日本三大桜のひとつ・滝桜を有する名所、福島県の三春町(みはるまち)。

桜以外にも、ご紹介したい特産品がございます。

 


そ・れ・はピーマン
実は三春町は、全国第2位のピーマンの産地なんです。
阿武隈山系からの豊かな水と、栄養分豊富な土壌で栽培されたピーマンは。
コシがあり苦味も少なく、肉厚で美味しいと定評あり!

 

 

その三春ピーマンを使った家庭料理を、地元のお豆腐屋さんが商品化しました。
福島県田村郡三春町・有限会社大畑屋食品「三春ぴーまん味噌」です。

 

1

 

大畑屋さんは、これもまた三春町名物の「三春三角油揚」を守り続けるお豆腐屋さん。
「三春三角油揚」については過去記事をご覧下さいませ。

http://ameblo.jp/ani-054983/entry-12054213815.html

 

 

お揚げさんとの相性ぴったりの「三春ぴーまん味噌」ですが。
ひと瓶あると、いろんな使い方が楽しめます。

 

夏の三春の風土が生み出した豊かな恵み、三春ピーマンの美味しさを伝えたいという思いで、1つ1つ選別したピーマンを原料に、伝統の会津みそを合わせ、大畑屋のぴーまん味噌
が完成しました。

(サイトの商品説明より)

 

 

熱々ご飯にのせると、味噌の風味にピーマンの甘さとほろ苦さが溶け出します。
ほかにはない“ご飯の友”になりますよ。

 

 

鶏肉との相性も良いので、最近流行りのサラダチキンを和えてみました。
ドレッシングよりも断然いいと思ふ。(自画自賛)

 

 

素朴な家庭料理を再現するため、科学調味料・合成着色料・保存料は使用していませんので、お子様にも安心して召し上がって頂けます。
(サイトの商品説明より)

 

つまり、素材の持ち味活かした素直な味わい。
つまり、素材がいいから添加物必要なし。

 

 

というわけで、クリームチーズにも合います。
(接続詞の使い方間違うてるし)
あかん、これお酒がすすむおつまみになってしもた。

 

 

ピーマンが苦手な方にこそ、おすすめしたいひと瓶でございます。
お買い求めは
「オンラインショップ おおはたや」にて。
http://www.oohataya.com/shop/

もちろん、滝桜を見に行かれるのでしたら、現地の実店舗「TO-FU Cafe おおはたや」でねドキドキ


 

ドキドキチームふくしまプライド。ファンストア
http://shopping.geocities.jp/hajimeppe/index.html

 

神社【寄付募集中】生活守護神 熊本城稲荷神社の再建
https://www.securite.jp/store/detail/2156/?mail=R20170217-6

 

電車只見線の復旧復興をみんなで応援しましょう!
福島県只見線復旧復興基金への寄付、只見線応援団への加入申し込み

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16005d/tadamiline-moushikomi.html

 

●こちらもご覧ください
いけずな京女のジコチュウな日々を綴る
「いけずな京女のwagamama日記」

http://blogs.yahoo.co.jp/taka24562002
本日は「京都産筍使用 焼き筍の和さらだ」

 

●Two Pumpsさん「Two Pumpsの「小さな幸せ」」
http://ameblo.jp/iio0907/

 

●太ったオオカミさん「太ったオオカミのブログ」
http://ameblo.jp/bkyugurume/

AD

 

ローソンから「からあげクン 奥州いわい監修しょうゆダレ味」発売中!

 

岩手県一関市の鶏肉生産および加工会社、株式会社オヤマが展開する唐揚げ専門店「からあげ家奥州いわい」
地元一関市、宮城県気仙沼市、東京は秋葉原に店舗があり、いずれも人気店です。

 


 

その監修による「からあげクン」、今回は特別仕立て。

原料の鶏肉は、通常国産鶏肉100%のところ。
東北エリアは岩手県産、その他のエリアは東北産の鶏肉を使用しています。

 

 

そして、売り上げの一部が、ローソンの「夢を応援基金」に寄付されます。
東日本大震災の影響で就学が困難になった学生さんを応援する、奨学金+サポート活動。
日常的に店頭募金も受け付けています。

「夢を応援基金」の詳しい内容は
http://www.lawson.co.jp/company/activity/kikin/

 

 

「奥州いわい」の唐揚げの特徴である、濃厚なしょうゆダレと生姜が引き立つ仕立て
ふむふむ、味の再現度は高いですね。

 

 

私は秋葉原のお店に買いに行ったこともあるんですけど、日常的に愛用してるのがこちら。
生協のカタログに時々のる、オヤマの冷凍食品です。

「からあげ家奥州いわい監修 いわいもも」

 

 

岩手県産銘柄鶏「奥州いわいどり」のもも肉を国産の玉ねぎとしょうがで味付けし、北海道のばれいしょでん粉でサクッと揚げた「からあげ」です。

 

人気店の味が電子レンジで再現できるのですから、ホンマ有難いですわね。
オヤマのオンラインショップでもお買い求めになれますよ。

 

 

えさにこだわり、岩手で特別に飼育された、銘柄鶏「奥州いわいどり」。
これを創業以来守り続けた秘伝のタレに、じっくり漬け込んで揚げた「からあげ」は、衣はサクサク、肉質はふわっと柔らかくジューシー。
噛むたびにしょうゆ味と肉汁が、口の中で絶妙なハーモニーを奏でます。

 

 

こっち食べたら、やっぱし「からあげクン」は食感とかがちょっとちゃうな、ですけど。
味はようできてますので、まずは試してもろて。
気に入ったら、冷食を買うかお店に行っていただければ良いかと思います。

当然、お店の揚げたてが一番美味しいしね。

 

「心から美味しいと言われる鶏肉を、より美味しく召し上がってもらいたい」
を日々追求し続けておられるオヤマさんの、自信作。

「奥州いわいの唐揚げ」をぜひ食べてみてください。

 

 

そしてそして、被災地の学生さんたちの夢の応援も、よろしくお願いしま~す。


 

ドキドキチームふくしまプライド。ファンストア
http://shopping.geocities.jp/hajimeppe/index.html

 

神社【寄付募集中】生活守護神 熊本城稲荷神社の再建
https://www.securite.jp/store/detail/2156/?mail=R20170217-6

 

電車只見線の復旧復興をみんなで応援しましょう!
福島県只見線復旧復興基金への寄付、只見線応援団への加入申し込み

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16005d/tadamiline-moushikomi.html

 

●こちらもご覧ください
いけずな京女のジコチュウな日々を綴る
「いけずな京女のwagamama日記」

http://blogs.yahoo.co.jp/taka24562002
本日は「クラッシュタイプの蒟蒻畑ライト ぶどう味」

 

●Two Pumpsさん「Two Pumpsの「小さな幸せ」」
http://ameblo.jp/iio0907/

 

●太ったオオカミさん「太ったオオカミのブログ」
http://ameblo.jp/bkyugurume/

AD


 

歌舞伎俳優・市川海老蔵さんのブログに、こんな記事がアップされておりました。
福島にゆかりの皆さん、福島を思う方々から、多数のコメントが寄せられています。
福島に心を寄せていただける方は、目を通していただければと思います。

 

 

マルちゃんでおなじみの東洋水産から。
「四季物語 春 喜多方系醤油らーめん」が発売されました。

 

 

美しい桜が咲く福島の春。
豚の旨味をベースに和風だしを利かせたあっさりとした喜多方系醤油ラーメン。

(サイトの商品説明より)

 

 

パッケージの上で咲き誇っているのは、福島県田村郡三春町「三春滝桜」です。

日本三大桜のひとつで、国の天然記念物に指定されています。
(公財)日本さくらの会選定「さくら名所100選の地」には「三春滝桜」を含む「三春町のシダレザクラ」が選ばれています。

 

 

「梅・桃・桜の花が一度に咲き、三つの春が同時に来るから三春」と呼ばれるようになった三春町。
三春滝桜以外にもいくつもの桜の銘木があり、各所で美しい桜が咲き誇ります。

今年の予想開花日は4月14日頃、予想満開日は4月19日頃と、昨年より10日ほど遅くなるようですね。

 

 

もちろん、三春町だけではありません。
「全国お花見1000景」のサイトでは、福島県の花見・桜名所43ヶ所の見頃情報を毎日更新しています。
ぜひともお出かけください。

https://hanami.walkerplus.com/list/ar0207/

 

 

あ、ラーメンの味ですか?
美味しかったですよ。

 


 

喜多方ラーメンの特徴を上手にとらえてると思います。
いよっ、さすがマルちゃん!!(持ち上げ
アップアップ

 

 

ドキドキチームふくしまプライド。ファンストア
http://shopping.geocities.jp/hajimeppe/index.html

 

神社【寄付募集中】生活守護神 熊本城稲荷神社の再建
https://www.securite.jp/store/detail/2156/?mail=R20170217-6

 

電車只見線の復旧復興をみんなで応援しましょう!
福島県只見線復旧復興基金への寄付、只見線応援団への加入申し込み

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16005d/tadamiline-moushikomi.html

 

●こちらもご覧ください
いけずな京女のジコチュウな日々を綴る
「いけずな京女のwagamama日記」

http://blogs.yahoo.co.jp/taka24562002
本日は「ソイジョイクリスピーは食べごたえがない」

 

●Two Pumpsさん「Two Pumpsの「小さな幸せ」」
http://ameblo.jp/iio0907/

 

●太ったオオカミさん「太ったオオカミのブログ」
http://ameblo.jp/bkyugurume/

AD

 

会社(一応サラリーマンですからね!)では、一日中パソコンとにらめっこ。
お昼休みも電話がかかってくるから、自席でコンビニめしでございます。
さすがにうんざり、ていう時に。

 

生協パルシステムが「冷蔵のお弁当」の扱いをはじめたとな。
いっぺんどんなんか、試してみましょうかね。
というわけで注文したのが
「サバカツとひじきご飯弁当」です。

ちゃんと不織布に包まれて、冷蔵BOXに入ってやって来ました。
電子レンジでチンしたら、ご飯もおかずもホカホカね。

 

 

どっから来るんやろう。
見てみると、
千葉県千葉市・株式会社リエイ万葉軒千葉工場とあります。
調べてみますか。

 

筑前煮

 

おや?リエイという会社は、社員寮や介護施設を運営する会社なんですね。
福利厚生施設運営数433ヶ所、介護施設運営数(国内) 46ヶ所とかなり大きなグループのようです。
さらにアジアにも事業展開をはじめておられるようで、勢いを感じます。
で、人が住まう施設を運営するとなれば、当然食事を供給するという事業も発生する。

 

梅しそご飯

 

一方、万葉軒は千葉駅の駅弁からはじまって幕張メッセのフードコート、千葉マリンスタジアムのお弁当などを広く手がけるお弁当・惣菜の会社。
2013年にリエイの子会社となり、リエイが運営する食品事業のセントラルキッチンとしても機能するようになりました。

 

ひじきご飯

 

そう言われると、こちらの「サバカツとひじきご飯弁当」にも。
駅弁のノウハウが十二分に生かされているようです。
コンパクトながら見た目、栄養バランス、味や食感の変化、食べた満足感、申し分ありません。

 

サバカツwith菜の花のお浸し

 

何より嬉しかったんは、和食ってこと!
味付けも、うす味に仕上げてありまして。
コンビニ弁当やほか弁とは和食少ないし、濃い味が多いから、これは有難いです。
またコンビニめしに飽きたら、注文しようっと。

 

リエイのモットーは「人のぬくもりでお客様に和らぎを」。
施設の給食やお弁当にも、ぜひ人のぬくもりが感じられるサービスを続けていただきたいものです。


 

ドキドキチームふくしまプライド。ファンストア
http://shopping.geocities.jp/hajimeppe/index.html

 

神社【寄付募集中】生活守護神 熊本城稲荷神社の再建
https://www.securite.jp/store/detail/2156/?mail=R20170217-6

 

電車只見線の復旧復興をみんなで応援しましょう!
福島県只見線復旧復興基金への寄付、只見線応援団への加入申し込み

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16005d/tadamiline-moushikomi.html

 

●こちらもご覧ください
いけずな京女のジコチュウな日々を綴る

「いけずな京女のwagamama日記」
http://blogs.yahoo.co.jp/taka24562002
本日は「雪印コーヒーをパンに塗る???」

 

●Two Pumpsさん「Two Pumpsの「小さな幸せ」」
http://ameblo.jp/iio0907/

 

●太ったオオカミさん「太ったオオカミのブログ」
http://ameblo.jp/bkyugurume/

 

生協(パルシステム)のカタログで。

群馬県多野郡上野村・上野村農業協同組合「クリーム大福」を見つけたので、注文注文。

 

上野村のホテル「上野村温泉郷ヴィラせせらぎ」「やまびこ荘」のディナーで大好評のデザートを。
全国の人に食べてもらい、上野村に来てほしいと冷凍で通販をはじめたそうです。

お買い求めは「ぐんま・上野村の特産品ショップ 十石市場」にて
http://www.uenomura-jukkoku.com/

 

 

村営のお菓子工房「森の菓子工房」で作られているクリーム大福は、3種類。
いずれも、上野村自慢の特産品が使用されています。

 

 

「クリーム大福 桑の葉」

桑の葉を練り込んだ、抹茶風味の緑の大福。

 

 

富岡製糸工場が造られた養蚕県・群馬は、桑の栽培に適したお土地柄。
各地域ごとに独自の品種があると言われるほど、桑は上州に根付いた植物です。

 

 

「クリーム大福 十石みそ」

ほんのり塩味と、みその風味がクリームとベストマッチな黄色の大福。

 

 

使われているみそは、昔ながらの手法で造られた「十石みそ」。
天然醸造で、風味豊かな麦みそです。

 

 

「クリーム大福 プラム」

プラムジャムの甘酸っぱさが特徴の、赤紫の大福。

 

 

プラムは上野村の特産品のひとつ。
プラムジャムやプラムジュースにも加工されて出荷され、道の駅などで人気商品とのこと。

もちもちの大福餅にとろけるクリーム、そしてそれぞれの風味が活きた逸品です。


凍ったままアイスクリーム感覚で食べるもよし、自然解凍して食べるもよし。
(解凍しすぎると、上のプラム大福みたいにやわやわになるので、半解凍がおすすめ)

 

「おひながゆ」は4月3日に河原でこどもたちがお粥を食べる民族行事

 

上野村は群馬県で一番小さな村ですが、自然の豊かさと住む人の志の大きさははかりしれません。
何しろ、あの「平成の大合併」を拒否し、自立を選んだ村ですから。

 

そんな上野村のみなさんの、こだわりと愛情がいっぱい詰まった「クリーム大福」をいただきながら。
一度は行ってみたいものだと、またまた宿題を増やす私であった…。


 

ドキドキチームふくしまプライド。ファンストア
http://shopping.geocities.jp/hajimeppe/index.html

 

神社【寄付募集中】生活守護神 熊本城稲荷神社の再建
https://www.securite.jp/store/detail/2156/?mail=R20170217-6

 

電車只見線の復旧復興をみんなで応援しましょう!
福島県只見線復旧復興基金への寄付、只見線応援団への加入申し込み

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16005d/tadamiline-moushikomi.html

 

●こちらもご覧ください
いけずな京女のジコチュウな日々を綴る
「いけずな京女のwagamama日記」

http://blogs.yahoo.co.jp/taka24562002
本日は「カラムーチョ×ちくわ=なぜおいしい!」

 

●Two Pumpsさん「Two Pumpsの「小さな幸せ」」
http://ameblo.jp/iio0907/

 

●太ったオオカミさん「太ったオオカミのブログ」
http://ameblo.jp/bkyugurume/