自分でもこのテーマ、ほとんど忘れかけてました
なのでまずはおさらいから。

日本が世界に誇る「唐揚げ」という食べ物を愛する人たちのネットワーク。
「唐揚げを通じて、世界平和を」目論むアヤシイ集団?
(共謀罪には引っかからないとは思うのですが…)

「日本唐揚協会」の存在をご存知でしょうか。
http://karaage.ne.jp/

 

日本唐揚協会が実施している「唐揚検定」に合格すると、協会認定カラアゲニストの名刺を持つことができ。
カラアゲニストとして活動することができるのです。
(あくまでも自主活動やけどね)

 

 

さて、久々にカラアゲニストとしてご紹介しますのは。
味の素冷凍食品「カリカリの香ばし衣 濃厚旨から」
生協(コープみらい)のカタログで見つけた、宅配専用品です。

 

 

パッケージには「おうちで揚げるだけ!」とありますが、実はレンジでOK。
でないと私が買うわけありません、家で揚げもんせえへんし。

 

 

味付けも肉の旨みも濃厚な、ご飯もビールもススムくんの鶏唐揚げです。
鶏肉は適度な歯ごたえがあり肉汁じゅわっとジューシー。
なんちうても、レンジ調理でも「カリカリの香ばし衣」が再現されるの嬉しい
ラブ

文句のつけようは、ありません。

 

 

ひとつだけ、念のためにお断りしときますと。
「濃厚旨から」は国産品ではなく、タイ産の鶏肉をタイの工場で製品化したものです。
けど、私は何がなんでも国産品という極端なことは言わへんわけでして。
安全・安心が担保され、美味しいもんやったら、むしろ国内工場もがんばってくれ~と思う。

 

 

そもそも生産工場は、タイ味の素ベタグロ冷凍食品というグループ会社(現地企業との合弁会社)ですし。
1990年から日本向けの鶏肉加工冷凍食品している立派な実績があります。
2011年10月のタイ国洪水被害で一時生産を中止したものの、翌年11月にはさらにパワフルな工場として再開したという縁起の良い工場でもございます。

 

しかも、当工場で扱う鶏肉原料は、すべて自社で飼料から徹底管理したもの。
原料から製品までの一貫生産体制により、安心・安全な製品作りを実現してきたのですよ。

 


…と、ここまではアジパンダくんにこっそり教えてもらいました?


 

それに、日本唐揚協会には、「日本の唐揚げ」をニッポンのKARAAGE」にするという野望もあります。
(共謀罪には引っかからへんよね?)


タイの工場の人たちが唐揚げを食べてはるかどうかはわかりませんが。
カラアゲニストとしては、タイの唐揚げ工場を支えることも自主活動のひとつかと。

 

以上、生活習慣病検診を目前に唐揚げを自粛しているいけずな京女の禁断症状でしたあせるあせるあせるあせるあせる

 


ドキドキチームふくしまプライド。ファンストア
http://shopping.geocities.jp/hajimeppe/index.html

 

!!【寄付募集中】生活守護神 熊本城稲荷神社の再建
https://www.securite.jp/store/detail/2156/?mail=R20170217-6

 

電車只見線の復旧復興をみんなで応援しましょう!
福島県只見線復旧復興基金への寄付、只見線応援団への加入申し込み

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16005d/tadamiline-moushikomi.html

 

●こちらもご覧ください
いけずな京女のジコチュウな日々を綴る
「いけずな京女のwagamama日記」

http://blogs.yahoo.co.jp/taka24562002
本日は「バレンタインにもらったガトーショコラ蒸し」

 

●Two Pumpsさん「Two Pumpsの「小さな幸せ」」
http://ameblo.jp/iio0907/

 

●太ったオオカミさん「太ったオオカミのブログ」
http://ameblo.jp/bkyugurume/

AD
 
静岡県富士市開催されました「東海・北陸B-1グランプリin富士」
http://www.b1fuji.org/index.html


 
こちらは、岐阜県郡上(ぐじょう)市・めいほう鶏(けい)ちゃん研究会のブースです。
まずは、まちの紹介から。
(東海・北陸B-1グランプリin富士公式サイトより)


山々に囲まれ、夏は渓流釣りでにぎわい、冬はスキー場に多くのお客様を迎える山里です。
踊りで有名な郡上八幡から飛騨高山まで、四季折々の景色を楽しめる人気のドライブルート「せせらぎ街道」沿いに主な集落があります。
特産品「明宝ハム」や「明宝トマトケチャップ」が有名です。
 
 
「明宝(めいほう)ハム」ね、昔懐かしウマイ味で、私は大好きなんですよ。
これもまたいずれ、ご紹介したいですね。

郡上市から雪を運んできました

そんな郡上のまちを盛り上げようと活動しているのが、めいほう鶏ちゃん研究会
http://keichannosato.com/

郡上市(ぐじょうし)明宝(めいほう)をなんか元気にしたい!と研究会を立ち上げてから丸10年。
 

「鶏ちゃん」は、カットした鶏肉を味噌や醤油にニンニク・ショウガ・唐辛子などを加えたタレに漬込み、季節の野菜と一緒に炒めて食べる郷土料理。
岐阜県内の郡上や下呂といった山あいの地域で昭和30年ごろから食べられています。
明宝は人口約1,800人の地域ながら、鶏ちゃんを扱う事業所が18軒!
“鶏ちゃん愛”の強さはどこにも負けない!という思いから、勝手に「鶏ちゃんの里」を名乗って明宝の魅力を全力PR中!!

(東海・北陸B-1グランプリin富士公式サイトより)


 
郷土料理って、別に「おばあちゃんの煮物」的な純和食だけとちゃうんですよ、
「めいほう鶏ちゃん」は、ピリ辛味噌味にニンニクのパンチがきいたスタミナ料理。
ご飯でもお酒でもススムくん!
何しろもともとは、
卵を産まなくなったニワトリを里山の貴重なタンパク源として調理して食べたのが始まりてすから。
 
明宝温泉も出張!手がすべすべになったよ

そやしね、世界遺産になった「和食」の定義て、ちょっと違うと思う今日この頃。
あれは料亭とか和食の料理人が海外で商売しやすくするための(以下自粛ドクロ


 
それはともかく。
「めいほう鶏ちゃん」は、旨い!!
私の中ではゴールドグランプリやったのでした。



!!チームふくしまプライド。ファンストア
http://shopping.geocities.jp/hajimeppe/index.html

ドキドキ【寄付募集中】生活守護神 熊本城稲荷神社の再建
https://www.securite.jp/store/detail/2156/?mail=R20170217-6
平成28年熊本地震で境内各所が甚大な被害を受けた熊本城稲荷神社の復興費用を募集します。
熊本のシンボル熊本城に鎮座する神社として、一日でも早く熊本城の復興、しいては熊本の復興の心の拠り所となるよう求められています。


電車只見線の復旧復興をみんなで応援しましょう!
福島県只見線復旧復興基金への寄付、只見線応援団への加入申し込み
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16005d/tadamiline-moushikomi.html

●こちらもご覧ください
いけずな京女のジコチュウな日々を綴る
「いけずな京女のwagamama日記」
http://blogs.yahoo.co.jp/taka24562002
本日は「ミスドでフランクパイ」

●Two Pumpsさん「Two Pumpsの「小さな幸せ」」
http://ameblo.jp/iio0907/

●太ったオオカミさん「太ったオオカミのブログ」
http://ameblo.jp/bkyugurume/
AD
話は、22年前の阪神・淡路大震災に遡ります。
当時、アトピー・アレルギーの子どもが急増しており、「親の会」のネットワーク作りや、アレルギー対応食品の情報提供が活発化してりました。
ちなみにインターネットなど影も形もなく、コンビニも身近ではなかった時代ですよ。

震災後、避難所に救援物資を届けるボランティアをしていた時に。
アトピー・アレルギーの子どもたちに食べさせられるものがない、という話を聞きました。
「親の会」などのネットワークの方々がきめ細かく情報を拾い上げ、アレルギー乳児用ミルクやアレルギー対応食品を届けていたのです。
くどいようですが、インターネットなど影も形もない時代です。


 
その時に何の知識もなく、何の力にもなれへんかったのを大いに反省し。
せめて知識だけは、と思いこうして時々試食しておる次第。


パルシステム生活共同組合のオリジナル製品「米粉ショートパスタの豆乳グラタン」
卵・牛乳・小麦を除去した冷凍グラタンです。

 
実はこのグラタン、家族のアレルギーと向き合うお母さんたちが集まって開発しました。
開発ものがたりの一部を、パルシステムのHPから引用させてもらいますね。
http://item.pal-system.co.jp/frozen-food/komeko-pasta-gratin/


 
<子どものアレルギー、ひとりぼっちでがんばらないで。>
食物アレルギーを持つ家族のために、毎日手づくりメニューを工夫するお母さん。
「自分ががんばらなくては」と、例え体調が悪くても、休憩さえままならないことも。
そんなお母さんを応援し、「ときには手軽な食事でひと息入れてほしい」との思いで、神奈川の組合員で結成した商品開発チーム「ぷれーんデリ」が、アレルギー対応の冷凍総菜の開発に協力。
集まったみなさん自身、家族に食物アレルギーがある方が中心のメンバー。
それだけに、商品づくりに込めた思いには熱いものがありました。


 
熱い思いを受け止めたのが、神奈川県大和市・株式会社ニッコーでした。
実力派の冷凍食品メーカーですが、アレルギー対応製品の実績があるわけではありません。
しかし、創業時より「自分の子供に、安心して食べさせられる食品を作る」を社是としている同社は、困難を承知を引き受けました。
 

 
消費者とメーカーがタッグを組み、努力と工夫を積み上げて完成した、「米粉ショートパスタの豆乳グラタン」
ちゃんとちゃんと、パスタの入ったグラタンです。
除去食かて、こんなに美味しく作れるんや。
 

 
小さいお子さんも食べられるように塩分控えめなので、大人は物足りないかも知れません。
(近年は大人の小麦アレルギー突然発症が急増しております)
そこは、塩こしょう足すなり、お好みでどうぞ。


!!チームふくしまプライド。ファンストア
http://shopping.geocities.jp/hajimeppe/index.html


ドキドキ【寄付募集中】生活守護神 熊本城稲荷神社の再建
https://www.securite.jp/store/detail/2156/?mail=R20170217-6
平成28年熊本地震で境内各所が甚大な被害を受けた熊本城稲荷神社の復興費用を募集します。
熊本のシンボル熊本城に鎮座する神社として、一日でも早く熊本城の復興、しいては熊本の復興の心の拠り所となるよう求められています。


電車只見線の復旧復興をみんなで応援しましょう!
福島県只見線復旧復興基金への寄付、只見線応援団への加入申し込み

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16005d/tadamiline-moushikomi.html

●こちらもご覧ください
いけずな京女のジコチュウな日々を綴る
「いけずな京女のwagamama日記」

http://blogs.yahoo.co.jp/taka24562002
本日は「緑黄色野菜の飲むサラダ」

●Two Pumpsさん「Two Pumpsの「小さな幸せ」」

http://ameblo.jp/iio0907/

●太ったオオカミさん「太ったオオカミのブログ」
http://ameblo.jp/bkyugurume/
AD
 
 
ここは単なる食い散らかしブログなので。
米軍基地問題に関して中途半端かつ無責任な書き込みは、いたしません。

ただし、沖縄の経済問題については。
震災よりももっと深く大きい「戦争の傷」からの復興が果たせてないと考えており。
静かにひっそりと、沖縄の生産者や食品メーカーを応援(という名の食い散らかし)してきました。
これからもそのスタンスです、今回はたまたま。


 
生協(パルシステム)で、沖縄県中頭郡読谷村(よみたんそん)・沖縄ハム総合食品株式会社「炙り軟骨ソーキ」を買いました。
沖縄物産展でもおなじみ沖縄ハム=オキハム、多くの方がご存知かと。

生協の宅配なので、余分なパッケージデザインは無し、シンプルなレトルトパウチで届きました。
常温保存でき(保存する間もなく食べましたけど)、お湯ポチャですぐに食べられる便利な商品です。


 
軟骨まで食べられるほど柔らかく煮込んだ軟骨付豚バラ肉を醤油ベースで味付けし、仕上げに炙りを加えました。
沖縄そばの具としてお楽しみ頂けます。おかずやおつまみにもピッタリな一品です。

(サイトの商品説明より)

「ソーキ」は、沖縄で一般的に豚の骨付きあばら肉(スペアリブ)のこと。
「ソーキ」とは梳(すき)の訛りで、豚の肋骨が櫛に似た形状であるため、あばら肉もソーキと呼び習わすようになったそうです。
(と書いても、最近は「櫛で髪梳く」なんて若い人に通じるのだろううか)


 
「炙り軟骨ソーキ」は沖縄そばもええけど、ご飯にのっけて、どとーんとソーキ丼!
ご飯が見えねぇ(笑)

炙ってあるから香りがすごくいいし、余分な脂も抜けているようでしつこくないです。
ジューシー赤身ととろりとした脂、コリコリ軟骨の食感の三重奏が、たまりません。
味付けは「しょうゆ、砂糖、酒」だけと実にシンプル、つまり家庭の味やん。
甘すぎず辛すぎず、豚肉の美味しさを上手に引き出しているところはさすがのオキハム仕事。


 
あっという間にモリモリ完食してしまいました。
次、生協のカタログに載ったらまとめ買いしとこ。


 
デザートは、たまたま会社で旅行土産にもろた、沖縄県石垣市・八重山南風堂株式会社「紅芋タルト」です。
紅芋タルトはいろんなメーカーから出てる、今や沖縄土産の定番ですけど。
これは
「石垣島産 沖夢紫(おきゆめむらさき)」という紅芋を使用してるみたいですね。


 
調べてみますと、「沖夢紫」は従来の品種を交配して育成された新品種のようです。
紅色、糖度、肉質すべてが従来品種を圧倒的に上回る、まさに夢の紅芋とのこと。
この
「紅芋タルト」は、確かに美味しかったけど一口二口ではその実力はわかりかねますな。
引き続き追求課題にいたします。



!!Yahoo!ネット募金「「糸魚川市駅北大火」緊急支援募金」
https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630027/

ドキドキ半分寄付【熊本県】熊本川尻和菓子職人 菓舗梅園ファンド
https://www.securite.jp/fund/detail/2932/?mail=R20161229-3

電車只見線の復旧復興をみんなで応援しましょう!
福島県只見線復旧復興基金への寄付、只見線応援団への加入申し込み

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16005d/tadamiline-moushikomi.html

●こちらもご覧ください
いけずな京女のジコチュウな日々を綴る
「いけずな京女のwagamama日記」

http://blogs.yahoo.co.jp/taka24562002
本日は「柚子クリームチーズのパン」

●Two Pumpsさん「Two Pumpsの「小さな幸せ」」

http://ameblo.jp/iio0907/

●太ったオオカミさん「太ったオオカミのブログ」
http://ameblo.jp/bkyugurume/
「安月給でこき使われる」
「嫌な仕事を強制される」
えーと、それ私のことですかドクロ
どの業界でも、雇われ人てそんなもんちゃいますかね。
そんなんでくじけてたら、吉本の芸人さんは皆出家(以下自粛)
 
まあ、まんまと広告塔にさせられたのは間違いないけど。
それにしても、暴露本早すぎ!
そういうとこが、あの教団のツメの甘さでしょうか。
 
なんてことを思いつつ、何気に「2017年成分チェッカー」やってみたら。
 
▼私を構成する成分は・・・
 
 
\あなたはなにでできている!?/
 
私が出家せなあかんのか(爆)