NEW !
テーマ:
こんにちは、小池真由美です音譜


今日は、夜間の生理についてのお話です。




生理期間中、あなたは、夜でも出血しますか?

「え? 夜でも出血するのは普通じゃないの?」
なんて声が聞こえてきそうですが、私も以前はそういうものだと思っていました。

でも、実はそうではないんです。


例えば、寝ている間も出血量が多くて、
朝起きると、シーツが汚れてしまっている
なんてことはありますか?

それ以上に、ナプキンを何枚も重ねたり、
オムツのようなナプキンをしてみたり、
寝具が汚れないようにいろいろ工夫してみるけど、
全く意味がないくらいに漏れがひどいとか?

もし、そうであれば、かなりカラダが悲鳴を上げている状態です。


たとえそこまでの出血量でなかったとしても、
あなたがこの記事をお読み下さったのであれば、
これを機に、ぜひ夜の出血をなくしていきましょう!

大丈夫!
必ずいい状態に導くことができます!



セミナーなどでもお話ししていますが、

生理は「本来の状態」に整っていると、
夜間、特に寝ている間は出血しません。


しかも一滴も。


これってすごいと思いませんか?
私もはじめて知った時、「カラダってすごい!」って
思ったことを覚えています。

しかも夜出血しないなんて、こんな楽なことはありません!

もし、あなたが夜の出血がひどいとしたら、
人生が一変するくらいの出来事になるかもしれませんね笑



さて、理想の生理の状態に近づけるにはどうすればいいのか。


鍵となるのは「自律神経」です。


自律神経とは、活動モードを司る「交感神経」と
リラックスモードを司る「副交感神経」の2つの神経のことです。

通常、朝の目覚めとともに交感神経にスイッチが入り、
夕方以降、暗くなり始めると徐々に副交感神経にスイッチが入って、
夜寝ている間は、完全に副交感神経優位の状態になります。


生理周期は、視床下部(脳)→下垂体(脳)→ホルモン(卵巣)の働きで
コントロールされていますが、自律神経の働きにも影響を受けます。

というのも、
生理期間中の子宮の収縮は、自律神経が関係しているからです。


生理の出血は、子宮が収縮することで起きるのですが、
実は、生理のときの子宮の収縮は、カラダが「交感神経優位」のときに
起きるようにできているんです。



ということは、夕方以降、徐々に副交感神経にスイッチが切り替わりだすと、
子宮は収縮しなくなるということです。
夜間、特に寝ている間は、副交感神経に完全にスイッチが入るので、
子宮も収縮をやめ、お休みの時間になります。


なので、生理期間中、夕方以降は徐々に出血の量が減り、
夜間、特に寝ている間は一滴も出血しませんよ、というのが
カラダの自然な状態です。



だけど、もしあなたが、
夜間も普通に出血します、
それどころか、寝ている間も出血量がすごいです、ということだとしたら、

夜になっても、ましてや寝ている間も交感神経を引きずっていますよ!
カラダが休まっていませんよ!

というカラダ(子宮)からのお知らせです。


夜間の、特に寝ている間の出血量が多ければ多いほど、
交感神経優位に傾いているサインです。


夕方以降、副交感神経にスイッチを切り替えられない原因としては、

チェック(透過)夜更かし、寝るのが遅い(22時以降に寝るのが普通)
チェック(透過)寝る直前までスマホ、PC、テレビを見ている
チェック(透過)頭の使いすぎ、いつも頭(思考)が働いている状態
チェック(透過)ストレスが強い
チェック(透過)夜遅く食べることが多い(20時以降)
チェック(透過)常にオーバーワーク、頑張りすぎている
チェック(透過)夜間も明るいところにいることが多い

などが挙げられます。

あなたはいかがですか?


どれか1つでも当てはまれば、今日からこの逆を意識してみてくださいね。

例えば、
夕方以降はスマホを見ない、とか。
夕飯は早めに食べる、とか。

できる限り、毎日心がけましょう。
できない日があってもいいですよ。
でも、続ける気持ちが大切です。


そのうちきっと、夜の出血量が少なくなることでしょう。

夜用の大きなナプキンとか
オムツみたいなナプキンとか
何枚も重ねて寝る なんてことは必要なくなります。

夜でも薄いライナーだけで十分です。
それも朝まで汚れないまま*^^*


ぜひ、あなたも楽チン生理を目指しましょう!
あなたの生理がさらに快適なものになりますように。





天使今日もあなたに天使が微笑みますように天使


お知らせ・ご案内
サロンメニューは→こちら
回数券のご案内は→こちら
ご予約・お問い合わせは→こちら
女の子をお持ちのお母様へ→こちら
各種セミナー・ワークショップ承ります!→こちら
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、小池真由美です音譜


今日は腰痛のお話です。





腰痛をお持ちの方、とても多いのですが、
あなたはどうですか?


骨格の歪みや冷えが原因のこともありますが、
メンタル(ストレス)によるものもあるので、
原因を特定するのが難しいなと感じることがあります。


そして女性の場合、
腰痛がある方の特徴として、ほぼほぼ共通しているのが、


子宮がかたい ということ。


腰がかたいために、子宮がかたくなることもありますし、
子宮がかたいから、腰痛になる場合もあります。


骨格の歪みが原因であっても、
当然ながら、骨盤が歪むので、
結果的に様々な臓器がかたくなります。


腰痛がある方は、内臓もかたいことが多いですね。


そして
腸がかたくなると、
もれなく子宮はかたくなります。



腸と子宮の癒着も起きます。


癒着の原因は「冷え」です。


なぜ冷えるのかっていうと、
その原因は様々なのですが、
考えられるのが、

チェック(透過)腹筋と背筋のバランスが悪い(両方かたい)
チェック(透過)運動不足・血流不足
チェック(透過)インナーマッスルが使えていない
チェック(透過)食生活によるもの
チェック(透過)化学物質や環境ホルモンなどの影響
チェック(透過)自律神経の不調
チェック(透過)ストレス


などでしょうか。


なので、ご自身ができるセルフケアとしては、
上記のことを気をつけていただくとよいと思います。


また、腰とお腹を緩めることが大事なので、当サロンでは、
おうちでできる簡単なストレッチなどをお客様にお伝えしています。

といっても、ただ伸ばせばいいということではなく、

腰とお腹(子宮と腸)をコントロールしている神経のポイントをお伝えした上で、
ストレッチをしていただくので、緩めたい部分にダイレクトにアプローチできます!


もちろん、施術でも腰とお腹を緩めていきますよ!
新しいテクニックで、臓器の癒着も緩めていきます


すると、子宮がふんわりしてくるんですねラブラブラブラブ
もちろん、卵巣もふんわりですよラブラブラブラブ

お腹がゆるむと、腰もゆるむので、
きっと腰痛も楽になるんじゃないかなあと思います^^


妊婦さんの腰痛もおまかせください❤️
ボキボキすることはせず、気づいたら整っていた!というくらい
やんわりと緩めていきます^^




腰痛だけじゃなく、あなたがもし
チェック(透過)生理痛
チェック(透過)子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣嚢腫など
チェック(透過)排卵痛
チェック(透過)便秘
チェック(透過)なかなか妊娠しない

などでお悩みでしたら、
やはり「子宮」がかたくなっている可能性があります。

ぜひ、「ふんわり子宮」を取り戻しましょう!


天使今日もあなたに天使が微笑みますように天使


お知らせ・ご案内
サロンメニューは→こちら
回数券のご案内は→こちら
ご予約・お問い合わせは→こちら
女の子をお持ちのお母様へ→こちら
各種セミナー・ワークショップ承ります!→こちら
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、小池真由美です音譜


今日は「乳腺炎」のお話。


産後、母乳での授乳が始まると、乳腺炎に悩まされることがありますね。


乳腺炎とは、乳腺がつまって炎症が起こること。

乳房にしこりができ、とても痛いだけでなく、高熱が出る場合もあります。
乳房がカチカチになることも 泣

いずれの場合も、本当に辛い思いをすることになります。


母乳は血液から作られるので、食事の影響もありますが、乳房の冷えも考えられます。


対策としてよく聞くのが、

◎とにかく赤ちゃんに吸ってもらう
「もうこれしか他に方法はありません」と言われる助産師さんもいらっしゃるくらい、
とにかく地道に飲ませるという方法。
この場合、しこりの周りを少しずつ自分でほぐしながら、しこりを押し出すような感じで
授乳(もしくは搾乳)するとよいですよ。


◎おっぱいマッサージ
助産師さんがやってくださいます。ただ、痛いことが多いようです。
痛くないおっぱいマッサージもあるようですが、個人差もあるとか。。。
乳腺炎にならないように、定期的に受けておくとよいのかなと思います。


◎キャベツ湿布
キャベツの葉を1枚そのまま乳房に当てて、熱をとるという方法。
私の義妹も一度このやり方を試したことがあるようです。
(たしか多少効果があったと聞いています。)


◎カスターオイル(ひまし油)を塗る
オイルなので、赤ちゃんがなめないように、乳首に近い位置には塗らないようにしましょう。
たとえ質のよいオイルだとしても、乳首周辺に塗るのは避けた方が無難です。
乳腺炎予防に、セルフケアとして常に塗っておくのもよいでしょう。
粘度が高いオイルなので、塗布したあとは服につかないように、ティッシュを当てておく
など、気をつけてくださいね。
*ちなみに、カスターオイルは、赤ちゃんの便秘にも使えます^^(お腹に塗布して下さい。)


以上のような方法がありますが、

これらはあくまでも「乳房」の部分だけに焦点を当てているだけです。



整体的見地(筋肉や骨格の状態)から見ると、乳腺炎になっているときのカラダは、
ほとんどの場合、

背中と胸の筋肉がかなりかたくなっています。


なので、
背中と胸の筋肉を緩め、背骨&肋骨を調整するだけで楽になることがあります。


私の場合、しこりそのものにアプローチすることもありますが、
マッサージのように強く押したり、ほぐしたりはしませんので、
ほとんどの場合、痛みを感じることはありません。
(お客様に痛みの有無を確認しながら施術します。)


ということで、痛いおっぱいマッサージをしなくても、楽になる方法があるんですね。



とはいえ、できれば乳腺炎にならないように日頃から気をつけておくことが一番です。

特に食事には気をつけましょう。


母乳の状態は、安定するまでに約1ヶ月かかると言われていますので、
産後1ヶ月間は特に注意する必要があります。


この間は、できるだけ和食中心で、甘いもの(砂糖)・小麦粉・乳製品・カロリーの高いものの
摂取は控えましょう。脂っこいもの、スイーツ、菓子パンなどは特にNGです!
(私の義妹はチーズケーキを食べた翌日、乳腺炎になりました。。。泣)


たとえ産後1ヶ月経って、母乳が安定したとしても、
赤ちゃんに母乳を与えている期間は、常に食事には気をつけましょう。

乳腺炎になりやすいときや、しこりのあるときの母乳って、
赤ちゃんにとってはあまり美味しくなかったりするので、
余計吸ってくれませんから、より乳腺炎になりやすくなります。


あとは、赤ちゃんのお世話や授乳の姿勢で、どうしても猫背になりやすいので、
背中や肩、デコルテがかたくならないように、ストレッチをしたり、肩を回したりなどの
日々のセルフケアもされてみてくださいね。





天使今日もあなたに天使が微笑みますように天使


お知らせ・ご案内
サロンメニューは→こちら
回数券のご案内は→こちら
ご予約・お問い合わせは→こちら
女の子をお持ちのお母様へ→こちら
各種セミナー・ワークショップ承ります!→こちら
いいね!した人  |  リブログ(0)