行列のできる住まいの専門家 アネシスプランニング 寺岡 孝のブログ

住宅建築や不動産購入等、また、住まいに係る住宅ローンや保険といった面まで、エンドユーザーのセカンドオピニオンとして奮闘中!

専門家プロファイル・「マンションってどう?」登録専門家


テーマ:

■6000万円で買ったマンションの価値は?


不動産の価値は何で決まるのか?

不思議と感じるかもしれない事例がある。


住まいと保険のコンサルタント takashi.teraokaのブログ

6000万円のマンション。

マンションの価格は土地と建物の価格が合体したものになる。


しかし、土地の持ち分は何万分のいくら。

整数に換算すれば数十平米。


また、建物は専有という面積表現でこれも数十平米。

で、これらに建物の共有部分の面積を加えて構成されている。


そのうち、土地に占める価格は都心部に行けば大きいものになる。

6000万円のうち半分以上は土地代という場合はある。


ということは、建物の価格はそれほど高くはないということがわかる。


■6000万円でも1000万円の評価??


建物にかかる火災保険。

万が一のために備えるものである。


この火災保険の保険金額は当然、建物のみの評価をする。

つまり、6000万円のうち3000万円の部分の金額をみる。


ところが、3000万円のすべてを評価しない。

新築であればデベロッパーの利益が金額に入っているので、真の建物の評価ではこの部分をマイナスすることになる。


また、共用部分の金額も加味されているので、その部分もマイナスされる。

そのため、3000万円から一気にダウンして、何と1000万円程度の価値に…


火災保険の加入の際には、お客さまから必ず言われることがある。

「6000万円で買ったのに何で1000万円の評価?、価値?」


ある意味、火災保険の評価額は的を得ている。

地価の安い地域で建っているマンションでも、火災保険での評価はあまり変わらない。


つまり、都心のマンションはいかに地価と利益が高いかよくわかる。

しかしながら、1000万円と評価されれば「なんで???」というになる。


■不動産の価格を形成する要素


価格を決めるものには以下のものがある。


・使用価値

手に入れて使ったときの満足感

買手はこの満足感に対して金銭を支払う。

これを不動産に対して私たちが認める効用

・希少価値

立地条件のよい物件は少ないので高い。

相対的希少性による価値

・市場価値

有効需要があって取引が成立。

欲しい人がゼロなら市場における価値もゼロ。

そこに価格が成立しその価値を指す。

これらの要素が相関結合して不動産の経済価値を作る。



住まいと保険のコンサルタント takashi.teraokaのブログ

不動産の価値を決める要因はいろいろとある。


先に記した価値以上の価格であれば、いかに業者の利益が高いことがわかる。


不動産の購入にはセールスの言葉に踊らされずに物件を見極めたい。


■マンション購入をモデルルーム見学から契約まで専門家が同行!

詳しくはこちら


■お問い合わせ

アネシスプランニング(株)

電話:03-6202-7622

メール:info@anesisplan.co.jp



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

寺岡 孝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。