1

ただいま、全国のファミリーマートで、「なみえ焼きそばまん」発売中!



2


2013年第8回B-1グランプリ豊川大会でゴールドグランプリに輝いた福島県双葉郡浪江町の「浪江焼麺太国(なみえやきそばたいこく)」公認商品。
太麺ともやしが絡んだソースが特徴の焼きそばを包んだ中華まんです。

(サイトの商品説明より)



3
4

麺は若干細めかなあ、でもがんばって再現してると思います。
これに一味を振って食べればさらに美味しい、「君も浪江焼麺太国の一味だ」



5


原発事故により全町民避難を余儀なくされ続けている浪江町では、住民票の移動による町民の「流出」が続いています。
そこで、「なみえ焼きそば」を食べて応援してくださる方に“一味”となっていただき、全国に浪江の仲間を増やそうという作戦です。
「なみえ焼きそば」や「なみえ焼きそばまん」を食べる機会がございましたら、ぜひよろしくお願いします。



6


さて、東京でも初雪を観測した日。
新幹線で郡山に着いた直後に東北本線が雪の影響でストップしてしまい。
エラい目に遭いました(主にタクシー代)が、何とかたどり着いたのは。

福島県二本松市の多目的ホール・二本松御苑



7


「浪江焼麺太国 2013 B-1グランプリin豊川 ゴールドグランプリ受賞祝賀会」に。
サポート麺バー(浪江町民ではないけど継続して活動のお手伝いをする人)として参加してまいりました。



8


会場には、ゴールドグランプリ受賞者に受け継がれる「金の箸」、賞状、副賞などが展示されていました。
東北・北海道大会でもゴールドグランプリを受賞したので、その展示もあります。



9


受賞の瞬間の動画は、「浪江焼麺太国公式ブログ」でご覧ください。
http://ameblo.jp/namie-yakisob/entry-11729194786.html


大きい画面で見たい方はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=4w5R0UWasgg


共同ニュースはこちら(太王の言葉に注目!)
http://www.youtube.com/watch?v=v8kV-vo0bVI



10


浪江町商工会副会長・新谷保基さんより開会の発声。



12


主宰者あいさつ 浪江町商工会会長・原田雄一さん。
「ゴールドグランプリ受賞は、避難生活で心身共に疲弊している町民の方々の力になったのでは。
国の復興施作に、なかなか自分たちの考えが通っているように見えないが、商工会としてこの間努力を続け、ようやく要望が通りそうな兆しが見えてきた。
引き続き浪江町の復興に向け共に頑張りたい」



13


来賓祝辞 福島県知事代理・相双地方振興局局長・石本健さん。
「決して夢をあきらめず、活動を続けてきた結果の受賞に、福島県民全体が大きな感動に包まれた。
感謝の気持ちを力に、子どもたちの笑顔あふれる福島へ、全力でとりくみます」



14


来賓祝辞 浪江町町長・馬場有さん。
「閉会式で浪江の名前が呼ばれた瞬間、頭が真っ白になった。でもその後の太王の言葉は、忘れられない。
震災後、迷っていた時に愛Bリーグが後押ししてくれた、そしてまちおこしの信念が多くのサポーターと結びついての受賞。
来年は午年、“何もかもうまくいく”と信じている」



15


来賓祝辞 福島県県議会議長代理・商労文教委員会委員長・長尾トモ子さん。
「浪江焼麺太国の活動は、町民に“地域の絆”という言葉を送り続けている。
これほど、ふるさとを思い起こすものはないのではないか。
県議会も一丸となって、一日も早く元気なふるさとを取り戻す。
地域の宝を大きく育て、復興に協力してほしい」



16


来賓祝辞 浪江町議会議長・小黒敬三さん。
「みんな、これまで本当にがんばってきましたね!」→会場「ソースっね!」
「ゴールドグランプリ、うれしいですね!」→会場「ソースっね!」
「これからも、復興に向けて共にがんばりましょうね!」→「ソースっね!」
「以上、わたくしからの祝辞とさせていただきます」たはは…。



17


来賓祝辞 B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会(愛Bリーグ)事務局長・俵慎一さん。
「B級グルメのBはA級の下ではなく“ブランド”のB。
浪江焼麺太国の活動は、まさに浪江町をブランドにするための活動です。
来年のB-1グランプリ郡山大会は、浪江町と福島県をブランドとして全国に発信する場にしたい」



18
19

浪江焼麺太国太王(だいおう)・八島貞之さんが、麺バーとあいさつ。
「震災後、活動を続けるか本当に迷ったが、できること、やらなくちゃならないことをやってきた。
批判もあったけど、続けてきたことは間違いじゃなかった。
我々には、被災者の心をつなぐ役割がある。
復興するまで、やり続ける」



20


浪江焼麺太国公式ブログの管理人・麺前さん。
「家族を残して、全国を回って活動することに非難の声もあった。
けれども、豊川で浪江から愛知県に避難している人に手紙をいただいた。
“避難してから何の楽しみもなかったけれど、なみえ焼きそばが豊川に来ると聞いてとても楽しみに待っていました”手紙を渡してくれた。
自分たちのしてきたことは、間違いではなかった」

お手紙の全文は、こちら。
http://ameblo.jp/namie-yakisoba/entry-11687433038.html



21
22
23
24
25
26
27
28
29

このあと、「浪江焼麺太国の歩み」のビデオ上映。



30


そして乾杯、祝宴のはじまり始まり~。

お料理とお酒も出ました



31
32
33
34
35


…が、私は帰りの新幹線に間に合わないため、途中退出!(とほほ)
結局この時点でも東北本線は大幅に遅延しており、やっぱしエラい目に遭った(主にタクシー代)のでした…。
そんなに日頃の行い、悪いのか私?



36


最期までいられず残念でしたが、皆さんの笑顔が見られて良かったです。
今後もサポート麺バーは続けますので、よろしくお願いします!


●こちらもご覧ください
いけずな京女のジコチュウな日々を綴る
「いけずな京女のwagamama日記」
本日は「ぼんち揚とおにぎりせんべい」
http://blogs.yahoo.co.jp/taka24562002


●列島あちこち食べるぞ!B級ご当地グルメ
http://www.nikkei.co.jp/category/offtime/tabeb/


●Two Pumpsさん「Two Pumpsの「小さな幸せ」
http://ameblo.jp/iio0907/


●太ったオオカミさん「太ったオオカミのブログ」
http://ameblo.jp/bkyugurume/

AD

コメント(8)