かふぇ・あんちょび

このカフェ、未だ現世には存在しません。

現在自家焙煎珈琲工房(ただの家の納屋ですけど…)を営む元バックパッカーが、

その実現化に向け、愛するネコの想い出と共に奔走中です。


テーマ:

 うす、11月も今日で終わり、いよいよ明日から12月、年末に突入です。

巷ではクリスマスソングが流れ、イルミネーションがきらめき、ソレっぽい雰囲気になってきましたね。


 振り返ってみますと、私は毎年この時期にはそれなりにこの独特の空気を楽しんでいたようにも思うのですが、今年もだんだんと盛り上がってまいりました。

 昔っから冬のボーナスには縁のない職場でばかり働きながら、奴隷さながらのクリスマスの忙しさの中で、いじらしいほどささやかな楽しみをまるで手のひらでそっと包み込むようにして味わってきたものでしたが、今年の私はやりたい放題です。


 そう、面倒臭いのであればボケ~ッと世間の馬鹿騒ぎを見物するもよし、あるいは人々の先頭に立って真っ先に踊り狂うもよし、という訳です。


 今回は独立して最初の年末ですから、そりゃフルスロットルで突っ込んだ方が面白いに決まっています。

既に11月の今月の段階で、虎の子の売上げの大部分を使ってクリスマス向けの仕入れの注文を始めていますので、もうどうにもとまらない って感じです。


山本リンダ ベスト&ベスト/山本リンダ
¥1,490
Amazon.co.jp

 わははは! 日曜の今日はネクタイして一日中珈琲を売ったし、月末の集金も済んだし、ワインひと瓶空けて調子が出てきたし、きたれ年末商戦 ってもんですよ。


 

 ・・・・・・ふう~ぅう。


 さあ、NHK杯のエキシビジョン観ようっと。

あとは、明日あした。



 
        クリスマスに向けて

 

 


 ・・・・・・すげえ。


 うーん、やはりこの大会の注目はこのヒトでしたね。

このヒトのステップを観るといつも背筋がゾクゾクするのですが、それにしてもこのタンゴは絶品だと思います。


 鈴木明子 2008 NHK杯 EX
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 いやー、面白かった! あー、面白かった!


 年を経るにつれてだんだんとNHKが好きになってきている私ですが、毎年この放送の日に、これは受信料を払う価値があると思います。


 フィギュアスケートのテレビ放送はスベカラクこうあるべきです。

ただただ会場の様子を伝えていればそれでよいのに、なんで民放ではくだらない切り貼りをして良いものを台無しにしてしまうのでしょうか。


 ともあれ・・・


 3位中野友加里さん、素晴らしかった。

このヒトはほんとサムライのような魂を持っています。

故障の事を口にせず、根性で今出来る最上のものを見せてきたと思います。

何故かこのヒトの場合は、トリプルアクセルを回避しても全く気にならないんだよなあ…。

表情はまだ硬く、笑顔もなんだか無理をしているような感じがするのですが、それもまたヨシ。

 やっぱ根性って大事やわ… グランプリファイナル進出、ホントにおめでとう。


 2位鈴木明子さん、このヒトはすごく踊れるスケーターだと思います。

ステップの躍動感が素晴らしいです。

今日観ていて一番引き込まれたのは、このヒトの演技でした。

 全日本選手権、面白くなってきました。

じゅうぶんに上位を食える力があると思います。


 優勝浅田真央ちゃん、すげえ、トリプルアクセル2回だって・・・。

だんだん子どものままではいられなくなってきているのでしょうね。

天真爛漫にぴょんぴょんジャンプを決めていた頃より、苦悩しながらプレッシャーを乗り越え高みを目指している今の方が、観戦していてもより面白いです。

 このヒトはコメントなんかでも決して後ろを振り返らず、常に前を向いているので好感が持てます。


 あとは、アシュレー・ワグナーが良かったです。

去年より全然大人びた雰囲気でした。

終盤のステップの振りがなんか大雑把で雑に思えるのが残念です。



 うーん、堪能しました。 NHK最高!



          
         2008NHK杯

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ああ・・・・・・。


 フィギュアスケートの太田由希奈さん、現役引退だそうです。

 

 私がフィギュアスケートを観つづけてきた中で、文句なく最も美しく氷上を舞うスケーターでした。


 ・・・いいや。


 「 最も 」 も何も、ジャンプの回転数とか点数とかそんなレベルの話じゃなくて、このヒトだけ全く別次元で、何ていうか、こころから舞っていたような気がします。


 比較になるヒトが他にいません。


 足首の怪我にずっと悩まされていたのですが、ここが彼女にとっての決断の時だったのだろうと思います。


 

 貴方のたくさんの素晴らしい演技を観る事が出来て、本当に良かったです。


 これからの新しい人生に、幸多からん事を心から願います。

 

 
          太田由希奈 1




          太田由希奈 2


  
          2003フィギュア世界ジュニア選手権


 ああ、やっぱりショックや・・・・・・・・・・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日は週末に販売する珈琲の焙煎の日でしたが、夕方までに頑張って終了させて、珈琲のお客さんでもある近所のお花屋さんに行きました。


 このお店はお花屋さんなんですが、私が思い描くようなお花屋さんとはちょっと感じが違っています。

お店の前には鉢植えとかはほとんど置いていなくて、なんかまつぼっくりとか、ハスの実のがびがびに乾燥したヤツとか、カサカサの木の枝とか、そんなのばっかりが店内を埋めています。


 で、このお店に珈琲を配達する度に気になっていたので、先日思い切ってクリスマス・リース作り体験を予約してみたのでした。


 
        自作リース



 いや~、面白かった!


 これ作るのに、4時間くらいかかりました。

 ちょっと画像が暗いですが、まつぼっくりなんかの他に持参した古い珈琲豆をちまちま貼り付けているので、すんごい手間がかかったのです。


 店内にある材料をどうにでも好きに使って、自由に作ってください


と言われ、お店のヒトは質問したときだけアドバイスや手助けをしてくれる感じでしたので、クリスマス・リースがどんなものかもイマイチわかっていない私が好き勝手に作ったのがコレです。


 わはは! 一応それっぽく見えますよね。


 今度の週末にコーヒー売場に持っていって、あそこに飾ろう。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
他人のココを見習いたいと思うところは? ブログネタ:他人のココを見習いたいと思うところは? 参加中
本文はここから


 今日も何という事のない一日でした。

 朝に売場のあるパン屋さんに珈琲豆の補充に行って、コーヒーを入れる袋に貼るアンチョビ・オリジナルのステッカーの下絵の打ち合わせをして、配達の注文の電話を何軒か受けて、庭の小さな畑をちょっといじくって、ラジオ番組の「あべれいじステッカー」がもらえるというのでついでに営業をかけようと近所の日産のお店に行ったら今日は定休日で、お昼に寄った定食屋さんでおばさんにマイ箸を褒められて、そのとき路駐していたクルマがあやうく駐禁の切符を切られそうになってあわてて走っていって平謝りして、午後には生協に水を汲みに行って、工房で自作ネコスタンプで延々とお店のロゴを作って、その後 『 海辺のカフカ 』 をちょっと読んで、夕方からは久し振りに台所に立って豚軟骨カレーを作って、コーヒー用品を発注している業者さんにカップの上に乗せる小さなドリッパーの問い合わせをして、そんな感じで一日が終わりました。


 晩ごはんの時にテレビで所さんの 『 笑ってコラえて 』 を観ていたら、ドイツの大学の日本語学科の学生が取り上げられていて面白かったです。
 外国人が日本語を話すのを聞くと、ホントこのヒト達はスゴいと思います。

 私もかつてはフツーのスピードでべらべらと英語を話していましたが、いちばんマシだったと思う英会話のセンセイがオーストラリアの田舎の農家のヒトたちですし、会話のテンポのみを重視して英文法や発音をまるきり無視していましたので、それはもうヒドいものでした。
 自分の話す英語を、いちど英語圏のニンゲンとして聞いてみたいものです。


 番組で興味深かったのは、彼らの修士論文でした。
 私の中退した大学では卒業論文はなく卒業試験が行なわれておりましたし、私はその試験すら受けていないのでなんとも言えないのですが、おそらくこのドイツの学生たちの論文の方が日本のそれよりもずっと内容が濃いのではないかと思いました。

 そういえば、旅をしていた時に上海の宿で一緒だったドイツ人が大学を卒業したばかりで、大学を中退してふらふらしていた私の学歴をもったいながって、

 もしその気があるのなら、ドイツで残りの単位を取って卒業まで行けるよう、できるだけの力は貸すよ

と親身に言ってくれた事があったのを思い出しました。

 いやいや、見た感じでは、あの頃の私では(そして現在の私でも)、とうてい無理だと思います。


 番組の中でとても楽しそうに、とても真面目に日本語や日本文化の勉強に取り組んでいるドイツの学生さんたちを観て、いいなあ と思いました。

 そう、あれから私は幸いにも楽しく面白い仕事は見つけましたので、ひとつココは彼らを見習って、もっと真面目にのめりこんでみようと思います。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ん? 昨日でしたっけ?


 昔っからこの「休日」の意義がよくわかりません。 余計労働が増えます。

まあ、こうして元気に働ける自分には感謝なんですけどね。


 という事で、昨日今日はお肉屋さんのパン売場のコーヒーコーナーで珈琲を挽いて売っていました。


 本日の南九州のお天気、雨のち晴れで、お店に来ていた家族連れのガキんちょが


 虹だ 虹だ!


と大騒ぎをしておりまして、私も何年ぶりかに空にかかる七色の橋を見ることが出来ました。

なんだかごほうびをもらったようで、いい気分の一日でした。



 ちなみにこのお店のアンチョビ・コーナー、開設から半年が過ぎてこんな風に進化しております。


 
        アンチョビ・コーナー


 …別に売上げが爆発的に伸びたりは、してないんですけど。



 まあそれでも、多少の変化は起こっています。


 もともとこのお店のレストランには大手のコーヒー業者さんが入り込んでいまして、珈琲豆を納品する条件として高性能のコーヒーマシンを無料レンタルしており、ちょっと私にはこれほどの高価な投資をして対抗する力がありませんでした。

 従ってこれまで、売場では私の自家焙煎珈琲を販売しながらレストランでお客さんが飲むのは大手業者のコーヒー、というどうにも気に食わない状況が続いていたのですが、最近このにっくきコーヒーマシンの野郎が壊れやがりまして、業者さんの対応が迅速でないドサクサに紛れて我がアンチョビ・ブレンドがレストランにも納品されるようになりました。


 取り引きの金額の事もまあそうなんですけども、食事をされたお客さんが私の珈琲豆を買うきっかけが出来た事がまず嬉しいです。


 いやあ、感謝感謝、私のキンローと(?)、業者さんの不手際に大感謝です。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]
¥1,900
Amazon.co.jp

 いやあ、泣いた泣いた。

最近こういうのですぐ泣きます。


 舞台は昭和30年代の東京ですので、かろうじて私の幼い記憶に残る昭和40年代、そして少年時代の昭和50年代の九州の田舎とはやはり多少ならず違っているのですが、それでも胸を打つ映画でした。



 昭和30年代は知りませんが、映画の元になった西岸良平の漫画は、子どもの頃に読んでるんですよね。


三丁目の夕日傑作集 (その1) (ビッグコミックススペシャル)/西岸 良平

¥550
Amazon.co.jp

 ですので、映画の1作目の時には、


 ええ? 六ちゃん女の子なの? 

 鈴木オートのおとうさんこんなに乱暴者なの?

 駄菓子屋の茶川さんってじいさんじゃないの?

 飲み屋のおねえさんってこんな美人だったの?


と、突っ込みどころが満載だったのですが、続編の今回はそんな新設定もすんなりと受け入れる事ができて、より作品に入り込めたように思います。


 なにより、映画化にあたってそれなりのハッピーエンドにしてある所が救われました。

なにぶんにもガキの頃に読んだ漫画ですのでよく憶えていませんが、たしか原作の方ではほのぼのとしながらも結構ストーリーは現実的で、もっとキビしかったような気がします。


 うーん、良かった良かった。

私は吉岡秀隆演じる茶川さんには特に感情移入してしまうので、ラストがホント良かったです。


 そうか…、同窓会で笑い者にされ、信じた恋人に去られ、一緒に住む子どもを奪われる事になった時、彼はもう一度、芥川賞を目指して小説を書いたんですよねえ。


 まわりの住人たちのやさしさがまた良かったです。


 そうか・・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年末年始、何をする? ブログネタ:年末年始、何をする? 参加中
本文はここから


 忙しいふたりの冬休み 両手で少し余るくらいしかないけれど
 大事そうに胸に抱えてる旅行雑誌と 君の笑顔が素敵ならそれでいいよ
 去年のクリスマスはケーキを売っていたけど
 今年の僕にはこわいものは何もない

 はいはいはい、やってまいりました。
 九州南部のワタシんとこらへんもさすがに寒くなって、冬がはじまります。

 年末年始、何をする? ですよね。
 
 もちろん、忙しくもなくふたりでもない私は、両手に余るほどの冬休みを取るつもりなどモウトウありません。
白いおヒゲに赤い服を着た、子どもと恋人たちと、そしてなにより商売人に優しいあのおカタにあやかるべく、既に準備は始まっているのです。


        じいさんの尻馬に乗る準備


 う~ん、どうしたものかなあ。

 我が珈琲工房アンチョビの、いちばん近所の同業者はかのスターバ○クスでして、この間コーヒー用品の棚をのぞいて新色のタンブラーを物欲しげに手に取ったりしておりますと、「 クリスマスブレンド 」 の試飲をさせていただきました。 ごちそうさまです。

 でも、どこらへんがクリスマスのブレンドなのかは深い謎のままです。


 そうなんですよねー、珈琲屋として、クリスマスにどうカラんだものか・・・。


 珈琲を全種類詰め込んだお試しセットを籠に入れてリボンをかけ、お手ごろ値段で販売してみる?

 こっちの可愛らしい箱にネコの柄のマグカップと珈琲を入れて、ちょっとしたプレゼント用にする?

 
 結構むつかしいんですよね、これがまた。
今日は配達しながら雑貨屋さんやら食器屋さんやら包装屋さんやらを延々回っておりました。
 どこのお店も珈琲がらみで営業をかけた事があったり喫茶店やパン屋の時代からのお付き合いがあったりして顔見知りなのですが、皆さんクリスマスを控えて商魂たくましく爪を研いでいる感じで、なんだかわくわくしてきます。

 わはは! これは私も負けてらんないぞ。

 サンタのおじさんは外食産業の労働者階級にはそれほど優しくありませんので、去年まではただただ年末の忙しさの中搾取されこき使われて消耗するばかりでしたが、なんといっても今年の私にはサンタのおじさんからクリスマスのお小遣いをもらえる可能性というものがあります。

 
 もっと魅力的な商品になるよう智慧をしぼろうかな。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【MVP選出ネタ】何かをやりたくない時、どうやって自分を奮い立たせる? ブログネタ:【MVP選出ネタ】何かをやりたくない時、どうやって自分を奮い立たせる? 参加中
本文はここから


 ・・・・・・。

 これ、私の住んでいるトコの芸人知事の台詞です。


 私が常々考えている事は、今回のネタや知事どののお言葉とはちょっと違っていまして、

 「 世の中に、~しなければいけない なんてものは存在しない。 」

 「 人は皆、やりたい事しかやっていない。 」

と、こう思っています。

 つまり、何かを “ 本当に ” やりたくないのだとしたら、そんなのどうやってもできっこないです。

 今回のネタで例として出ている、寒いからコタツから出たくない、とホントのホントに思っているのであれば、じゃあ出なけりゃいいんじゃないの… と思うわけです。

 
 ウチの知事さんは どげんかしたい と思っているからどげんかしているのでしょうし、やりたくないのならやんなくていいと思います。


 大丈夫だいじょうぶ、別に自分を奮い立たせなくても、やりたい事をやるんだから。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。