+ 天使のたまご +

毎日を楽しく元気に


テーマ:

+ 天使のたまご +


この画像だけ見ると「何コレ??」ですね~苦笑


以前「かんたんフローズンヨーグルト」という、水切りしたヨーグルトとバニラアイスを混ぜるだけという簡単レシピを紹介したことがありましたが(→こちら♪ )、この「マシュマロヨーグルト」はさらに簡単!


ヨーグルトとマシュマロをただ混ぜるだけ!(笑)


マシュマロが大きい時は半分に切り、マシュマロ全体がかぶる程度の量のヨーグルトを絡めて丸1日ほど冷蔵庫で寝かせれば完成♪

この「寝かし」がポイントなんです。

絡めてすぐ食べると、当然マシュマロにヨーグルトをかけただけ^^;

それが時間が経つと、マシュマロがいい感じにトロ~ンとしてヨーグルトとよくなじんでくるんです。

その食感がムースのような溶けかけのアイスのような。

ふわふわになるんですよ嬉しい


マシュマロが甘いのでヨーグルトはプレーンで十分なんですが、我が家の子どもたちは加糖ヨーグルトでさらに甘く!がお気に入りです(笑)


季節のフルーツを添えるとちょっとしたおもてなしデザートにもなります。

お試しあれ♪












いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


+ 天使のたまご +

3ヶ月ほど前に紹介した(→click )自家製天然酵母の牛乳パン、その後も定期的に作り続けていて

ずいぶんと上手になってきました♪


以前は、パン生地全てをベタっと広げて包丁で4×4の16等分に切り込みをつけて焼いていましたが

現在では生地を6つにわけて、3つずつパウンド型に入れ、2つのパンド型で焼くのが主流になりました。

(パンの山の形がまだいびつですが^^;)


ふくらみも以前より大きくなりました!

きっかけは、生地を冷蔵庫に入れるようになったこと。

「低温長時間熟成」という方法を知ってはいましたが、発酵途中の生地を冷蔵庫でいったん冷やしたらその後どうなるかわからなくて、ちょっと敬遠していたんです・・・


それを、焼き上がり時間の調整のために、1次発酵が終わって型に入れた生地を一晩冷蔵庫に入れ、

翌朝取り出してそのまま室温で置いておいたところ、いままでにないふくらみに。

つまり2次発酵は「40度で1時間」というような温度管理を必要とせず(この気温の時期だからこそなのかもしれませんが・・・)室温でとてもうまく発酵してくれるのです。


元気な酵母は冷蔵庫内の低温でも少しずつ発酵が進んでいるらしく、しかも一旦休ませたほうがさらに元気に、そしてさらにおいしくなるんだとか。

これがまさに「低温長時間熟成」なんだなーと実感!


最近は、火曜日から水曜日にかけてパン種→中種を作り、水曜日の夜に冷蔵庫に入れて木曜日の朝取り出し、昼ごろに焼いて1本はその日に食べ、もう1本は翌朝に食べたり、けんけんのお弁当に入れる

というのがパターン化してきています。



+ 天使のたまご + 甘い牛乳パンなのでそのままでももちろん美味しいのだけど

さすがにこればかりでは飽きてしまうので

気が向いた時には鶏むね肉で作った自家製鶏ハムとキャベツをそれぞれ細かく切ってマヨネーズで和えた

←「とりハムサンド」を作ったりもしています。


けんけんのお弁当も、パンのときはたいていこの「とりハムサンド」

けんけんはこれが大好きで、「今日のお弁当はとりハムサンドね」と言うと大喜びきゃーしてくれて、本当に作り甲斐があります♪


次の目標は、もっとふんわり焼きあげたいということと、パンの種類を増やすこと。

現在の天然酵母パンのレシピは、素朴で固いチーズパンかこの牛乳パンしかないのでえへへ…


がんばりますキラキラ






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


+ 天使のたまご +


とても久しぶりに自家製の天然酵母でパンを焼きました!


さんぺーの妊娠→つわり→出産→4児の子育てに追われ、かれこれ2年ばかし、天然酵母から遠ざかっていました。

以前、りんごジュースをかけ継ぎして大事に育てていた酵母ちゃんは、しばらく冷蔵庫に保管していましたが、再開のメドが立たず泣く泣く一旦さよならしていたのです。


で、何でまた酵母ちゃんを育てる気になったかというと、さんぺーさんが1歳を過ぎて余裕がでてきたことと

(その証拠に最近ブログの更新頻度が上がってきたと思いません!?)

店頭からドライイーストが消えたこと!


相変わらず我が家は毎週日曜日の朝食は必ずホームベーカリーで焼いたパンと決まっています。

それに使うドライイーストが残り2~3回分となってしまったので買いに行ってビックリ。

地震と計画停電による買い占めの影響で、小麦粉だけでなくドライイーストまでもが一時期入手困難だったのですよ。

自宅でパンを焼こうと思った人がそんなにたくさんいたんでしょうか・・・?


ドライイーストが手に入らないなら、天然酵母を育てればいいんだ!

ということで、手っ取り早く失敗の少なさそうなレーズンで作りました。

結局、このレーズン酵母の種おこしをしている最中にドライイーストが入荷されてあっさり買うことができたんですけどね(笑)

昨日からパン種、中種を作り始め、今日のお昼ごはんに牛乳パンを食べました♪


予定より早く先週から小学校は午前授業となりました。

たっち&ゆっちが学校から帰ってくる時間にあわせて焼きあげたかったので、本来ならばもうちょっと発酵させたいところだったのを無理やり焼いてみたら案の定、ふくらみが足りなかったえ~‥

でも味はとても美味しかったのと焼きたてふわふわにごまかされて、子供たちみんな、ものすごい勢いで食べてくれましたキラキラ


次回はもっと余裕を持ってしっかり発酵させて作りたいと思います♪

うちのオーブンはガスコンベックなので、ホームベーカリーでパンを焼くよりも節電になるし、

これからまた天然酵母でパンを焼く機会を増やしていこうかと人差し指

材料の配分もちょっとかえたほうがいいのかも・・・

いつか、自信を持ってレシピを公開できる日がくるといいな。






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


+ 天使のたまご +


お友達に教えてもらってからというもの、子供たちも私も気に入って3日おきぐらいに作っているおやつ。


【材料】

ごぼう ・・・ 1~2本

天ぷら粉(なければ薄力粉でも可)・・・ごぼう1本に対して大さじ1

塩・・・お好みで量を調整


【作り方】

1. ごぼうを千切りにする

  (アク抜きはお好みで。私はさっと水にさらす程度です)

2. ゴボウの水分をふきんやキッチンペーパーでしっかり取る

3. 天ぷら粉をまぶす

  (千切りの1本1本にしっかりからめないといけないわけではなく、軽くかかっている程度でOK)

4. 低温(170度)の油でカリっとなるまで揚げる

5. 塩をふって完成


*水分をしっかり取っていなかったり天ぷら粉が多すぎると、べちゃっとなってしまいカリっと揚がるのに時間がかかるので要注意

*油には一度にたくさん入れずに少しずつ

*焦げるとにがくなるので要注意



「ごぼうがキライな子でもこれなら食べるよ」と聞いて作ってみたら、たしかに。

野菜ギライなたっちがすごい勢いで食べちゃうからビックリ。

ごぼうの味がしないかというとそんなことはなく、むしろごぼうの甘さが引き立っているんだけど、ごぼうのキライな子でもそれを「美味しい!」と思えるようです。

スナック感覚でどんどん食べられて、大量のごぼうの千切りがあっという間になくなります。


ごぼうが好きな人もキライな人も、どうぞお試しあれ四つ葉




いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

クッキー


前回の記事で紹介した、お庭で育てたレモンを使ってレモンクッキーを焼きました♪


最近、私の手作りお菓子は手抜きばかりで・・・

今回もホットケーキミックスを使用。

でも、普通のホットケーキミックスではありません↓

 お豆と雑穀のホットケーキミックス 180g*2袋

原材料に「大豆」「小豆」「大麦」「小麦」「黒米」「もちあわ」「もちきび」「黒ごま」が入っていて、カルシウムたっぷり・食物繊維たっぷりなホットケーキミックスなのです。


【材料】

ホットケーキミックス・・・180g

バター ・・・・・80g

牛 乳 ・・・・・50ml

レモン ・・・・・・半分


【作り方】

1.バターを室温に戻し、やわらかくなったらクリーム状によく練る

.ホットケーキミックスを加えて生地がポロポロになるまでよく混ぜる

.牛乳を加える

.レモンのしぼり汁とすりおろした皮を加えてよく混ぜ合わせる

.お好みの形にして 170℃のオーブンで20~25分焼く

※クッキーのサクサク感を出すためには、1の過程がとても大事。ココだけは手抜きせずによく練りましょう!

※レモンの皮は黄色い部分のみ。中の白い部分を加えると苦味が出ます

※レモンのかわりにチョコチップやナッツを混ぜても美味しくできます♪


えらそうに紹介するのもどうなんだろう・・・というぐらい簡単なレシピです。


普段、フルーツの皮をお菓子に使うのはちょっと抵抗があるんですが(農薬とかワックスとか・・・)

こちらは自前のレモンなのでその心配なし♪

残りもう半分のレモンは飾り用に輪切りして、さらにその残りをしぼってサイダーへ。


普通のホットケーキミックスとちがって粉の色が灰色に近いので、お手伝いしてくれたゆっちが

「ねぇお母さん・・・これ・・・粘土?」と言っていました(笑)

今回は、クッキーの形も手抜きで、型抜きもせず、ひとつひとつ丸めたわけでもなく、

生地全部を天板に広げて伸ばし、ひとつが2×4センチぐらいになるようにスケッパー(なければ包丁でOK)で切込みを入れて焼きました。

多少のふぞろいや端っこの形がブサイクなのはご愛嬌♪

(ホットケーキミックスでクッキーを作る場合は、普通のクッキーよりもやわらかい食感になります。かためにしたいときは、生地をできるだけ薄くしましょう!その場合、オーブンの温度や時間も調整が必要です)


ちょっと甘さが足りないかな~?と思いましたが、レモンの風味がそれをうまくカバーしてくれて、

優しいお味のクッキーになりました。

けんけんもたくさん食べました(笑)


普通のホットケーキミックスでも作れるので、おうちにホットケーキミックスがあったら、ぜひぜひお正月休み中に作ってみてください。


マット さて、ついでにティーマットのご紹介。

ランチョンマットよりふた周りほど小さい、おやつ用のマットです。


上の画像で紹介しているもの以外に

←これだけ作りました。


ハギレ撲滅大作戦・・・地味~に進んでいますが、それを上回るペースで新たな布が増えていってます。

来年もがんばらねば。



すっかり更新が不定期になってしまったこのブログに訪問し続けてくださるみなさま、コメントをくださるみなさま、今年も大変お世話になりました。

けんけんの手術日程がなかなか決まらず、なんとなく落ち着かない気分ですが、春までには終わって退院しているはずです。

来年は、さらに元気なけんけんの姿をご紹介できればと思っています。

正直こんなに長くブログを続けるとも思っていなかったけど(笑)


来年も引き続きよろしくお願いします。

よいお年を!鏡餅


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
アップルパイ

1・2学期は、幼稚園のあと毎日のようにお友達のおうちに遊びに行ったり、お友達をうちに呼んだりして、誰かと遊ばないと気がすまなかった息子ですが、3学期は風邪やインフルエンザがクラスで大流行していて、我が家もその煽りを受けたこともあり、お友達と遊ぶのは週に2回程度になりました。


こちらとしては、そのほうがラクです^^;

かわりに、お友達と遊ばない日は、なるべく子供たちと一緒に手作りおやつを作るようにしています。


31日のおやつはアップルパイでした。

上にかかっているカスタードクリームは、牛乳ではなく豆乳で作ってみました。

ホットケーキミックスで作る「伊東家」の裏ワザカスタードクリームです。


卵黄2個・砂糖大さじ3・ホットケーキミックス大さじ1・牛乳を150mlをよく混ぜ合わせ、ラップをして

500wのレンジで1分間チン、取り出して10秒混ぜる。

↑これをあと2回、合計3セットやれば、いいかんじに固まってカスタードクリームに♪

(あら熱が取れたあとにバニラエッセンスを加えてもいいですよ)


このレシピを、全て半分の量で、牛乳ではなく豆乳でやってみたんです。

豆乳自体の甘さがあるので、砂糖は控えめにしました。

量が少なかったのと、豆乳のほうが固まりやすいので、2セットでOKでした。

クリームだけを食べると豆乳くささがあるんですが、アップルパイと一緒に食べるとあまり気になりませんでした。

子供たちは全く気にすることなく食べていました(笑)

チュイール


1日のおやつは「チュイール

カスタードクリームを作ったり、お料理で卵黄のみを使って、卵白が余ってしまったときに、我が家はこのお菓子を作るのが定番です。


<材料 24枚分>

卵白   1個分

砂糖   40グラム

小麦粉  40グラム
バター  40グラム

スライスアーモンド  60グラム

バニラエッセンス 少々


<作り方>

.卵白と砂糖をすり混ぜて、小麦粉・バニラエッセンスを加えてさらに混ぜる

.バターを溶かして1に回しかけ、よく混ぜる

.スライスアーモンドを加え、潰さないように混ぜる

.クッキングシートに小さじ山盛り1杯ずつぐらいを間隔をおいて乗せ、フォークでスライスアーモンドが重ならないように楕円形にのばす

.170度のオーブンで8~12分、きつね色になるまで焼く

.熱いうちに太めのめん棒に乗せ、上からふきんで押さえるようにして丸いカーブをつけ、網の上で冷ます

※焦げやすいので、焼いている間はよく見ていてください!

※とても湿りやすいクッキーなので、保存する際は完全に冷ましてから、乾燥剤を入れた密閉容器で保存してください。


ふだん、自宅用に作るときは、面倒なのでカーブをつけたりしません^^;

今回は、ブログで紹介するので、特別に少しアーチ型にしみました(笑)

「チュイール」とは、フランス語で「屋根瓦」という意味らしく、このカーブをつけないことには、「チュイール」にはならないのです。

あと、今回は、スライスアーモンドが家になかったので、かわりにアーモンドダイスで作りました。

味は一緒ですが、見た目は本当の「チュイール」とは程遠いかんじです^^;


このお菓子は、焦がしさえしなければ失敗することはない、とても簡単なものです。

しかもすごく美味しいので、お客さんが来たときに出したり、手土産で持っていっても喜ばれます。


卵白が余ったときに、ぜひ作ってみてくださいね(*^-^*)



美味しそうだね~!と思ったら、クリック!

人気blogランキングへ →

いいね!した人  |  コメント(27)  |  リブログ(0)

テーマ:
かに


カニの飾り巻き寿司を作りました♪


たっちの幼稚園は、3学期が始まった翌日の11日からもうお弁当も始まっています。

13日のお弁当に入れました。

本来ならば、お弁当全体の画像を載せるつもりだったんですが、撮り忘れました(;´▽`)=з

なので、お皿にのせておいた残りの巻き寿司の画像となってしまいました・・・


参考にした本はこちら♪

川澄 健 飾り巻きずしのり巻き大全科


この本を、bluefairyさんピナヲさん が記事で紹介されているのを見て、せひ作ってみたくなったので、図書館で借りてきました。

ピナヲさんの作品は→こちらの記事をどうぞ♪


すごく参考になります!

基本の太巻きの作り方も、写真で分りやすく丁寧に解説してあるし、太巻きの具の種類もあれこれ紹介されています。

天ぷらとかうなぎなんかはよくあるけれど、鮭のチャンチャン焼きを巻いてみようだなんて、思いつきもしなかった!

でも、美味しそうですよね~♪今度やってみるつもりです。


そして、飾り巻き寿司。

こちらも写真で丁寧に解説してあるし、たくさんの図案(?)が紹介されています。


今回、カニを選んだのは、たっちが幼稚園でエビとカニのお遊戯を覚えてきて、自宅で

「エビ!カニ!エビ!カニ!」と激しいジェスチャーのお遊戯を披露してくれるので、カニさんにしてみました(笑)


朝の忙しい時間帯に、はじめて飾り巻き寿司に挑戦するという無謀なことをして、本当に大丈夫なのか不安でしたが、なんとかなりました^^;

本で紹介されているカニの目は、山ごぼうのみそ漬けなんですが、私が作ったカニはニンジンを使っています。

前日のお夕飯で茶碗蒸しを作ったときに、ニンジンも一緒に蒸してやわらかくしておきました。

そういうように、前日からあらかじめ下準備をしておいたおかげで、はじめてにしてはスムーズに作業が進み、余裕で間に合いました。

よかった!


幼稚園から帰ってきたたっちが「またあののり巻き、お弁当に入れてね」

と言ってくれたのがなによりうれしいです(*^-^*)



初めてにしてはなかなかいい出来だね、と思ったら、クリック!

人気blogランキングへ →

いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)

テーマ:

みたらしだんご

昨日のおやつは、みたらしだんごでした♪

お友達が「よく白玉粉でみたらしだんごを作っている」と言っていたので、私も真似してみようと思い、スーパーに白玉粉を買いに行ったら、同じ棚に「だんごの粉」というものがあって、そちらを買ってみました。


「白玉粉」は、もち米100%で「粉」というより「粒」です。

それに対して「だんごの粉」は、もち米とうるち米がブレンドされていている粉状のものです。


<みたらしだんごの作り方 12個分>

だんごの粉100グラム

水 60ml

(みたらしあん)片栗粉 大さじ1/2

          砂糖  大さじ5~6

          しょうゆ 大さじ2

           水   50ml


1.だんごの粉と水をまぜて、耳たぶぐらいのやわらかさになるまでよくこねる

 (かたい場合は、水を少しずつたしていく)

2.12等分して、直径2~3センチに丸める

3..だんごを沸騰したたっぷりのお湯に入れ、浮き上がってきたら水にとる

4.粗熱がとれたらザルにあげ、水気をかるくきって串にさす

5.網で表面の水気がなくなり、少し固いかんじになるまで焼く(トースターで焼いても可)

6.みたらしあんを作る

 →片栗粉は水(分量外)で溶いて、材料を全て混ぜ、火にかける

  とろみがつくまでよく混ぜる

7.だんごにみたらしあんをからめて完成!


※だんごの粉と水の比率は、だんごの粉のパッケージに書いてある量にしたがってください



子供が食べやすいように、1串につき2個で作ってみました♪

おだんごを丸める作業は、子供たちにも手伝ってもらいました。


たっちは、みたらしだんごが大好きなので、「明日もまた作る~!」と大喜びで食べていました^^

お醤油と海苔で「磯辺風」にしても美味しいと思います。


冷めてかたくなる前に、熱いお茶を入れてどうぞ召し上がれ(*^-^*)




みたらしだんご、美味しそう!と思ったら、クリック!

人気blogランキングへ →

いいね!した人  |  コメント(36)  |  リブログ(0)

テーマ:

かりん かりんを買いました。


1個150円で売っていました。

とてもいい香りがします♪


去年は10月下旬に近所の郵便局の片隅で「ご自由にどうぞ」と書かれたダンボールにいっぱい入って置かれていて、ありがたくちょうだいしたっけ。

きっと近所のお宅のお庭でたくさんとれたんでしょうね。


今年もまたそれを期待して、10月中旬から用もないのにしょっちゅう郵便局をのぞきに行っていましたが(笑)、残念ながら今のところそんな気配はありません。

ついにしびれをきらして買ってしまった^^;


かりんシロップ

このかりんを使って、「かりんシロップ」を作っています♪


かりんはよく洗って縦に切り、中の種とそのまわりのワタを取り除き、ヘタを切り落として「くし型」に8等分します。

(皮はむかなくていいです)


熱湯消毒した清潔な密閉できる保存ビンに、氷砂糖(1キロ)かりん(2個分)を交互に入れて、最後にホワイトリカー(50ml)をまわしかけます。

冷蔵庫か冷暗所に置いておき、1日1回上下に振って、氷砂糖が完全に溶けたらできあがり♪


※かりんは食べられません!


出来上がったシロップは、水やお湯で割って飲んだり、ヨーグルトにかけたりします♪

かりんの甘い香りがたまりませんよ(*^-^*)


5~6月にかけてたくさん作った「梅シロップ」がなくなる頃に、ちょうどこの「かりんシロップ」が出来て、冬の間中楽しめます。

かりんって、喉にいいんですよね。のど飴として商品化もされていますし。

漢方では古くから、ぜんそくや咳どめの薬として使われているようです。

風邪のひきはじめに、あつ~くして飲むと効くかんじがします(笑)


夏バテ防止効果のある青梅はちょうど夏前に、そして喉にいいかりんは冬前に実る。

自然って、うまくできてるなぁ♪と思うのは、私だけでしょうか?


また完成したら報告しますね(*^-^*)



かりんシロップ、いいねぇ!と思ったら、クリック!

人気blogランキングへ →

いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)

テーマ:

かんたん肉まん + かんたんプチ肉まん +

これは、「*きまぐれパンダ*」のてるてるさん が4月20日の記事(→こちら! )で紹介されていたレシピです♪

てるてるさん は「生パン粉」で作ってらっしゃいましたが、私は食パンが余っていまので、食パンで作ってみました。


食パン2枚で一口サイズのプチ肉まん4個分です

1.あらかじめ中の具を作っておく(味付けは濃い目にして、片栗粉でとろみをつける)

2.食パンの耳をとりのぞき、細かくちぎって牛乳大さじ4杯と混ぜ合わせる

3.4等分して、1つずつラップの上に平らにのばす

4.具をのせて包み、茶巾絞りにする

5.楊枝でラップに穴を数箇所開け、レンジで2分加熱したら完成!


簡単すぎる!!

しかも美味しい!(≧▽≦)

食感はまるで肉まんだし、食パンの香りがするものの、言われなかったら食パンだとは気づかずに食べてしまうと思います。

食パン4枚を使って8個作りましたが、あっというまに子供たちに食べられてしまいました。

すごくカンタンなので、また作ってあげようと思います^^

簡単すぎて、もう本格的な「ブタさん肉まん」(記事は→こちら♪ )は作れないかも~^^;


下のふたつは、05.9.17付日経新聞「NIKKEIプラス1」で紹介されていました。

「我が家のかんたん美味コンテスト」の大賞レシピで、記事をひと目見て「作りたい!」と思っていたものです♪

豆腐の味噌漬け + 豆腐の味噌漬け +

豆腐1/2丁 赤味噌大さじ2

1.豆腐は横に切って1/2にし、しっかり水切りする

2.キッチンペーパーを2枚用意して、1枚に味噌を薄くのばしてもう1枚を上に重ねる

3.豆腐をその上に置き、全体を包む

4.ビニール袋に入れて冷蔵庫で一晩~1日おいたら完成!!


うちに赤味噌がなかったので、いつも使っている白味噌でやってみました。

色がつかなかったので、画像はまるでただの豆腐のように見えますが・・・^^;

生のままなので、生臭かったりしないかな?と思いましたが、全然!

味はしっかりついていたし、チーズに似た食感もよかったです。

もし気になるようなら、トースターかフライパンで少しあぶってもいいと思います。

お酒の肴にもなるし、ご飯にも合いますよ♪


サラダ椀 + サラダ椀 +

これも大賞受賞レシピです。

レタス、水菜、大葉など、熱が通りやすい葉ものの野菜を適当な大きさに切り、千切りしたハムをのせて、顆粒コンソメを入れて熱湯を注いだら完成!!

塩・コショウで味を調整してください。


「手作り即席スープ」っていうかんじでしょうか。

コンソメのかわりに昆布茶と醤油少々でも美味しいとのことです。


忙しい朝食に最適です。 野菜もたっぷりとれるし♪
朝、カップに野菜とハムとコンソメを入れておいて、子どもが起きてきたらお湯を注いで「はいどうぞ!」

パンにもご飯にも合います^^

たっちは相変わらずの5月病で、朝食ものらりくらりと食べているんだか食べていないんだか・・・

今までヨーグルトとフルーツを混ぜたフレッシュジュースを飲ませていましたが、涼しくなってきたので、これからの季節はこの「サラダ椀」が活躍してくれそうです♪


ぜひ作ってみてくださいね。

簡単でしかも美味しそうだねぇ!と思ったらクリック!

人気blogランキングへ →
いいね!した人  |  コメント(41)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。