コン美味食文化論2

東日本大震災被災地を中心に、食べて復興応援!
時に風味舌禍な「いけずな京女」のブログです。


テーマ:


コン美味食文化論2-0


 「日本のうまいもの市」?やったっけ。
 とにかく伊勢丹で全国物産展をやってたので覗いてみたら。
 
 イートインは岩手県盛岡市の東家(あずまや)さんでした。
 創業明治40年のお蕎麦屋さんで、わんこそばの有名店です。
 当然この日の目玉もわんこそば。
 しかし、一人でわんこそばをにぎにぎしく食べるのもなあ。


 とその時。


コン美味食文化論2-1



 「三陸の和グルミプロジェクト」
 という文字が目ぇに飛び込んできました。


 お仕事①
  被災地の方々に和グルミを拾い集めていただき買い取りをいたしました!


 お仕事②
  被災された方々が一粒ずつ丁寧に殻むきをしています


 おいしいくるみそばをどうぞ


 なるほど、被災地での仕事おこし。
 盛岡市の市民有志によって結成されたボランティアの支援団体「SAVE IWATE」が活動を続ける中で生まれたプロジェクトです。
 詳しくは、こちら をご覧ください。


コン美味食文化論2-2


 このプロジェクトに協力する形で、東家さんがメニュー化されたのが「くるみそば」です。
 わんこそば待ちの行列を尻目に「くるみそばひとつ、くださいな」
 
 くるみそば、たしか信州の上田でも目撃したなあ。
 「銘菓くるみそば」と「くるみダレで食べる蕎麦」の2種類ありました。
 残念ながらどっちも食べ損ねたのが悔い残るところです。

 埼玉県は秩父地方にもくるみそばの食文化があるらしい。


コン美味食文化論2-3


 一方、岩手県特に三陸地方では、美味しいもののことを「くるみの味がする」と表現するそうです。


 脂肪分が多く栄養価の高いくるみは、古くから重要な食料とされてきました。

 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」には、主人公がくるみの化石を見つけるシーンが出てきます。
 あの作品は私には難解すぎてほとんど意味不明なんですけど(恥)
 くるみ、という食物に対する賢治の畏敬の念が込められているのかなあと感じました。
 なぜなら、オオバタグルミという日本最古のくるみの化石を発見したのは、宮沢賢治その人だったから。

 
 ところで和グルミは、私たちがふだん食べている西洋グルミとは、少し違います。
 和グルミは殻が非常に堅く「鬼グルミ」とも呼ばれ、そのおかげで中の実は濃厚にして瑞々しい果肉を保ちます。
 芳醇な香りとコクは、西洋グルミの追随を許しません。


コン美味食文化論2-5


 この日いただいたくるみダレも実に豊かな風味で。
 そばつゆで割っても美味しさが薄れることなど、ありませんでした。
 細めの麺にくるみダレがほどよくからまり、お蕎麦の風味も加わってさらに美味しさが増すのです。


 うん!これはいい!!

 めっちゃくるみの味がする、両方の意味でね。


コン美味食文化論2-6


 胡桃割り 呉るる女に幸あれと  高浜虚子


 被災地で思いを込めて拾い集められ、被災者の手で心を込めて割られたくるみから生まれた「くるみそば」
 被災地の皆さんに幸あれと、祈るような気持ちでいただきました。


【被災地支援】和くるみ糖/竹芳
¥価格不明
Amazon.co.jp


 「三陸の和グルミプロジェクト」では和グルミのお菓子「和くるみ糖」も開発されており、今後も商品開発を続けられるとのこと。


コン美味食文化論2-4



 音譜岩手に行ったら、東家に寄って、くるみそば食べる。
 音譜岩手に行ったら、盛岡に行って、和グルミのお菓子を買う。


 盛岡方面に行かれることがありましたら、ぜひ手にメモってください、油性マジックで!


 
※こちらもご覧ください
 いけずな京女のジコチュウな日々を綴る
 「いけずな京女のwagamama日記」
 本日は「とちの実せんべい」

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

いけずな京女さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。