アロマテラピー精油同士でブレンドしたらいけないものはあるのですか?

良く聞かれる質問です。



こんにちは、アロマセラピスト野見山千穂です。



答えは、

ありませんビックリマーク


精油は、お花、木、葉っぱ、根っこ、果実、樹皮、樹脂など様々な植物から、

抽出されています。



香りは、フローラル系、ウッディー系、ハーバル系、シプレー系、

オリエンタル系、シトラス系、スイート系、スパイス系

などと、分類され、表が作られていて、

○○系と○○系の精油をブレンドすると相性が良い。などと書かれている本もあります。


もちろん、参考にされても良いのですが、

ご自身が、好きドキドキと思われる香りを使う事が一番だと思います。



何か、目的があってブレンドされる時

例えば、頭痛緩和目的にする時、

頭痛に良いとされている精油(エッセンシェルオイル)を全て並べてみます。


そのうちの好きだな~心地良いな~という香りを

3種類選びます。


なぜ3種類かというと、たくさん選び過ぎると、目的を忘れてしまったり、

精油を嗅ぎ過ぎて、何が好きかわからなくなってしまったりするからです笑

ただそれだけですニコニコ


もちろん、どうしても4種類使いたい!というのであれば、

使っても大丈夫OKです音譜

もちろん、1種類でも、2種類でもOKですビックリマーク



精油のブレンドに決まりはありませんので、

どうぞ、ご自由に、楽しんでブレンドされてみて下さいラブラブ






《精油のブレンドについての豆知識》


クエンチング効果

精油成分の中で、毒性や刺激性など、マイナス面の示す成分の働きが、

他の特定の成分によって弱められる事。

精油をブレンドする時や、精油内の成分同士の間で生まれる効果のひとつ。



シナジー効果(相乗効果)

精油の成分同士が互いに作用を強めあい、個別の精油や成分が持っていた

プラスの作用を強める事。

精油をブレンドするときや、精油内の成分同士のあいだで生まれる効果のひとつ。




ラベンダー ラベンダー ラベンダー ラベンダー ラベンダー ラベンダー ラベンダー ラベンダー ラベンダー ラベンダー


5月後半のサロン空き状況&予定

アロマ講座 (おふたり以上で開催いたします)

アロマテラピー検定対応講座 (随時募集おひとり様からOK)

クイックリンパケア協会認定セラピスト養成講座とは
サロンメニュー
プレジールHP

パソコンパソコン用お問い合わせ、お申込みメールはコチラ
お急ぎの時はコチラI
携帯
携帯用お問い合わせ、お申込みメール
D902is080-1900ー3162 LINELINEもOK


♪いつもありがとうございます♪

ポチッとしていただくと励みになります(*^_^*)

アロマサロン~plaisir~プレジール


↓インスタグラムもフォローしてね♪

Instagram



AD