今回は、2月11日長野県松原湖に2回目のワカサギ釣行へ行ってまいりました。この時期の朝の外気温は、-11℃と厳しい寒さ!さすがに気合がないと萎えてします。




6:30入場。目的のポイントは「姥の懐」「稲荷沖」の水深7m。ただし、湖の上は数日前の降雪で50cm程積もっている。レンタルしたカタツムリテントを引きずりながらなので、重くてなかなか歩けない。正直倒れるほど疲れた~




雪を足でどかして氷にドリルで穴あけ。寒いのですぐさまテント内へ。エサは白サシ、紅サシ、ブドウ虫(集魚用) 電動1本で開始。まずは底まで仕掛けを投入すると、すぐさまアタリがでてヒット!お決まりのサービスタイム。仕掛けを落とすとすぐにアタリがでるが、手がかじかんでおり、うまくさばけない。しかもラインが凍るなどライントラブルで時間ロス。もったいない~


念のため魚探を入れて確認すると、2~5m付近に魚影が・・・。すぐに仕掛けを3m付近に合わせるも反応が薄くなぜか釣れない。もしろ映らない底付近の方が釣れたりして不思議だ。




今日は11時頃まで食い気のある群れが入り、順調に数を伸ばした。しかし昼にはうんともすんともいわなくなる。午後には1時間1匹という状態となり、粘ったが疲れも限界で4:00終了。




松原湖の目標である1束越えの101匹の釣果に大満足!!北アルプスの山々もとてもきれいで疲れも癒やされました。アン!

AD

この時期といえば、氷上ワカサギ釣り!ニコニコ 1月3日 今年最初の釣行は長野県松原湖うお座

6:30開始。気温は-7℃?雪の結晶いつもお世話になっている「立花屋」でテントのレンタル。エサは白・紅サシ。

まずは、旧松原館前のロープ際。朝一の入れ食いモードで1匹ずつコツコツと釣る。にひひ40匹ぐらい釣ったか?しかし、いい状態は長くは続かない!8:00時ごろには当たりがパッタリ止まる。シラー




























中央付近に移動。しかし、何匹か追加しただけで思わしくない。

周囲も釣れないのか頻繁に移動を繰り返しているよう。走る人

ただ、天気は快晴で気持ちよく、日中は温かい。山々の景色も最高!晴れ

のんびり構えていると、突然の強い当たり!ガーン 何かと思いきやヘラブナくん~時々かかってくる大物。
















































中央は早々に見切りをつけ湖畔荘付近のロープ際へ移動。これがよかったのか?他の場所の状況はわからないが、すぐに当たりがでて連続ヒット。順調に数を伸ばし90匹へ!うお座 あともう少しで1束というところまできたが、当たりがパタリと止まってしまった。 汗あせる























結局、14:30納竿。松原湖自己記録更新の94匹!うお座グッド! 

1束ならずとも満足のいく釣果であった。アンわんわん



AD

冴えない奥多摩釣行

テーマ:

たいして釣果がないので更新も遠のいておりましたが、ようやくみなさんのブログを拝見し書いてみようと思いたった次第です。音譜


釣行日:9月22日(日)奥多摩川釣行うお座。連休中で車混んでいたが、最近も釣果が悪く引きを楽しみたいという思いに動かされ特別放流日に行ってしまった。にひひ


釣り日和


朝から放流されたようだが、寝坊してしまい昼ごろ開始晴れ。エサは台風後台風の濁りを想定しミミズを用意。実際川をのぞいてみると抹茶ミルクのような状態。川岸の草は水に浸かり足場が悪く非常に釣りづらい。


釣り日和


すでに釣り人が多くいて、時々竿をしならせている。すれちがった釣り人に釣果を聞くとニジマスだけどまだまだ釣れるとのこと。目にひひ 適当に準備を済ませ釣り始めるが、濁っていて水深もわかりづらい。

大きな淀みを中心に流していると、例のコツコツといった感触が伝わってくる。2回目で合わせると勢いよく走るニジマスうお座をゲット!!思っていたより元気がよく型もまずまず。その後もほぼ同じあたりでニジマスを2匹ゲットして引きを楽しむことができたニコニコ 16:00終了



釣り日和



今シーズンの渓流は終わってしまった。シラー 今度はワカザギシーズン突入だあん!わんわんニコニコ

AD