ひろしま美術館

テーマ:


昨日、広島から佐賀まで移動があっただけで、1日ほぼ休みな状態でした!

私は、朝早く起きて
ひろしま美術館にいってきました!

広島の町を一人で歩きました!
知らないところを、歩くのは楽しいですね!

行くときは、道を間違えました!

ひろしま美術館のコレクションが見たくて行ったのですが、「もうひとつの輝き 最後の印象派」もやっていてどっちも見ることが出来ました!


「もうひとつの輝き 最後の印象派」は、「ソシエテ・ヌーヴェル」を初めて日本で紹介する展覧会です!
印象派を受け継いだ、最後の印象派です。
そして、受け継ぎながらも、詩情を入れて独特な世界観をつくったそうです。


最初に見たとき、すこし暗い印象を受けました。
うーんー、暗いというより、青っぽい淡い暗さの印象を受けました。印象派のような筆遣いや色を分割する描き方もありましたが、明るい色彩やリズミカルな感じと一緒に、独特な雰囲気、空気がありました。


ソシエテ・ヌーヴェルを日本で初めて紹介する展覧会をみることができてよかったです!


マネが好きだから、そのあとの印象派もよく見ますが、最後の印象派を初めて見ました。受け継ぐって簡単には出来ないことなのに、そこに自分達の独特なものも作るなんて、すごいな。と思いました。そして、受け継ぐって素敵だなと思いました。

そして、ひろしま美術館のコレクションもたくさんあって、楽しかったです!
今回は展示されてた中では、
ゴッホの《ドービニーの庭》が印象強いです。
最晩年オーヴェール時代の作品ですね。瑞々しい生命力!!



念願だった、ひろしま美術館楽しかったです!
また、時間あるときに行きたいですっ!


バイバイ

AD

コメント(64)