Anna Ito Official Blog.

伊藤杏菜 公式ブログ
Live GARDEN Bici Stelle 所属



テーマ:

前日に沖縄入り。天気が曇り空でしたが、温かい気候はさすが沖縄といった感じです。軽く1時間ほど3人で走りに。風が結構強かったので行きは向かい風にして帰りは追い風が良かったがまさかの帰りも横風に近い向かい風で追い風の恩恵を受けれず。

距離が長いレースなのでしっかりと夜ご飯を食べて翌日に備えました。

 

 


このツールドおきなわは初出走、コースも100kmあるため、全体を試走するわけにもいかず、昨年の冬のチーム合宿で走った道しかわからなかったこともあり、不安を抱えてのレースとなった。距離も長いレースの為、しっかりケアして準備を行う。



スタート後、特に大きな動きはなく集団のまま普久川ダムの登りに入っていく。登りに入ると自然的に集団の人数が減っていった。なんとか先頭集団に残るため食らいついていくが登坂の半分を過ぎたあたりで遅れてしまった。同じタイミングで遅れた中原選手と一緒に走っていると、新川選手、谷江選手が合流。しかし下り区間でのペースが合わず、再び中原選手と2人になった。下りきった所で米田選手がメカトラで止まっていたがその後の登りで追いついて来て3人でローテーションをしていく。

 

 

この先のコースがどれぐらいアップダウンがあるのか未知だったし、まだまだ残りの距離もあったので登りはペース走でこなしながら、下りと平坦でを踏むようにした。途中で新川選手、谷江選手が追いついてきて5人のパックでローテーションしていくが、再び下りで離れてしまう。下りきった後また追いつきと言うのを繰り返しなかなかまとまってローテーションが機能しない状況が続く。最終的に中原選手と2人でゴールまでいき12位でフィニッシュとなった。





最初の登りで先頭集団に残れていればと悔しい思いがありますが、今シーズンの私の力ではここまでの実力だなとも反省しながら感じました。ただ昨シーズンや今シーズン前半戦に比べれば登りも強化出来ているので、今持てる力は出し切ったとも感じています。今シーズンのレーススケジュールも終了となり、一旦疲労回復をしっかり行い、また来シーズンに向けて、さらに進化して走れるようにトレーニングを重ねていきたいと思います。

今シーズン、各レース会場やSNS等で本当にたくさんの応援ありがとうございました。とても大きな力をもらう事ができ、さらに大きな勇気をいただく事が出来ました。また来シーズンも頑張りますので応援頂けると嬉しいです。

 

 

 

 

【レーススペック】
フレーム:MERIDA REACTO TEAM
ホイール:MAVIC COSMIC ULTIMATE
タイヤ:Panarecar RACE EVO3.5 TEAM
ヘルメット: OGK KABUTO ZENARD
アイウェア:オードビー(Oakley RADAR EDGE)
シューズ:MAVIC COSMIC ULTIMATE
サドル:ASTVTE SKYLITE-VT TACA FLUO
アスリートデバイス:SEVメタルレールSi SEVルーパーTypeM 
SEVソール SEVストレッチマット
レースウェア:PEARL IZUMI

ソックス:Panarecar RACE A ソックス
ペダリングモニター:Pioneer SGY-PM910HR / SGX-CA500
ドリンク:パワープロダクション CCDドリンク クエン酸BCAA            
ワンセコンドクリアレモン ナンバーバナナ
美味しいアミノ酸BCAA アミノ酸プロスペック
美味しいアミノ酸クレアチン OXYDRIVE
ケミカル:WAKO'S CHAIN LUB Liquid EXTREAM&SPEED MIX
日焼け止め:Aggressive Design Top Athlete Sun Protect 
SKIN CARE: Aggressive Design Top Athlete Skin Care Cream Urthr
テーピング:KT TAPE PRO

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今シーズンも残すところあと1レースとなりました。

今週末はツール・ド・おきなわ2017へ出場します。

 

Photo by Kensaku SAKAI

 

ツール・ド・おきなわ2017

開催日時:11月12日(日)

出場カテゴリー:女子国際ロードレース

距離:100km

スタート:9:30~10:30

スタート地点(国頭村奥)フィニッシュ地点(名護)

※他カテゴリーのレース展開により変更の場合あり

 

Photo by Kensaku SAKAI

Photo by Kensaku SAKAI

 

チームから私と吉川選手、福本選手の3名で出場となります。このツール・ド・おきなわは私自身初めての出場となります。気温差があるので体調を崩さないように現地で調整して臨みたいと思います。今シーズンのラストレースなので、精一杯頑張ります。応援よろしく願いいたします!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今シーズンのJBCF Jフェミニンツアー最終戦となる幕張新都心クリテリウムに出場しました。今年で2回目の開催となるこのコースですが、公道から一部駐車場へ入る設定になっており、舗道に乗り上げる段差が2箇所シケイン状のコーナーが設定され、公道に出ると路面には車の速度を制御する為のロードバンプが連続して設置されているため、この区間でのスピード落とさない為の走り方が重要なコースです。

 

1周810mのショートコースですが、35周回(28.35km)と昨年のレースから10周回も増えた。レース中の周回数を把握する事がとても重要に思いました。

 

レース前夜に雨が降った影響で試走時は所どころ水たまりもある状態でしたが、スタート時にはドライコンディションになっていた。


スタート後、早々に唐見選手のペースアップによって集団は一気にばらける。様子を見つつしっかりマークをしながら進めていく。

 

Photo by N.Ito

 

Photo by Kouji Okamoto

 

3周回目には唐見選手、私、そして新川選手の3名の逃げとなり、その後しばらくすると新川選手がドロップしてしまい、2名となった。1周回が810mと短い為、まもなくすると遅れをとった選手をラップする展開になる。先頭交代をしながらレースは周回数を重ねていく。

 

Photo by Kensaku SAKAI

 

仕掛けどころを考えながら走っていたが残り周回数がまだ20周程あったため少しアタックする事をためらってしまう。

 

Photo by Kouji Okamoto

Photo by Kensaku SAKAI

 

遅れた選手をシケインが連続するコーナーで抜きにかかるタイミングで唐見選手が仕掛ける。直前にこの動きを音で察知できたが、すぐに左コーナーに差し掛かるポイントであったため、無理に攻めると落車リスクがあり追うことが出来ず、少しずつ差が生じてしまう。

 

Photo by Kensaku SAKAI

 

直線区間ですかさず追走していくが、連続するロードバンプで思う様にペースを上げれずタイム差が数秒ずつ広がってしまった。1周の距離が短いこともあり、遅れをとった選手は続々とタイムアウトとなっていき、コース上に残る選手の数も徐々に減っていく。

 

 

単独で唐見選手を追っていると福本選手を含む3名集団前方に目視出来た。まもなくして追いつく。ラップした選手がタイムアウトになっていくなか、モトからの情報では先行する唐見選手とのタイムギャップが思う様に詰め切れておらず、追いついた3人の中に福本選手が含まれているため、一気にラップする事をためらい追いついてしばらく様子をうかがう。

 

Photo by Kensaku SAKAI

 

この集団のペースで行くと確実に唐見選手に追いつかれると思い、回して走りたかったが同一周回でないためそれも出来ず、集団を抜き先行を追走することに。

 

Photo by N.Ito

 

Photo by Kensaku SAKAI

 

コース上に残る選手がラップした選手もいる事でフィニッシュ地点での残り周回板の表示がだんだんよくわからなくなってきたので、ピットで確認する。残り9周回、ペースを上げ、唐見選手の姿を見える所まで追い上げるため必死にペースを上げていくが、なかなかタイムギャップも詰まらない。

 

Photo by Kensaku SAKAI

 

Photo by N.Ito

Photo by N.Ito

 

Photo by Kensaku SAKAI

 

Photo by Kouji Okamoto

 

最終周回に唐見選手が落車したが、それでも先着されて、私は2位でフィニッシュとなる。福本選手も3位集団の頭を取り久々にW表彰台となった。

 

Photo by Kensaku SAKAI

 

凄くたくさんの声援をレース中いただき、勇気をもらう事が出来ました。残念ながら優勝を勝ち取る事は叶いませんでしたが、とても感謝しています。ありがとうございました。

 

Photo by Kensaku SAKAI

 

JBCFのフェミニンツアーは終了しましたが、今シーズン最後はツール・ド・沖縄が待っています。しっかり体をケアして最終戦も頑張ります。

 

 

 

 

【レーススペック】
フレーム:MERIDA REACTO TEAM
ホイール:MAVIC COSMIC ULTIMATE
タイヤ:Panarecar RACE EVO3.5 TEAM
ヘルメット: OGK KABUTO ZENARD
アイウェア:オードビー(Oakley RADAR EDGE)
シューズ:MAVIC COSMIC ULTIMATE
サドル:ASTVTE SKYLITE-VT TACA FLUO
アスリートデバイス:SEVメタルレールSi SEVルーパーTypeM 
SEVソール SEVストレッチマット
レースウェア:PEARL IZUMI

ソックス:Panarecar RACE A ソックス
ペダリングモニター:Pioneer SGY-PM910HR / SGX-CA500
ドリンク:パワープロダクション CCDドリンク クエン酸BCAA            
ワンセコンドクリアレモン ナンバーバナナ
美味しいアミノ酸BCAA アミノ酸プロスペック
美味しいアミノ酸クレアチン OXYDRIVE
ケミカル:WAKO'S CHAIN LUB Liquid EXTREAM&SPEED MIX
日焼け止め:Aggressive Design Top Athlete Sun Protect 
SKIN CARE: Aggressive Design Top Athlete Skin Care Cream Urthr
テーピング:KT TAPE PRO

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

明日は千葉県幕張にて開催されるJBCF幕張新都心クリテリウムに出場します。3月に始まった2017年シーズンのJフェミニンツアーもこの幕張クリテリウムが最終レースとなります。

 

 

第2回JBCF幕張新都心クリテリウム

開催日:2017年11月3日(祝)
開催地:千葉県千葉市美浜区幕張メッセ前特設公道コース
スタート時刻:10:50
距離:28.35km(810m×35周回)

 

Photo by Kensaku SAKAI

Photo by Kensaku SAKAI

 

チームからは私と福本選手が出場となります。

チームの勝利を目指して全力で頑張りますので

応援よろしくお願いします!

 

 

また明日11/3~5日は会場隣接の幕張メッセで、サイクルモードインターナショナル2017が開催されていますので、サイクルモードへお越しの際は是非上記レース時間に幕張メッセ前で開催されているレースも観戦して応援していただけると嬉しいです。

 

会場レイアウトは下記よりご覧いただけます。

http://www.jbcf.or.jp/images/2017/10/2017makuhari_kaijyoMAP-1.pdf

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

チームにとっても個人的にも特別なレースであるジャパンカップ。
木曜日宇都宮入りし、前日にはコース試走を重ね調整していった。

レース当日は曇り予報だったので安心していたが、実際レース当日には雨が降ってしまい気温も低い悪条件での開催となってしまった。

輪島のレースでも膝に傷みが出たため、入念にマッサージをしてもらいました。

 



雨や気温が低い事に加え、コースプロフィール的にもスタート直後からすぐ登り区間に差し掛かるので、入念にローラーでアップするしながら、気持ちも集中力を高めていく。





 

 

 

定刻11:02にスタート。

金子選手を先頭に古賀志林道の登りに差し掛かり、合田選手のペースアップをきっかけに集団は一気に人数が絞られた。

金子選手、大堀選手、中井選手の3名が先行し古賀志の頂上を通過。そのすぐ後ろに私と吉川選手を含む7名の追走集団が形成される。

 

 

 

先頭3名との差はわずかのタイム差でまだまだ射程圏内だったので下りは慎重に下り、平坦区間で差を詰めようと思った。

追走集団と先頭集団のタイム差は27秒程度で2周目へ。

2回目の古賀志林道の登りで合田選手、西選手が先行する動きについていけず後ろに取り残される形になり5名の集団に。この2名に食らいついて行けるだけの力がまだなかった。先頭2名から中井選手がドロップし西選手、合田選手に合流。

先頭とは1分程タイム差が生じてしまう。中井選手、合田選手、西選手とはそこまで離れていなくまだ追いつける可能性がある状況であったが集団が上手く機能せず追いつける前に最終周回へ。

 

 

 

登りは5名まとまって登る。下りに差し掛かり吉川選手が先行したので私は吉川選手の6位を確実にする為に集団内で引かずに走る。

 

 

 

 


なんとかそのまま吉川選手は6位でフィニッシュ。私も続いて7位でフィニッシュとなった。福本は最後まで走りきり20位でフィニッシュした。

今回やっと表彰台のステージに上がれたがまだまだ足りない要素が多くもっと力をつけて臨む必要があると痛感しました。

しかし悪天候の中、コース上でたくさんの方のご声援いただけたおかげで、大きな勇気をもらい、しっかりと走ることが出来ました。本当にありがとうございました。また来年、リベンジし勝利出来るよう頑張りたいと思います。

 

All Photo by Kensaku SAKAI

 

 

【レーススペック】
フレーム:MERIDA REACTO TEAM
ホイール:MAVIC COSMIC ULTIMATE
タイヤ:Panarecar RACE EVO3.5 TEAM
ヘルメット: OGK KABUTO ZENARD
アイウェア:オードビー(Oakley RADAR EDGE)
シューズ:MAVIC COSMIC ULTIMATE
サドル:ASTVTE SKYLITE-VT TACA FLUO
アスリートデバイス:SEVメタルレールSi SEVルーパーTypeM 
SEVソール SEVストレッチマット
レースウェア:PEARL IZUMI

ソックス:Panarecar RACE A ソックス
ペダリングモニター:Pioneer SGY-PM910HR / SGX-CA500
ドリンク:パワープロダクション CCDドリンク クエン酸BCAA            
ワンセコンドクリアレモン ナンバーバナナ
美味しいアミノ酸BCAA アミノ酸プロスペック
美味しいアミノ酸クレアチン OXYDRIVE
ケミカル:WAKO'S CHAIN LUB Liquid EXTREAM&SPEED MIX
日焼け止め:Aggressive Design Top Athlete Sun Protect 
SKIN CARE: Aggressive Design Top Athlete Skin Care Cream Urthr
テーピング:KT TAPE PRO

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。