かふぇ・あんちょび

このカフェ、未だ現世には存在しません。

現在自家焙煎珈琲工房(ただの家の納屋ですけど…)を営む元バックパッカーが、

その実現化に向け、愛するネコの想い出と共に奔走中です。


テーマ:

 到着したプシュカルの街は、キャメルバザールで大賑わいであった。

インド人も外国人旅行者もどっとこの町に詰め掛けていて、通りはイモを洗うような大混雑である。

このお祭りは4年に一度というから、砂漠の民たちのオリンピックのようなものなのだろう。


 宿はどこも特別料金として値上げしていて、僕たちはなかなか予算に見合った(まあ、安ければ安いほどいいのだが)部屋を見つけることができなかった。

ようやく、ダブルの部屋にもうひとつベッドを押し込んで3人で2人半分の値段を払う、という交渉の成立した宿に泊まることになった。


 インド各地には、ヒンズー教の聖地と呼ばれる場所が何ヶ所か存在している。

これらの聖地は外国人バックパッカー、特にヒッピー気取りの旅行者にとって人気の訪問場所であったが、観光場所が多いという事だけがその理由ではなかった。

一般にバックパッカーは、ろくに観光をしない人種である。


 なんとこれらの聖地では、ガバメント直営のショップが、公定のレートで、トラと呼ばれる重さの単位でガンジャを売っているのであった。


 初め僕は、ピーターから聞いたその話をてんで信じようとはしなかった。


 ・・・ははは、政府が麻薬の販売をするわけがないじゃない、また僕の事をかつごうとして・・・。


 ところが滞在した宿のまん前の店がそのガバメントショップであり、店先の黒板にチョークでデカデカと本日の値段が書いてあるのだから、信じるも信じないもない。


 そして、旅行者たちがたむろすカフェでは、バングラッシ-と呼ばれる、ヨーグルト飲料にマリファナを混ぜ込んだものが供されていた。

これは消化管吸収によるため効果が緩やかで継続的らしかった。



        画像



 画像はラジャスタンの女性たちの極彩色のショールである。

 画面左下に、これもまたカメラを構えるガブリエラの姿が少しだけ写っている。


 旅人たちはカフェの店先のテーブルにぼんやりと座り、ゆるやかで深い陶酔感に身を任せながら、これら異国の色の洪水に酔いしれる。


 本来は、ヒンズー教の行者たちが瞑想の手助けとして使用するものらしい。

日本でも禅僧たちが座禅に用いる為に麻を栽培して問題になったと何かで読んだ憶えがある。


 英語では stoned 、石になった と表現されるこの状態で、通常と異なる鋭敏な感覚にさらされ、自らの心の中を深くのぞき込みながら、何時間もカフェの店先に遊ぶのであった。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 冬の楽しみ、フィギュアスケートのシーズンが始まりました。

昨日と今日は、私にしては珍しく夜更かしをしてテレビ観戦です。


 第1戦 スケートアメリカ、日本からは安藤美姫、浅田真央、浅田舞が出場。


 安藤美姫、素晴らしい出来での1位でした。

トリノオリンピックではグダグダの演技で周囲から大いにたたかれていたので、この半年彼女は精神的にもそれはそれはキツかったと思います。

挫折をバネに人間が成長する姿は、いつみてもいいものです。


 私は少し性格が屈折しているのか、マスコミが、ミキティ! とか まおちゃん! とか言ってもてはやす選手は、どうも素直に応援していない気がします。

が、今回はオリンピック後のバッシングがあったからか、 わあ、やるねー、この娘復活してきた と嬉しく思いました。


 フィギュアスケートのどこら辺が好きなのかというと、私はド派手なジャンプよりも、華麗なストレートラインステップに魅了されているように思います。

今シーズンの安藤のステップ、いいですねー。



 さて、来週の第2戦スケートカナダに、そんな私が大のひいきにしている、いぶし銀スグリちゃんの登場です。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 アンチョビが死んでひと月が過ぎました。

今日27日は月命日です。


 月日は流れてゆきますし、私も日々パンを焼き、珈琲を焙煎しています。


 コーヒーの生豆を仕入れている業者さんからは 「 カフェ・アンチョビ 」 宛てに請求書が届きますし、私がオープンするカフェの名は、もちろん私の大好きなネコの名前です。


 さて、パン職人のカタワラでの珈琲焙煎でしたが、間に合わなかったけれども、遅すぎたけれども、さらに本腰を入れましょう。



 これより本格的な独立運動を開始します。



 現在私のコーヒーを飲んでもらっているのは、仕事先のパン屋のお客さん達、パン屋の取引先の小さな洋食屋さん、昔の仕事仲間の働く障害者施設とケーキ工房、設計事務所 です。


 どこもいわば身内のヒトばかりで、私の兼業に融通を利かせてくれる優しいお客さんばかりですが、そろそろ私の名前ではなく、本気モード、カフェ・アンチョビの看板のもとで営業販売を始める時なのかもしれません。


 目指すベーカリー・カフェにたどり着く前段階として、現在のパン職人から、店舗のない珈琲自家焙煎業へとゆるやかにシフトし、そしてカフェ開店を目指す事にします。


 睡眠不足の日々、ホテル製パン部勤務の裏の仕事であった宅配牛乳の営業アルバイトとして、飛び込みの訪問営業の経験は一応あります。

あれをまたやりましょうか。

今回の商品は他社との違いのはっきりしないつまらない牛乳ではなく、自分が一生懸命焙煎した、私にしか作り出せないものです。

売り込みの熱意も、商品に対する知識も自信もあの牛乳の時とは大違いです。


 その売上げだけで食べていける額に達したら今の勤め先を辞めて、更なる販路拡大、そしてカフェ出店へと向かいます。



 ・・・カフェの庭先にあるハーブ畑でごそごそ遊び、ちょうちょを追いかけたり、お客さんの人影におびえたりする人見知りなアンチョビの姿をよく妄想して楽しんでいたものでした。


 アンチョビはもう私の傍を離れてしまいましたが、私はせめてそのイメージを追いかけ続ける事にします。

いいえ、そうする事でアンチョビはいつでも私の傍にいるのだ と思います。



 アンチョビさん、もう呼吸は苦しくないよね


 具合が悪くなってからお医者さんに止められ、いつも出たがって窓から眺めていた庭で、ゆっくり楽しく遊んでいますか?


 そこで、僕の事を見ていてね


 ふたりで一緒に暮らしていたあの頃、睡眠の前後のほんの少しの間しか会うことの出来なかったあの生活、あれをまた始めます


 僕は僕で、ここでやれるだけやってみるよ


 その後で また 逢いましょうね


AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。