手伝いができなくて申し訳なかったです。

昨日は、依頼があった警戒区域に残る犬の飼い主さんの委任状と共に向かいました。

家の周りを相当探したのですが、いませんでした。。。

同行のボランティアさんがその子のリードは形見として飼い主さんに送ろうと、持ってきたようです。

いなかったけど、犬小屋付近で死んでいるよりかはマシなのかもと思いました。

どなたか保護して下さっているのかもしれませんし。。。

しかしながら、道中、特に、猫が道端にでてきて、それはそれは目を覆いたくなるぐらいガリガリでした。

いかにも皆飼い猫でして、でも警戒心が強くなっていて全く捕まりません。

置き餌は山ほどしました。

まだまだ中には沢山の犬猫&牛に豚がいますし、

ガリガリで道端で飼い主さんを、あるいは餌を待っています。

道中見かけて、置き餌をたくさんしましたが、

白いアメリカンカールの猫など(逃げまくりで保護は無理でした、でも捕獲機仕掛けたらたぶんOK)

コンクリートの道を舐め舐めしてました。昆虫でも死んでいたのでしょう。なにそれって感じでした。。。

犬も放浪しているもいれば、飼い犬らしき、でも捕まらない(飼い主さんなら間違いなく捕まります)

ガリガリで餌にむしゃぶりついていた軍団もいました。。。

警戒区域にペットを残した飼い主さんは沢山います。

まだまだ諦めないでほしい、行動を共にしてほしいと切望します。

また、原町の飼い主さんより成猫一匹こちらでの保護(譲渡希望)になりまして、

昨夜、こちらのシェルターに到着しました。

AD