「楽しい子育てを引き寄せる♪」~ママのための癒しのセラピーブログ~

子育てが辛い 子どもを叩いてしまう 子育てに疲れた 私ってダメな母親 子どもが可愛いと思えない 子育て一人の時間がほしい イライラ怒ってばかり 夜泣き 離乳食 等でお悩みのママが笑顔になれるお手伝いをします。


テーマ:
嬉しいことがありました。

4月に、新たに2園めの保育園が出来ます。

私はそちらの園長として、春には異動する予定なのですが…。

1園目では出来なかったことを、次の園ではやりたいと考えています。

それは

「保育園の中にママたちの相談場所を作る」

ということ♪

保育園に通う子どもの保護者はもちろんのこと、

地域のママたち誰でも利用出来る場所にしたいのです。

支援センターなどにも行けず、家で一人で育児の悩みを抱え込んでいるママ。

そうしたママも、勇気を出して来れるよう、手軽にメールで問い合わせにしたいなあ…。

とか、色々妄想しています。

2園目では、そんなことをやらせて頂きたい。と上司に話したら…。

「園長!それ、すごく良い!必要なことだから、絶対実現させよう!」

と、私以上に張り切ってくださり、すごく嬉しく感じました。

======

子どもたちの心の叫びを痛いほど感じてしまうほど、大変なクラスを担任した6年前、

「子どもたちを救わなければ!」

「そのためにはママたちの心の居場所が必要だ」

それだけを思い、なんのあてもなく保育園を退職し、自宅で子育てサロンを始めました。

園長になった時、サロンは閉めたのですが…。

本当はそちらも必要な場所だったのでは…。

と、サロンを閉めたことを後ろめたく感じることもありました。

でも今、新しい場所、新しい形で、夢が叶おうとしています。

サロンの時のように、ママたちにお金を払って頂かなくても相談に来てもらえる。

私は、会社からお給料を頂きながら、やりたかったママたちの相談場所を作れる。

昔は、「組織の中では何にも出来ない」と思っていたけど、組織の中でも出来るんだ。

こうして理解をしてくださる上司と巡り会えたおかげで。

「組織の中でも、夢が叶う。」

現実的な超3次元の生活の中でも、夢は叶う。

いや、地に足ついた3次元の中で叶えるからこそ、幸せ感が倍になるのかもしれません。

同じような考えや思考の人たちが集まる中では比較的、自分の思いは形になりやすいものです。

でも、そうではない中で、

自分の思いを理解してくれる人や、

自分の思いに賛同して共に歩んでくれる人。

そうした人たちに出会い、共感し、同じ夢をもち共に夢を形にしていく。

これこそ、地球に生まれた自分の魂が望んでいたことなのかもしれません。

今、私は静かで穏やかな喜びを感じています。

「あー、ここまで来たんだなあ」と。

もちろん、これからも目指す山に向かい歩いて行きますが。

目の前にある自分に与えられたことを、

一生懸命コツコツとやっていけば、こうして

「よくやってるな」

と天からのご褒美が頂けるのかもしれません。

これからも、奢らず謙虚に、自分の道を歩いて行こうと思います。


↑これはなんだろう?撮った覚えがないんだけど…(^^;
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「■つぶやき」 の記事

テーマ:
小冊子の感想をブログに書いてくださっていた、まよさん。

リブログで紹介させて頂きますね♪



「愛しか、ない」

って言葉、嬉しいです。

今回は、小鳥のカードやシール、テープを使って、小鳥シリーズでみなさんに送付させて頂きました(^-^)

時間はかかりましたが、相手の方を思い浮かべながらの作業は楽しかったです♪

以前私もブログを通して、色々なブロガーさんから、物品を送って頂いたことが何度かありました。

たかが包装かもしれませんが、包装ひとつで、相手の方の気持ちって伝わりますよね。

丁寧な包装を見ると、心を込めてくださってるなあ。って嬉しくなります♪

昔、驚いたのが「マリア像」をお願いしたら、レターパックに突っ込んでそのまま送られてきて…。

マリアさま、窮屈だっただろうなあ。ごめんなさいねって、思わずマリア像に謝ってしまいました(^^;

不器用な私ですが、愛を込めて梱包させて頂いたので、まよさんのように喜んで頂ける方がいて嬉しいです。

まよさん、ステキに紹介してくださりありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の鳥取は雪が吹雪いています。

家の中で暖かいこたつに入り、雪を眺めるこの幸せ。

歳を重ねるごとに、幸せを感じるハードルが下がり(笑)、幸せすぎる今に自然と感謝の気持ちがわきます。

歳をとるって、ステキなことです♪

小冊子のご感想、ゆっくりペースですがご紹介させて頂いてます。

今日はOさんの感想を紹介させて頂きます。

========

小冊子どうもありがとうございました。

最近、3歳の娘が昼寝をしない日も多くなり、娘の昼寝が貴重な家事や休憩時間だった私は少し疲れぎみでしたが、

そんなときにゆみっち先生の小冊子を開き、元気をもらっています。

表紙の絵や小冊子全体のほっとする色合いが本当に素敵で、癒されました。

内容も、自分の普段の子育てを振り返りながら、じっくり読みました(*^^*)

「自分の見栄や満足のためではなく、子どものことが好きだから叱るんだ」

「子どもは自分の嫌な部分を映し出す鏡」
「自分と真逆な性格だからうらやましかった」

の部分が特に考えさせらせました。

私は自分に自信がないほうなので、
つい家族、親戚やママ友の目が気になってしまいます。

それなので、子どものことを考えて叱ると思っていたことが、

実は周りに「しっかり子育てしている」と思われたくて叱っていることも多々あったことに気がつきました。

それに気づいて娘に申し訳なくなりました。

娘が大人数の公園で遊ぶのをひどく嫌がる時期があったのですが、

そういえば色々な親子がいる公園では私自身が見栄で子どもを叱ることが多かったように思います。

(例えば、公園に私と娘だけのときなら細かく注意しないことなのに、
他のお母さんがいるときは周囲の目を気にして細かいことも注意したり…)

もちろんそれだけが原因とは限らないけれど、

そんなふうに大人数の親子がいるときだけ普段は言われないことまでグチグチ注意されたら子どもも嫌になりますよね。

自分本位ではなく、子どものためを思って叱る…簡単なことではないですが、

これからは「子どものために叱っているのか?」と心の中で自分に問いかけていきます。


「子どもは自分の嫌な部分的を映し出す鏡」
「自分と真逆な性格だからうらやましかった」

の部分でも色々思うことがありました。

娘はとても頑固なところがあります。

些細なこだわりが手放せずに大泣きする娘を見て普段はイライラ、イライラしているのですが…

よく考えたら私も些細なこだわりにいつまでも執着するタイプでした(^_^;)

まさに自分の嫌な部分を映してます。

年末にいつものごとく娘がささいなことが納得いかず大泣きしていたのですが、

私も同じだな~と思ったらその日は不思議と娘に対してイライラせずに、

「納得いかなかったんだな~。お母さんからみたらささいなこだわりかもしれないけど○○ちゃんにとっては譲れないこだわりだったんだよな~」

と思えてきて、

大泣きする娘を怒るわけでもなく、なだめるわけでもなく、
ただ「うん、うん」と娘の訴えを聞いていたら、

「おかあさーん」と泣きながら抱きついてきました。

そして、

自分にとっては大切なこだわりだったのに、それを軽視された出来事が今まで私にもたくさんあったけど、

こういう風に受け止めてもらえたら私も嬉しかったかもな~とふと思いました。

子どもはママのメッセンジャーって素敵な言葉だと思います。

子どもって本当に純粋で、周りの大人の疲れたり悩んでいる気持ちを敏感に察してくれますよね。

子どものほうが、大人よりも大人だったりして、とふと思うことがあります。

小冊子、ママ友に渡したり、今年出産予定の友達に出産祝いと共に渡します(*^^*)

きっと喜んでくれると思います!

ありがとうございました‼

======

Oさん、ご感想ありがとうございました。

すごく丁寧に読み込み、ご自分の中に落とし込んでおられて嬉しい限りです。

子どもたちは、なぜこんなに泣いて訴えるのか。

なぜ言うことを聞いてくれないのか。

大人目線で上から見るより、自分に置き換え子ども目線で眺めてみると、見えてくることが沢山あります。

Oさんが「泣き止ませよう」とか「どうにかしよう」と気負わずにただただ、

「うんうん」

と聴いてあげたからこそ、娘さんは

「お母さんが自分の位置まで降りてきて、聴いてくれた。わかってくれた」

と感じて、嬉しかったのかもしれませんね。

もちろん毎日上手くいくわけではありません。

子どものココロに寄り添えた‼と思った次の日の朝には、子どもを怒りまくってる。

そして夜、寝顔を見て「こんなお母さんでごめんなさーい!」と号泣し反省。

で、また朝になると鬼になる(笑)

私、↑こんなことの繰り返しでした。

こんな子育てをしたのに、本当に息子たちは良い子に育ってくれました。

自己嫌悪とイライラとガチンコのハチャメチャな子育てでしたが、唯一今振り返ってみて自分に感心するのは

「しゃーない!だって私、母親だけど人間だもの‼」

と毎回、自分にOKを出していたこと。

いっぱい自分を責め、泣いてわめいて。

それでもそんな自分を。

自分自身が受け止めてあげていたんでしょうね、無意識のうちに。

だからやってこれたし、息子たちも良い子に育ってくれたのかもしれません。

前記事にも書きましたが

「そんなあなたで、いいんだよ」

自分くらいは、自分を愛してあげたいですね。

いや…自分が一番愛してあげたいですね。

最後にもうお一方Iさんのご感想も紹介させて頂きます。

=======

ゆみっちさんへ

小冊子が届きました(*^_^*)

ありがとうございます。

こちらの小冊子、すごいです!!

文章も心に響きましたし、絵も可愛くて素敵なのですが、なんだか小冊子自体から優しさや清らかさを感じました!!

「大事にしなくちゃ!!」と感じて、読むときに折り曲げないようにそっと持って読んでしまいました!

私は3冊頂いたので残りの2冊は、同じように悩んでいる友人にプレゼントしようと思います。

ゆみっちさん、本当にありがとうございました(*^_^*)

======

Iさん、大事に扱ってくださり、ありがとうございます♪

また小冊子からわき出るエネルギー?も感じてくださり、ありがとうございます♪

冊子が出来上がった時、この表紙の絵が発する柔らかく清らかなイメージ。

私もこれに、引き込まれました。

合わせて、発送する時、私がみなさんお一人お一人を思いながら送った暑苦しい愛が(笑)伝わったのかもしれません。

Iさん、感じてくださりありがとうございます♪

=======

さて。吹雪の音を聴きながら、これからお昼寝をします♪

お昼寝出来る幸せを噛み締めながら(^^;

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、あるドラマを見ていたら、こんなセリフが聞こえてきた。

「こんな私でも愛してくれるのか、これでもか、これでもかと」

ああ、わかる。

と思った。

親に愛される自分でいるために、

本当の自分を否定してきた私は、

初めて

「そのままの私」

を受け止めてくれる人に出会った。

今の旦那さん。

多くは語らない彼だけど、

決して私を否定はしなかった。

こうあるべき。と、押し付けもしなかった。

そんな彼に

「こんな私でも愛してくれるのか」

と、自分をぶつけまくった時期があった。

幼な子のように、泣きわめき、暴れ、自暴自棄になる。

時には、寂しそうに深いため息をつきながらも、

決して私を見放さなかった。

ずっと、心が独りぼっちだった私に

「お前をひとりにしないと決めている」

と言ってくれた。

彼のこの言葉があったから、私はここまで来れた。

同じように。

愛を確かめたくて仕方ない子どもたちも、

沢山いる。

「こんなわがままなボクでも、愛してくれる?」

「こんなメチャクチャする私だけど、いいの?先生…。」

そう訴える子どもたちの心。

子どもたちの目。

経験してきたから、わかる。

どんな経験も

ムダなことなんて、

ひとつもない。

「そんなあなたで、いいんだよ」

誰か一人でも。

そう言ってくれる人がいれば、

人は生きていけるのかもしれない。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年12月初旬に、みなさんにご協力をお願いした子育て小冊子の配布。

本日をもって、最終便の梱包を終了いたしました♪

沢山の方がご協力くださったお陰で、計1160冊が全国へ旅立っていきました。

北は北海道から南は九州まで。

みなさまの温かい愛を頂き、本当に嬉かったです。

ありがとうございました(^-^)

残りは、地元でボチボチ配布したり、追加注文頂いたりしながら配れたらと思っています。

======

やり終えてみて「よくやったなー私」と我ながら感心です。

小冊子の作成をしていた頃は、本業の保育園でも入園の取りまとめや、新規園の保育士面談等があり、怒濤の日々でした。

合わせてキイロイコトリの練習や講演も重なり、目の下にくっきりクマが出来ていました。

それでも、全部が自分のやりたいことだったので、どれも手を抜けず…。

どれも、120%の力を出してやってきました。

「人様に喜んでもらうこと」

それが、私の喜びや生き甲斐なのかもしれないなあと感じた1年でした。

でも今年は。

「自分を喜ばせてあげること」

何よりそれを、大事にしたいと思っています。

やってきたこと全て、自分のやりたいことだと思ってきたけれど。

もしかして

「やらねばならないこと」

に、してしまっていたこともあったのかもしれません。

そのあたり、これからは自分の感じる感覚を大事にし、取捨選択していきたいと思っています。

「ギューッか、ポイ」

で。

=====

小冊子をお申し込みくださった方、到着連絡や感想を送ってくださった方、色んな形で愛を届けてくださった方、ブログで応援してくださった方…。

沢山の方に、心から感謝いたします。

子どもたち、ママたちを思う暑苦しい私は、いつも

「何かしなくては」「行動しなくては」

と、一人で焦っていた気がします。

でも今回、小冊子配布をしてみて

沢山の方が種まきに協力してくださること。

一人で撒く種はちっぽけだけど、大勢で撒く種は、広く広がり、

色んな場所で花を咲かせられること。

それを実感しました。

みんなで撒いた沢山の愛の種。

少しずつ時間をかけて、花咲くことと思います。

みなさん、ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。