動物と話すさち と 相棒しぃ のアニマルコミュニケーション日記

動物と自然をこよなく愛する
アニマルコミュニケータさちのブログです。


テーマ:
→いいえ!勧誘しません。

勉強会は、国際アニマルコミュニケーションスクールの講座を受けた人しか参加できないの?

→いいえ!アニマルコミュニケーションの学びに興味がある方ならどなたでもどうぞ。
以前から変わらず、そう言っております。

ワタクシがスクールの講師をしている関係で、
この勉強会もスクールの一環なんでしょ?
受講生さんのみ参加できるんでしょ?と
思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

やってる人が同じなもので、
周りから見ていると、
何が違うのか分からないのも頷けます。

そして、
参加費お手頃すぎてアヤシクない??
これはきっと、この頃よくある、
入口は安いけど足を踏み入れたら最後、
その奥のとんでもない高額商品を、
言葉巧みにお勧めされて帰れない…
なんてことになるんでは…??

みたいな心配されてませんか?もしかして…
少し説明をば、
させていただきますね。

この勉強会は、ワタナベ個人の活動です。
スクールができるよりもずっと前から
開催してきました。
開始当時は自宅でね。

{97B234EA-7E28-4069-AD17-8B84A0DC8F69}
こんな風に監督も一席確保してました。


アニマルコミュニケーションにおいては、
ワタシも日々精進している身。
その時々の役割りやスタンスは変わるのは当然ですが、
この勉強会は
《一(いち)コミュニケーターとして、
アニマルコミュニケーションに対して
できることを継続していく場》
としています。

もちろんね、
しっかり学びたいと思っている方々には、
自信を持ってスクールの講座をご紹介します。

でも、引き止めて勧誘、なんてしないので、ご安心を〜!

勉強会のみ継続して来てくださる方、
ご予定に合わせ時折いらしてくださる方、
残念ながら一回のみの方…様々ですが、
動物が大好きで、
アニマルコミュニケーションに興味がある
誠実な方々ばかりが集まるというのが、
何よりの自慢です。

何か新しい事を始める、
初めての場所に行く、
知らない人の中に入るって、
とてもエネルギーの要ることですよね。

そこに不安の負担までかからないよう、
安心感は大切にしています。

ぜひ大好きなアニマルコミュニケーションをいっしょに学び合っていきましょう。

ご参加お待ちしております!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*


次回の勉強会は
4/29(土)開催予定です。
お申し込み、お問い合わせは
こちらからお願いします

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
すーちゃんの居場所確保やら
しぃの精神的不安定やらで
朝から晩までバッタバタのさちん家。

すーの2回目の予防接種と
避妊手術の予後確認が済み、
ようやく一息、

と思った矢先にまたまた珍客が…
{6352CC52-6FBB-45DC-8A82-4AEDD0E85FA6}

珍しく門限ギリギリまで帰ってこないしぃを迎えに出たところ、
口に何かをくわえてスタタタタと現れた。

ぱっと見、蛾。ぎゃー(怖)
放してあげなさい!と説得し、
口からポトっと落としたところを、
本猫捕獲。

(蛾さんバラバラ事件はその後が
かなーりキビシイので、
家に連れて入って欲しくないのです)

その後、落とされた方、確認して驚いた。
鳥さんじゃないですか…
しかも野生じゃないでしょう、という…

あわててこっちも捕獲して、
とにかく安全第一。
流血は無いようで一安心。

箱に入れてしばらくしたら
部屋中飛び回る。
その羽音に、
今度はすーちゃんが金網のすき間から
身をよじって脱走、
目をまん丸にして
アタシ、アレ捕まえたい!!
嗚呼…

すーをとっ捕まえて小屋に戻し、
すき間に座布団突っ込み、
ガムテープで止めネコ脱走防止。

少し大きめな箱に暖かい布を敷き、
空気穴を開け、
雑穀米を乳ばちですり潰し…
で、小鳥の捕獲アゲイン。

ヒーリングし、
ネコの手の届かない所に安置して、
「明日先生の所にいってみようね」
と声を掛けて寝ました。

朝恐る恐る箱を開けたら、
モゾモゾモゾ…生きてる〜!ほー…

9時からの開院に合わせて様々な準備をしつつ(ええ、ワタシは会社員、今日は平日…)
モゾモゾしている小鳥さんに、
もうすぐだからね、と声を掛けて顔作り。

その途中に母親が来て、
箱を覗いて一言。
「死んでるよ…」

えええ?!

そう、ほんの数分の間の出来事でした。

あわててヒーリングしようと
手のひらに乗せたら、
まだその小さな体は温かかったのです。
せつない…哀しい…

もう小鳥さんは動かなかったけど、
取り敢えず先生の所に連れて行きました。

もしかしたら、
ウチのコが逃げちゃって、
という情報が入るかもしれませんしね。

先生、鳥さんの体を手に取り、
丹念に調べて、
「外傷ありませんね。
飛び出しちゃってすでに弱ってたかもしれないし、しぃちゃん、この子を助けようとして連れて来たのかもしれないですよ。
捕まったショックもあると思うけど、
決してしぃちゃんを責めないであげてね。」
とおっしゃって下さいました(涙)

{1910A674-BAF4-4FED-AF79-1DC03673CA86}

病院から帰ったら、こんな見事な
ゴメン寝…
しぃよ…

鳥さんは、
日光とサンキャッチャーの虹の光で浄め、
バッチフラワーレメディの
スターオブベツレヘムをクチバシにチョンと付け、
小さなお弔いをして、
家の裏で安らかに眠っていただきました。

助けてあげられなくてゴメンね。
次はたくましく生き抜こうね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

普段動物と話すことがメインですが、

そもそもアニマルコミュニケーターって

動物と話していればいいだけ、じゃないんです。

 

動物から伝えてもらったことを、飼い主さんである人間に伝える、

という避けては通れない役割があるのです。

 

そんな仕事的な必要性があるのはもちろん、

育った環境も色濃く影響し、

小さい時から 人間同士のコミュニケーションて何なんだ、

話が通じるって何なんだ、とずっと悩んで探究してきたこと。

 

人間コミュニケーションコースはその延長線上で、

話すことで気持ちが楽になってもらえればいいなと

作ってみたコースです。

 

ところがびっくり。

一番最初のお申し込みはまさかの変化球。

亡くなったご家族とのコミュニケーションのご希望でした。

 

正直最初はお受けするかどうか迷いました。

亡くなった動物とは普通にお話しをさせて頂きますが、

その相手が人間になったとたん、え?できるのかな?と。

 

けれど、迷ったらやってみる派!

だって、やってみないことには分からないですからね。

(そもそも、そりゃ端から無理ってことについては、

迷いすら生じないわけですし)

 

ということで、

亡くなった方とのコミュニケーションは初めてであること、

どのようになるか全く未知数であること、

質も量もご希望に添えるものを提供できないかもしれないこと、

などなどを(くどくどと!笑)お話しさせて頂き、

ご了承を得たうえで、無料トライアルという形で

取り組ませて頂きました。

 

先日無事ご報告も済み、

その方の性格や様子、行動、お好みなど、

とても納得でした、というお声を頂いたところです。

 

メッセージの内容や、”受け取らなかったこと”まで、

後から全体を通してみれば、

ご家族との生前のご関係そのままが現れてもいました。

 

公平を期すために…

楽しかった旅行先”は、実際には行ったことが無かったり、

本当にピンとこない持ち物と思われる小物や、

人のお名前など、よくわからない情報もありました。

 

トライさせて頂いて感じた、

アニマルコミュニケーションとの違いは…

 

写真を拝見した時の圧倒的な「来る」ものの多さ。

言葉になる前の情報量とでもいうのでしょうか。

 

だから人間が上、動物が下とかいうことではありません。

自分も同種としての共有・共通項の多さだと思います。

 

コミュニケ―ションを試みた時の情報は、

まるで言葉やイメージの海の中。

流れるように入ってくるものもあれば、

見渡していくつかを拾い上げてくる、という感覚のものも。

 

それと…

お酒のイメージが出てくるところは人間ならではですね!

アニマルコミュニケーションではまずないですから!

 

ひとまず無事終了のトライアルでした。

 

大変興味深い貴重な体験となりました。

ご縁があれば、しばらく(実験的にですが)

取り組ませて頂いてもいいかなと思っているところです。

 

でも、

「じゃ、私が何を考えてるか当てて」とか、

「あの人が私のことどう思ってるか見て」

とかいうのはお受けしません~。

 

生きてる生身の人間同士は、

普通にコミュニケーションをとりましょう!

 

*=*=*=*=*=*=*=*=*

そうだ 動物に聞こう

アニマルコミュニケーション

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アニマルコミュニケーションって何?

動物とどうやってお話するの?

という入口のクラスを開催しました。

 

動物と話すための方法を順を追って説明しながら、

ワークを交え、手順を確認し、

1日目はアニマルゲストさんと実際にお話しし、

保護者様に内容の検証をしていただくところまで。

 

動物をこよなく愛する素晴らしい受講生さんたち。

とても飲み込みが早い!

 

ゲストに来てくださった保護者様も、

ステキな感想をお寄せくださいました。

 

ビビリな子ですが、コミュニケーションを取ろうとする事により、

普通に話しかけるよりずっと短時間で緊張もほぐれ、

自分の気持ちを言葉にしてくれた時の嬉しそうな様子といったら!

またあの顔見たさにコミュニケーションを

積極的に日常的にやろうと思います!

我が子であれば、つい解っているつもりとか

先入観で済ませてしまう部分もありましたので、

自分のコミュニケーションを見直すよいきっかけにもなりました。

本当にありがとうございました!

 

このコミュニケーションを行ったのは、

基礎クラス初日の受講生さんたちです。

普段の様子や好きな場所など、

皆さんそれぞれに、保護者さんがびっくりするような

情報を受け取っていましたね。素晴らしい!

 

普段使わないような全身の神経を使って

ぐったりお疲れのところに、

宿題もてんこ盛りの(オニ)講座です。

 

2日目

皆さん、しっかりと宿題をこなして集合!

すばらしい!

 

動物本人の代わりに写真を用いた

遠隔コミュニケーションに取り組みました。

 

ペアワークも、やるたびに受け取り力が

アップしているのがよくわかりました。

 

講座の中で何度も言いましたが、

アニマルコミュニケーションは

やりたいと思う人には誰にでも開かれていることば。

 

本当にそれが実感できる時間となりました。

 

優秀な成績で修了、おめでとうございます!

 

タイガー君も大活躍でした!

 

これからたくさん練習していってくださいね。

アニマルコミュニケーションは練習練習です!

 

皆さんもぜひ一緒に学んでみませんか!

講座でお待ちしております。

 

*=*=*=*=*=*=*=*=*

国際アニマルコミュニケーションスクール

今後の講座予定(2017年)

基礎:

7/1(土) - 7/2(日)

応用:

5/22(土)- 5/23(日)

      

7/22(土)- 7/23(日)

実践:

8/26 (土)- 8/27(日)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

国際アニマルコミュニケーションスクール

プロ養成講座、3人目の卒業生は石塚あけみさんです!

 

あけみさんは何といっても

心の細かいひだをすくい取っていくような

丁寧なコミュニケーションが持ち味。

 

普通の会話だったら、

「へーそうなんだ」と分かった感じで

さらっと流してしまいそうになるところも、

あけみさんは違います。

飼い主さんが「え?それってどういうこと??」

と思うだろうな、という疑問にはしっかり先回りして

事前に動物と話しておく丁寧な話運び。

安定感抜群です。

 

亡くなった子とのコミュニケーションが得意。

そのメッセージは、私も思わず号泣したほど。

アニマルコミュニケーションを通して、

ひとを癒すセッションが得意です。

(箱ティッシュ必携です!)

 

コースの中のモジュール4、

自分でひたすら実践を積むという単元があります。

20件以上のコミュニケーションに取り組み、

その内12件をフルケースとして

全てのやり取りを含めてレポートにして

提出してもらいます。

 

あけみさんはその後半で

「話を深める」ということを体得し、

そこからコミュニケーションの内容が

ごおおおっと音を立てるように

向上していったのです。

 

自信をもってお勧めする

動物愛、人間愛あふれるコミュニケーター。

 

またニュージーランドフラワーエッセンスの

資格も取得のために猛勉強中。

ホームページも鋭意製作中です!

 

====================

国際アニマルコミュニケーションスクール

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。