ANGELA official blog 「TUNE UP」

アンジェラ オフィシャルブログ 「TUNE UP」


テーマ:


今日はルツェルンフェスティバル・アークノヴァ2014のオープニング・ガラに出席しに仙台まで行ってきました。

I took the Shinkansen to Sendai today to attend the Lucerne Festival Ark Nova 2014 Opening Gala. 


{6E9E665C-46E3-4E48-A482-BD69AEE047F0:01}


このプロジェクトは東日本大震災の翌日、2011/3/12に始動し、昨年2013年に初のフェスティバル開催を実現しました。
詳しくはこちらへ:http://ark-nova.com

This project was initiated on 12 March, 2011, the day after the Tohoku Earthquake and Tsunami hit Japan. After two and a half years in the making, the festival came to fruition last year, in 2013. 


{A78CEDFB-B00E-486B-805F-074D4F8B234C:01}


このドラマティックな可動式コンサート会場はアニッシュ・カプーア氏と磯崎新氏の設計デザイン。素晴らしいです。

This dramatic, transportable concert hall was jointly designed by Anish Kapoor and Arata Isozaki, both great masters in their respective fields. So beautiful. 

中はこんな感じ。胎内に居る様で、独特な安心感と内向的な世界感が良かった。

This is what it looked like on the inside. There was a distinct feeling of comfort and inner awareness, like being in the womb. 


{3904640B-9F77-4EE4-940D-8FA234F233CC:01}



{6ECA1C55-6F8D-4BD5-A615-07B7B0B04BD0:01}


ガラ・コンサートは、角田健一ビッグバンド、柿境香(尺八)、とルツェルン管弦楽団、とバラエティに富んだラインアップ。
バルーンの中なのに音響の良さにびっくり。音響反射板やバルーンの独特な形状で音が外側へと逃げて行かない仕組みになっているらしい。
尺八の繊細な歌声がしっかり楽しめるなんてスゴイ。ルツェルン管弦楽団のメンバーによる室内楽公演も本当に素晴らしかった。

The gala concert program consisted of the Kenichi Tsunoda Big Band, Kaoru Kakizakai's shakuhachi, and chamber music by soloists of the Lucerne Festival Orchestra -- a varied lineup which highlighted the surprisingly strong acoustic capabilities of the inflated hall. The distinctive shape of the balloon structure and sound-reflecting acoustic walls lining the inner wall really kept the energy and sound central. 
It's pretty amazing to be able to enjoy the subtleties of the shakuhachi flute in such a structure. The chamber music was delightful also. 


{0C688845-5F87-4B5A-AEA2-E7EF8BB78626:01}


{5FC8F14F-A8F8-4B53-90E9-AFC6F994654B:01}


イベント後には記者会見にも出席させていただき、磯崎先生やルツェルン・フェスティバル芸術総監督のヘフリガー氏、ARK NOVAのアーティスティック・ディレクターであり梶本音楽事務所の梶本眞秀氏のお話を食い入るように聞きました。
特に磯崎氏の都市と自然環境の二極化とその関係性の循環化についてのお話や、梶本氏の、小さなホールを使うことによって音楽の存在や意味の原点に戻れた、というコメントが心に残った。

また来年の展開も楽しみにしています。

After the event, I attended the press conference during which Isozaki, Michael Haefliger (Artistic Director of the Lucerne Festival), and Masahide Kajimoto (Artistic Director of Ark Nova and President of Kajimoto Music) spoke about the ideas and ideals behind the project. It was especially interesting to hear Isozaki talk about the polarisation of urban and rural environments and the necessity to build a nourishing, cyclical relationship between the metropolis and nature. Kajimoto commented that the Ark Nova project, with its compact hall, had allowed him to step back to the basics and reconfirm the fundamental beauty and simple pleasure of delivering music to people. 

A beautiful experience overall. I look forward to next year's developments!


*ルツェルンフェスティバル・アークノヴァの開催は11/9(日)まで。


*The festival will continue until 9 November. More info: http://ark-nova.com/en/index.php




いいね!した人  |  コメント(0)
ANGELAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事  もっと見る >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み