+ 天使のたまご +

毎日を楽しく元気に


テーマ:

+ 天使のたまご +


これねー、記事にするかどうか相当悩んだんですよ^^;

というのも、瀬戸朝香さんがとっても素敵な母乳石鹸を紹介 してらしたから。


こちらはそれよりもずいぶん前、上にチラっと写っているように5月のモッコウバラが満開の頃に作ったものです。

その後、もたもたしているうちに、あーんな素敵な母乳石鹸を見たらもう「何コレ?」です(笑)

でもせっかくだから、記念に記事にしておこうと思いました人差し指


なぜ「なんちゃって」かというと、母乳を使って自分で作ったのは間違いないんですが、

お手軽な「石けんのもと」を使って作ったから。

石けんのもと ...

石けんのもと ...

価格:2,310円(税込、送料別)


2006.1.8の日記 で紹介した手作り化粧水(あれ以来、季節によってグリセリンの量を調整しつつずーっと作り続けています!)を作る際に参考にした本に、この「石けんのもと」と酒粕で作る「酒かす石けん」が紹介されていて、それを作ってみたくて購入していたんですが、あれやこれやと忙しくしているうちに買ったことを忘れて洗面台の下の棚で寝かし続けていたんですあせる


母乳石鹸の存在をはじめて知ったのは、さんぺーの妊娠中。

冷凍の母乳を送れば素敵な石鹸を作って送り返してくれる業者さんがあると。(もちろん有料で)

その話を聞いたときに「石けんのもと」の存在を思い出し、よし出産したら作るぞー!!と思っていたのです。


通常の手作り石鹸の工程とはちがい「石けんのもと」はえらく簡単です。

「石けんのもと」の中に石鹸に必要なものが全て入っているので、あとはハーブとかお茶とか酒粕とか、お好みで入れたいものと水分を調整してまとめてビニール袋に入れ、よーくもみもみ。

しっかり混ざったら牛乳パックに入れて4~5日置いておき、固まったらパックから取り出してお好みの大きさにカットして完成♪


問題は、母乳をどの程度入れるのか・・・?

私としては「母乳石鹸」というからには、余計なハーブとか精油は一切入れたくないと思っていたんだけど

じゃあ材料は母乳だけでいいのか?

で、悩んだ結果、試しに「石けんのもと」100グラムと母乳70mlだけを混ぜて作ってみたら

うーん・・・水?油?が足りなくてボソボソなかんじ。

失敗か成功かと言ったら、たぶん失敗の部類だったと思う^^;


で、リベンジの2回目は

石けんのもと 100グラム

しぼりたての母乳 100ml

オリーブオイル 小さじ1

で作ってみました。

今度は大成功♪

それが上の画像の石鹸です。

牛乳パックの底の痕がモロについていますが(笑)


記念に残しておく分を小さく切り取って、残りはいま洗顔に使っています。

クリーミーでやさしい泡立ちは、もともと「石けんのもと」ならではのものなのか、母乳も一役かっているのかは不明ですが、とても気に入っています。


私の場合、母乳がジャージャー出るタイプではないので、あまり大量生産はできません。

おっぱい大好きなさんぺーに好きなだけ飲ませてあげたいし。

でも母乳が出る期間は限られているから、できれば出るうちにあと1~2回作りたいな。



+ 天使のたまご + さんぺーは9ヶ月になりました!

ゆっちのウィッグ付きキャップをかぶせられている画像です。

もー、アンタかわいすぎるよ!(親バカ)

相変わらず我が家のアイドル。

ずりばいができるようになって、リビングの床をお腹で拭き掃除してくれています(笑)


胸に抱えているフリースの毛布は

さんぺーにとって「ライナスの毛布」

どんなに暑くてもいつも一緒。

旅行にも持って行きます。


「バイバイ」と言うと右手を振るようになりました。

夏休みで常に兄姉に囲まれて刺激的な日々を過ごしていますラブラブ






いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

レモン

いつ紹介したか、記事を書いた本人の私ですら忘れてしまいましたが^^;

1つだけ実っていたレモン、やっと収穫しました\(^0^)/


このレモンの木は、去年の夏に園芸店でクロアゲハの幼虫がついていることに気づいて購入したものです。

そのときはまだ花がいくつか咲いている状態で、その後3つほど結実したんですが、大きくなったのはこの1つのみでした。


全体が黄色くなり完熟するまでずっと木につけたままで育てました。

大きさは、かなり小さいです。

アゲハの幼虫を育てるのが第一の目的なので、化学肥料を一切使わないため、あまり大きな実にはならないのです^^;

それだけに、収穫は全く期待していないので、1つでも実って収穫までたどり着けたことは、とてもうれしいことです(*^-^*)


さて、このレモンを何に使おうか、かなり悩みましたが、結局「手作り化粧水」にすることに。

なんてったって、純国産&無農薬&ノーワックスですから♪


レモン

切ってみると「おお!」見た目も香りもレモンそのものです!

(いや、当たり前なんだけど^^;)

小さくても、香りはかなりよかったです~♪

化粧水に使用しなかった両端の部分は、レモンティーにして飲みました(*^-^*)

レモン化粧水


このレモンの輪切り日本酒精製水を合わせて、冷蔵庫でしばらく漬けたら「レモン化粧水」の完成♪


詳しい分量・作り方は

主婦の友社
キッチンでつくる美白水&美髪水―台所漢方

こちらの本を参考になさってください。


毛穴の引き締め効果があるそうです(* ̄m ̄)

冷蔵庫で3週間しか保存できないようなので、ケチらずにビシャビシャ使いたいと思います!(笑)


ところで、前回ご紹介した、こんぶと卵の薄皮を使った化粧水(記事は→こちら♪ )ですが、

あれからずっと使い続けています♪

しっとり潤ってしかもベタつかず、私の肌にとても合っているようで、少しずつまめに作って使っています。

今のところ、トラブルも何もありません。

卵の薄皮には「ヒアルロン酸」が含まれているらしく、お肌にとてもよいそうです。

レモン化粧水の毛穴引き締め効果は、お風呂上りに使用するのが一番有効とのことなので、「夜はレモン」「朝はこんぶ」でしばらくいこうと思います。

息子が寝る前に「今日のお母さんはレモンのいいニオイがする~♪」と言っていました。

最近ずっと、こんぶのニオイだったから、とてもいい香りだと思ったようです(笑)


追記: ソラレンについて

hodo-hodoさん に教えていただいたんですが、レモンをはじめとする柑橘類の皮には「ソラレン」という物質が含まれていて、ソラレンは、光に当たるとシミを作り出してしまうそうなんです!!

コメントで教えていただいて、私もあれこれ調べました。

このレモン化粧水は、本の通りに作ってみたんですが、同じようにレモン化粧水を作ってらっしゃる方の中には「最近の研究では皮はよくないらしいので、皮を全てむいて漬けました」という方も・・・

うーむ、勉強不足の自分が情けない(;´▽`)=з


ちなみに、市販されている○ッカのレモン果汁にも、このソラレンが微量ながら含まれているようなので、レモン果汁を材料として使う手作り化粧水を作るにあたっては注意が必要ですね。

「微量」をよしとするか、それでもダメとするかは個人の判断ですし、ワックスや農薬を使用している市販の輸入レモンよりはマシ、という考え方もあるようです。


せっかく作ったのに、どうしようかなぁ。

夜つけて寝て、朝きれいに洗い流したら問題ないかしら?

う~ん、迷います^^;


追記2

hodo-hodoさん がまた教えてくださいました。

「太陽に当たる数時間前はつけない」を守れば大丈夫なようです。

とういうことは、やはり夜用の化粧水として使用し、朝は使用しない、としておけば大丈夫ですね♪

みなさま、お騒がせしました。

hodo-hodoさん ありがとう!!




自家製レモンで自家製化粧水って、贅沢だね、と思ったらクリック!

人気blogランキングへ →

いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

テーマ:

化粧水

「ある母の一日」のusachanさん の影響を受けて、私も「手作り化粧水」を作ってみました♪


参考にした本はこちら↓

主婦の友社
キッチンでつくる美白水&美髪水―台所漢方


自家製の化粧水は、ずいぶん前から興味はありました。

市販のどの化粧水も合わなかった人が、自家製の化粧水でキレイなお肌を取り戻した、なんて話もよく聞いていました。

私もお肌が弱いんですが、逆に「大丈夫なの~?」と思っていて、敬遠していたんです。

化粧品に関しては、自分の肌に害のないものを見つけたら、もう冒険せずにずっとそれを使い続けるタイプなので・・・^^;


しかし最近は、だんだん大胆になってきたと言うか、いい加減になってきたと言うか、おまけに昔と比べてお肌も頑丈になってきているし、試しに作ってみるか~♪と思って、図書館で本を借りてきて挑戦してみました。


これは、卵の殻の内側の薄皮・こんぶ・ホワイトリカー・精製水・グリセリン・クエン酸が原料です。

(分量と作り方は、本をご覧になってくださいね~♪)


卵の殻なんて、捨ててしまうものだし、こんぶも常にキッチンにあります。

ホワイトリカーも、果実シロップ作り等に使ったあまりがちょうどあったし♪

あとの材料は、ドラッグストアで買いましたが、まだまだあと何回も作れそうな量が残っている状態で、材料費が安くあがります。


とりあえず、お肌に合わなかったらもったいないので、本にあった量の半分の量にしてみました。

うっすら色がついているのは、もちろん「こんぶ」のせい(笑)

冷蔵庫で保管して、1ヶ月以内に使い切らないといけないそうです。


3日目になりますが、今のところいいかんじです(*^-^*)

顔につけた直後は、こんぶの香りがすごいんですが(笑)しばらくするとなくなります。


グリセンリンは保湿成分として入っているので、乾燥する冬は分量どおり、夏はさっぱりさせるために2割程度減らしてもいいらしいです。

慣れてきたら、自分のお肌に最も適した調合ができるようになるかな?


ちなみに、化粧水をいれているビンは、もともとお酒が入っていたビンで、そこに
ポアラー(赤) ポアラー(赤)

↑注ぎ口(ポアラー)を取り付けています。

ちょっといいでしょ?(*^-^*)


手作り化粧水、いいねぇ!と思ったら、クリック!

人気blogランキングへ →

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

ゴム手袋

「コスメ大好き!サーフィン大好き!」のYukiさん12月4日の記事 にトラバです♪


はげしくかぶってます。

近々記事にしようと思っていたら、一足先にYukiさんがハンドケアについて記事にされていて、しかも私と同じ「君島十和子方式」だし、なんと画像のゴム手袋の色までYukiさんと一緒です!(笑)


まるでパクったみたいなんですが、私も記事にさせてくださいね^^;



さて、「君島十和子方式」とは、食器を洗う際に、ハンドクリームをたっぷり塗った手に綿手袋をはめ、さらにゴム手袋をはめて熱いお湯で食器を洗うというもの。

私はお湯ではなく水で洗うことも多いんですが^^;

2年ほど前にワイドショーで君島十和子さんが紹介しているのを見て、「これはいい!」と思ってそれから実践しています。

ちなみに、「君島十和子方式」とは、私が勝手につけた呼び名です(笑)


私はもともとお肌が強いほうではなくて、主婦になってからはずっといわゆる「主婦湿疹」に悩まされてきました。

特に冬場は必ず指がアカギレに・・・(涙)

食器洗剤にも気をつかって、コープさんの食器用粉石けんを使用しているんですが、それでもダメです。

子供を出産して、水仕事が増えてからはひどいものでした。


この「君島十和子方式」はいいですよ~♪

ゴム手袋の下に綿手袋をはめることによって、ムレることなくほどよく保湿できます。

手荒れに悩むお友達に「いい方法ない?」と聞かれると、必ずこの方法をすすめているんですが、反応はニブイですね^^;

たいてい「いちいちそんなことしていられない」とか「ゴム手袋をすると汚れが本当に落ちているかどうか触って確かめられない」と一蹴されてしまいます。

でもねぇ、ほんといいんですよ!

めんどくさがりの私が2年間ずっと実践しているぐらい効果的なんです~。


ついでに、おすすめハンドクリームも紹介しておきますね。

(参考までに楽天の商品リンクを貼っていますが、ご近所のドラッグストアでお求めになったほうが断然安いです)


ひとつめは佐藤製薬の「パスタロン」
肌あれ、あれ性に、弱酸性スキンケアクリーム 保湿成分尿素(カルバミド)配合パスタロンクリ...
肌あれ、あれ性に、弱酸性スキンケアクリーム 保湿成分尿素(カルバミド)配合パスタロンクリ...
このハンドクリームに出会ってから、飛躍的に手荒れが改善されました。

お風呂あがりにかかとにも塗って、靴下をはいて寝ると、翌朝にはかかとがふっくらツルツル♪

この季節のほうが熱心にスキンケアをするため、夏よりもかかとがキレイです(笑)


もうひとつは、ゼファーマの「ロコベースリペアクリーム」


ロコベースリペア ロコベースリペア

これは、30グラムで1800円前後と、ハンドクリームにしては、ものすごく高価なので、ずっと購入を迷っていたんですが、つい先日テスターを塗ってみて「お!これは」と思ったので、思い切って買ってみました。


洗いものをするとき以外のお料理は、素手でやっています。(ハバネロ調理を除く)

それまで、「パスタロン」を塗っていても、エビの殻むきや、生のイカ・タコを調理する際は

「キーッ!手がかゆい~!!><」となって、何度も手を洗い流しながらのツライ作業だったんですが、これを塗るようになってからというもの、不思議と生のイカ・タコを触りたおしてもかゆくない!

そして、すすめてくれた薬局のおばちゃんいわく「赤ちゃんが食べても大丈夫なぐらい安全な成分」とのこと。

ちょっとそれは言いすぎな気もしますが^^;



ということで、「君島十和子方式」「パスタロン」「ロコベースリペア」のおかげで、現時点での私の手はものすごくツルツルすべすべです♪

(ゆっちのオムツがはずれたことも大きな要因なんですが)

知らない人が見たら「この人、主婦のくせに水仕事を何もしていないんだろうな」と思われるかも^^;

手荒れでお悩みの方、ぜひお試しあれ♪



参考になったよ!と思ったら、クリック!

人気blogランキングへ →

いいね!した人  |  コメント(39)  |  リブログ(0)

テーマ:

ビワのたね  ビワのたねアップ

さて問題です。

一体、↑これは何でしょう?


答えは、

ビワの種をホワイトリカーにつけたものです。


「エコ手作り進行中♪」のちこママさん に教えてもらったもので、あせもに効くらしいです!!


ゆっちは、とんでもなく汗っかきです。

夏はいつも汗臭いし、特にパジャマは毎晩ぐっしょりです。

夏の夜、隣で寝ているとぽわ~んと香ってくるニオイときたら・・・


当然、あせももすごいです(;´▽`)=з

頻繁にシャワーやプールで汗を流すように心がけていますが、一晩で「あせも大魔王」になってしまうこともしょっちゅう・・・


市販のあせもに効くローションの中で効果が高いと私が思っているのは、桃の葉を主原料にしているもの。

お値段は高めですが、それなりの効果はあります。

今年もそれを使っていたところ、ちこママさん の記事を目にして「いいかも~!」と思い、ビワの種をためて、ついに仕込みました♪

梅シロップを作るのに使用したホワイトリカーが、ちょうど残っていたし、ビワの種も「庭に蒔こう」と思って(笑)前々から少しずつとっておいたものがあったので。


完成は1年後だそうです。

来年の夏は、この「ビワローション」で乗り切ることができるかな!?


種だけでなく、ビワの葉にも同様の効果があるらしく、漢方の生薬としても使われているそうです。

種をまいて育てて、葉っぱも利用できるようになったら、よりいいいですね~♪



ビワの種にはそんな効果があるんだねぇ!と思ったらクリック!

人気blogランキングへ →

いいね!した人  |  コメント(29)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。