フラワーエッセンス情報の目次は 右 こちら
~初めての方は目次をご覧くださいね~

フラワーエッセンスセラピスト 大井まみ です。

世界のフラワーエッセンス、今回は

【コルテPHIエッセンス】


エッセンスを作っているのは、ドイツのコルテさん。背が高くて、がっちりした感じの方です。


このメーカーのエッセンスの特徴は、お花を摘まないで作るフラワーエッセンス。

お花のエネルギーを頂いているのに、花の命を終わらせてしまう事が出来ない。

エネルギー的な生物情報は、植物のオーラの中にも残ります。その為、花を積みとった痛みの情報も花のオーラの中に残ってしまうのです。

お花を傷つけることなく、お花の近くに、クリスタルのボールに入れた水を置いて、そのエネルギーだけを頂きます。

コルテさんはこれをクリスタル法と読んでいます。

晶洞石(ジオード)というクリスタルのボール。中が空洞になった球体状で、その内側に先端を中心部に向けて水晶の結晶が出来上がっているものです。それを半分にして、ボール状にして使用します。

$フラワーエッセンスでなりたい自分に!効果的な使い方ブログ講座


今までのフラワーエッセンスのように、沢山の花を積みとる必要はありません。

自然の中のハーモニーを感じられる場所で、午前10時から午後2時までの間に作ります。

月の位置もとても重要。上昇する月、満ちていく月、そして満月のときなど、もっとも大きな力が花の中に宿るといいます。


そして大切なのは作り手のバランス。作り手は植物の生命体、ディーバとコンタクトをとって、援助をお願いします。その花のエネルギーをクリスタルの中の水に転写してもらうために。

その際に作り手のハーモニーや集中力などなどが、とても重要だと言っています。

そして日光がとても大切。お花のエネルギーを最大に引き出してくれるから。

2~3時間日光に当たった花に、クリスタルのボールを近づけて、瞑想することでその過程が完了します。

これがマザーエッセンスです。


チャネリング的に、お花の精、お花の生命体と繋がり、そのエネルギーを水に転写してもらいます。

$フラワーエッセンスでなりたい自分に!効果的な使い方ブログ講座

コルテPHIのエッセンスは、フラワーエッセンスだけでも、かなりの種類があります。

バッチ博士の、38種類のエッセンスも、このクリスタル法で作っています。これらはクラッシックエッセンスという名前でラインナップされています。

それから20種類の、薔薇の花のエッセンス。

○ローズエッセンス
これはハートをサポートしてくれるのが特徴。

○ワイルドフラワーエッセンス

○アフリカン&カナリーアイランド フラワーエッセンス

○オーキッド(蘭)エッセンス

○カクタス(さぼてん)エッセンス

○マッシュルーム(きのこ)エッセンス

○ジェム(石)エッセンス

○イルカやクジラなどのアニマルエッセンス

○海の生き物のエッセンス

○ピラミッドなどのエッセンス

○惑星のエッセンス

○クロップサークル(ミステリーサークル)のエッセンス




途中から、様々なネイチャーエッセンスになりましたが…。

その種類もかなりの数になります。

それぞれの特徴なども紹介していきますので、お楽しみに!!


右花を摘むのは、いけないこと?


花 【特別企画】3/31までの期間限定
手紙シンボリック・メールリーディング右詳細はこちら



ほしはな ほしいろのはな$フラワーエッセンスでなりたい自分に!効果的な使い方ブログ講座
~ショップ・サロン・ワークショップ~

ショップ神奈川県逗子市小坪1-6-12
*** アクセスはこちら
【定休日】:火曜日・祝日
【営業時間】:11~17時 (土曜日 18時まで)

*セッションメニュー・料金・スケジュール
*今月の講座・イベント
*お問い合わせ

セッションは、定休日や時間外でもお受けするのが可能な場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
AD

コメント(2)