*** Salon de Anastasia 秋のレッスンのご案内 ***


10月のレッスンのテーマは「プチフール・セック」。

発酵バターがお口いっぱいに広がる一口サイズの焼き菓子を3種類ご紹介します。


レッスン開催日 10月11日(火)、14日(金)満席、19日(水)満席、22日(土)満席 10:30~13:30


レッスンの詳細はこちらをご覧下さい。 → XXX

お申込みはこちらから。 → XXX


皆さまのご参加をお待ちしております。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-09

クリスマスレッスンが終了しました

テーマ:- レッスンレポート

11月末からスタートしたクリスマスレッスンが昨日終了しました。




今年は3年ぶりにシュトーレンのレッスンを開催しました。


過去に2回も開催したシュトーレンレッスン。

ではありましたが、今年ご紹介したレシピは今までのレシピから少しばかり変更して、さらにリッチで美味しいシュトーレンにしました。


甘いドライフルーツの香り、香ばしいナッツの香り、そしてクリスマスだからこそのスパイスの香り。

発酵を待つ時間、焼成の時間、お教室はクリスマスの香りに包まれました~。




試食には、ベリーのマリネとフロマージュブランのムースを添えて。


甘いシュトーレンに甘酸っぱいベリーと爽やかなフロマージュブランがピッタリ音譜












いつものように、今回もプチフールもお楽しみいただきました↓




ここ数年のクリスマスレッスンではすっかり定番になったリンツァーサブレ。


スパイスがほのかに香るサブレと甘酸っぱいフランボワーズのジャムが何とも言えないハーモニーを奏でるのです。

このお菓子、オーストリアのリンツァートルテが原型なのですが、オーストリアではクリスマスに限ったお菓子ではなく、一年中食べられるお菓子だそう。


それから、今回のプチフール・サレは。。。



プチフール・サレはパンデピスのタルティーヌ。


ブルゴーニュのディジョン銘菓のパンデピス。



「パンデピス&フォアグラ」がフランスでは王道の組み合わせなのですが、今回はカジュアルにチーズとベビーリーフと生ハム、仕上げにキンカンのチップスを添えてみました。




今回のお口直しは柚子のジュレ。


すっきり爽やかな柚子の香りとフルフル食感のがスパイス尽くしのティータイムの最後に心地良いかしら~。と思いまして。




年末に向けてお忙しい中、レッスンに足をお運び下さった皆さま、ありがとうございました!


残すレッスンは今年も12月23日のクリスマスケーキのみ。

来週から材料の調達、デコレーションのパーツ作り、、、と、頑張って準備します。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>