かふぇ・あんちょび

このカフェ、未だ現世には存在しません。

現在自家焙煎珈琲工房(ただの家の納屋ですけど…)を営む元バックパッカーが、

その実現化に向け、愛するネコの想い出と共に奔走中です。


テーマ:
東北地方太平洋沖地震をうけて、今自分にできること ブログネタ:東北地方太平洋沖地震をうけて、今自分にできること 参加中
本文はここから


 「トレンチ」とやらに、放射能に汚染された水がどっさりたまっていて、これをどこに持っていけばいいかもわからない状況ですね・・・。

 これ、ポンプでくみ出して、また原子炉内に給水すればいいんじゃないですかね?

 水温が十分に下がっていれば、汚染されていようがいまいが、冷却水としての役には立つんじゃないでしょうか??

 で、水漏れしてるんだったら、またトレンチに戻ってくるわけだから、ぐるぐるまわるんじゃないかと・・・。

 まあ、根本的な解決にはなりませんし、放射性物質は、依然ダダ漏れが続いてしまいますが・・・。


 ああ、やっぱり、だめだろうなあ。


 そして、いよいよ、「プルトニウム」という単語が、報道に現れました・・・。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

東日本巨大地震後、一般家庭などの電力使用量を調べる東京電力の検針員が、被災世帯を含む9都県の計306万軒で
3月分の検針ができず、2月分と同額の電気料金を「暫定料金」として各世帯に請求していることが25日、分かった。

 ・・・・・・・・・。




枝野幸男官房長官は25日午前の会見で、東京電力福島第一原発の事故を受けて屋内退避している原発から半径20キロから30キロまでの住民について、物流などの停滞により生活を維持することが困難な状況だとして、自主的に退避するのが望ましいと述べた。


 ・・・・・・・・・。




--枝野幸男官房長官は「大丈夫」「安心」と言い続けてきたが訂正したらどうか

 「私のこの2週間の発言、記者会見の内容はすべてホームページで現時点でも公開している。
私は今申し上げたようなことは、申し上げたことはないと思っている。
その都度、あらゆる可能性や現状、その時点において『今、何をしなければならないか』ということについて、その時点における状況を踏まえながら、それぞれの時点における政府の判断を申し上げてきている。
今、ご指摘いただいたような内容の発言はしていないと私は思っている」

 --「人体に影響が出ることはない」と言ったが

 「その時点で出ているさまざまな状況からは、現時点で出ることではない。
ただし、今後の見通しについて、私は断定的なことはこの間、申し上げてきていないし、現時点においても、 今後の状況については、あらゆる可能性を想定して、今よりも当然、原発の状況が良くなることを期待して、その最大限の努力を政府としてもしているが、状況が悪化して必要があれば、そのことについての情報データの公開は常に続けるが、必要があれば、その指示を今後とも政府としてしっかりやっていく。
こういう立場だ」



 ・・・・・・・・・。



 うわあ・・・・・・・。


 地震や津波で家がぶっつぶれようが、原発で放射能垂れ流してる電力会社から料金請求???


 屋内退避の指示に従って、電気も水道も食料も燃料もないままに必死でふんばっていたら、「自主」避難しろ???


 「直ちに健康に影響する値ではない」ってのは、「大丈夫」でも、「安心」でもない????


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ハッピーエンドでない映画は、あまり観ません。

 単純で、バカっぽいストーリーを好みます。

 シーベルトだのベクレルだの、今まで聞いた事もないっつうんですよ。

 あの津波のライブ映像をみて以来ずっと、報道に釘付けになっていると、なんていうか、たまらないです。

 政府や東京電力や原子力保安院が、大丈夫、心配ない、という度に、爆発し、放射線量が増え、飲料水や野菜が汚染され、言っている事と逆の展開になっている気がします。

 そして、つい昨日に入山規制区域が1キロ縮小されたばかりの新燃岳までもが噴火して、火山灰を撒き散らしています。

 
 ううう、それでも、午後も珈琲豆を売って、抵抗してやる・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ネットでの情報で知ってはいたのですが、ようやく、NHKがアメリカ軍の救援活動を報道しました。




 なんで今まで報道しなかったのか、ものすごくいぶかしく思っています。




 避難所で何らかの医療行為を受けているテレビ映像の中に、衛生兵らしい迷彩服と星条旗の肩章をちらりと見た事が前に一度あったように思うのですが、その時も米軍については一言もコメントがありませんでした。




 今日のNHKでは、「自衛隊から」支援要請を受けていて、航空母艦からのヘリで目視で孤立した避難所を探し、救援物資を送り込んでいて、どうやら政府からは支援要請がいっていないようにもとれる報道でした。




 どうなってんだ???




 うさんくさいのは政府なのかマスコミなのか、それとも両方なのか、考えています。


 




 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 ああ・・・・・・

 私の地元の航空自衛隊基地の消防小隊が、福島原発に向かいました。

 私が今いるスーパーから、橋を渡った川向こうの、目と鼻の先にある基地の方々です。

 ・・・・・・。

 どうぞ存分に、困っている皆さんの為に、存分に戦ってきて下さい。






 必ず、必ず、冬の航空際でお会いしましょうね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かふぇ・あんちょび-201103211118000.jpg


 今日の明け方には、NHK「ラジオ深夜便」を聴きながらコーヒーを袋詰めしました。

 全国の、そして世界各国の皆さんが、それぞれに思いを巡らせ、なんとか東北の力になろうとしています。

 関東隣県の元ヤンキーの建設業社長が、トラックに支援物資を満載してピストン輸送をしている話、タイの貧しいスラム地区で、平均日給100円の人々が、日本から受けた支援のお返しにと、何十万円もの義援金を集めた話、 などを聞きながら、いても立ってもいられない気持ちになります。

 ガソリンがないのなら、バックパッカーや歩き遍路であった私が、リュックに食料を詰め込んで歩いていけばいいんじゃないかとか、妻子がありまだ若いエリート自衛官や消防隊員ではなく、自営業で妻も子もない私がホース持って核燃料プールに飛び込めばいいんじゃないかとか、いろんな事を思っています。

 私がお世話になっているスーパーの義援金箱には、地元の口蹄疫の時のように、すごい勢いでおきゃくさんたちの思いが集まっています。

 私もおよばずながら、精一杯の支援を行います。

 東北でつらい思いをなさっている皆さん、どうか、頑張って、生き延びてください・・・・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かふぇ・あんちょび-201103191134000.jpg


 つまりは、私に出来る事は、お金をガンガン稼いで、少しでも東北にまわす という事なんだと思います。

 私の街 宮崎は、口蹄疫の時も、新燃岳噴火の時も、全国の皆さんから温かい義援金をいただいています。

 報道でも、機能不全に陥っている政府に替わって、地方行政や民間企業、アメリカ軍などが、必死に被災者の皆さんの助けになろうとしています。

 West supports East

 東の皆さんが、震災や原発事故、停電に困り、じゅうぶんに動きが取れない今、西の私は、おろおろ心配しているだけではなくて、その東を支える存在になる必要があるのです。

 そしてそれは、私の普段の思考パターンに従うならば、できるのかできないのか、という事ではなく、やるのかやらないのか、という事なのです。

 ぬるま湯に浸っている時間は、終わったのだと思います。

 ・・・・・・やってみます。


 昨夜の菅さんの「国民へのメッセージ」は、今ここにあるものから完全に目を背けつつ明日を語っていて、全く、少しも感心しませんでしたが、それは逆に背筋が凍る戦慄と共に、

 ああ、オレもやらねばならない

という危機感をイヤというほど感じさせるもので、そうした意味では、この上なく効果のある「メッセージ」でありました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 一週間が過ぎました。


 被災の現場では、より一層厳しくも感じる状況の中、皆さんがそれぞれ、必死で闘っています。


 援助物資を待ちながら、避難所で助け合っておられる方々、原発事故の現場で、放射線にさらされながら、必死で最悪の事態を食い止めておられる方々、・・・・・・



 私はといいますと、この一週間、仕事にあまり手がつかぬまま、ろくに眠りもせず、ずっとテレビ、ラジオ、ネットでそんな状況を追いかけ、ほとんど放心状態の一週間でした。



 日本は、もはや地震と津波の前の日本とは違うのかもしれないと思います。


 じりじりと悪い方へと向かっていたものが、ずどん と、より一層悲惨の度を加えたように感じます。


 そして、そんな中で必死で生き残るための戦いをされている方たちのためにも、私も、こんな風に腑抜け状態のままでいるわけにはいきません。


 これから、どんな毎日が待っているのか、ちょっと想像がつきませんが、精一杯、その明日に向かって歩みを再開しようと思います。


 そして、もしも原発の現場でシロウトの私に何か役に立てる事があるのならば、立派な防護服など要りませんので、すぐにでも福島に向かおうと思っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。