#3 つくし(土筆)

テーマ:

none;text-autospace:none">




 選び方
3月~4月にかけて、野原や空き地、土手などの日当たりのよい広場に生えています。
頭の笠が開いているものはガサガサして口当たりが良くないので避けましょう。

  マリメッコ 胞子を散らしていない、笠がしまっているもの。
  マリメッコ 緑色の胞子が落ちるまで笠が開いてしまうと、筋張って味が落ちる。 
  マリメッコ 育ちすぎていると筋っぽく美味しくないので、節の間が短いものを。
  マリメッコ 長すぎないもので、細いものよりは太いものを。
 
 保存方法 
時間が経つとアクが強くなるので、早めに食べるようにします。
すぐに食べない場合は、下処理したものをさっと10~15秒茹でてアク抜き。
ラップに包み、冷蔵庫で保存(
2~3日内
)保存。冷凍保存も可能です。
きんぴらなど調理したものも、冷凍保存も可能です。

 食べ方 
節の周りについている はかま と、ほろ苦さが苦手な方は笠を取り除き、水で洗ってから調理します。
 きんぴら  醤油とみりん(または砂糖)で味付け
 炒め物  ほかの野菜と共に炒める
 玉子とじ  出汁で軽く煮て玉子とじにする 

 おひたし・和え物・酢の物  ほかの野菜と共に出汁や甘酢で和える
 佃煮  醤油、酒、みりんで甘辛く煮付ける
 天ぷら、炊き込みご飯、etc. 他の山菜と同様に楽しめます。
 
マリメッコ つくし飯、つくしの卵とじ (クリックすると他サイトのレシピがあります)

 栄養素 
ビタミンB群、ビタミンE、カリウム、マグネシウムなどビタミンとミネラルを多く含みます。
ただ食べる量は少量ですので、つくしだけで栄養素を補充するのは難しいところ。
バランス良く他の食材と一緒に利用しましょう。

つくしは乾燥させたものを飲むと、むくみの解消効果が期待されるとか。
緑色のスギナの粉末が漢方薬として存在するという話は聞いたことがあるのですが、薬効成分については私にはわかりません。

 これ クリック左クリックしていただけると元気とやる気が出ますアップ 
 
  にほんブログ村 

五訂日本食品標準成分表 より
つくし・胞子茎-生
エネルギー(kcal)38.0レチノール当量(μg)180ナトリウム(mg)6
水分(g)86.9※レチノール(μg)0カリウム(mg)640
たんぱく質(g)3.5※カロテン(μg)1100カルシウム(mg)50
脂質(g)0.1ビタミンD(μg)0マグネシウム(mg)33
※飽和脂肪酸(g)0.00ビタミンE(mg)4.9リン(mg)94
※一価不飽和脂肪酸(g)0.00ビタミンK(μg)19鉄(mg)2.1
多価不飽和脂肪酸(g)0.00ビタミンB1(mg)0.07亜鉛(mg)1.1
※コレステロール(mg)0ビタミンB2(mg)0.14銅(mg)0.22
炭水化物(g)8.1ビタミンB6(mg)0.35マンガン(mg)0.22
※食物繊維(g)8.1ビタミンB12(μg)0.0 
※※水溶性食物繊維(g)1.2葉酸(μg)110
※※不溶性食物繊維(g)6.9ナイアシン(mg)2.2
食塩相当量(g)0.0パントテン酸(mg)0.90
廃棄量(%)15ビタミンC(mg)33
100g当たりに含まれる栄養成分の量です。 1本(生)は約2g
AD

コメント(2)