今日は天気予報がすっかり当たって東京は雪雪の結晶が降っています。

雪で困る大人は差し置いて、雪が珍しい子どもたちは大喜びでしょうね。

 

雪ならでは!の言葉のインプット&アウトプットのいい機会です。

どうぞ経験を伴った言葉を増やすチャンスだと思ってお楽しみくださいね!

 

さて、今日は「はんぶんこ」「半分」という概念についてお話ししようと思います。

 

お子さんは「半分」を理解していますか?

お子さんは「半分」を使いこなしていますか?

 

と聞かれても・・・・?

というか、半分ってそもそもどういうことなのでしょうか?

 

半分とは「等しく」「2つに分ける」ことです。

 

コッペパンの端っこをちぎって2つにしても、半分とは言いません。

5個のものを2個と3個に分けても、半分とは言いません。

 

半分、というのは小学校で扱う算数の初歩的な概念の1つです。

割り算の下地ですし、線対称の図形の基礎概念でもあります。

 

ちなみに漢字の「半」も「分」も小学校2年生で習う漢字です。

半分、という漢字を使えるようになるには、

半分ということはどういう状態を指すのか、を

おぼろげながらでも理解している必要があります。

 

生活の中で「半分」を教えていきましょう。

 

ナイフとフォーク食べ物を使って教えるナイフとフォーク

バナナ1本、1個を「半分」にする経験をたくさんさせましょうピンクドーナツ

 

りんごバナナ、ドーナツ、コッペパンを1つ用意して、

「どのくらいいる?半分?それとも、ちょっと?」と聞きましょう。

半分、と答えると、2分の1、ちょっとと答えるとほんの1口を渡しましょう。

半分のほうがちょっとより多い、と理解してきたら、

1本?半分?と聞くことも入れてみましょう。

 

ホットドッグ左  ホットドッグ右ステーキ用のナイフで、半分のあたりを切って、

「こっちとこっち、同じだね」と切った2つを比べてみましょう。

 

ジュースコップに入ったジュースをもう1つの同じコップに半分移し、

水位の高さを比べて、「半分になったね」という経験をするのもいいですね。

 

ぶどう8個のブドウを半分にしてみましょう。

2つのお皿を用意して、右に1つ、左に1つ、右に1つ、左に1つ・・・・と配り、

分けるブドウがなくなったら、「半分にしたね」「はんぶんこ」と言いましょう。

最初はさくらんぼ2このサクランボを「半分」で1粒ずつにする、から入ってもいいですね口笛

 

ガーン1個しかないの~

お子さんの好きな食べ物を1つしかない、というシチュエーションを作ってみましょう。

1個しかないの~1個全部はあげられないなぁ、どうしようか?

と問題を出してみて、

「半分ちょうだい!」と言うように仕向けてみると、

半分という表現を獲得する機会になります。

ランニング活動の中でサッカー

ウインクマラソンの練習の時に 今、半分まできたよ!と声をかけて、

「折り返し地点」という意味の半分も経験させましょう。

 

ハサミ工作の中で

紙を半分に折る、粘土で作ったヘビを半分に切る、という場面で

「はんぶんこ」「半分」などと言葉と一緒に手を動かしましょう。

 

このように、「半分」という概念の指し示すところはとても広いです。

個数でも、量でも、形でも、折り返し地点という意味でも使う言葉です。

食べ物についてこだわりがあったり、このシチュエーションでの学びは成立しない、という時には、お子さんが落ち着いて学習できる場面を考えてみましょう。

生活の中で「半分」という概念を使えそうな場面は意外と多いものです。

(嫌いな食べ物を半分に減らして、と頼む・・・とか)

 

どういう場面で教えるか?を考えて、小さなメモを書いて貼っておくと、日常生活の中で教える機会を逃さずに取り組めます。

 

1日にまとまった療育の時間がとれなくても、生活の中でその場面に合った言葉をピックアップして教えることで、積み上げていくことができます。

「はんぶん」という言葉や概念にも、どうぞトライしてみてくださいねニコニコ

AD

2月にまつわる言葉

テーマ:

テレビで大雪雪だるまのニュースを眺めつつ、

東京の自宅の外を見ると、すかーんと晴れた青空&おひさま晴れ

日本の気候の多様性を思う日々です。

 

今年が始まってまだ半月しか経っていませんが、

「2月にまつわる言葉や知識」のご紹介ですルンルン

 

■2月の行事■

2月3日 節分

2月11日 建国記念の日(祝日)

2月14日 バレンタインデー

 

節分節分節分

園では鬼がやってきて節分の豆まきをするかもしれませんね。

給食で炒り豆や豆料理が出ることもあるでしょうね。

スーパーなどで炒り豆が鬼のお面付きで売られているのを見かけることがあります。

恵方巻きもコンビニエンスストアなどではもう予約受付をしています。

節分の日の夕食は恵方巻き、というお家もあるのではないでしょうか。

 

園や学校の振り返りをする時や予定をお子さんに話す時に、

「『2月3日』は『節分』だから『鬼のお面』を作ったのね!」

「『豆まき』の時につかう箱を作ったんだね!」

「明日は『節分』だから、『鬼』が来るよ」

なーんて、行事にまつわる専門用語を織り込んで話しができるといいですね。

 

お団子節分の単語お団子

・節分

・2月3日

・豆まき

・炒り豆、大豆

・鬼

・福の神

・恵方巻き

・巻き寿司

・丸かじり

・お面

・三方(さんぼう)

 

カラオケ節分の歌カラオケ

鬼は外~♪

 

マイク質問応答マイク

・2月3日は何の日でしょう? > 節分

・節分には何をするでしょう? > まめまき、恵方巻きを丸かじりする

・鬼は? > 外

・福は? > 内

・恵方巻きってどんなの? > 巻き寿司 、 ご飯と具を海苔で巻いてある

 

我が家では、毎年、恵方巻きを食べることにしています。

カレンダーがお夕飯の献立を決めてくれるなんて、こんなに嬉しい(=楽な)ことはない!ですからウインク

 

チョコがけハートバレンタインデー本命チョコ

スーパーやデパートやコンビニに美味しいチョコレートが並ぶ季節です。

「チョコレート」はとてもオモシロイ性質を持っています。

甘みもいろいろ、色もいろいろ、形を変えられる・・・・

お料理好きのお子さんでしたら、チョコレートを使ったクッキングも楽しいかも知れませんね。

 

ハートのプレゼントバレンタインデーの単語ハートのプレゼント

・2月14日

・バレンタインデー

・チョコレート

・もらう/あげる

・チョコレートの色;茶色、ピンク、緑色・・・

・チョコレートの味;ミルク、ビター、ストロベリー、抹茶・・・

・チョコレートの形;四角、丸、ハート・・・

・お返し/ホワイトデー/3月14日

 

本命チョコチョコレートを使って本命チョコ

さくらんぼ数数え

・1箱にいくつあるか数えてみよう

・何箱もらったか数えてみよう。

・アポロチョコ1箱にいくつ入っているか数えてみよう

・ダース(森永製菓)1箱にいくつ入っているか数えてみよう

 

さくらんぼもらう/あげる の文作りの練習

・誰にあげたか、誰からもらったかを文章にして話してみよう

・どんなチョコレートか文章で話してみよう

 

さくらんぼクッキング

・チョコチップを入れてクッキーを焼いてみる

・クッキー生地やホットケーキ生地にココアを混ぜてチョコレート色にしてみる

・チョコレートを溶かして固めてみる(液体、固体という概念)

・チョコレートフォンデュをしてみる

・チョコレートペンでクッキーやホットケーキにお絵かきをしてみる

 

 

行事を知育&療育的に利用しつつ楽しむためには、事前の「仕込み」が必要だったりします。

言葉を覚えるのにも、知識を使うのにも、回数と実体験が必要です。

ぴったりの場面で、教えたい言葉を教えられるように、

お子さんがはまりそうなことを考えてアレンジしてみてくださいね。

行事を楽しめると、日々の生活が彩り豊かになります。

「楽しめそうなアイディア」がたくさん見つかりますようにニコニコ

AD

新しい年に

2018年になりましたね門松

今年もゆるゆるとこのブログも綴っていこうと思います。

どうぞよろしくお願いいたしますニコニコ

 

もう「新年の抱負」は書かれましたか?

もし、まだなら、おいしいお茶を淹れて、ゆっくり座って、

ノートや手帳を広げて書いてみませんか鉛筆

「なりたい姿」や「したいこと」を思い描くことはとても大切です。
 

「目標」や「目的」を持つことはとても大きな力になります。

日々の生活でつまづいても、不安になっても、

少し遠くに目標があれば、それを目印に足を進めることができます。

 

毎日の生活はとても大変かもしれません。

先のことなんて考えたくないくらいの絶望の中に今はいらっしゃるかもしれません。

手帳を前に座る余裕があったら、眠りたいほど疲れていらっしゃるかもしれません。

 

でも、あえて少しがんばって「今年の抱負」や「夢」を書いてみてください。

 

今日の延長の未来を考えるのが辛すぎたら、

ずっとずっと先を思い描いてもいいと思います。

お子さんが20歳になった時に、私はどんな風でいたいかな?

60歳になった時に、私はどんな暮らしをしていたいだろう?

そんな風に考えてみるのもいいかもしれません。

 

ABA療育で初めに受け持ったお子さんが、20歳を超えました。

毎年、年賀状をいただいて元気そうな様子を拝見して、

お母さんやお父さんやごきょうだいと一緒に、

療育プログラムをコツコツ進めていた日々を懐かしく思い出しますおねがい

早期療育に励んだ日々は、20歳になるなんて遠い遠い未来でした。

でも、あの日の延長線上に今があるのだ、と思うと、

療育してきてよかったな、と思うのでした。

「10年後、20年後も諦めずに明るい場所に居続けること」のために

今年もコツコツと療育を続けていこうと思います。

 

私は某野球選手が書いたという「マンダラート」を知って、
オモシロそうだと思って、新年早々、書いてみました。
自分の考えていることを視覚化して改めて眺める作業は、
なかなか興味深かったです。

「やりたいことを100こ書く」というのもなかなか面白そうです。

手帳に100までの数字を入れたので、これもコツコツうめてみようと思います。

真っ白のページに書くことが難しかったら、

こういうやってみたい「お題」を見つけて取り組んでみるのもなかなか良いですよ。

 

この1年が、ぐんぐん伸びる一年になりますように絵馬

この1年が、明るい年になりますように太陽

良い一年となりますようにニコニコラブラブ

 

AD

お元気にお過ごしですか?

 

あと数日で娘の4歳の誕生日です。

どう祝うか調べていると、いろいろとお誕生日特典的なものも世の中にはあるのですね。

私の誕生日の時には!というメモが順調に増えております照れ

 

前回(こちら) の続きです)

 

さて、今回は、エレベーター好きなCくんニコという

長いお付き合いのある男の子の話をしようと思います。

 

Cくんとは3歳の頃に出会いました。

その頃から、エレベーターが大好きでした。

エレベーターの話す台詞を真似することも大好きでしたし、

自分が乗ることも、他の人が乗っていなくなることも、大好きでした。

扉が開いているところに一人で乗って、ドアが閉まって、

閉じこめられてしまったことがありましたが、

エレベーターを嫌いになることはありませんでした。

一度行けば、どこにエレベーターがあるか、Cくん地図にインプットされます。

買い物先でも、駅でも、病院でも、エレベーターがあればそこから離れるために、

お母さんはとても大変な思いをしていました。

お母さんと二人で出かける時には、

エレベーターを楽しむための時間をたっぷり取って出かけていましたが、

遠足などの集団行動が求められる時や急いでいる時は、大バトルでした。

 

Cくんにはいろいろと「オモシロイ」ところがあり、

お母さんはエレベーターのこともその「オモシロイ」面の

1つだと思って、気長に付き合っていました。

 

が。年齢が上がるにつれ、だんだんと「エレベーターが好きすぎて困る場面」が出てきました。

ありとあらゆる場所のエレベーター地図がCくんの中にできあがり、

思わぬ場所で、強引に手を引っ張って連れて行かれることが出てきたり、

無理に離れようとすると、大声で泣いたり、暴れたりするようになってきました。

 

体が小さい頃は微笑ましく周りの目も温かいように思えていても、

だんだんと体も声も大きくなってくると、周囲の目が気になってきて、

小さい頃と同じ行動をしているだけなのに、大きくなったから、という理由で

その行動が「困った行動」と言われるようになることって、けっこう多いのです。

 

一番の「困る場面」はお父さんとお母さんとCくんの3人での大型スーパーでの買い物でした。

お母さんはCくんのエレベーターに付き合うことは日常的なことでしたが、

お父さんにとってはイライラすることでしたむかっ

 

Cくんとお母さんはいつも通りの行動をしているだけなのです。

でも、お父さんがイライラし始めると、お母さんは困ってしまいます。

困ったお母さんがいつもと違う対応をするので、Cくんも困ってしまいます。

 

・・・困った行動の場面には困った人しかいない、という典型的な「お困り現場」の誕生ですショボーン

それで、お父さんが一緒に療育相談にいらっしゃった時に、

この「エレベーターへのこだわりをどうにかしたい」というご相談になりました。

 

「問題行動」「困った行動」は、最初から「困った行動」ではないのです。

Cくんのエレベーター好きは、「オモシロイ行動」の1つだったのに、

お父さんが不便に思い、お母さんが困り、Cくんの行動をどうにかしたい、と思うようになって、

「困った行動」に昇格したのでした。

「困った行動」の誕生です。

「困った行動」って、こんな風に生まれることが多いのです。

 

次回もCくんの話しが続きます。

ABAの考え方を使って療育すると成果が上がる乙女のトキメキ、できるようになる乙女のトキメキのは、

「上手くいっていないことを続けない」

「上手くいきそうな まだやっていないことを試してみる」

ことにあるのだなぁ、としみじみ思う日々を送っていますウインク

もちろん、記録をとってきちんと観察してみること、とか、

ABC分析、三項随伴性という行動の枠組みで考えることとか、

機能分析する、とかベーシカルなABAの技法が前提ですけれど。

 

先日、こんなご相談がありました。

 

今一番困っているのは、エレベーターのあるスーパーへ行くと、

エレベーターで上り下りしたがって、引き離すと大泣きするので、

買い物はできないし、大変なのですショボーン

 

エレベーターが好きなお子さんってけっこうよくいます。

電車のドアの開閉好きも、エスカレーター好きもいます。

でも、「好きポイント」は千差万別虹です。

同じエレベーター好きでも・・・・

・機械が喋る、喋らないを確かめたい(ドアがしまります、上へまいりますetc)

・操作盤の場所がどこか、ボタンの形はどんなか、開延長ボタンがあるか・・・確かめたい

・非常ボタンを押してみたい

・ドアが閉まって、動いて、開くと違う場所にいるのがたまらない

などなど虹

 

さて、お困りのご相談に話しを戻します。

エレベーターにエンドレスに乗りたがって、買い物ができない

というご相談でした。

 

どうしたら良いでしょう?

 

いろいろ「上手くいきそうな方法」が思い浮かびますよね。

 

キャップ子どもと一緒に買い物に行かなくて良いようにする

キャップ子どもと一緒に買い物をする時はエレベーターのないスーパーへ行く

キャップ泣いてもわめいてもエレベーターには乗らないことに決める

キャップ親子3人で出かけて、パパがエレベーター係になって付き添い、ママがその間に買い物をする

キャップ回数を決めて約束をして乗る

・・・・などなど。

 

一番のお悩みの「買い物」はこのどれか、もしくは複合技で上手くいくかも知れません。

でも、これで問題が解決したら、このお母さんは楽になるでしょうか?

 

駅のエレベーター、病院のエレベーター、

バリアフリー化の進んだ学校のエレベーター、

宿泊先のホテル、マンションに住む親戚の家、・・・・

エレベーターは少し行動を拡げると至る所にあります。

きっと、次の悩みもエレベーターにまつわることになるのだろうと予想されます。

 

さて、どうしますか?

 

お子さんの言葉の理解度やこだわりの範囲や強さ、

お母さんの余力、サポートできる人の存在・・・・いろいろな条件があるので、

答えは1つではない、というのがオーダーメイドで療育するABAの答えです。

 

今回のご相談も、

具体的にあれこれ話しをしました。

お母さんの希望を伺ったり、

どうしたら上手くいくだろう?

どんなことをやってきたか、どんな風にしたら上手くいったか、

上手くいかなかった方法はどれだったか・・・・などなど。

 

大人の「困ったなぁ」と思ってしまう「子どもの困った行動」は、

子ども自身も困っていることだったりしますショボーン

問題行動が起きている現場には、困っている人しかいないのだな、といつも思います。

 

次回から過去に担当した「エレベーター好きなCくん」のことを綴ってみようと思います。

 

北海道は雪景色になったようです。

季節がまた一歩進みましたね。

どうぞ、暖かくしてお過ごしくださいねコーヒー