行燈のブログ

毎日の行燈旅館でのエピソードや、自身の生活の中で気付いた事を不定期にアップしております。


テーマ:
{D8033D87-7D36-4807-9814-23977D18838A:01}

東欧五カ国旅行8日間の日程で行きました。このチェスキークルムロフの町のガイドさんにより、ヨーロッパ14世紀から18世紀までの建築様式の説明がとても興味深い内容でした。
ロマネスク、ゴシック、ルネッサンス、バロック、ロココと続く建築の歴史がこの街のそこかしこで見られます。

{BAB5F4D5-10DB-43D4-B784-3E68921D7482:01}
こちら一階は入り口の上部のデザインてゴシック様式、二階は出窓がありルネッサンス、三階の屋根は渦巻き模様があるので、バロック様式、段々階層を重ねて行き、時代を表しています。
この様に街の建物を見て行くとより一層楽しさが増します。先日の脳学者さんのお話によると、脳を衰えさせない為に、最近注目されているシーター波を出すには、知らない街を歩くのが一番良いそうです。
{CE62EDF6-69E0-47AD-BDA6-C09092DDCDE2:01}

美しい街には必ずと言って良いように川や湖、海などの水辺が合います。この街の雪景色と川の流れは長い歴史と共に大切に残して頂きたいと強く願います。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード