あなさんの美しき日々

自分らしく生きるために。
好きな音楽を聴き、好きな絵を見る。
スポーツクラブで汗を流し、
美味しいものを食べる。
嗚呼人生ってすばらしい。


テーマ:

なんてことでしょう。いま牛乳が大量に余っているらしい。


それも生産過剰により大量にあまった牛乳が廃棄処分されているとのこと。


うぅー、なんとか出来ないものか。


つか対応遅すぎ。




この異例の事態は、消費量<生産量という図式から生まれた。


そりゃ当然か。


牛乳の消費量が減少した要因としては、


 ・高カロリー・高脂肪のイメージで太るという印象がある


 ・豆乳やお茶などの他の健康飲料に押された


等を挙げているが、それって単なるPR不足なんじゃ・・・(汗。




日本酪農乳業協会は


「対策が遅れたのは確か。イソフラボンやカテキンのように、


大人に飲んでもらえるように健康に直結するイメージ作りで


消費を拡大したい」


とコメント。おせ-よっ(怒。




まぁ、消費量が減っただけではなく、


昨夏の猛暑で牧草の生育が良好だったために生産量が増加したことも


こういった事態を招いた要因らしいけれど、


消費者の牛乳離れを感じていたのならば、


せめてその対策だけでも早めにしていたら違っていたかもね。




飲料としてあまった牛乳を脱脂粉乳やバターなどに加工処理したり、


(それも既に加工工場フル稼働で間に合っていない状況だが)


食糧不足の国に援助したり、


(余計経費がかかるとの理由で着手される見込みはほとんどなしだが)


なんとか今出来ることを少しずつでもいいから始めてほしいと思う。


ワタシも今まで以上に牛乳を消費しようっと。




ちなみに牛乳は大好きでほぼ毎日消費しているあな。


そのままグビグビ飲むこともあるけれど、


コーヒー牛乳にしたり、牛乳寒天にしたり、ヨーグルトを作ったり、


バージョンを変えてみる。それぞれちゃんと美味しい。


あとはクリームシチューとか、カボチャスープとか、牛乳リゾットとか、


ゴハン系でもイケる。


改めて振り返ってみると、あなの生活の中で牛乳は大活躍してることが判明。


ふぅーむ。。。「飲む」だけじゃなくて「食べる」という着眼点を持つと、


牛乳の消費はもっと広がるかもしれません。




あとは牛乳に対する悪いイメージを払拭させることですかね・・・


「3-A-Day活動」 などのキャンペーンが日本でも実施されているけれど、


牛乳が良質なたんぱく質が豊富であること、


カルシウム不足に効果的であるというのは、よく聞く話。


だけどそれ以外にも牛乳のよいところ色々あるみたい。


例えば牛乳で美肌になるというのはあまり知られていない。


皮膚の新陳代謝を促進するビタミンAと、


皮膚を健康に保つ働きをするビタミンB2が豊富に含まれているため、


肌にも髪にもよい影響を与えてくれるんだって。


しかもB2は体内に蓄積できないので、毎日の摂取が必要とのこと。


牛乳毎日摂取しなきゃ~。


あ、男性も美肌は大事ですからね!(笑




それに牛乳って体脂肪率も低下させるとの研究結果があるらしい。


牛乳に含まれるカルシウムが脂肪の分解を活発にして、


脂肪のたまりにくい身体をつくる働きもあるとのこと。


(詳しくはシンサクさんのブログ でアツく語られています)



ということで、結構イイヤツ?牛乳って(笑。


みなさんもいっぱい牛乳飲みましょぉーーー!!!


AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

らしくなくちょっとマジメな話。


・・・って言っても食ネタなんですけどね(やっぱり!笑。


今日は日経生活面のトップに掲載されていた


「子どもの偏食、裏に親の姿勢」という記事を斬ってみます。




子供の偏食、食の乱れが叫ばれる中、


「食育」が話題にのぼるようになっている今日この頃。


しかし現場を知る専門家は、


家庭で食育を担うはずの親の偏った姿勢が


子供の偏食を助長している面があるという。




子供に嫌いなものを食べさせるのはかわいそうと言って、


お弁当にプリンしか持たせない親。


おなかがすいたと言えば、すぐ食べ物を与えてしまう親。


必要な栄養はサプリメントを飲ませてます、と悪びれずに言う親。




嫌いなものは無理に食べさせなくてもよいと考え、


それよりは短時間でスムーズに食事を済ませてもらいたい、


そんなふうに考える親が増えてきているという。




確かに働く母親が増え、子供も塾や習い事に忙しい。


調理や食事の時間に余裕がなくなっているのも事実だと思う。




だけど、、、




やっぱり、食は人間の礎だと思うのです(力説っ。


食べる楽しさや大切さをちゃんと知ることは、


きっと生きる喜びにも繋がると思うのですよ。。。


食事って、もちろん美味しいものを味わう楽しさもあるけど、


家族や友人と食事をしながら会話をしたり、


相手の気持ちを慮ったりする、そういう時間にも成り得る。


だから有意義な時間だし大切なひとときだと思うのです。


それなのに、いつもショートカットした食事をしてたら、


きっとゴハンって美味しくないし、楽しくないですよね。




まぁ、そんな家庭での食生活の乱れを取り上げた記事だったんですけど、


そんなニュースを聞いてふと思い出したのが「給食」の存在。


給食って、栄養のバランスをまず一番に配慮した献立が並んでますよね。


子供たちが喜んで食べないような野菜や海草、雑穀米や魚料理、


家庭ではなかなか作らない昔ながらのおかずもある。




で、ちょっと興味深い話。以前テレビで見たんですけど、


にんじん嫌いの子供たちが多かった小学校で、


給食に「ある工夫」をしたら、全員がにんじんを好きになったそうです。


親もパクパクにんじんを食べるようになった我が子を見て、


「アンタにんじん嫌いだったんじゃないの?」と口をあんぐり。




一体、給食でどんな工夫をしたんだと思いますか・・・?




それは「幸せにんじん」という仕掛けをしたんです。


クリームシチューとかに入っている「にんじん」を、


クマの形や、お花の形や、太陽の形にくりぬくのです。


そして毎日「今日の幸せにんじんは○○の形です!」と発表して、


コドモたちはその形を探しながらシチューを食べるのです。




そうすると不思議なことに、


にんじんを探して食べることが楽しくなるんですって。


コドモたちはにんじんを探すことに夢中になり、


一つ一つの形に感動しながら、また幸せにんじんを探す、


という行動をとる。


知らず知らずのうちににんじんが好きになる、という仕掛けのようです。




すごいですよね~、給食って!


嫌いなものは仕方ないし、無理強いするのは逆効果になるかもしれないけど、


でも嫌いなものが好きになったら、もっと食事って楽しくなる。


オトナのちょっとした工夫で、コドモが楽しく喜べるようになるんだなー、


ってなんだかちょっと嬉しく感じた話でした。


こういうのが本当の目指すべき「食育」の姿なのかもしれませんね。




とまぁ、早い話が、美味しくゴハンを食べましょう!ってことで(笑。


そんな思いから、あなの食にかける情熱は人一倍なのです(こじつけ?


これからあと死ぬまで何回ゴハンを食べられるかわからないけど、


楽しく美味しく美しく♪人生楽しみたいと思いまーす!



AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。