30th April 2014-
WAKE ME UP by team AERO JET
- 作詞作曲歌 Anabelle De la rosa



歌詞 - WAKE ME UP ( Official Music Video )
Youtubeにて 自作詞作曲編曲歌唱の作品を公開中
英語 日本語での作詞依頼随時受け付けしております。

掲載雑誌 - Cawaii, Popteen, Cancam, VIVI, Soup, Men's Knuckle, NYLON
2014年よりGLITTER公認ブロガーとして活動

Club Filipina - アーティスト特集 Anabelle De la rosa
写真集Queerography掲載 バックカバー

2012 -
映画deadside YONG役出演
ドラマ Love理論 Happy Negative Marriage 他出演

TVCM, 映画サプライズ Radio CM 出演

MV I can't forget about you / R5出演 その他多数

東京ゲームショウコンパニオン2014
ヘアサロンモデル

CaféGirls撮影・運営 - Naverまとめ掲載
お仕事の依頼は こちらまで

テーマ:
予報によると
今日震度6-7の大地震が東海地方にくるらしいです。



わたしも割と詰んでるところにすんでるよ!がーん



都内に行こうか迷っていたけれど
とりあえず海に遠い自宅を選んでやっぱり引きこもっています。


(引きこもりたかっただけ)






あ、でもタオルはバックパックにつめこんだよ!

(タオルフェチ)











えーっと。






みんなも知っているとおり



わたしは

けっして


わたしがステージの上で輝きたい!とか
わたしが目立ちたい!とか
わたしがかわいいのを見て!とかいうタイプではありません。



わたしにだって生きる理由があります。



小さい頃は、医者になれないことで、人の命を救えないということにばかりジレンマをかかえて
自己嫌悪に陥ることも多かった。

アーティストという存在に否定的な環境で育ってきたから、
自分がアーティストだと思ったこともなかったし

ただの変わり者で、なかなか環境になじめない子程度にしか思っていませんでした。





なぜかわからないけれど、人の命を救うこと

ということばかりがわたしのなかの優先項目で

どんな仕事にたどり着いてもいいけど

どうそれができるだろう、って
そんなことばかりを考えていました。









数年前にアーティストだと言われて
自覚し始めてからは

前にもいったけれど


落ち込みすぎてどうしようもなくなった人に

一瞬だけでも何も考えないインスピレーションを与えることができるのではないか


っていうことが目標にはなっていました。



たとえば、シドニーで5月だっけ???

にやっているVivid Sydneyっていうイベントとか。




光の祭典で、色んな建物がイルミネーションに包まれます。




そんな、はっと息をのむ瞬間を

莫大なアートでできないかなって。



アートが世界を制したらしあわせだなって。



だって、アーティストの友達たくさんいるけれど

わたしたちって戦わないもの。







お金のために制作してるんじゃない。

誰かと戦おうにも戦う基準もない。



相手のものを奪おうとしたところでなんの結果もない。





しかもわたしたちは

今のことではなくて

ずっと先。


生きているあいだかもしれない、死んだあとかもしれない


時空を超えて、何かを伝えようとしているんです。




距離も時間も関係ない


全く相手と違いすぎて勝負にならないわたしたちは

平和だなあって、おもいます。




みんなひとりひとり違う手段で誰かを感動させて

距離を超えて人と人とをつないでいる。



アートって、必要だよね。









わたしは、歌を書く人であり、絵をかくひとだったから

写真も撮るし、もちろん映像もとれたらよかったのだけれど。




まず、いちばん悲しいとき
ひとりぼっちのとき
どうしたらいいのかわからないとき

聞いて
嬉しかった
ありがたかった
とっても心強くなれた音楽


誰かと繋がるツールだった。音楽




そして爆音で心が揺れるような音楽を聴けば
快感すぎてめまいがしちゃうよね。
そんなもの。



そして絵も写真も
息ができなくなるような感動をもらうことがある。

そして映画なんてみてると
映像だってそうよね。


まず、視覚と聴覚の芸術を創ろうと思いました。
同時にくっつけて、配信することができるって。







あとは、写真を撮る人として

もしかしたら、日本で今おこっていること
見に来たくても来れない人もいるかもしれない。



200年後に生まれる子が
調べ物をしていて

200年前の日本の写真があって、感謝するかもしれない。

えーっておもうかもしれないし
その人にまたちがう視点がうまれるかもしれない。



わたしも、そうだから。




そして


ギャラリーやエキシビジョンをやりたい。



わたしの最終的な夢は
田舎でカフェを営むことです。


常連さんだけでもいいし
知る人だけがこれるカフェでもいいし。

写真や芸術作品をたくさん飾ってギャラリーにして

でもカフェには椅子が10個あるかないかぐらいの



カフェをしてね、毎週末BBQをするの。




田舎じゃなくてもいいけれど

定期的に歌い手さんや、アーティストが来てなにか出来る場所にできたらいいよね。


そしてたくさんのアーティストと

スタジオいっぱいに、ライブで創作がしたい。







手の中にあるちいさなものだけでしあわせなわたしは
野心に満ちあふれてはいないけれど

わたしにできること、をいつも探してる。




そして、きっとあるとおもう。






なんで突然こんなはなし・・・


最近よくしてるきもするけれど。








と、いうと


Patreonというサイトに登録しました。


https://www.patreon.com/anabelledelarosa





このサイトでは
アーティストが創作をすることを
サポーターが金銭的(5ドルから)支援することによって、
アーティストが毎月お返しをしつつ
更なる大きな飛躍に務める素敵なサイトです。







ちなみにわたしのサポートをすると
毎月一度

5ドルの支援で デジタル写真一枚 
10ドルで 2枚のプリントされた写真 
30ドルで わたしの点描のプリントと5枚の写真のプリント 
50ドルで iPhone caseやその他の点描での商品 その月につくったもの。
100ドルで ポストカードサイズの点描をその方に一枚描きます。あとは20秒のわたしが喋ったりしてるビデオをお送りします。 - 4人/月


(写真とか絵はサイン入りですー!)




サポートしてくださる方々は、これを買うわけではないのだけれど


このブログでつらつらと述べた

いろんな夢のためのサポートを、してくれる
そんなサイトです。



もちろんたくさんのアーティストがこのサイトにはいるので、
気になるアーティストを支援してみてくれたら


きっと彼らの飛躍に役立ちます(=⌒▽⌒=)




何円で何とか、言えるわけではないけれど

きっと、また歌はできるので
すごいMusic Videoをつくりたいなーって。

イベントとかでお会いしたい方がいるなら会いたいし
CDが欲しいならつくりたいし




でもいまは、とりあえず


今年たくさん予定している、物販 展示会などがんばります!






いつもいってることば。



歴史につめあとつけて、インスピレーションの足跡残したい


から。








みんなありがとう。






地震、誰も傷つかない場所でおこって、すぐにとおりすぎますように。



イルカがたくさん打ち上げられたり
どこかの予言で4月12日ってかいてあったり

地震雲が見られたり本格的らしいけれど><






愛し愛され

しあわせだよ。




わたし、ほんとに

いつもしあわせだよ。





楽しくて仕方ないよね



みんなもそうでありますように。









Anabelle De la rosaでした!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇