2015年11月15日

【本日掲載の産経新聞記事に関して】このような発言は断じてしておりません。

テーマ:ブログ
本日、産経新聞阪神版「ひょうごの宝」という特集に取材記事を載せていただきました。その記事の表現の中に大きな誤りがありましたのでご報告させていただきます。

私は高校生の頃、とある事件に巻き込まれ自殺を考えたことがありました。
しかしそのとき自殺を思い留まらせてくれたのがお釈迦様です。
「自分が死んだら、お釈迦様は悲しまれる…」そう感じ、自殺するのをやめました。
そのことも含め先日約1時間にわたる取材を受けましたが、私のこの話を本日の掲載記事で以下のように書かれておりました。

【「自分が死んだらお釈迦様が悲しんでくれる」と感じ、気持ちが救われた。】

私は決して発言していない、自分が死んだらお釈迦様が悲しんで「くれる」というおかしな日本語になっています。
そしてこの表現は大きな誤解を生むものであり、私の本意と異なり、また何より自死遺族の方がこの意味不明な言葉を見たらどのような気持ちになられるか、背筋が凍りました。

私は普段、自殺願望のある方、希死念慮に襲われる方、大切なご家族の自死により苦しんでいる方のお悩み相談を受けています。
私が自死遺族であったなら、「自分が死んだらお釈迦様が悲しんでくれる」という意味不明なこの言葉は見ただけで心底不愉快だと思います。また、普段私にお悩み相談をされている方からの信頼もなくなるなと率直に感じました。残念でなりません。

この記事では他にも「二足のわらじ」という表現が多用されていますが、私は著書の中で「二足のわらじ」ではない、その表現はやめてくれと書いています。(落語家としての収入はありますが、尼さんとしての収入はないので二足のわらじではないということです。)
取材当日、何から何まで質問されて時間もなく困ったので「プロの尼さん」を読んでください。とお願いしましたが、記事を見る限り読まれていないようです。(普通の記者さんはプロとしてたいがい一冊ぐらい読んでこられます)

そして、記事の文章に関して事務所へ確認メールをいただくことになっておりましたが、そのメールも送られてくることなく、掲載されていました。大きな憤りを感じています。

こんな誤解を招く記事を載せられるぐらいなら取材を受けるんじゃなかった。こんな記事になるなら1時間という大切な時間をお悩み相談にあてたかったと大変後悔しております。

長くなりましたが本日の記事は私の本意と大きく異なる表現があったこと、また自死遺族の方に大きな誤解を招き不愉快な気持ちにさせてしまう記事であり、私の発言、思想ではないことをご報告させていただきます。
AD
いいね!した人  |  コメント(35)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

35 ■二足のわらじ の件

はじめまして!
テレビなどでのご活躍、いつも楽しく拝見しおります!

今回の件は、大変残念でしたね。
「二足のわらじ」の件では、こんな記事もありました。

「落語家、尼僧の二足のわらじを履く理由」
http://textview.jp/post/hobby/11252

誤解を受けやすい部分かと思いますし、、この記事を拝読するまでは、私も「二足のわらじを履いて頑張って居られる方なんだ」と認識しておりました。
申し訳ありません…
ここに書かれております様に、プライドや信念をお持ちの上でのことと感じましたので、これ以上の誤解が拡がらないよう…と思い、お伝えいたします。

なお、今回は本意が伝えきれない記事になってしまった点につき、プロ記者としての資質を疑う点はあるものの、全体を通じて悪意を感じるものではないというのも、正直な感想ではあります。

今後も、講演や公演などを通じて、ぜひ、直接の言葉で誤解を解きつつ、素晴らしい活動をなさっていかれることを願います。

頑張ってください!!

34 ■無題

新聞社の記者の中でも、産経の人、レベル低いです。(以前、朝日、読売、毎日、産経4紙同一内容の取材を受けて)

33 ■無題

理解しました。

32 ■ひどい

産経新聞は何がしたかったのでしょうか。悪意というか、産経の記者が仕事のできない人だったという感じですね…。にしても
>記事の文章に関して事務所へ確認メールをいただくことになっておりましたが、そのメールも送られてくることなく、掲載されていました。
これには憤りを禁じえません。

31 ■☆ う~む ☆

マスコミというのは購買数や視聴率を
伸ばすために、記事をねつ造させたり、
取材内容とは異なる表現で記事にされたりと、
なかなか難しい、厄介な職業です。
もっとも、そういったことを平然とする彼らを
敵に回すと根拠のないバッシングを永遠と
行ったりして、理研の笹井さんであったり、
他にもマスコミが原因となり、多くの方々が自死へ
追い込まれるという状況が生まれており、
大変心の痛い状況です。
きっと、今後そのようなマスコミからの攻撃より
守って下さる、心の持ちようを伝授下さるのが
団姫さまの役目なのかなぁ~とも思う次第です。

あっ、話は変わりますが、
元三大師堂のHPがなくなりました。
直接理由をうかがってもお茶濁されてしまってますので
それは良いとして、元三大師堂の、読み解くのに1時間掛かるおみくじを体験してみたい青年であります。

30 ■産経新聞について

産経さんは色々と問題をおこすタイプなので、もともとあまり信頼はしていないのですが、この件で更に心配になってきました。Yahooなどインターネット上で記事をよく目にするので、どうにかしていただきたいものです。。。

29 ■無題

文字になると感情が入らず、お互いが「えっ!?」って誤解する事はありますが、取材しておきながら、全く違うものになってるとは…。

28 ■WEB版について

ブログ拝読致しました。
当該記事はWeb版でも配信されています。
署名記事のようなので凸される方はご参考に・・・。

http://www.sankei.com/west/news/151115/wst1511150020-n1.html

27 ■ここが、マスコミの怖いところです。

記者の知識と見識、更に良識が前提となるのに、最近の記者は「こう書きたい」という本人の恣意的な考え、また文字数の縛りによって、だいたい歪曲した表現になることはしばしば。何度そうじゃないといっても、自分の思い込みだけで記事を構成することが多々あり、はっきりいって「決めつけ」てくるので何度か怒ったことがあります。今ではWeb版もありますから、拡散のスピードはほとんど光の速さ。こうした誤解が生まれないよう、きちんと取材してほしいものですよね。

26 ■無題

こ、これは…(´・ω・`)

私自身、クリスチャンで精神障害者で希死念慮もあります。しかし「イエス様が悲しんでくれる」なんて思いたくもありません。

「悲しまれるから」→悲しませたくない
「悲しんでくれるから」→悲しませてやりたい

全然違いますよね…(´・ω・`)

その記者さんにクレームを入れたほうがいいのでは…(´・ω・`)

25 ■最低ですね

記事を読ませるためにわざと歪曲して書いているみたい。。。

産経は、訂正の記事を載せるべきです!

24 ■Re:大丈夫ですよ‼️

>サクラっこさん
ありがとうございます(>_<)

23 ■Re:無題

>ディスクジョッキーさん
そうなんですそうなんです( ;∀;)
本当に無駄な時間でした(>_<)

22 ■Re:こんばんわ。

>あかね(猫&多肉植物)さん
ありがとうございます( ;∀;)
とにかく頑張りますね!!

21 ■Re:(*_*)

>なぎさん
はい(>_<)
自死遺族の方への信頼にも関わりますので、本当に勘弁してくれ!と叫びたいです。

20 ■Re:許せません…

>陽羽@キャメロンさん
おもしろおかしく・・・というか、全く意味を理解していないのではないかと(>_<)

19 ■Re:お釈迦様

>☆無明☆さん
はい(>_<)
とにかく仏教の教えの根本じたいが誤解されかねない表記です(>_<)

18 ■Re:メディア取材には気をつけてください

>misia11さん
はいm(__)m
とりあえず謝罪の電話が事務所へあったようで、私の留守電にもありましたが言い訳がましく私は答える気にすらなりませんでしたm(__)m

17 ■Re:((( ̄へ ̄井)

>グィード☆さん
はい(>_<)
また何か動きがあれbご報告させていただきます!

16 ■Re:無題

>はるき。さん
はい(>_<)
本当にたちが悪いです。信仰のことと自殺問題への取り組みに関してなので、絶対に誤解を招かないよういつも最新の注意を払っていたのにこんなふうに書かれて(>_<)

15 ■Re:許せない‼

>まさすけさん
ありがとうございます!
ホンマに「一児の母」も・・・ね( ;∀;)
しかし、この間違いだけは本当にやめて欲しかったですね(>_<)

14 ■Re:こんばんは

>タニヤンさん
ありがとうございます(>_<)
せめてそうプラスに考えるしかありませんが、なんせ新聞という媒体は巨大ですから、本当にショックです。。。

13 ■ぜんぜんわかってないですね。

団姫様の日頃の活動の意味。私なりには、団姫様の本を読ませていただき、他人ながら団姫様の活動の意味を理解しているつもりです。二足のわらじですか…。岡っ引きじゃないんだから。宗教者だという前提を履き違えていますね。いずれにしろ、私は、団姫様の本意を感じているつもりです。

12 ■電凸しました

おはようございます。

先ほど、産経新聞社読者サービス室に対して電話をし「団姫さんを取材した記者の上司のかたに、この団姫さんのブログを確認するように」と要請いたしました。

読者サービス室の人は「担当部署へ伝えます」と、言われました。

ちなみに…
産経新聞読者サービス室
06-6633-9066
平日9時~18時

11 ■大丈夫ですよ‼️

団姫さん、おはようございます。
昨日は悲しい嫌な思いをしてしまいましたね…。
でも、大丈夫ですよ。団姫さんの事、みんな分かってますよ。むしろ、この事でみんなが団姫さんを思い信じる力はグッと強くなったはず。
大丈夫、大丈夫(*^^*)

10 ■無題

おはようございます (^O^)悲しまれる 悲しんでくれる とは違いますね。そして 落語家と僧侶の2足のわらじも おかしい表現です。団姫さんが きちんと説明しても 恐らく 取材した人は 団姫さんの話しをきちんと聞いていなかったのでは と私は思います。風邪の季節だから 今日も体調に気を付けて!(b^ー°)

9 ■こんばんわ。

わたしは、団姫先生の、断固とした意見の強さが好きで、ファンになりました。
見習いたいと思います。
わたし自身も 弱いです。
強く生きていけるようがんばります。

8 ■(*_*)

たまらないですよね、こういった事…………

団姫さんの名誉に関わるかもしれない。

腹立たしいです!!!!!!

訂正して、きちんとお詫びしていただきたいです٩(๑`^´๑)۶

7 ■許せません…

こうやってメディアは、面白おかしく、名前が売れてきた人を陥れるのが手ですね。
世の中こわいです。
でも信じている人も必ずおりますよ。

6 ■お釈迦様

釈尊が何故彼のインドの地で法を説かれたのか・・・それすら理解していない記者ですね。
釈尊はこの世に誕生し、苦しみ多い生を如何にしてよりよく生きていくかという智慧をお説きになられたと思うのですが。
誠に残念ですね。

5 ■メディア取材には気をつけてください

メディア取材には要注意です。取材には前もって資料を読み込んでおくことは、イロハのイではないでしょうか?
抗議には、FAXが有効だと思います。

4 ■((( ̄へ ̄井)

訂正記事掲載してもらえることを祈っておりますが、掲載されても小さいでしょうね

3 ■無題

誤植より、たちが悪いですね!誤植(字の間違い)だったら、笑い飛ばせる場合もあるけど…。

もし今後、また団姫さんの記事が他の新聞や雑誌などに載ったら、よぉ~く注意して読みますね。
でも、今回のコトで、新聞とかが信用できなくなりそうです…全ての新聞社がそうだってわけじゃないんでしょうけども。

2 ■許せない‼

こんばんは。

産経新聞、許せませんね。取材にきた記者、ジャーナリストの風上におけない。団姫さん、正式に事務所または弁護士を通じて、記事の訂正と謝罪文の掲載を求められてはいかがでしょうか?

私、明日、産経新聞に電凸してみますね。

じつは、昨夜の住之江の公演でも、主催者の人が団姫さんのことを「一児の母」と紹介されて、私、カチンときていました。

なんだか、トホホですね。

1 ■こんばんは

本意ではないことを記事として載せられたのは残念ですね。たしかに新聞社が配慮足りないね。でもこの一件で団姫さんも 本当に行いたいことを考えるきっかけになったのではないでしょうか…?

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。