「アニこべ」スタッフブログ

「アニソンで神戸を元気にする会」のスタッフブログです。
震災復興の街、神戸を、「愛や友情、勇気や希望、未来などがいっぱ い詰まった宝石箱のようなアニソンのもつ不思議なチカラ」で神戸から「新しいアニソン文化」を発信してゆきたいと思います。

NEWKOBEフラワーテント告知



アニソンフェスタは2月14日(土曜日)

ピンクリボンアドバイザー活動は、2月15日(日曜日)





















公式Facebook


http://www.facebook.com/#!/Anikobe2013


ベル「フラワーテント」で検索していち早い情報をGETしてください

テーマ:








AD
いいね!(1)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
認定NPO法人乳房健康研究会の後援をえて、

2月15(日)インフォメーションテントにて「命を守る活動 乳がんの早期発見に向けて~守ろう自分と家族と友達と~」を行います。


震災のときに感じたのは、予期せぬ命のはかなさです。しかし、乳がんは早くみつけられれば助かる命となる。

アニソンフェスタの翌日は、アニこべのスタッフでもある私を中心とした医療チームと
国内では少ない乳がん看護認定看護師藤村弓子さんと、前日にアニソンフェスタ2015に出演される井上ひかり
さんと、一緒にピンクリボン活動をいたします。

井上ひかりさんも、ピンクリボンアドバイザーに合格されていて、初めての活動となるようです。
時間帯としては、10時から18時までイベントは開催していますが、どの時間帯にいらっしゃるかは未定ですので、是非彼女のツイッターに注目です。
20代の若い人にも関心をもってもらう、そして、検診というものがどういうものか、また、実際に乳房の模型でしこりを探すという体験も考えています。
早期がんなら9割は治るといわれている乳がんを知って命を守れるように。そう願っています。
そして、一緒にピンクリボンアドバイザーを受けて一緒に活動を広げていただけたらと思います。

東日本大震災への復興支援活動とともに、ピンクリボン活動を行います。
その日は、くまもんも夕方登場します! フラワーテント最終日もお待ちしています。
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
寒い毎日ですね。イベントまで、あとわずかとなりました。

仕事しながらの活動は、大変ではありますが、いいイベントとなるようにと
頑張っています。

KOBEフラワーテントの全体イベントスケジュールが公表されました。
http://will-port.jp/kobeft/




ね、凄いたくさんのアーチストのみなさんやら、劇団やら、はばたん、わるたんだけではなく、くまもんまで来てくれるのです。
文化放送の鷲崎健さんの「A&G ARTIST ZONE 鷲崎健の2H」を現地から行う予定まで
入っています。
阪神大震災と、東日本大震災へのエールを東遊園地からたくさん送れたらなと思います。

そして、そして!「アニソンフェスタ2015inフラワーテント」は、アニソンてんこ盛り
ですよ!!!
みなさんのお越しをおまちしています。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「アニソンのど自慢inフラワーテント」へのご応募ありがとうございました!
17日の震災の日を最終エントリーの日にちといたしました。

どのエントリーも心のこもったあついメッセージとともに
素晴らしい選曲となっていまして、本当にステージが楽しみです。

のど自慢へエントリーしていただいたかたには、すでに連絡を入れさせていただいています。

そして、この日は「ひょうご安全の日の集い」にも参加してきました。


それぞれが20年前を思い起こし、語らい、感謝しなから追悼の気持ちを持って参加されていたと思います。私もそのひとりです。当時の自衛隊のみなさんとのふれあいもどんなに心強かったかも思い出しました。そして、東日本大震災への復興イベントもり込まれていて、つみれ汁をたべたりと(人が多すぎて並べなかった)復興への小さな貢献をと重ねています。
私たちの歩みを励みにしてくださっていると聞きました。神戸から、元気を発信していきたいと改めて感じました。
いいね!(4)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 東北へのエール企画ということで、前回石ノ森萬画館へのものを紹介いたしました。
今回は、萬画は希望の光 石巻からのコミック&復興情報マガジン
「マンガッタン」を紹介させていただきます。

石ノ森萬画館公式
http://www.man-bow.com/manga/
石ノ森萬画館グッズショップ
http://bokujyu.net/
マンガジャパン公式
http://www.manga-japan.net/?tag=mangattan
石巻イベント観光
http://www.city.ishinomaki.lg.jp/d0040/index.html


マンガッタンの雑誌は、地元情報がもりだくさん。
そして、漫画家の方の作品がたくさん詰まっています。色んな作者がいらっしゃるから、コミカルにときに言葉はなく、歴史もの風だったり。
仮設住宅でのエピソードも、阪神大震災当時、実際に住んではなかったのですが、身近にあったので、そうやったんだなぁ、これほどに不自由をされているんだなぁと。それを色んなアイデアで過ごしている様子がわかりました。被災してわかったお役立ちメモも、あったり。

印象に残ったのは、「ボクが石巻のお坊さんになったワケ」でした。
震災でボランティアとして参加されていたお坊さんが、石巻の手作りのお寺の住職になるまでの様子が描かれているのですが、家屋の泥かき作業のあとに、家を拝ませてくださいと持ち主に話されます。住んでいた人や大工さん、家を守っていらっしゃった神様も突然のことで驚き悲しまれているでしょから供養させてくださいと。加持土砂というお墓や亡くなった場所にまくとその場所にいる霊が喜ばれるという砂を一緒にまき、亡くなった人を供養すると今生きている人を癒すことになると、感じられたようで、ボランティアでテントを張って何度も関西から通われて、瓦礫と一緒にお墓も何もかもが入り混じったところを見渡せる山の上に移住されることとなられたのです。
ひとにはそれぞれの役割があるのだと改めて感じました。

そして、アルバムの紹介です。
「シージェッター海斗10周年記念アルバム」昨年11月に発売されたものです。
DVDの特典映像には・・・
石巻などで撮影をした「KAITO SPECIAL MOVIE」の他
遠藤正明さん・影山ヒロノブさん・きただにひろしさんが
2011年震災後の4月に石巻イオンモールでおこなわれた
「がんばろう宮城!応援アニソンライブ」や「石巻川開き祭りアニソンライブ」も
収録された豪華特典DVDとなっております。

シージェッター海斗のCDは、津波で流されたことを知り、東日本大震災後、地元宮城県石巻市出身の“遠藤正明”さんを中心にその仲間たちが石巻のヒーロー「シージェッター海斗」の活躍と震災復興を願って制作した魂の籠った一曲、「不滅のヒーロー SEAJETTER KAITO」も入ったアルバムです。
特典のDVDには、遠藤さんが実際に現地に立ち、萬画館のスタッフの方との再会での涙と抱擁は、言葉以上の気持ちが伝わりました。そして、ライブ映像では、歌でつながる思いを強く感じました。

被災体験で重なるところはあり、自然と涙がでることもありましたが、地元をこよなく愛すからこそ、こんなに素敵な復興冊子が作成されているのだと感じました。
とにかく、石巻にますます行きたくなりました。東北地方には一度も行ったことがないのですが
海の幸や、やきそばも食べて地酒もいただく! いつか実現したいです。
いいね!(1)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。