BlackOut ver.L

広島のフィッシングショップ サミット店長(Kenbo)のルアーフィッシング釣行記。


テーマ:

4月下旬あたりからメバルと並行して気になってくる「スルメイカ」。

だいたい5月上旬ぐらいからサイズもそこそこになり、湾内を盛り上げてくれます。

冷凍保存もでき、刺身から煮物・揚げモノさらには炒めモノと食卓を賑わせてくれます。

そんな筒イカ系のスルメイカ等をお手軽に狙える「リード フィール120・100スクイッドVer」がサミットのみで発売されました。



3年ぐらい前から色々と釣行毎にカラーやウエイトの調整などをテストしながら楽しんでいました。

そしてサミットが厳選したサミットオリジナルカラーが4色。とサイズが120と100の2タイプ。



サイズタイプですが上が120で下が100となっており、スルメイカのシーズン始めの比較的サイズが小さい時やよりスローにフォールさせたい時には100がオススメで、シーズン中盤から終盤までやイカの回遊がミドルレンジからボトム付近の場合さらには潮流のあるポイントでは120がおススです。

そしてカラーですが、上からサミットディープグロー。

これは常夜灯などの光源が少ないシチュエーションや雨の後の濁りなどが入っている時、または競争率の高いポイントでハイアピールしてバイト数を稼ぎやすいカラーとなってます。

次に安芸クリアーピンク。

こちらは、言わば外しのカラーとなっており、このカラーだけグローブが他の3色と異なり、水深のあるポイントやイカの回遊ルートがよりディープな時におススです。

そして瀬戸内クリアーグリーン。

ボク自身最も使用頻度と釣果が多かったカラー。常夜灯回りや闇波止回りそしてイカの回遊ルートが表層付近からボトム付近までとオールラウンドモデルとなっており、一本目はこのカラーがオススメです。

最後にリップタイドクリアー、このカラーはどちらかと言うと表層付近からミドルレンジを得意とするカラーとなっており、イカの回遊ルートが比較的浅いポインや常夜灯回りでの使用がおススです。

瀬戸内海は比較的水質が濁っている感が強いのでクリアーも出来るだけ明るいタイプを使用する事でイカがルアーに気づきやすくなりバイトも比例しやすく工夫してあります。



ボク自身が使用しているタックルですが、ロッドはアブガルシア EMS-762ULT-TKRなどのチューブラトップのメバルロッドやアブガルシア SBFC-732LT-KRなどのベイトタックルでラインはPE0.3~0.5号とやや細めのPEラインがおススです。ただし、風の強い時は8~12LBのフロロカーボンラインがオススメです。

誘い方ですが、いたって簡単でルアーをキャストしてテンションフォールでカウントを取りながらアタリを待ちます、アタリですが「トンッ」や「コツッ」といった感じやいきなり「グィーン」とロッドを持っていく感じのアタリもあります。

イカからのアタリがあればそのレンジを把握(カウントを数えて)してまた同じレンジにテンションフォールで送っていってあげます。

アタリが無ければ四方八方とキャストしたり、少しシャクってみたりリトリーブしてみたりとルアーアクションをつけてあげると好反応になったります。

その日のレンジやその日のアクションなどを色々と試してみてください。

そろそろシーズンインしてくるスルメイカ。

是非「フィールスクイッドVer」で楽しんでみてください!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

林 健太郎(けんぼう)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。