ささよねブログ

長男出産~次男1歳までの4年間、育児日記中心でしたが、大好きな絵を活かして「絵で伝達力をアップさせるビジュアライザー」として仕事をしたいと思い、ブログリニューアル準備中です♪(ごちゃごちゃでなかなか進まない…)


テーマ:

ひろちゃんの誕生日の翌日14日は、今度は私の舌癒着症手術


手術日、翌日検診と2日間ひろちゃんを見てもらう必要があり、旦那に2日間休んでもらうのは悪いので母に付き添ってもらうため、誕生日とくっつけちゃいました。


当日は9時までに受付のため、なるべくラッシュを避けるために早めに出て、8時半過ぎに向井診療所に到着。


9時過ぎに、当日手術を受ける3名が中で事前説明を受ける事になり、ひろちゃんがご機嫌に遊んでいたので母に預けて中に入ったら・・・しばらくするとギャン泣きが・・・。


事前説明では、手術までの流れや薬についての説明、当日の注意事項などについて説明があり、終わったら薬局に行って薬をもらい、薬を飲みました。


戻ってきて9時半すぎに診察室に呼ばれたので、ひろちゃんは母にベビーカーで外に連れて行ってもらい、私は中へ。ギャン泣きしていたけどしばらくしたら寝てくれて結局手術後まで寝ていたので良かった・・・。



診察室では、

診察を受けたり、注射を2本肩に打ったり、レントゲンをとったりして、終わったら2階へ。


いよいよ手術です。


スリッパに履き替え、手術室に。


メガネと帽子をつけて手術台に。


人差し指に何かつけられて、口の周りから首まで消毒されて、顔は隠されて手術は始まりました。



まずは舌の裏側です。

最初に麻酔。


歯医者さんのような麻酔を何箇所かに打たれてレーザーでじりじりやっているような感じ。


何をされているのかよく分からないだけに、すっごい時間が長く感じられます。


舌の裏側が終わったら、上の前歯の上のところを広げる手術。


麻酔をして、こちらもレーザーでじりじり。


やっぱり恐怖があります。

ひたすら右手の人差し指を親指で痛いくらいに押したり、クンバハカ法で肩の力を抜いておなかと肛門に力を入れてみたりして乗り切りました。

痛みは個人差があるらしいですが、私はどちらかと言うと歯医者さんの方が痛いかも。

(でも、我慢していたからちょっと涙がでてました)


痛みに強くなれたのは、妊娠してから麻酔なしで虫歯を治す事に慣れたりしたおかげかな?

昔だったらのた打ち回ってるかも~。



時間は10分くらいかな?

手術が終わると、いきなり鼻が開通したみたいに、スッと一気に呼吸できるようになってビックリ!

今まではすごく狭いので鼻で息をしにくくて、すーーーーーーーっと、時間をかけないと息を出来なかった感じなんです。


酸素がとりこめすぎて過呼吸で頭が痛くなる人もいるくらいだとか。


手術後は麻酔が効いているので痛みはないですが、ひたすらしゃべりにくかったです。



手術後、しばらくしたら診察があって、当日11時くらいに終了。



1~2時間で麻酔がとれて痛みが出てくると言うのでちょっと怖かったですが、母とひろちゃんと一緒に公園に行って過ごしていたけど、そんなに大した痛みはなかったです。


風邪で扁桃腺がはれたときみたいに飲み込む時に喉が痛かったり、

しゃべりにくかったり、ちょっと耳が痛かったり、と言う感じ。



当日の過ごし方は、

5時間は舌を安静にして、しびれが取れてきたら食事もOK。むしろどんどん動かすのがリハビリになって良いとか。


・しびれが取れてきたら1時間おきにうがい、

・食事の前にうがい、

・食後に丁寧に歯磨き、

・当日はめちゃめちゃ食べにくいけど、きちんと食事をとるとリハビリになる

・朝晩、舌に薬をたらす

・朝起きたら、舌をスプーンであげる

・3食後に薬2種類


などをやります。



旅館でひろちゃんとウトウトしたら、

15時くらいにしびれがとれていたので、イソジンでうがい。


すんごい、うがいがしにくいです。


そして、授乳中でおなかがすいているので、

まずは恐る恐る赤ちゃんせんべいから食べてみました。


すんごい、食べにくい。飲み込む時にちょっと喉が痛い。


でも頑張ってパンも少しと、乳児用だけど母乳の為にフォローアップミルクを飲んで薬を飲み、歯磨き、うがい。。。



うがいと歯磨きの徹底は結構面倒でした・・・



夕食は母とひろちゃんと3人で外にいき、頑張って親子丼一杯食べきりました。うどんは食べにくかったです。


当日は出血の可能性があるのでシャワーのみ。


そんな感じで一日が無事終わりました。


次は、翌日9:30の検診へ。

PR
いいね!した人  |  コメント(2)
同じテーマ 「舌癒着症」 の記事

[PR]気になるキーワード