かふぇ・あんちょび

このカフェ、未だ現世には存在しません。

現在自家焙煎珈琲工房(ただの家の納屋ですけど…)を営む元バックパッカーが、

その実現化に向け、愛するネコの想い出と共に奔走中です。


テーマ:

 今日はパン屋の仕事に遅刻しました。


 しかし、朝までに遅れを取り戻そうと必死でパン生地を仕込む間も、それを成形し、焼いている間も、朝になって揃った他の職人たちと馬鹿話をしながらも、定休日前の工房の掃除をしながらも、私の頭の中では彼女が、 


…ショートプログラムの演技の前に、いつもポワンとしているその表情をキリリと引き締め、“情熱”を舞い、祈るような、愁うような悲しげな表情で“希望への道”を舞い、超高速でスピンし、不安げに得点を見上げ、そしてインタビューで目に一杯涙を溜め、…


何度も何度も繰り返しているのでした。





 私は普段テレビをほとんど見ません。

旅から日本に戻ってから、日本語でしゃべっているのにでかでかとその台詞の字幕の出るバラエティなどに拒絶反応を起こすようになっているのです。

しかし、好きな番組もあります。


 『 情熱大陸 』


 私が村主章枝を知ったのは、もう何年も前、多分ソルトレイクよりも前のこの番組だったと思います。

それから、たまにフィギュアスケートの番組や記事が目に付くと、いつも気にしている人物ではありました。

初めはその程度だったのです。


 昨年くらいから、メディアにフィギュアスケートの登場する頻度がぐんと増したように思います。

そして、競技をぼんやりと眺めている私がいつも感じるのは、


 なんとなく、このヒトだけ別の事をしているように見える


という曖昧な違和感でした。




 今回のトリノ五輪女子フィギュアスケート、素晴らしかったと思います。

メダリストの3人とも、とても魅力的です。

いつも硬く鋭く感じていた荒川静香は優雅でまるで観音さまのようでしたし、ちびっ子みたいなくせに目の表情だけが肉食獣のようでやたらと色っぽいコーエンも、昔から優しいオバサンみたいな顔をして素晴らしく楽しげに舞うスルツカヤも、皆メダリストにふさわしい実力者です。


 そして、やっぱり村主章枝はここでもなんか違うと思いました。


 なんて説明すればいいのか。


 荒川静香が、得点にならないイナバウアーにこだわって演技に取り入れているのが評価されているじゃないですか。

あれをもっと極端に、演技の最初から最後までやっているんですよね。

はなっから、審査員ではなくてこちらを向いてくれているような気がするのです。

点数にはならなくとも、観客には伝わったのではないかなあ。


 アスリート達が技を競い合っている中で、優しい舞を披露しているような。


 でも、やっぱり競技者なんですよね。

得点も、順位も、メダルも気になって当然なのかもしれません。

インタビューの様子は何度観ても胸が締め付けられます。




 ・・・4年後、バンクーバーですか。

イバラの道を歩む事になるのだろうと思います。

ですが、その希望への道には必ずや喜びもまたあるのだと信じます。



   村主章枝



 …これほどまでに感情移入してしまうとは思いもしませんでした。

さて、それでは私もいつまでも過去を振り返って想いの中に沈んでいる訳にはいきませんよね。


 きっと4年後もまた、私は貴方の演技をテレビの前で応援することはできないかもしれません。

けれども、4年後を誓った貴方に私もひとつ約束を…。


 そのニュース、私は私のカフェ・アンチョビのカウンターで珈琲を飲みながら受け取らせてもらいますね。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 拝啓 村主章枝 様

 拝見しましたよ。

 素晴らしい舞でした。
フィニッシュの超高速スピン、涙がでそうでした。


 そしてコメントの時、観客への感謝の想いに涙を浮かべる貴方を観て泣きました。

 ありがとうね。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

        


 

 拝啓 村主章枝 様


 お疲れ様でした。

 素敵な舞が、楽しく舞えましたか? Fumie Suguri - Free Skate


 バンクーバーへ向けてのコメント、嬉しく拝見しました。

きっとこれからまた、これまでのように、そしてこれまで以上に、きつく、つらい練習の日々が始まるのでしょうね。

 血へどを吐くような想いでたどり着いたトリノオリンピックのリンクでの舞、しかと見届けさせていただきます。

どうか、これからも熱い“情熱”を胸に、美しく舞い続けてください。


 本当にお疲れさまでした。

 そして、どうもありがとう。


 メダルにはかないませんが、いつでも私のお店に来てください。

とびきりのコーヒーごちそうします。


 …いや、私のお店、まだないんですけどね。


今度は私の番です。




 追伸


 サムライねえさん 荒川静香 様


 金メダル、おめでとうございます。

 オリンピック前の試合での貴方のご様子も、いつも観ていました。

今思えば、チビッコ浅田真央があっけらかんと表彰台の一番上に立つ横で、いつも硬い表情をしていた貴方は、その厳しい目を己自身に向け、ひたすらに自分の技と精神を鍛えていたのでしょうね。


 今回、初めて貴方の心からの美しい笑顔を見ることができた気がします。

本当に よかったね。



 ミキティ 安藤美姫 様


 どうも貴方は人気先行のように思えて素直に応援できずにいたのですが、4回転への果敢な挑戦、心に響きました。

それでいいのだと思います。


 まだまだチャンスはあります。

 がんばってね。



 NHKラジオ第一放送 編成局 御中


 今朝は6時30分に、いつものようにラジオ体操なんか流しやがって、どうもお世話になりましたね!

おかげさまで、パン工房で固唾を呑んでラジオを聴いていた私は、肝心の我が想いビト、村主章枝様の演技の実況を聞くことができず、あの間の抜けたラジオ体操を聞かされました。

 あの方の点数がいま一歩メダルに届かなかったのは、私の応援の思念がラジオ体操のリズムによって著しく乱されたために他ならないと固く信じております。

どうか今後は、せめてメダルの懸かった日本人選手の実況の時くらいは、ラジオ体操などという不急の放送は時間をずらして頂けるよう御一考ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

         suguri


 拝啓 村主章枝様


 本日のショートプログラムにおける演技 、お疲れさまでした。

貴方が遠くトリノのオリンピック会場で氷上を華麗に舞っていたであろう頃、私は開店直前のパン屋で独り、必死で次々とパンを作りせまい工房内を駆け回っておりました。

 ボリュームを上げた古いラジオから時折オリンピックの速報が聞こえてはいましたが、仕事の手を止め聞き入る事はできませんでした。


 日本からは三人の美しい女性が代表としてそちらにいらしていますが、サムライのように己に厳しい鋭い眼差しを持つあの人よりも、国内で絶大な人気を誇る4回転ジャンプのあの人よりも、私は貴方の事が気にかかります。


 テレビの画面や雑誌の誌面で貴方のお姿やコメントを拝見するにつれ、そこには私が異国の旅の間、そして今でも心に想い憬れている大和撫子の姿があるように思えるのです。


 どうぞ、明後日のフリーの演技でも、世界にその美しい舞いを存分に見せつけて下さい。

残念ながらテレビ画面の前で貴方を応援する事はできませんが、私はその日貴方が氷上に舞う頃、貴方のためにパンを焼かせてもらいます。


 楽しい舞を!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ガンダーラ遺跡でののどかな日々を切り上げて、いよいよインドへと向かう。

まずはラワールピンディからラホールへの移動である。


 それまでにすれ違った日本人バックパッカー達から得た情報では、このラホールという街は非常に物騒で評判が悪かった。

 「ドロボー宿」と呼ばれるまるで忍者屋敷のような部屋の造りの安宿があり、壁の秘密の回転扉から夜中に侵入され荷物と有り金全部盗られるだとか、宿のベッドの下を覗いたら男がじっとひそんでいただとか、そんな話ばかりを耳にしたのであった。

 彼らが口を揃えて言うには、ラホールで安全な宿はYMCAを除いて他にない ということらしい。

無理をしてこのラホールの街を素通りする旅人も多かった。


 今回僕の選んだラホール行きのバスは、フライング・コーチと呼ばれる豪華版のミニバスであった。

通路に乗客を詰め込む事もなく、それになんといっても驚いた事には、ビデオがついているのだ。


 ここで僕は初めて、かの有名なインド映画を体験した。

タイトルは、当時ロングランのヒット作だったという 『 RAJA 』 。

何語かはわからないが英語字幕もなく、台詞はサッパリ理解できないのだが、、これがまた面白いのである。

恋愛とアクション満載のミュージカル映画、とでもいった感じになるのだろうか。

言葉は解らないのに意外に展開は理解できてしまうのであった。


 

 到着したラホールは、でかくてキタナい街であった。

 日本人たちから、YMCAのチェックインの仕方には特別な方法があって、普通に部屋を取ろうとすると満室だと断られる まずホテルの近所の本屋のニイちゃんに会ってどうのこうの・・・という話を聞かされていたのだが、いい加減に聞いていたのでその本屋の場所を思い出せず、めんどくさくなったので普通にレセプションに行ったらやはり満室だと追い返された。


 まあ、ドロボー宿がどっかにあるという話がいささかオーバーな噂になったに違いない、と、バスターミナル横のアジアホテルという宿にチェックイン。

特にどうということもないシングルルームではあったが、ひと晩じゅう隣のバスターミナルに発着するバスのクラクションがうるさく、なかなか寝付けなかった。


 この宿に連泊するのも別の宿を探すのも面倒になり、翌日国境の町ワガへと向かった。


 このラホールはおそろしく古い歴史のある街で、まだビザの滞在期限に余裕のあった僕は何日かこの街をぶらつくつもりだったのだが、結局1泊でほぼ素通り状態であった。


 時折僕はこうやって、面倒くささのあまり強行軍で面白そうな街を通り過ぎてしまう。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 実は名前を憶えていないので本当にタキシラ博物館というのかどうかわからないのだが、まあとにかく、タキシラにある博物館である。


 その博物館のベンチに座っていると、見学に来ていたらしい学生たちがわっと寄ってきて、口々に英語で僕に話しかけてきた。

会話の内容はたわいもない自己紹介だとかその程度だったように思うが、何故僕がこの学生たちとのおしゃべりを記憶しているのかというと、それが僕のひと月のパキスタン滞在における唯一のパキスタン女性との会話だったからである。

まあ、女性といっても中学生くらいの歳の女の子たちであったが。


 それだけではなく、ベールで顔を隠していない彼女たちは、僕に写真を撮ってくれないか、と言うではないか。


       画像



 ラワールピンディの安宿ポピュラー・インで下働きをしていた少年は、僕にこう語っていた。


 「 俺は今年19歳だよ もちろんセックスにもすっごく興味がある 経験ないけど

 

 仕事場のここでは、お前たち日本人や西洋人たちが男も女も仲良く話をしてるけどさあ、俺らにはそういうチャンスはない訳よ おまけに旅行者のオンナは顔も隠していないし、半袖シャツなんか着て肌見せまくりだしさあ、ムラムラしちゃうよねえ


 え? 西洋人はセクシーかって? ああ、そうだねえ でも、世界一美しいのはやっぱりパキスタンの女性よ! 」


 うーん、そうは言うけど僕はパキスタンの女性の顔を一度も見たことがないぞ!


と僕が答えると、彼は鼻息も荒く自分の部屋へ映画雑誌を取りに戻り、女優の写真を見せながら僕にパキスタン女性がいかに美しいかを力説したのだった。


だから僕はタキシラでようやくパキスタンの娘さんたちとご対面しおハナシをすることができて、大いに満足したのである。


 彼らは一体どうやって恋愛や結婚をするのだろうか…? そこらへんをちゃんとインタビューしておかなかったのが悔やまれる。 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 パキスタンの田舎は、素晴らしかった。

カラコルム山中の集落もそうであったが、ここ、ガンダーラ遺跡の存在するタキシラもまた、素朴な人々の住む、やさしい気持ちになれる場所であったように思う。


 ここタキシラでの観光(?)は、広大な田園風景の中に点在する遺跡を巡るのだが、その方法が素晴らしい。

田舎道をてくてく歩いていると、トラクターを運転している農夫のオジサン達が頼みもしないのに僕の横に停車し、目的地か、あるいはその近くまで荷台に乗っけてくれるのである。

僕はウルドゥー語を話せないので、オジサン達との間に共通語は存在しない。


 ドコニ行キナサルノ?  ダルマラージカに行きます  荷台乗リナサイヨ  ありがとう いい天気ですね! 私ここの風景大好きですよ  *#&▲○! ココデ降リテ、アッチノ方二歩イテイキナサイ  お世話になりました


というような会話を、身振りを交えててんでにお互いの言葉で話すのだが、不思議といつも行きたい場所にたどり着いたし、停車して僕を拾おうとしないオジサンはいなかった。

 粗末な野良着を着たオジサンの背中越しに、ガタガタ揺れるトラクターの荷台から眺める農村の風景、暖かい日差しと、吹き抜けてゆくやさしい風、・・・見学した遺跡の詳細はすっかり忘れてしまったが、それらの風景こそが僕のガンダーラであった。


 ユースホステルの大部屋に滞在し、僕はこの滅び去った都市ガンダーラをこころゆくまで堪能した。

数ある遺跡は、駆け足で巡れば1日の観光で終わるような感じなのだが、実のところ僕には瓦礫の遺跡や仏像そのものはさっぱり魅力がないのである。

僕は毎日ひとつかふたつの遺跡をトラクターで巡り、木陰で寝そべりピンディの宿の日本人と交換した文庫本を読んだり、風の音を聞きながら昼寝をしたりして遊んだ。


       画像


 ある日、僕が木陰で和辻哲郎の 『 風土 』 を読んでいると ( おやまあ、こんなカタイ本を読んでいたのか… ) 、そこにノートを抱えたひょろりとしたパキスタンのにいちゃんがやって来た。

やはり同じく木陰を求めて来たらしい彼は、無言で僕と握手だけすると、近くに腰をおろし、何か書き物を始めた。

しばらく二人でぼんやりとした時間を過ごしていたのだが、そのうち僕の方がグウグウ昼寝をしてしまって、気がつくとすっかり木陰が移動してしまったカンカン照りの日差しの下で汗だくで目を覚ました事があった。

・・・毎日がそんな感じ。


 そして滞在4日目、僕は博物館の前の茶店でコカコーラを飲んでいたドイツ人の男女二人連れとなんとなく知り合いになった。


いや、なんとなくではなかった。

その日、トラクターのオジサンにちょっとわかりにくい所で降ろされた僕は道に迷い、珍しくけっこうな距離を歩いてその茶店にたどり着き、二人にこう尋ねたのだった。


 ねえ、博物館へはどう行ったらいいの?


 ふたりはキョトンと顔を見合わせ、目の前にある博物館を指差した。


 彼らの名は、ピーターとガブリエラ。

この数日後、僕は別の国の別の町で再会した彼らと、彼らがドイツからはるばる運転してきたおんぼろオペルに乗りインドを疾走する事になる…。


 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

希望の国のエクソダス


  

   村上 龍  著 / 文春文庫



 ここのところ、新聞やニュースでホリエモン報道を見聞きして、ずっと気になっていた事があったのですが、ようやく思い当たりました。

なんか、どこかで知っているような展開だなあ、と思っていたのです。


 ああ、以前に小説で読んでいたんだ。


 もちろん、ディテイルは違っています。

違ってはいるのですが、この小説に登場する中学生たちも、パソコンやネットワークに精通し、株式を操作し、政治家を手玉に取り、そうして得た巨額の資金で王国のようなものを作ります。


 この小説は、今私が旅行記を書いているパキスタンの隣国、アフガニスタンのゲリラ(?)に身を投じた、ナマムギと呼ばれる日本人の少年から話が展開してゆくのでした。


 …うーん、私には経済学の素養も、そもそもそれほどの興味もないので、この小説について語るのは無理のようです。

上手く伝えられないのですが、ホリエモンの一連の行動と、この小説の展開とは、何かがそっくりなんですよね。

子どもが、その純粋さや無邪気さを武器にしてオトナを手玉に取るとことか。


 私はこの小説を読んで、何というか胸のすくようないい気分にもなりましたし、ちょっと前にホリエモンが皆にもてはやされたのもわかるような気もします。


 でも、なんか違うんですよね。

 きっと、ホリエモンも、この小説の中学生たちも、そして作者の村上龍も、すごく頭のイイ人たちなのだろうと思います。

そして、どこかでその他大勢の頭のよくない人びとを下に見て、馬鹿にしているんじゃないかなあ。


 %$◎・・・ あはは! まあいいや!

 

 私は自分の信じる美味しい珈琲を焙煎し、パンを焼いて、それをおいしいと思って買ってくれるお客さんにお金をもらいます。

実に単純明快! 誰に恥じることもなく、大手を振ってお天道様の下を歩いてゆけるというものです。

六本木ヒルズや、女子アナとの合コンは、ないですけど…。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 パキスタンビザの延長とインドビザの取得のために1週間ほどラワールピンディに滞在し、昼間はイスラマバードにかよったりバザールを冷やかしたり、夜は毎晩のように宿の屋上で悪いバックパッカーたちと紫煙をくゆらせたりしていたのだが、ようやく事務的な手続きが終了した。


 さて、移動の時である。

当時僕は、北京で手に入れた英語版のワールドアトラスの地図上に、自分のたどってきた経路をペンで記すのを楽しみにしていた。

そして、このたわいもない楽しみのために、可能な限り同じ道を往復するのを避けようとする傾向があった。

後で眺めたときに、一筆書きのほうがなんかカッコいいのである…? いや、今となっては馬鹿馬鹿しいのだが、確かにそう思っていた。


 そうすると、この時点では隣国のアフガニスタンやイランに入れない以上、インド国境のある南東方向、ラホールの町へ向かうのが順当なのだが、どうもまだすんなりインドに行く気がしない。

 そこで、とりあえずはピンディから程近い隣町タキシラにあるという、ガンダーラの遺跡でもみようか、という事になった。

 実はその先にある、アフガニスタン国境に近い町、ペシャワールの事がとても気になってはいたのである。


 ペシャワール

 

 その名前の響きだけで、是非とも行ってみたいと思っていた町であった。

結局例のくだらない地図上の一筆書きにこだわるあまり、ドン詰まりの町ペシャワールには行っていないのだが、今でもこの未知の古い町には心が残る。

 しかし、である。

 以前に中国の旅のドン詰まりだと思っていたカシュガルやタシュクルガンの町を訪れた時には、その勢いのあまりに考えもしなかったパキスタンへの国境越えをしでかしてしまっている。

もしあの時ペシャワールへ行っていたとしたら、ある意味すべてに投げやりで後先考えていなかった当時の僕は、全くの不可能という訳でもなかったアフガニスタン密入国という暴挙に出ていたかもしれない。

あれはあれでよかったのだろう…。



 で、ガンダーラ遺跡である。

ここもまた途方もなく古い町であり、なんでもアレキサンダー大王の侵入時には既に大きな隊商都市であり、ギリシア人の造った都市の遺跡なども残っているらしかった。


 ピンディからミニバスで1時間ほどで到着したそこは、のどかな農村といった感じの場所であった。


 日記によると、ここに僕は4日ほど滞在している。

正直言うと、ガンダーラの遺跡についての記憶はもうほとんど残っていない。

しかし、僕のパキスタンという国に対する好印象のほとんどが、こののどかな農村風景の中で過ごした4日間にある。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

西遊記











             ガンダーラ

                作詞 / 山上 路夫  奈良橋 陽子

                作曲 / タケカワ・ユキヒデ




       



 私を旅に導いたイメージは数あれど、このゴダイゴの歌う 『 ガンダーラ 』 も間違いなくそのひとつでありました。

 たしか、最近リメイクされ放送されているというドラマ 『 西遊記 』 の、オリジナル版の主題歌でしたよね?

残念ながらリメイク版を目にしていないのですが、キャスティングの段階で前回に劣るのではないでしょうか・・・。


 猪八戒、 もっとハマリ役がいるはずなんだけどなあ。


 ・・・ウチヤマくんとか。



 さて、現実のガンダーラ遺跡は、ラワールピンディから3、40kmほど離れた、タキシラという町にありました。

のどかで、長い眠りについているような、大好きな場所です。


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。