燕の巣 Beauty & Health

燕の巣エキスの専門メーカー美津村(株)が「燕の巣」についての美容健康法のほか、日々の情報をお伝えします。


テーマ:
昨日28日は8月最後の土曜日
ひょっとして夏休み最後の土曜日でもあるのでしょうか?

昨日は朝から車で一時間ほどかかるのですが
小野市うるおい交流館エクラへコンサートを聞きに行きました。

午前中は「題名のない音楽会」の司会でお馴染み
そして、あの辻井伸行君がベルリン・ドイツ交響楽団と
初めてピアノ協奏曲を演奏するきっかけを作り指導し指揮した
佐渡裕氏率いるスーパーキッズ・オーケストラ2010のアウトリーチ ミニコンサート

$燕の巣 Beauty & Health


スーパーキッズ・オーケストラは
兵庫県芸術文化センターの総監督でもある佐渡裕氏が
全国から厳しいオーディションで選んだ
小学生から高校生までの小さな弦楽奏者たちです。


$燕の巣 Beauty & Health



演奏が始まった途端、プロ顔負けの響きと演奏に
一瞬呼吸が止まりました。

ホール全体が弦楽のあの独特の響きにフワーッとした
軟らかい空気のようなものに包まれたようでした。

子供たちが互いに笑顔でアイコンタクトをとり
体をゆらしながら、本当に楽しそうに演奏していました。


この子供たちが日本のトップクラス、いや
世界のトップクラスの演奏家になっていくのだなぁーと思うと

日本の音楽界も捨てたもんじゃないなと嬉しくなりました。




そして

午後4時からは、5月のチケット発売と同時にチケット購入した

東儀秀樹×古澤巌 2010全国ツアー 伝説から超伝説へ


$燕の巣 Beauty & Health


古澤巌氏のバイオリンを生で聞きたくてチケットを買ったのですが

私が古澤巌氏を知ったのは
何年か前、深夜のテレビ番組で偶然に見た彼の演奏です。
その演奏をyoutubeで見つけたので貼り付けました。





よくテレビで見かける、少々太目のH.T.氏より
「絶対エエわぁ!」と思いました。



コンサートは途中20分の休憩が入ったので
正味2時間のトークと演奏でしたが

舞台演出の光と海と空と宇宙などの大自然の映像を見ながら
それらを表現した演奏との一体感は本当にすばらしかったです。


雅楽には全く興味がなかったのですが
奈良時代から今日まで1300年間雅楽を世襲してきたという
雅楽家、東儀秀樹氏の笙と篳篥の演奏を初めて聞き
伝統的な楽器「笙(しょう)」「篳篥(ひちりき)」の音が
西洋楽器の「バイオリン」の音とどこか似ていて
なんの違和感もなくぴったりと合っていて、古臭くないのには驚きでした。


東儀秀樹氏は雅楽演奏や作曲だけでなく
ピアノ曲を作り演奏し、歌も作り歌い、ギターも演奏します。
そして、それらは全部独学で出来るようになったというのには
10年来の友 古澤巌氏は
彼をモーツアルトのような天才だと言っていました。


会場で古澤巌氏のニューアルバムを買いました。
こちらから試聴ができます、ご興味があれば是非聞いてみてください。

No.09「祈りの杜」とNo.16「七色の空」はお二人が演奏しています。












AD
いいね!した人  |  コメント(7)

[PR]気になるキーワード