ラジオ収録

テーマ:

本日は早朝に永生病院、南多摩病院をまわり、大阪の人気AM局、朝日放送ABCラジオの収録に行きました。


“加藤ヒロユキのほんわか健康館”という15分番組です。

加藤ヒロユキさんはお父様が春木病院の院長をなされ、ご本人は京都大学出のテノール歌手の加藤ヒロユキさんです。

健康と音楽のコラボレーションです。いっぺんに三回分の収録をしました。


第一回目は自己紹介、第二回目は慢性期医療とはどういう事を指すのか、第三回目は良い医師の選び方です。


良い医師についてお話します。

  (^.^)患者様が健康相談を気軽にできるパートナーとしての役割を持てる医師。


  (^.^)どんな病気も診られ多くの疾患に対応でき、自分の専門外に関しては専門のお医者さんをご紹介できる仲人役です。そして、いつでも診てくれる、24時間365日診てくれるといいのですが、そこまではいかなくても、それに近い対応ができる医師。


  (^.^)病状をしっかりと説明でき、患者様が理解をし、納得していることを確かめてくれる医師。


  (^o^)患者様ご本人だけではなく、ご家族の方の健康に関しても相談にのってあげることが出来れば理想だと思います。


安藤たかおの見聞録゛ -永生会理事長のブログ-