六本木にある最先端の美容医療クリニック-Dr.アンディーズクリニック(六本木駅徒歩1分)

六本木駅徒歩1分の Dr.Andy's 美容医療クリニックでは、最先端の治療と22年間培われた確かな施術で患者様の美をサポートし、ラ
イフスタイルマネジメントを提供しています。あなたに合った美しさを創り出します。


テーマ:

今回は、、免疫細胞療法を受けた患者様のお話をご紹介します。

 

40代の女性)

 喘息と高血圧の持病がある方。

ある日、胃が重たい感じがして胃カメラ検査を受けたところ

胃ガンが見つかった為、すぐに胃の半分を切除する手術を受けられました。

その3年ほど経過後に、腫瘍マーカー数値が上がり

リンパ節の腫れもあった為、抗がん剤治療がはじまりましたが、

小康状態は2年程で、やがてガンを抑え込む事ができなくなり

次々にリンパ節に転移が見つかり、免疫細胞療法を選択されました。

 漢方薬の内服と免疫細胞療法、ラジウム温泉での湯治を定期的に行い

3ヶ月ほどで腫れは引いて現在は温泉巡りができるほどに回復されました。

 

60代の男性)

 ある日、強い痛みを腰に感じ腫瘍マーカー検査を受けたところ、

PSA値が異常値であった為、生検も行い、結果前立腺ガンと診断されました。

翌月には腰椎の圧迫骨折を起こし、骨シンチグラムとMRI検査の結果、

骨への転移が確認されました。

ホルモン療法をはじめ、半年程は小康状態でしたが

再び腫瘍マーカー検査値が上がり、ホルモン療法と免疫細胞療法を併用して、

2ヶ月後には痛み止めがなくても過ごせるようになり、

腫瘍マーカー検査値も正常値に近づいて下がりました。

 

詳しくは、こちらへ↓

http://soukiganhakken.jp/all/meneki/

 

次回からは、特殊なアンチエイジング検査について続きをご紹介します。

 

ドクターアンディーズクリニック

メディカルコーディネーター 豊田

お問合せはこちら

03-3401-0720

info@drandy.com

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

前回は、免疫細胞が優位に働くための治療であるとお話ししました。

 

抗ガン剤治療では、副作用がつらいと良く耳にしますね。

免疫細胞療法は免疫細胞を大幅に増殖させて体内に戻すと、

患者様に副作用はあるのでしょうか。

もともと患者様の体内にある免疫細胞を(採血)増殖させているので

副作用が出にくいのもこの治療法の特徴です。

さらに、採血した後の増殖にも細心の注意が必要です。

厳格な安全管理のされた細胞加工施設(CPC)で

培養増殖された免疫細胞である事が大変重要だと言えます。

 

免疫細胞療法を受けるには、どのようにしたらよいでしょうか。

 

免疫細胞療法を実施している医療機関は増えてきています。

その中でも、患者様の病状に応じて適した治療法を選択してくれる

医療機関を受診される事が望ましいと言えます。

また、様々な治療法を戦力的に組み合わせて治療を行う事が

有効とも言われていますので、

患者様やご家族の理解・協力はもちろんですが、

主治医の理解と協力が必要ですので、免疫細胞療法をおこなっている

医療機関を選ぶときにはアドバイスをもらう事が良いでしょう。

 

 

 

詳しくは、こちらへ↓

http://soukiganhakken.jp/all/meneki/

 

次回からは、実際に免疫療法を受けた患者様のお話をお伝えします。

 

ドクターアンディーズクリニック

メディカルコーディネーター 豊田

お問合せはこちら

03-3401-0720

info@drandy.com

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

前回は、免疫細胞の役割についてお話しでした。

 

免疫細胞が優位に働けなくなると、ガンを発症してしまうのですが

なぜ、優位に働けなくなるのでしょうか。

 

ガン細胞は、免疫細胞の攻撃・増殖を止める免疫抑制能力を持ち合わせています。

また、ガン治療における一般的な化学療法(抗がん剤)は

分裂する細胞に働きかける性質を治療に生かしている為に

正常な細胞までも攻撃してしまうのです。

これでは、免疫細胞が優位に働き続ける事ができなくなってしまいます。

 

そこで、最先端の免疫細胞療法という選択肢をご紹介します。

 

免疫細胞が優位に働けるように、

免疫細胞を体外へ取り出し、ガン細胞への攻撃力を増やし、

大幅に増殖させて体内へ戻す治療法が、「免疫細胞療法」です。

 

化学合成された医薬品とは違い、

患者様ご自身の細胞を用いるため副作用がなく、

ガンの種類や(一部を除いて)ガンの進行ステージを問わず治療が受けられます。

入院の必要もありません。

 

一般的なガン治療の外科手術で、

ガンの集まった塊を取り除き免疫細胞療法で集まる前段階のガン細胞を

退治するといった治療を併用している患者様も少なくありません。

転移や再発予防としても、免疫細胞療法は最適な治療法と言えるかもしれません。

 

詳しくは、こちらへ↓

http://soukiganhakken.jp/all/meneki/

 

次回も、引き続き免疫細胞療法についてお伝えします。

 

ドクターアンディーズクリニック

メディカルコーディネーター 豊田

お問合せはこちら

03-3401-0720

info@drandy.com

 

いいね!した人  |  リブログ(0)