プロフわに 神戸ビオダンサを開催中!  
ビオダンサとは、ココロとカラダを統合する
南米発祥のダンスセラピーです。

「Biodanza」=「生命のダンス」
振り付けやステップがなく、音楽に合わせて感情を解放することにより、心身ともに健康なありのままの自分自身に出会っていきます。


・毎週木曜日 19:30~21:30 @Spaceわに(神戸元町)
 初回お試し体験 1000円)

外国人セミナー、ワークショップ通訳・翻訳のご依頼の方はこちら から。
  • 29 Apr
    • 「英語でヨガ」ヨガを通じて世界につながろう!

      今日からGWですね〜 私はGWど真ん中にお仕事が入ってしまったので、あんまり遊べないですが、ちょこちょことイベントなどに出没する予定です(^^)踊る通訳者💃花岡千都子を見かけたら、気軽にお声がけくださいねさてGW後半の5月6日(土)に今村幸子さんと「英語でヨガ」のクラスをSpaceわににて開講します。海外でのヨガレッスン受講の経験も豊富で、Spaceわにのヨガ講師に今村幸子さん。テキスト作成のためのポーズをしていただいたのですが、その洗練された美しさにうっとりしました海外でのヨガ経験についての話でも意気投合私が英語を教えていて常に感じるのは、何かやりたいことや目標があって、そのツールとして英語を学ぶ人は上達が早いのです私も旅先のロンドンやサンフランシスコでヨガレッスンを受けたことがあるのですが、他にも海外のカルチャースクールに通っていろいろ学んでました。例えば、英語で陶芸、英語で水彩画、英語で料理、英語でフラワーアレンジメント、英語でメイクアップ・レッスン、英語でダンス、英語でジャズソングを歌う、なんと「英語でイタリア語」なんていうのも経験したことがあります。「○○を英語で学ぶ」というのは、一石二鳥で身につくものなんです。なぜかというと、たのしいから自分が好きなことをやっていると、モチベーションを簡単にキープできるし、好きなことに関する勉強なら全く苦にならないからです。英語は好きなことをもっと幅広く勉強するためのツールにすぎないからです。例えば英語がペラペラに話せたとして何をしますか?外国人の友達を作って会話する? 海外に旅行して、現地の人とお話する?どんな人とお友達になりたいですか?同じ趣味を持っている人と、自分の好きなことをお話したくないですか?英語のスキルも大切ですが、「なにを話すか」という内容がないと話せません。逆にいうと、好きなものがあって情熱にあふれた人であれば、英語が多少下手でもハートは伝わるし、外国人のお友達もできます。ヨガをされている方なら、インドやアメリカなどに行ってレッスンを受けてみたいと思われる方も多いでしょう。このクラスは、こんな人におすすめです。 ・海外でヨガレッスンを受けてみたい・外国人ヨガ講師と会話をしてみたい・ヨガが好きな外国人と友達になりたい ・ヨガを通じて英語を勉強したい人 ・楽しく健やかに英語を勉強したい・ヨガや英語など共通の趣味の人たちと友達になりたい・英会話グループレッスンの体験をしてみたいヨガや英会話の初心者でも、安心して受講いただけます。 クラスの流れは、下記の通りです。10:00〜11:20パート1:身体の部位の名前を英語で覚える。よく使う基本的な動きのフレーズを学ぶ。声に出して、フレーズを身体に浸透させていきます。10分休憩11:30〜12:30パート2:外国でヨガレッスンを受けるように、英語のインストラクションだけで、ヨガのポーズを一通りプラクティスします。外国に行った気分になって、気持ちよくヨガを楽しみましょう12:30〜13:003.海外でのヨガレッスンの経験談や、ヨガに関する英会話のヒント、質疑応答、シェアリング。特典!私が作成したオリジナルテキストをお持ち帰りいただけます身体の部位の英語名、ヨガのポーズの日本語名、英語名、サンスクリット語のリストや、簡単なフレーズのまとまなど、盛り沢山な内容です。「英語でヨガ」 日時:5月6日(土)10:00〜13:00 講師:今村幸子、花岡千都子 参加費:4000円 持ち物:動きやすい服装、ドリンク、はおりもの、筆記用具 少人数制なので、ご興味のある人はご検討くださいませ♡http://kokucheese.com/event/index/465592/ 「英語でヨガ」クラスの後に、ビオダンサも開催します。「神戸ビオダンサ 〜クリエイティビティ」 日時:5月6日(土)14:00 - 16:30 参加費:2000円 持ち物:動きやすい服装、ドリンク、はおりもの (裸足で行いますので、シューズは必要ありません。) ファシリテーター:花岡千都子 ビオダンサは、Bio 生命の+danza ダンス=「生命のダンス」と呼ばれています。 音楽に合わせて身体を動かして、心と身体と精神を統合するダンスセラピーです。 ダンスの経験は必要ありません。 生きているという実感<ヴィヴェンシア>を体験して、忘れていた本来の自分自身を 取り戻して、人生の可能性を広げていきましょう。 今回のテーマは「クリエイティビティ」 音楽に合わせて、自由でフレキシブルな動きを通じて、普段眠っている創造性を目覚めさせていきましょう。 ダンス経験のない、全くの初心者の方もご参加いただけます。 *「英語でヨガ」と「ビオダンサ」を両方ご予約いただけますと、セット割5,000円に受講いただけます。 *それぞれ単発でご参加いただけます。(当日現金払い) 定員:1部、2部とも10名 お申込みフォーマットよりご入力ください。http://kokucheese.com/event/index/465592/英会話講師とビオダンサ・ファシリテーターの一人二役の私が見れるのも、滅多にない機会ですよ 皆様にお会い出来るのを楽しみにしています

      9
      テーマ:
  • 25 Apr
    • 心のドラマを体感する「気持ちポーズ&ムーブ」に参加しました!

      先週土曜日に松田裕樹さんの「気持ちポーズ&ムーブ」のワークショップに参加してきました。   ビオダンサで約10年のおつきあいのまっちゃんのワークには何度も参加しているのですが、参加者は私一人というのは今回が初めて! 思いっきり私一人の世界を探求できる!と、どきどきわくわくしました   テーマは「自分の中のポジティブ/ネガティブのいい関係、動いて探る! ~心のドラマを体感する「気持ちポーズ&ムーブ」でした。   ちょっと言葉では表現しにくいワークの内容ですが、備忘録として書き記します。   まずポーズで動いているうちに、ポジティブな私を(あみいA)、ネガティブな私(あみいX)、もう一人の私(あみいZ)が出てきました。   この3人をまっちゃんの身体も借りながら(私を表現するポーズを真似してもらう)、いろんなパターンで「気持ちポーズ&ムーブ」の組み合わせをしてみたのですが、いろいろ自分では気づかなかったことが浮かび上がってきました。   まずポジティブなあみいAは、ただポジティブなだけではなく、ありのままを受け入れる、相手に共感して寄り添うキャラクターでもあるのですが、客観的に観ると見せかけだけのとても白々しい、偽善者ぽい空虚な存在にも見えました。   ネガティブなあみいXは、怒りを表現する人です。でもその奥底には「理解してほしい」と思っており、痛みや悲しみを抱えた存在でした。   もう一人のネガティブなあみいZは、外界からシャットアウトして自分の殻に閉じこもっていて、外からの刺激には全く反応しない存在です。   あみいAやあみいXがいてもいなくても、あみいZは心の底にずっといます。例えポジティブなあみいAがエネルギーいっぱいに活動していても、その足元にはあみいZがいて一人の世界を守っているし、あみいXが怒り狂っている背景には、あみいZが悲しみを抱えてうずくまっています。   ある意味、あみいZを守るために、あみいAやあみいZが外に向かって表現しているのでした。   この3人が(もしくはもっと複数)のキャラクターが私のパーソナリティーを形成しているのだと思いますが、ポーズやムーブで動かしながら、なんとか和解させていこうとした時、いろいろ気づきがありました。   映画インサイドヘッドの「喜び」「悲しみ」「怒り」のような感じです。   特に印象的だったのは、座り込んで一人の世界に入っているあみいZに対して、怒っているネガティブあみいXが対決している場面を作ってみた時です。   対立している二人に対して、ポジティブなあみいAはなんとか和解させようと仲介に入ろうしますが、上手く行かず無力感に苛まれて逃げ出してしまいます。   でも2回目に同じ場面を再現した時、あみいAはあみいZに対して、どうして怒っているのか、どうしてほしいのか、あみいZにやさしく話しかけ、対話を試みます。   それから近寄り、同じ目線に立って肩を組み、あみいXの怒りに寄り添い、それを受け止めようと抱擁しました。   そうすると、あみいXとあみいAは悲しみを共感して、あみいXの怒りは収まっていきました。 やはり、どんなときもコミュニケーションは大切だな~  そして怒っている人はやはり理解してほしくて、受け入れてもらいたくて、自分の感情のやり場を見失っているのだな~と気づきました。   どちらも自分ですので、まず自分で自分の感情をよく見つめて、感じて、そして受け止めるプロセスにより、どんなネガティブな感情も否定することなく、内包していくことができると感じました。   大切な人と意見が違ったり、誤解が生じた時も、勇気を出して話し合うことが大切だなとしみじみ感じました。   最初は白々しいと思ったポジティブなあみいAですが、最後はとても勇気のある、平和のために自分から積極に動く、愛にあふれた人だなと感じました。   これだけ自分の感情に向かい合い客観的に観ることができたのも、信頼できるまっちゃんの存在感と心優しいリードのおかげだと思います。   たっぷり時間があったので、ワークの後は淀川の川辺に散歩にいきました。 まっちゃんが、いつも撮影している夕方の淀川の景色をやっと見ることができました! とても気持ちのよい景色の中でいろいろな話ができてよかったです。     そして、二人のコラボワークの話が決まりました。 まっちゃんの「気持ちポーズ&ムーブ」と私の「ビオダンサ」が2回目のコラボをします。   日時:6月18日(日)13:30~18:00 場所:スペースわに   詳細はまたお知らせします。 楽しみにしていてくださいね(^^)   最後まで読んでいただき、ありがとうございます  

      8
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 世界中につながるビオダンサ

      こんにちは!もう初夏のような陽気がつづいていますね   踊る通訳の花岡千都子です。   怒涛のような3月、4月前半が過ぎ、やっと落ち着いて自宅でのお仕事中心の平和な毎日を送っています。   最近いろんなインスピレーションが湧いてきて、この春から夏にかけてのイベント企画が実現しましたので、ご案内したいと思います。   さて一つ目は、 毎週木曜の「神戸ビオダンサ」、次回の4月27日(木)19:30〜21:30は、ブラジル在住の日本人シンガーMakoさんがスペシャルゲストとして参加されることになりました。   Makoさんは神戸出身なのですが、現在はブラジルで歌手としてご活躍されています。ブラジルでビオダンサに通われていて、ジャパンツアーの来日中に神戸ビオダンサに参加されることになりました。ビオダンサ・スクールディレクターの内田佳子さんのご紹介でご縁がつながり、お会い出来るのをとても楽しみにしています     を見つけました。思わず踊りだしたくなりますね〜     ビオダンサをしていて楽しいことの一つに、世界中の人とお友達になれるということがあります。   ビオダンサは50年ほど前に南米チリで生まれましたが、ブラジルなど南米中に広がり、ヨーロッパにも渡り、フランス、イタリア、オランダ、スペイン、ポルトガルでとても人気があります。北欧やロシア、アメリカ、イスラエルにも広がり、まさに世界中で楽しまれています。アジアでは日本だけですが、その内もっと広がっていくでしょう。   ビオダンサは世界中のどこでも共通の音楽とエクササイズを使用するので、まさに言葉が通じない人とも一緒に楽しめるのです。   私は去年オランダでの世界大会に参加して、まさに言葉を超えたコミュニケーションを体感し、たくさんのお友達ができたので、この経験をぜひ皆さんとシェアできたらいいなと思っています。   4月27日のテーマは「陰と陽のダンス」です。初めての方でも参加できますので、 皆さんもぜひこの機会にブラジルの雰囲気を一緒に味わってみませんか?   二つ目は、5月6日(土)にSpaceわにのヨガ講師の今村幸子さんと、英語通訳、英会話講師の花岡千都子がコラボすることになりました。   ①「英語でヨガ」講師:今村幸子、花岡千都子   私はヨガは初心者ですが、海外でのヨガレッスンの経験も豊富な今村幸子先生といっしょに、簡単なヨガのポーズをしながら、外国人ヨガティーチャーが使う簡単なインストラクションのフレーズやボキャブラリーを学んでいきましょう!   こんな人におすすめです。 ・海外でヨガレッスンを受けてみたい人 ・外国人ヨガ講師と会話をしてみたい人 ・ヨガが好きな外国人と友達になりたい人 ・ヨガを通じて英語を勉強したい人 ・楽しく健やかに英語を勉強したい人 ・ヨガや英語など共通の趣味の人たちと友達になりたい人 ・英会話グループレッスンの体験をしてみたい人 など、ヨガや英会話の初心者でも、安心して受講いただけます。 ②午後は14:00〜16:30まで、「神戸ビオダンサ 〜クリエイティビティ」を開きます。 ファシリテーターは、ワタクシ花岡千都子 です ビオダンサは、Bio 生命の+danza ダンス=「生命のダンス」と呼ばれています。  音楽に合わせて身体を動かして、心と身体と精神を統合するダンスセラピーです。 ダンスの経験は必要ありません。 生きているという実感<ヴィヴェンシア>を体験して、忘れていた本来の自分自身を 取り戻して、人生の可能性を広げていきましょう。  今回のテーマは「クリエイティビティ」 音楽に合わせて、自由でフレキシブルな動きを通じて、普段眠っている創造性を目覚めさせていきましょう。 ①「英語でヨガ」 日時:5月6日(土)10:00〜13:00 参加費:4000円 持ち物:動きやすい服装、ドリンク、はおりもの、筆記用具 ②「ビオダンサ」 日時:5月6日(土)14:00〜16:30 参加費:2000円 持ち物:動きやすい服装、ドリンク、はおりもの  (裸足で行いますので、シューズは必要ありません。) *「英語でヨガ」と「ビオダンサ」を両方ご予約いただけますと、セット割5,000円に受講いただけます。 *それぞれ単発でご参加いただけます。(当日現金払い) 定員:①、②とも10名 お友達とお誘い合わせの上、ご参加ください(^^)   お問い合わせ、お申込みは、こちらのフォーマットから   またはchizuko.hanaoka@gmail.comまでお願いします。   皆さんと楽しいひと時を過ごすことを楽しみにしています      

      7
      テーマ:
  • 19 Apr
    • ビオダンサで自分の水やりしませんか?

      すっかり桜も散って、陽気な春になりましたね〜 こんにちは、踊る通訳💃の花岡千都子です。 先週の日曜日に大阪ビオダンサに参加してきました。大阪ビオダンサは、東京から日本ソマティック心理学会会長、臨床心理士、ボディワーカーであり、ビオダンサのファシリテーターである久保隆司さんが毎月大阪に9年以上も来阪して続いているクラスなんです。 さて、ここ最近の私のブログをお読みになった方はご存知だと思いますが、3月4月は、とんでもなく激務がつづいて、休みもろくにとってなかったのですが、この時期は毎年よくあることでハイテンションでバリバリがんばっておりました。 そんな中でもなんとかスケジュールを確保して、大阪ビオダンサに参加したんです。 そして、私は大きなことに気が付きました。 私が女であることを忘れてた。 ガーン もちろん、服を着たり、メイクをしたり、見かけは女性らしくしてたと思います(当社比)。 でも中身は男だったんです。 オーマイガー 鎧を被り、武装して、戦闘モードになってました もともと自他共認める男らしい性格なので、それがデフォルトなんですが、 特に忙しくなると、さらに私の中の男性性が幅を利かせ、女性性が影を潜めてしまいます。 私の言う女性性とは、包み込むような優しさ、繊細でしなやかな感性、受容性、慈しむ心、育む能力などを意味します。 特に日本人は、社会の中では女性であることをあまり表に出さないようしなければならないという、見えない抑圧の中で生きています。 できるだけ慎ましく、日本人女性らしい言動を取らなければなりません。 でも働く環境では、男性並みの能力やバイタリティを求められることもあり、そのダブルバインドに苦しめられます。 そうしていく中で生き残るには、繊細な内面を守るために武装するしかないんです。これは女性だけでなく、男性にも当てはまるのかもしれません。 気がつくと、がっしり何重にも鎧をぎっしり着込んで、自信たっぷりの「強い私」を演じてしまいます。 本当は、どんくさくて、スカタン(大阪弁で「まぬけ」)なんやけど。。。 だって、自分の弱いところを人に見せるなんて怖いじゃないですか〜私は家の中では、猫のようにごろにゃーんとお腹を出してますが、表ではだせませんw (←いえ、人前に出せる腹じゃなから笑)  話がそれましたが、そんな女性を忘れているということを、ビオダンサの中で気がついたんです。 ビオダンサのエクササイズをしている中で、ふと 我に返ったら、私は女でした というしか表現するしかない瞬間がありまして 鎧を脱いで、ありのままの素の私に戻ってみたら、私、女でした もちろん、ずーーっと女だったんですが、全く意識してなかった。 英語で セクシュアル(Sexual) とセンシュアル(Sensual)は意味が違うのですが、Sensualは、「(知的・精神的と区別して)肉体的感覚の、官能的な」という意味です。 繊細で官能的な私が、内側からじわーっと目覚めてきました。 元々私の中で眠っていただけなので、馴染みが深い感覚ではありますが、こういう「精神的な」うるおい、って大切です 毎回、ビオダンサでこの感覚を感じているはずなのに、特に今回強く感じたのは、最近、カラッカラに乾いていたからでしょう。。 みなさん、自分に水やりしてますか?(特にアラフォー、アラフィフの女性!) だれかに何かしてもらうことばかり要求しないで、まず自分に水やりしましょうね   神戸ビオダンサのスケジュール 全て場所は神戸元町のSpaceわに4月昼クラス:4月20日(木)13:00〜15:00 夜クラス:4月27日(木)19:30〜21:30 5月夜クラス:5月11日(木)19:30〜21:30昼クラス:5月18日(木)13:00〜15:00 夜クラス:5月25日(木)19:30〜21:30*5月4日(木)は休講 【速報】5月6日(土)に昼クラスを開きます。普段平日に参加が難しい方、ぜひご参加ください 詳細は、神戸ビオダンサ・ページをご覧ください。お申込みは、chizuko.hanaoka@gmail.com までメールにて、氏名、住所、携帯番号をご記入の上、件名を「神戸ビオダンサ参加希望」としてご連絡ください。 明日4月20日のテーマは「自分のコンフォートゾーンを出る」です。 ちょっと勇気がいるけど、思い切って「自分のコンフォートゾーン」を飛び出してみませんか?                    

      15
      テーマ:
  • 15 Apr
    • オンライン英会話レッスン、始まります!

      こんにちは。踊る通訳💃の花岡千都子です。オンライン英会話レッスンのための無料カウンセリングをほとんど終えました。皆さんのレベルはそれぞれ違いますが、とてもモチベーションが高く、真面目に取り組もうとされている方が多いです。やはり具体的な目標がある人、例えば海外の外国人講師のセミナーを受けてみたいとか、海外旅行に行ってみたいという人が、モチベーションもキープできるのではないかと思います。英語はコミュニケーションのツールに過ぎませんから、そのツールを使って何をするかが大事ですね!私のレッスンでは、ヨガやスピリチャル系などその人の興味のあるトピックの動画を使って、興味ある知識も入るし、英会話も上達する一石二鳥のレッスンを行っていく予定です。皆さん、英語に対して苦手意識があると言われますが、私も日本生まれの日本育ちですから、最初は全然話せなかったんですよ。大学生の時にこんな教材で勉強してました。カセットテープ、懐かしいですね〜留学したイギリスでも、最初の1ヶ月くらいは全く話せませんでした。言われていることも聞き取れなかったです。アメリカ英語に馴染んでいたため、イギリス英語が全く理解できなかったのも大きな理由ですが、リスニングが苦手でした。日常会話会話もままならないため、意思疎通ができなくて、ホームステイ先のホストマザーが心配して、日本に返した方がいいんじゃないかと悩んだと後で聞きました。でも語学学校で毎日勉強して、3ヶ月くらいで日常会話はなんとかできるようになりました。無理やり話さなせればならない状況に、自分を追い込んだからです。日本ではなかなかそんな状況は作りにくいし、英語を話さなくても生きていけますから、そこまで必死になることはないですよね。私のレッスンでは、間違えてもいいから、とにかく話すという経験を積み上げてほしいんです。といっても、かた苦しい話じゃなくて、こんなかわいいイラストの英語のアファーメーションカードも使って、楽しく英語を勉強していきますよ😊💓いよいよ、来週からレッスンが始まっていきます。4月は新しい事を始めるのにぴったりの季節ですね🌸心機一転がんばっていきましょう🌈

      24
      テーマ:
  • 10 Apr
    • 通訳が見る内側の世界と外側の世界

      こんにちは。 踊る通訳、花岡千都子です(あれ、この言い方、ブログで使うのは初めてかな?) 3月末の怒涛の春の嵐のようなお仕事の様子をレポすると言っておきながら、もう4月に入ってもう10日も経ってしまいました 4月に入れば少しは落ち着くと思っていたのですが、あっという間にスケジュールが埋まってしまい、春の嵐はまだ続行中です。お花見も行けそうにありません 4月前半のお仕事をざっと振り返ると・タヒチアン・ダンスのワークショップ通訳(8年越しのお付き合いのモエナ先生)・新しいショーのリハーサル(深夜二日連続)・IT系の会議通訳 (4月の全週末。。。 はぁ。。。)・ビジネス系のプレゼンテーションのスカイプ通訳と翻訳・ヒーリング系の個人セッションの通訳 違うジャンルが日替わりでやってきて、とってもカラフル 自分で言うのもなんですが、私ってオールラウンダーじゃない?広く浅くですがテーマパークのキャストで、いろんな役を掛け持ちで持っている人のことを、スーパースゥイング・キャスト(Super swing cast)と呼ぶのですが、そんな感じです。 もちろん、フリーランスの通訳者は毎日違うジャンルの案件を担当するのは、よくあることです。でも私は今までは割と安定したリピーターのクライアントさんが多くて、こんなに多種多様な内容が同時にくることはあまりなかったのですが、ここ最近、ずっとこんな感じです。 私は割と一カ所にずっといるより、毎日違う事をする方が、ストレスもたまらない性格なので、綱渡りのようなスケジュールを楽しんでいます。 合間にしっかり遊び(映画、温泉)にも行ってるしお気に入りのアロマを焚いて、不規則な睡眠パターンでも質の良い睡眠を確保してます。「よく遊び、よく学べ」ですねそれにしても、ざっくり分けて、ヒーリング系、エンタメ系、ビジネス系がありますが、一見、両極端な世界に見えますが、私にとっては、どれも大切なお仕事で、どれも好きな仕事なんです。そして、私の中ではつながったテーマがあるんです。ヒーリング系は、個人のお客様の心や人生に関わる仕事で、私自身の学びになります。エンタメ系は、理屈抜きに好き 個人的に映画や舞台を見るのが好きなので、おもしろい現場に行けて、お仕事にできるなんてたまりません 肉体的にはキツイ仕事なので、疲れますが、体力の続く限り続けて行こうと思います。 ビジネス系は、ブランクがあった時期があって、もう進化の速い進歩についていけないのでは?と思っていた時期があったのですが、最近また増えてきました。昔、IT系の会社で社内通訳をしていた時代に、養った経験が役に立っています。IT系では、社会、世界の様子を垣間見ることができます。 それぞれ、内側の世界、外側の世界で関係ないようですが、私は内側の世界を外に開き、外の世界にも内側につなげることができると思っています。 精神世界もマテリアルワールドも、すべて人と人との関係性により、エネルギーが変わってきます。(自分自身も一人の人ですから、自分とのつながりも含めて) 結局、人と人の間に入り、その中で自分に与えられた通訳力というスキルを最大限に発揮して、調和をもたらすことが私のミッションだと思っています。 去年から始めたビオダンサのファシリテーターも、言葉を使わない通訳者のように、人と人をつないで、調和をもたらしていくという意味では、通訳みたいなお役目です。 私はど真ん中にいても、主役はあくまで参加者の皆さんなんです。次回の神戸ビオダンサは、4月13日19:30-21:30@spaceわにで開催です。詳しくはこちら。https://www.facebook.com/events/409700586062957??ti=ia 桜のように、自分らしさを開花させましょう🌸 

      12
      テーマ:
  • 05 Apr
    • 【満員御礼】英会話レッスン集中3ヶ月コースの申込を締め切りました!

      ブログとFacebookで募集させていただき、おかげさまで定員を上回るお申込みをいただきました。誠にありがとうございます。これにてお申込みの受付は終了させていただきます。   これから無料カウンセリングを実施し、スケジュールなどを相談させていただく予定ですが、もしまだ受講希望の方がいらっしゃいましたら、ウェイティング・リストにいれさせていただき、空席ができた場合に優先的にご連絡させていただきます。   さっそく、お申込みいただいた方に無料カウンセリングシートをご記入いただいているのですが、皆さん熱心な方が多くて、私も思わず襟を正す思いです。   特に、直接お会いしたことがある方がほとんどですので、私も自然体で皆さんに接していきたいと思います。   それぞれ、今までの英語学習歴、目標などをうかがったのですが、皆さん、様々な苦労をされてきて、じれったい思いを抱えながら、海外のセミナーに参加したい!外国人の先生とコミュニケーションしたい!など、はっきりした目標をもってらっしゃいます。   私もこれまでずっと、外国人の講師によるセミナーの通訳をしてきましたので、皆さんのお気持ちは手に取れるほどよくわかります。   通訳なしで、ダイレクトにコミュニケーションしたいですよね!?   私も、誰もが英語で気軽にコミュニケーションできて、通訳・翻訳がいらなくなる世界になればいいな〜と思っています。     そして、 私はビオダンサ・ファシリテーターで踊るだけの余生を送る   それが私の夢です   それまで、皆さんが英語が話せるようになるように、持てる力を惜しみなくシェアしていきます   ブログでも、もっと英会話に関する記事を書いていきますので、お楽しみに   ビオダンサも毎週木曜日開催してます。 第一、第三木曜日は13:00〜15:00 第二、第四木曜日は19:30〜21:30   詳しくはFacebookページの神戸ビオダンサをご参照ください  

      14
      テーマ:
  • 03 Apr
    • どうして英会話レッスン開始するのか?

      こんにちは! 今日は私が英会話レッスンを始めようと思った経緯についてお話したいと思います。 実は私は通訳者になる前に、お子様英会話教室の講師をやっていました。その後、インターナショナル・キンダーガーデン(幼稚園)のアシスタント・ティーチャーになり、外国人講師と0歳から3歳までのお子様のベビーシッター、もとい英語教育に携わっていたのです。子供は好きなんだけど、0歳児の英語教育とは何ぞや?と疑問を抱いてしまい、退職。。 その後も、時々、友人、知人に頼まれた時に限り、英会話レッスンをほそぼそとやっていましたが、とぎれとぎれにやっても中々結果がでないのです。なので、今回3ヶ月集中コースを考案しました。 私の職業柄、行く先々で「どうやったら英語が話せるようになりますか?」という質問をこれまでに100万回も聞かれてきて、適当に応えてお茶を濁してきました。なぜかというと、 「英語学習に王道はない! Do it!」だから私もイギリスに留学しましたが、最初は全く通じず毎日必死のパッチで、恥ずかしい思いも捨てて、ぶち当たって覚えてきたのです。 だから、やる!しかないのです。 そんな簡単に英語が話せるなら、みんなとっくにしゃべってますから!!! 私の商売あがったりですから(笑) それに英語がしゃべれないのは、日本人だけではありません。 英語が公用語ではない国の人達は、英語を必要とする仕事をしてない限り、普通の人は英語を流暢には喋れません。外国に旅行してみるとわかりますよ〜 片言くらいなら話せるひとはたくさんいます。あれ、どこかの国のひとと一緒? 中学、高校で6年間も英語を勉強したのに、どうしてこんなにしゃべれないの? それは「日本人は英語がしゃべれない!」とマスコミにインプットされているからです。 そんなブロックは外しちゃえばいいんです 私は通訳者になるために通訳スクールで3年以上勉強しました。通訳者スクールというのは英語が流暢に話せるのは当たり前の前提で、そこから通訳できるようにテクニックを身につけるところです。英語がしゃべれたら通訳できるわけではないのです。 シャドーイング、クイックレスポンス、リプロダクション、サイトトランスレーションなどなど、これらのテクニックは、一般の英会話学習者にも効果があると言われています。 これらのテクニックを伝授しますので、あとはリラックスして話せるようにレッスンします。 「英語ができない」というブロックを外して、中学英語でシンプルな英会話ができるようになる自己学習のサポートしていきます。 週に1回1時間だけレッスン受けて、英語がしゃべれるようになるなんて、甘い考えは捨ててくださいね! ビシビシ宿題だして、毎日英語に触れる習慣を3ヶ月で身につけてもらいます。 何かを一生懸命やってやり遂げた!という達成感を感じて、自信を築いていきましょう。 途中で日本語のコーチングセッションもいれて、精神面もサポートしますよ 英語が話せると世界が広がります\(^o^)/ 今は、インターネットで海外の情報も無料で取りたい放題ですが、やっぱり外国にいってみたい!とか、外国人とコミュニケーションしたい!とか、生の英語力があると、いろんな夢が実現します。 まず、英語ができないと何もできないことはないんだけど、英語ができるとより楽しい世界がまってますよーーーーー 新世界に行きましょう 私も新しいことにチャレンジ!ウクレレ習ってます。 (追記)今日10時に申込受付開始して、4名様申込せれていますので、残席1名さまです。            

      12
      テーマ:
  • 02 Apr
    • 【速報】英会話集中レッスン始めます!

      怒涛の3月がやっと終わりました。 特に最後の1週間のスケジュールがとてもバラエティに飛んでいて、濃い1週間でした。 追々、レポートを書いていこうと思いますが、3月24日〜31日の通訳のお仕事についてちょっと振り返ると、 ・DR. ロバート・ハシンガー氏によるビーマーライトペン・アドバンスコース(5日間の内3日間を担当) ・DR. ロバート・ハシンガー氏によるホメオパシー個人コンサルテーション(2日) ・ナチュロパス、ロバート・リーブス氏のフラワーセラピー・セミナー(去年に引き続き二回目) ・1年間続いたパレードの最終日 ・舞台のリハーサル ・タヒチアンダンス・ワークショップ その合間に英会話スカイプレッスンも入り、とても充実した内容でした。 今年の特徴として、これだけのタイトスケジュールを終えたあとでも、 とても体調がよく、元気いっぱいです もちろん年齢的な体力の衰えは感じますが、今までだったらこんな密度の濃い日程を終えたあとは、かなりぐったりして寝込んでたのですが、今日も朝6時に爽快に目が覚めました 特にスピリチャル系、ヒーリング系の通訳は、講師の皆さんがとてもポジティブなエネルギーをもってらっしゃるので、そのエネルギーについていくには、私自身もポジティブなエネルギーを持ってないと波長が合いませんので、自動的にポジティブになりますビオダンサを始めてから、さらにポジティブ体質に生まれ変わったと思います さて、本題に入ります。 毎年9月から翌年3月末まで、私のスケジュールは繁忙期に入ります。ですが、4月から8月は比較的のんびりした日々を送っております。いつもは繁忙期にできなかったことをして過ごしているのですが、今年は「英会話を教えて!」とリクエストされる方が増えてきましたので、 春から夏までの間に、「英会話レッスン3ヶ月集中コース」を開催したいと思います。(受付終了しました。)英会話レッスンは世の中に溢れかえっていますが、現役英語通訳者による、シャドーイング、クイックレスポンス、サイトトランスレーションなどの通訳テクニックを使ったレッスンは、より早くあなたの脳を英語脳にアップグレードさせます。 中学校レベルの簡単でシンプルな英語、少ないボキャブラリーでコニュニケーションするコツを学びましょう。 外国人のオンライン・レッスンでは、なかなか日本人特有の癖や弱点が補強されません。わからないところは日本語で聞いていいです。日本人講師ならではのきめ細かいサポートが受けられます。 好きなテーマなど、それぞれのレベルや興味に合わせたカスタマイズしたレッスンです。 自己学習のノウハウもコーチング・セッションによりお伝えしていくので、3ヶ月後は自分で英語学習を楽しく続けていけるようになります。 内容は・初回無料カウンセリング(60分)・Zoomによる英会話個人レッスン(50分)を1週間に1回x3ヶ月間(計12回)・レッスン後のメールによるフォローアップ(48時間以内に送信します。)・1ヶ月に1回の日本語によるコーチング・セッション(60分)(合計3回)・テキストは受講者のレベルやリクエストにより決定(ビジネス・イングリッシュ、旅行英会話、TOEIC対策、英語のアファメーション、スピリチャル英語 等) 申込みフォームを書いていただき、初回の無料カウンセリングを受けた後に、受講するかどうか決めていただいて結構です。 受講料:モニター価格50,000円(4月〜8月末までの3ヶ月間有効)    4月14日までにご入金の方は、さらに特別割引40,000円 定員:5名様  対象:・英語が少しでも話せるようになりたい方・英語が苦手というブロックを外したい方・英語を上達する目的、モチベーションがはっきりしている方・現役英語通訳者から英語上達のコツを教えてもらいたい方・英語を楽しく勉強したい方・英語学習をどうしてやったらいいのか、わからない方・読み書きはできるんだけど、話すのが苦手な方・恥ずかしくて人前で話すのが苦手な方 1年に1回だけの開催ですので、このチャンスをお見逃しなく 注意:・中学校レベルの文法の基本ができている初心者、中級者向けの講座です。ご自分のレベルがわからない方は、初回無料カウンセリングでレベルチェックさせていただきます。レベルや学習環境によりご希望に添えない場合もありますので、ご了承ください。 ・途中で退会された場合のご返金には対応しませんので、ご了承ください。(期間延長などで対応させていただきます。) 受付開始は、4月3日(月)10:00AMです。受付終了しました。こちらから申込みフォームをお送りしますので、chizuko.hanaoka@gmail.comまで、件名を「英会話レッスン集中3ヶ月コース」として名前、ご住所、携帯電話番号、無料カウンセリング希望日、時間を第3希望までご記入の上、お申込みください。折り返し、申込みフォームをお送りします。 ご質問、お問合わせも、上記のメールにお願いします。 英語を学んで、世界に視野を広げましょう Let's have fun           

      7
      テーマ:
  • 13 Mar
    • 通訳の仕事って幅広い! その② 個人のアテンド通訳(インターナショナル・スクールなど)

      前回の医療通訳編が大好評でしたので、引き続き、その②個人のアテンド通訳(インターナショナル・スクール)編をお届けします。 個人のアテンド通訳って言ってもピンとこないと思いますが、本当に様々なご依頼がくるのです。思い出すだけでも、いろいろありました。前回の病院同行も個人のアテンドに含まれますが、どのジャンルに入らないような、例えば不動産の契約とか、ショッピングの同行とか、京都や奈良などの観光アテンドなどなど。 面白いのは、日系アメリカ人の方が、自分のルーツをたどる旅なんてのも、ありましたっけ。。 話がそれましたが、今回はインターナショナル・スクールへのアテンドのお話です。 この写真は私が主催する神戸ビオダンサのトップページに使っている写真です。神戸にはインターナショナルスクールがあり、たまに日本人の生徒の親御さんと外国人教師の面談の通訳を依頼されます。 たった30分の面談なのですが、お子さんの授業態度や学習内容について、Face to faceで話し合います。 幼稚園のお子さんだったので、通されたところは幼稚園の教室。椅子や机も子供用の小さいところに、座るように通されました。椅子が小さすぎたので、結局私はフローリングの床に座っちゃいましたが(笑)まるで私は大きすぎるアリスになった気分でした イギリス人の女性の先生とクライアントのお母さんが、真剣にお子さんの進歩や改善してほしいところ、これからの教育方針について議論されるのを通訳しました。 インターナショナル・スクールで慣れない外国人の先生とがんばってお勉強しているお子さんに思わず「がんばれ〜」と応援したくなりました。昔、インターナショナル・キンダーガーデン(国際幼稚園)で外国人教師のアシスタントをしていたことがあるので、インターナショナル・スクールの様子は手に取るようによくわかります。 子供のほうが柔軟性もあり、頭が柔らかいので、この時期に英語に親しむのはとてもいいことだと思います。英語を遊びながら楽しく学んでいけたら、将来も英語コンプレックスに悩むことはないでしょう。 でもまだ幼稚園の子供ですから、外国人のお友達とうまく遊べなかったり、授業中に退屈になったり、それを全部英語でやっているのですから、普通の幼稚園より負担が大きい環境の中でがんばっているのです。ストレスが大きすぎて、逆に英語が嫌いにならないように祈るばかりです。親御さんと教師のコミュニケーションがとても大切なので、一度依頼されたら引き続きリピートされることが多いです。 お母さんも一緒に英語を勉強されたら、親子で英語を楽しめますね! そのうち、親子英語教室でも始めようかしら いつも最後まで読んでいただいてありがとうございます   お知らせ毎週第1、第3木曜日は、神戸ビオダンサ・昼クラスを開催しています。次回3月16日(木)13:00〜15:00@spaceわにテーマは「グラウンディング」です。詳細はこちら 音楽に合わせてリズミックに身体を動かして、しっかり大地につながっていきましょう ダンス経験は必要ありません。ビオダンサは南米チリの心理学者が開発したココロとカラダを統合するプログラムです。初めての方大歓迎です   

      29
      テーマ:
  • 12 Mar
    • 通訳の仕事って幅広い! その①医療通訳

      三寒四温とはよくいったものですね〜 これを英語で説明するのは、なかなかめんどくさいんですが(笑)   さて、3月は何かと忙しい季節ですね。私もスケジュールも思わず二度見してしまいそうになるほど、きっちり詰まっています。   最近、仕事の幅が広くなってきており、今まで受けてこなかったお仕事をいただくので、忙しいけれどもバラエティ豊かな毎日を送っています。   今日は、いつものメインのエンタメ系以外の「その他」のお仕事をご紹介します。 第一弾は医療通訳です。     医療通訳といっても様々なケースがあるのですが、私が主に受けるのは外国人のお客様に付き添って、病院に同行して通訳するお仕事です。 一般的な内科や外科受診から、美容整形の手術の付き添いまで(!)とても幅広い内容の依頼がきます。日本に短期的に滞在している外国人から、わざわざ外国から日本の最新の医療技術を求めて来日する人まで、様々なクライアントがいらっしゃいます。   去年、お引き受けした美容整形の手術の付き添いは、前の日から一緒のホテルに泊まり、全身麻酔による手術中も、ずっと側にいて不測の事態に備えました。 一番難しかったのが、手術前のカウンセリングですね。ドクターとどのような手術をするか、クライアントの希望がかなえられるように納得いくまで何時間も話し合い、手術のリスクの説明も丁寧に通訳したので、しっかりとした信頼関係が築けたと思います。そしてその後の抜糸までの全てのプロセスに立ち会いました。   以前に医療通訳のセミナーを受けたことがあり、その時の知識を元に毎回、予習をしていくのですが、病名など専門用語が飛び交うのでとても緊張します。 日本語でもよく知らない体の部位の名前や、病名などをまず日本語でしっかり理解することが必要となります。それを英語でも説明できるように、自分でシュミレーションして準備します。   一年に何度か医療通訳のお仕事を受けるのですが、医療通訳は人の生命に関わることなので、もっとしっかり制度化されるべきだと思います。   医療通訳は、通常の通訳とはかなり違います。私が気をつけているのは以下の三点です。   1.立ち位置 診察の時は、医者と患者の間に入るのではなく、患者の少し背後に座ります。なぜその位置に座るかというと、医者と患者が目と目を見て話すことが重要だからです。また医者は患者を観察していますから、その邪魔にならないようにすることが必要です。   2.医者や患者の発する言葉を一語一句漏らすことなく、逐次通訳する。 通常の通訳では状況によっては要約することもありますが、医療通訳では患者のちょっとした言葉も大切な情報ですから、漏らさないで通訳します。例えば、痛みでもズキズキする痛みとか、じーんとくる痛みとかいろいろありますが、英語でも痛みの表現は様々なので、できるかぎり正確に訳すことを心がけます。   3.通訳者は専門家ではない。 私は医療に関しては素人です。なので少しでもわからないことがあれば、その場ですぐに確認して、知らない言葉があれば、辞書で調べて確認します。よくわからない時は、医者に模型を使ったり、絵を書いて説明してもらうようにお願いします。   私は留学していたイギリスでも入院した経験があるので、海外の病院のシステムや環境などについて少しは理解しています。プライバシーに対する考え方とか、告知やインフォームド・コンセントの方法など、外国人の方が違和感を感じるポイントなどをフォローするように心掛けています。   病気がちな人生を送ってきましたが、こんな風にお仕事で関わることになるとは思いませんでした。   外国で病気や怪我を経験するって、本当に心細くて不安になるものです。 言葉の通じないお医者さんに話をしたり、よくわからない薬を飲むって、とても勇気がいるものなんです。 通訳者として、少しでも安心して治療を受けて元気になってもらえるようにお手伝いできたらいいなと思います。全てうまく行き、笑顔になってもらえた時の喜びは通役者冥利につきます。   外国人観光客が右肩上がりに増えてきているので、もっとこのようなニーズが増えてくると思いますので、いつでも対応できるようにしっかり勉強しておこうと思います。  

      9
      テーマ:
  • 05 Mar
    • フラダンスにおけるプロ通訳とアマチュア通訳について

      昨日はフラダンス・ワークショップの通訳に行ってきました。1、2ヶ月に一回ほど、約8年間にわたり、通訳者としてご指名いただいています。フラの古典のカヒコのレッスンのために、この本を読んで勉強しています。私自身はフラダンスは素人なんですが、ハワイの歴史や文化について勉強したり、フランダンスの音楽が大好きなので、個人的に大好きなお仕事です。 またハワイから来日する講師の皆さんはとても、明るくて、陽気で面白い人が多いので、いつも大笑いばかりしています (ハワイ語の歌詞と格闘しています!)毎回違うフラダンスの講師(クムと呼びます)の通訳をしているのですが、フラダンスの世界では、フラの本場がハワイということもあり、英語が得意な日本人フラダンス講師や、日本語が得意なハワイ人のフラダンス講師がたくさんいらっしゃいます。 その中で、フラダンスに関しては素人の私が、どうして通訳者として選ばれるのかについてお話してみたいと思います。 つまり、プロ通訳とアマチュア通訳の違いとは何かです。 ハワイアンだけではなく、英語が堪能な日本人、または日本語が得意な外国人の方はたくさんいらっしゃるので、アマチュアで通訳されている方はたくさんおられると思います。本当はしたくないんだけど、頼まれて断れなくて渋々しているという声もたまに聞きます。 いくら外国語が得意でも、通訳のスキルを習得するには特別のトレーニングが必要なことが理解されていないのが現状です。 英語が話せるだけでは、通訳はできません! だって、自分の言葉ではないわけです。他人の話した言葉を一字一句記憶して、違う言語に変換して再現しなければならないんです。その中には理解しにくい話し方をしたり、思考が読みにくい人も当然います。通訳のことなんてお構いなしに、早口でマシンガントークする人もいます。 試しに日本語で誰かの言ったことを、そのままそっくりリピートすることをやってみてください。伝言ゲームみたいに、言葉が抜けたり、意味が違ったりしてきますよね。 例えば逐次通訳の場合、英語→日本語、日本語→英語の両方で、代わる代わる全部、通訳一人で話し続けるんです。集中力が必要な、体力がいる仕事なんです。 もちろん、自分の意見は一切入れてはいけないし、適当に端折ったりしてもいけません。 同時通訳の場合、耳からインプットして、同時に口からアウトプットです。 私でも一体私の頭のなかでどうやってプロセスしてるのかなと思うことがあります。そんな仕事を毎日のようにやってます。(もちろん交代や休憩時間はあります) 通訳のスキルを身につけるためのトレーニングを通訳学校で何年も受けたり、日々シャドーイングなどの通訳スキルを鍛錬して、ある程度実績がある人だけが、プロ通訳としてお仕事をしているのです。 それと英語ができるといっても、日常会話ができるレベルでは通訳はできません。ネイティブと対等に問題なく話せるレベルが必要です。英検1級を取っていても、英語が流暢でない人はたくさんいます。 また語学だけでなく、その国の歴史や文化に精通していることも通訳として大切な資質だと思います。やはり国民性を理解することで、コミュニケーションがよりスムーズになります。 通訳が必要な仕事というのは、大体なにか専門性がある内容ですから、そのジャンルに関して通訳者は勉強して準備します。通訳している時間は短くても、その準備勉強のために、まるで水面下の白鳥の水かきのように見えない努力をしているものなんです。 しかし知識は勉強したら、ある程度身につけられるものですが、語学力は一夜で身につけれるものではありません。 なので、そのジャンルではプロの人でも、通訳者としてアマチュアであれば、外国人の言っていることが聞き取れないとか、初歩的なミスをする可能性があります。 プロの通訳の場合、そのジャンルの知識は勉強で身につけることができるし、発せられた言葉の通り通訳していれば間違いないのです。最悪、わからない専門用語があれば、当事者にその場で聞くこともできます。もちろんそのジャンルの中で専門家であり、通訳スキルも有する人が通訳するのがベストなのは言うまでもないですが、なかなかそんな人材は数多くいません。 なので、プロ通訳の仕事ぶりをご存じの方は、プロ通訳をご用名いただくケースが多いのです。その結果、お客様により満足のいくクオリティを提供できることをご存知だからです。アマチュア通訳を使って、間違った通訳をしたり、場が混乱して問題になるより、リスクマネジメントとしてプロを使ったほうが遥かに安全だからです。私も通訳として駆け出しの頃は、ボランティア通訳をたくさんさせていただきました。それが私のキャリアの基盤になっているので、とても貴重な体験をさせていただいたことを感謝しています。ボランティア通訳そのものを否定するのではありませんが、TPOを考えて、通訳者の人選をしていただけたらなと思っています。        

      16
      テーマ:
  • 01 Mar
    • ビオダンサ withなおこ「Living with Joy サンクチュアリ」を終えて

      もう3月です。おーい、2月はどこに逝ったーーーって叫びたいほど、あっという間に2月は逃げていきました。 さて、もう5日も経ってしまいましたが、25日に東京からビオダンサ・スクールディレクターの筒井直子さんをお迎えして、ビオダンサ・クラス、ワークショップを開きました。 とてもやさしい気分になるビオダンサでした。 集まった参加者の皆さんも、ご縁のある方ばかり。 名古屋からお久しぶりに参加されたり、お友達やご主人を連れてこられたり、とてもアットホームな雰囲気でした。初めて会っても、初めての気がしない(^^) やっぱり、ビオダンサの魅力って、人と人のコミュニケーションの場なんだな〜とつくづく思います。 なおこちゃんのファシリテートも、とても軽やかで、見ているだけで踊りだしたくなるような、自然に引き込まれるような感じでした。私は最初の頃は、しっかりテクニックやらを見て覚えて、お手本にするのだ!と思っていましたが、踊り出すとそんなことも忘れて、すっかりビオダンサの魅力にどっぷりと浸っていました。 「サンクチュアリ」というテーマでしたが、私にとってはビオダンサそのものが「サンクチュアリ」であり、そこには仲間の存在が欠かせないと思いました。 なにげなくそのような「サンクチュアリ」にいても、その場がどれくらい奇跡的な出逢いにより成り立っているのか気づかないことがあります。 いつでもそれは私たちの潜在意識のなかに存在しているし、生きている記憶として積み重なり、私たちをありのままの在り方に導いていくのだなと思います。 ビオダンサの創設者であるロランド・トーロが提唱する「生命集合意識」とは、私たちは人間である前に、生物として、生命の鼓動を共鳴させている存在です。 現代社会の中で忙しい毎日を送って、ストレスやプレッシャーに押しつぶされそうになっても、どんなに自分を見失いそうになっても、素のまま自分でいられる「サンクチュアリ」があれば、いつでもそこに帰って、ココロもカラダものびのびとリラックスできます。そんな場をこれからも作っていけたらなと思います。  3月5日(日)は、私がビオダンサを初めて体験した時から一緒にやってきた、まつぞうさんこと松田裕樹さんと初コラボします。 スペシャル企画「体感して出逢う”なりたい自分”」と題して、ビオダンサ(花岡千都子)+気持ちポーズ&ムーブ(松田裕樹)を連続して開催します。 音楽のリズムのパワーを借りて、自然とカラダの中から湧き上がってくるココロとカラダの動きを感じて、本当の”自分”に出逢っていくビオダンサ。Biodanza はBio(生命の)Danza(ダンス)という意味です。 そこから松田裕樹さんの「気持ちポーズ&ムーブ」では、カラダのポーズを使ってさらに感じるままに動かしていくうちに、”なりたい自分”に出逢っていきます。頭で考えるのではなく、カラダの動きにより浮かび上がってくる本当の気持ちを感じてみましょう。言葉を使わないで、カラダでココロを表現していくワークという共通点をもつ2つのワークがどんなケミストリーを生み出すのか楽しみです。https://www.facebook.com/events/1228680770584670/ また毎週木曜日には、ビオダンサ・レギュラークラスを開催しています。3月2日、16日は昼クラス13:00〜15:003月9日、23日は夜クラス19:30〜21:303月2日(木)昼クラスのテーマは「芽を出すチカラ」https://www.facebook.com/events/1025743240894019/初めての方は参加費1000円です。お問合わせ、お申込みは花岡千都子 chizuko.hanaoka@gmail.com までお気軽にメッセージくださいませ。 最新情報はFacebookページ「神戸ビオダンサ」に掲載していますので、チェックしてくださいね      

      6
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 心のサンクチュアリとは

      こんにちは。いつもご訪問いただき、ありがとうございます 立春を過ぎ、暦上は春ですが、まだまだ寒い日が続きますね〜 昨日は私が住んでいる明石でも、小雪がちらつきました 三寒四温の季節なので毎日の気温の変化も大きく、気持ちも揺れがちですが、春が訪れを感じながら穏やかな毎日を過ごしていきたいものです。   さて、あと2週間ほどに迫ってきた私のスーパバイザーである筒井直子さんのビオダンサ・ワークショップ「Living with JOY〜サンクチュアリ」。   私もとても楽しみにしています   今日は私にとっての「サンクチュアリ」(神聖は場所という意味)について、お話してみましょう。   サンクチュアリとは、   誰にも触れられることのない   安全で   あたたかく   まるでお母さんのお腹の中にいるように守られているスペース     私の場合、ビオダンサの場そのものがサンクチュアリです。   と同時に私の心の中にもサンクチュアリがあります。   心の中のサンクチュアリは不思議な空間で、その中に入ると最初は小さな空間なのに、 入ってみると大きくて、宇宙のように広がっています。   ある時ビオダンサで踊りながら心の中のサンクチュアリに入っていくと、次第に光に満たされていって、まるでビックバンのように自分の意識が拡大して、今まで感じたことのない至福を感じた瞬間がありました。   そしてビオダンサの場と一体化して、全世界がサンクチュアリになりました。   よく言われる神秘体験だったのかもしれません。   また別のワークショップでは、お母さんに抱かれるようにするエクササイズをしていて、お母さんの子宮の中に入っていくイメージが出てきて、あたたかく守られている幸せな羊水の中で、ただふわふわと漂って気持ちいい体験をしたこともあります。 これも私にとっては内なる宇宙を感じるサンクチュアリでした。   これらは私の個人的な体験なので、それぞれ感じ方は違うし、捉え方も違うところ思うのですが、人それぞれにその人のサンクチュアリがあると思います。   ビオダンサを通じて、それを探しにいきませんか?    Living with JOY~サンクチュアリ わたしたちが、一瞬一瞬たゆまずに行っていること。 それは<自分を育む>ということです。 たとえ今現在どんなに無気力に感じていようとも それでも、呼吸のひとつひとつが 私たちに生命を与えてくれています。 そして ふとしたときに湧いてくる深い呼吸は 気持ちを広げ、心の空間を広げてくれます。 わたしたちは 生きるということに対して 無気力になったり 難しく考えすぎたりしますが... 踊り、笑い、仲間とつながり、ただ楽しむ。 そうしていると 自分はすでに溢れるほど豊かなのだ。 自分には安心の居場所がある。 そんなシンプルなことを思いだしていきます。 自分にとってのサンクチュアリを思いだす一日。 ご参加ください。 日時:2月25日(土)10:30〜16:30(開場10:00) 参加費: 11,000円 場所:スペースわに http://www.spacewani.com/アクセス/ 申込:予約が必要です。chizuko.hanaoka@gmail.com(花岡千都子)までメールの件名を「2月25日ビオダンサ with なおこ」と明記の上、お名前、ご住所、携帯番号を記入してお申し込みください。追って振込口座をご連絡します。入金確認により予約が確定となります。 服装:動きやすい服装。タオル、飲み物などをご用意ください。 ランチタイムは外に行かれるか、お弁当をご用意いただいてもOKです。 ★筒井直子プロフィール ビオダンサ・ファシリテーター  ダイダクティック・ティーチャー  ビオダンサスクール 東京-神奈川 ディレクター 子供のときには人と一緒にいることがつらいと感じ、一人で過ごすことが多かったが、ビオダンサを続けていくうちに、自分にとっての気持ちのよい距離、つき合い方、相手を受け入れることを学んでいった。  今では、世界のなかに自分が存在していることへの安心感を感じている。  一人一人の輝きが、つながりとハーモニーを生み出していく。  それが、世界をより美しく、住みやすい場所へと変えていく。  そんな思いを胸に、ビオダンサを続けている。 ビオダンサとは?  【<生きる>を学ぶ。人間力を高める。幸せ感度を高める】 音楽の力を使って、身体を動かします。 すると自然にダンスが生まれます。 ダンスのなかで、<生>を体感レベルで経験し、 (一見)苦しい波も、悲しい波も、愉しい波も 飲み込まれて、もみくちゃにされることから抜け出して のりこなしていく 生きるアートを学んでいきます。 筒井直子ブログ http://ameblo.jp/naokob/ ビオダンサHP http://www.biodanza.jp/

      8
      テーマ:
  • 05 Feb
    • 通訳者の風邪対策、喉ケアについて(食事編)

      昨日書いた「通訳者の風邪予防、喉ケアについて」にたくさんのアクセスをいただいたので、続編としてもし風邪をひいたらどうするか、特に食事について書きたいと思います。いくら予防していても誰かから風邪のウィルスをもらっちゃうことはありますものね〜 まず、風邪はひきはじめが肝心です。私は喘息持ちなので、風邪をこじらすと喘息発作に苦しむことになるので、早め早めに風邪対策をします。 喉の違和感や頭痛を感じることがあったら、風邪のサインです この初期対応がとても大切です。私は薬アレルギーもあるので、市販の風邪薬は飲まないようにしています。ですので、できるだけ身体にやさしい治療を心がけています。 まず、風邪が流行る季節には常に大根飴を作っておいて、冷蔵庫にストックしておきます。これをお湯で割って飲みます。咳に効きます。Cook Padで「風邪」で検索すると他にもメニューがたくさんでてきます。(写真はお借りしました)あまり食欲がない時は、大根おろしやレンコンのすりおろしを温めて、鶏がらスープや薄口の醤油で味付けして片栗粉でとろみをつけたものをつくります。これは簡単なので、少々疲れていても数分で作れるので便利です。これは子供の頃に母が作ってくれたもので、大根やレンコンは喉や咳によく効きます。 料理する元気があれば、チキンスープをつくります。鶏ガラ、人参、玉ねぎ、生姜、にんにくを圧力鍋にたっぷりいれて、20分ほど煮込んだ後、具材をこしてスープにします。これも普段から作っておいて、普段の料理にもよく使います。 何もする元気がない時は、夫に雑炊などを作ってもらうに限ります 私は甘酒が好きなので、最近ハマっているのが生麹から作る甘酒。兵庫県播州こうじやからAmazonで取り寄せてます。 甘酒は飲む点滴と呼ばれるほど、アミノ酸が豊富ですので、栄養補給に最適!発酵食品なので腸環境にもよいので、冬は欠かせません。(私の経験上、お通じが悪くなると風邪を引きやすいみたいです。)豆乳と混ぜたり、お肉やお魚を麹漬けにしたり、いろいろ楽しんでいます。 あと本当に風邪を引いたら、葛根湯ですね そして水分をたっぷり取って、ぐっすり寝る 睡眠に勝る風邪対策はありません 昨日は偉そうに「風邪予防はマナーだ!」なんて書きましたが、本音を言えば、風邪くらいひいてもいいじゃないですか〜 だって人間だもの  風邪は自然な身体のデトックスでもあります。 熱を出して、身体の老廃物を出して、リセットする。 風邪をひいたくらいで、死にませんから 仕事も家事も少々休んだっていいじゃないですか! ってか、日本人もっと休みましょう普段、頑張っている人が1日や2日休んだところで、仕事が回らないなんてことないです。 「あなたがいなくても、なんとかなる!」(と私が敬愛する心屋仁之助さんがラジオで言ってました) 私は子供の頃、しょっちゅう風邪を引いて、なんと幼稚園は中退してしまいました それでいじめられたりもしたけど、風邪ひきの時に、母がつくってくれた葛湯や、読み聞かせてくれた絵本が大好きでした それで本が好きになったのかもしれない。すべての物事には理由があって、無駄なことなどないのです。 まぁ大人ですから、どうしても風邪を引いている場合ではないことがありますので、上に書いたようないろいろな努力をしているわけですが、病気になって、ぼーっとした頭で、家でごろごろして、本を読んだり、映画を見たりするのも大好きです (一見アウトドア派に見られますが、本質的にはインドア派です) 最近は仕事がテンパっているせいで、大きな仕事が終わった次のオフの日に都合よく風邪をひくようになりました(笑)もちろん、1日で治しますが。 とりとめもなく書いてしまいましたが、上のメニュー試してみてくださいね あ、ビオダンサを始めてから風邪引かなくなりましたよ〜毎週木曜日に神戸元町にて楽しく開催してます。        

      6
      テーマ:
  • 04 Feb
    • 通訳者の風邪、インフルエンザ予防、喉ケアについて

      インフルエンザが猛威を奮っています。私の職場でも次々と感染者が出てきてます。 フリーランス通訳者は絶対仕事を休むわけにはいかないので(もちろんインフルエンザにかかれば休みます)、風邪予防や喉ケアはある意味マナーです なぜなら私たち通訳者は直接、人々とFace-to-Faceでガチで向き合って会話するので、もし私たちがウィルスに感染すれば、通訳する人にウィルスをうつす可能性が高いし、相手からウィルスをもらう可能性も高いのです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 先日、インフルエンザの可能性がある外国人の付き添いで病院にいって通訳しました また屋外のショーやパレードで冷たい冬風にさらされて立ちっぱなしだったり、早朝や夜の仕事など不規則な勤務時間なので、睡眠時間や食事時間もバラバラだったり、かなり過酷な環境で仕事しています さらに、私は喘息や気管支炎の持病があるので、喉がもともと弱い こう見えて(どう見える?(笑))病弱で繊細なんですよ〜〜〜 長時間通訳を毎日のようにしていると、喉を酷使して声がでなくなったことも度々喉は私たちの商売道具ですから、メンテナンスも欠かせません。 おかげさまで、この冬まだ一度も風邪をひいていません あくまで自己流ですが、ここ何年間で習慣にしている風邪予防対策、喉ケアをご紹介しましょう。 まず、喉、口腔のケア。ウィルスは口から入ってきますから、きちんとガード。私はティートリーのエッセンシャルオイルをぬるま湯に数滴落として、うがいを一日数回しています。ティートゥリーはニュージーランドの木のエッセンスで殺菌作用があり、風邪を引いたかなと思う時はアロマディフューザーで空気も殺菌しています。 また通訳者は、特にウィスパリング通訳する時は、相手にぴったりと接近しますから、口臭ケアも必修ですので、通訳前には歯磨きは欠かせません。マヌカハニーの歯磨き粉を使っています。甘いのかな?と思って買ってみたら甘くなかったでも、殺菌効果があるので口臭予防に効果があるみたいです。(ちなみにティートゥリーの木からとれる蜂蜜がマヌカハニーです。) 歯磨きなどの口臭ケアは同時に風邪予防にも効果があるみたいです。普通の歯磨きでもいいので、こまめにするといいですね そして、マヌカハニーさまマヌカハニーにどれだけ助けていただいたことか。。。喉が痛い、風邪ひきかけたかな?って時には、マヌカハニーを寝る前、または朝起きぬけにひとさじ舐めると次の日には楽になっています。夫にも舐めさせています。 外国人シンガーとお仕事することが多いのですが、殆どの人がマヌカハニーで喉のケアをしています。甘くて美味しいし、トーストにつけたり、ヨーグルトに混ぜたりしてもいいですね。殺菌効果が落ちるので、お湯に溶かすのはお勧めしません。マヌカハニーにもいろいろあるのですが、MGO(マヌカハニーに含まれている抗菌成分の含有量を数値化したもの)が高いものがいいのは間違いないですが高価ですし、毎日摂取するものなので、お財布に相談して手頃な値段のものを購入しています。 仕事中の飲み物として、Throat coatというオーガニックハーブの喉によいハーブティーをポットに入れて持ち歩いています。これも外国人シンガーさんに教えてもらいました。 iHarbのサイトからの引用です。楽しむためにはティーバッグ1袋の上に沸かしたての熱湯8オンスを注ぎます。カップにふたをして10-15分間浸します。ティーバッグを絞って、カップに最大の良さを確実にします。1日4-6カップ楽しみましょう。ハチミツと一緒に飲むと特においしいです!歌って、叫んで、または聞かれましょう 明らかに、Google翻訳を使ってますね(笑)変な日本語訳ですが、なんか微笑ましくて楽しいですね 私は健康製品をiHarbで購入することが多いのですが、次回はお買い物のヒントについて書いてみますね。 長々と書きましたが、皆さん、インフルエンザに負けないように、がんばりましょう(ストレスがたまると免疫力が落ちるので、適当に休みをとってセルフメンテナンスしましょうね)  毎週木曜日にビオダンサ(昼クラス)始めました 

      4
      テーマ:
  • 01 Feb
    • トランプ大統領抗議デモから英語を学ぶ!

      久しぶりの英語のトピックについてのエントリーです。 毎日のようにトランプ大統領に関するニュースが飛び交っておりますが、私も日本のメディアだけでなく、海外のニュースをチェックしております。 トランプ大統領に関して書き出すと、エンドレスな文章になってしまいますが、私の個人的な意見はさておき、トランプ大統領に対する抗議デモのプラカードから英語をピックアップしてみましょう! まず少々古いですが、レディ・ガガが大統領選挙直後に出した「Love trumps hate.」。これは日本のマスコミが誤訳を出したのでご存じの方も多いと思います。日本語訳は「トランプは嫌い」となってますね。意味がわからず苦しみ紛れに訳したんでしょうか。小文字になってる、sが付いていることに気づけば、構文がわかったかも。トランプ大統領の名前Trumpは固有名詞ですが、一般的な単語としてtrumpを辞書で引いてみましょう。名詞だけでなく、動詞としてこんな意味があるんです。 trump (研究社 新英和辞典より引用)名詞1可算名詞 (トランプの)切り札 《★【比較】 日本語の「トランプ」は cards動詞 他動詞1〈札を〉切り札で切る[取る]. 2〈人を〉負かす,〈…に〉勝つ.  Love trumps hate. Loveは名詞として主語になります。trumps は動詞のtrumpですが、Loveが名詞なので三単現のsがついています。hate は名詞として目的語になっています。 Love trumps hate.S(主語)V(動詞)O(目的語)のシンプルな文章なんです。 和訳は、「トランプは嫌い」ではなく、「愛は憎しみに打ち勝つ」が正解ですね。こんな結果になっても、憎しみ(憎しみに満ちたトランプ大統領を指している)より、最後には「愛」(愛にあふれた私たち)が勝利する!と訴えているのです。 トランプ大統領と trump(動詞で「勝つ」という意味)という意味をダブルでかけ合わせた、上手いキャッチフレーズですね。 他にもこんなプラカードを見つけました。私的には、「Act now! Build bridges not walls 」が好きです。「行動するなら今!(メキシコとの)壁ではなく、(国々をつなげる)橋をかけよう!」 ある意味、トランプ大統領のおかげで、私たちは民主主義について、人種差別について、改めて深く考える機会をもらっているのかもしれません。 でも決して対岸の火事ではありません。アメリカの政治経済は日本にも多大なる影響を与えていますし、世界中を不安に陥れているのですから、国際的な問題です。"Not my president" "Build the resistance against Trump""Fight Racism" "Make America SAFE again" Trump protest  などでGoogle画像検索するとたくさんのプラカードが見れます。 私たちには何もできないかもしれないけれど、アメリカや世界状況について関心を深めて、日本政府がどういう対応をするのかしっかり見守りたいと思います。  

      4
      テーマ:
  • 25 Jan
    • 神戸ビオダンサ・昼クラスはじめました!

      なんと今年はじめての投稿です。年末年始のタイ旅行から帰ってきてしばらく、ほげーっと冬眠状態でした。今年もマイペースで投稿していきますので、どうぞよろしくお願いします さて、昨年12月から、神戸ビオダンサの昼クラスを初めました。第1、第3木曜日を夜クラス(19:30〜21:30)第2,第4木曜日を昼クラス(13:00〜15:00)第5木曜日はお休みです。(スケジュールが変更になることがありますので、ご確認ください) 去年8月から初めた神戸ビオダンサのレギュラークラスは順調に回を重ね、半年で20回を超えました これも一重に応援してくださる周りの皆さんのおかげです 平日の日中の方が通いやすいというリクエストに応えて、最初は試験的に昼クラスを開いてみたところ、昼間のクラスもとても気持ちのよいハーモニーが生まれつつあるのを感じて、1年中、夜クラス、昼クラスを隔週で開催させていただくことに決定しました 明日1月26日(木)は夜クラスですが、テーマは「秘密の隠れ家」です。私が子供の時は、大人には内緒の仲間だけの秘密基地を作って、遊んでいました。鬼ごっこやかくれんぼをしたり、冬はおしくらまんじゅうをしたり、私は大阪の生まれ育ちなんですが、郊外の田舎だったので、男の子も女の子も一緒に、いろんな年齢の子供たちと遊んだ記憶があります。 大人になったら、「○○らしく、〜〜しなくちゃ」を意識して、子供らしさを封印していきます。(○○には、女性、男性、社会人、学生、妻、夫、それぞれいろんな言葉が当てはまりますね) そして、無邪気でナイーブな自分を守るために、心に鎧や武器をだんだん身に着けていきます。これが一度身につけたら、中々脱げない だって無意識に着てますから。裸で表を歩くなんて、恥ずかしくてできないですよね〜 ビオダンサでは、この心にまとった鎧を少しずつ脱いでいく練習をしていきます。まるで太陽と北風のおとぎ話のように、あったかくなったら、自然と重いコートをぬいでいくように、音楽の力を借りて、すこしずつ心と身体をあっためていきます 表(世間や社会)では、裸になれないけど、安全であったかい安心できる空間で、鎧を脱いで、内側にいてるあなたの子供を遊ばせてあげましょう 忘れかけていた子供の頃の自分自身を取り戻すことによって、本当の自分自身に出会っていきます。 ビオダンサは、そんな「元は子供だった大人」ための「秘密の隠れ家」になれたら、いいなと思っています。 詳細はこちらをご覧ください。 「秘密の隠れ家」のメンバー絶賛募集中です    

      19
      テーマ:
  • 08 Dec
    • 私の初めてのビオダンサ体験

      どうして今まで、これを公開してこなかったのかしら。私の初めてのビオダンサ体験を、今はあまりやっていないmixiの日記に書いていたのでした。9年前の2007年10月11日の日記です。一切編集なしのコピペです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー昨日、ダンスのワークショップ「ビオダンザ」に行ってきた。 何の前知識もなく、長年仲良くしている友人がやってるというので、気軽にいったのが幸いしたのか、これまでに味わった事のない感動的な体験だった。 笑って、泣いて、また笑って。あれ、なんで涙がこんなにあふれるんだろう? 頭はどっかに吹っ飛んで、体が勝手に動き出すのが、おもしろくって。童心にかえっるって楽しい! 人とつながるって、こういうことだったの。そばにいるだけでいいのよね。 手をつないだり、抱き合ったり、言葉はいらない。あるがままでいい。 息をして、心臓の鼓動に耳をすまして、私って生きている! だれかと出会って、また別れても、いつかどこかでまた会えるから、時の流れに身を任せていいんだ。 今、この瞬間を味わおう。このひとときを愛する人と分かち合いたい。 こんなに無防備になっていいのかなと思ったのは最初だけ。後は完全にもっていかれた。スッキリ、すがすがしい気持ちでいっぱい。終わって外に出ると、秋風が心地よく、空気がおいしかった。 家に帰ってお風呂に入って、よく動いてくれた私の手や足をありがとうと思いながらマッサージした。すごく幸せ。ぐっすり眠れて、今朝はピカピカ! 何のことかわからないかもしれませんか、言葉にして説明するより、体験してほしい。 こんなに美味しい体験を味あわせてくれた主催者の友人たち、参加者のみんなに感謝します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は子供の頃から運動音痴で、スポーツクラブのエアロビクスやジャズダンスに参加しても、ついていけなくて挫折。何をやっても長続きしない熱しやすく冷めやすい性格の私が、このビオダンサの初体験の後、ほぼ毎月、ビオダンサに通い始めました。割りとこまめにmixiの日記に書いているので、その後の経過もまたシェアしますので、お楽しみに〜(^^) 毎週木曜日19:30〜21:30@Spaceわに(神戸元町)にて、ビオダンサクラスをひらいています。詳細はこちら    

      40
      テーマ:
  • 18 Nov
    • ビオダンサと幸せホルモン「オキシトシン」について

      昨日の神戸ビオダンサは、おなじみのメンバーで最初からリラックスした雰囲気でした 今の季節は冬眠モードに入って、日没後は眠くなったり、家から出るのが億劫になりがちですね〜 私も寒いのが苦手なので、秋冬は引きこもりがちなんですが、やはり運動不足になったり、睡眠パターンが崩れたり、体調を崩しがちです。 神戸ビオダンサはウィークリークラスなので、気軽にお仕事帰りに寄って、リフレッシュしてくれたらいいなという思いから、19:30という遅めの開始時間になっています。 でもビオダンサは、ただのストレス解消やリラクゼーションを目的としたエクササイズではありません。 リズミカルな音楽にのって身体を動かすうちに、神経伝達物質(ホルモン)が分泌されて、心理的効果がでることが医学的に実証されています。 例えば、こんなホルモンが分泌されるそうです。(個人差があります。)ドーパミン:意欲、熱意、快感、いい気分になるエンドルフィン:身体的快感、幸福感オキシトシン:ストレスを緩和して、幸せな気分になる 特にオキシトシンは出産のときに分泌されるホルモンですが、別名「幸せホルモン」とも呼ばれており、人の場合、抱擁やスキンシップにより分泌されます。 ビオダンサには、このようなホルモンが分泌されるように考案されたエクササイズなので、終わった後はみんな幸せな気分になります もちろん個人差があり、絶対幸せ気分になります!とはお約束できません。でも初めての人でも、何かしら少しはこの幸せ感をちょびっとは感じてもらえているかな〜という手応えは感じています。 毎回内容も違うので、毎回違う感じ方をしたり、いろいろ思い出したり、気づきがあります。 初めての時は少し緊張するかもしれないですが、アットホームな雰囲気なので、一人できてもすぐになじめますよ 11月のテーマは「Joy〜喜び、心地よさ」です。次回は11月24日(木)19:30〜21:30@スペースわに(神戸元町)詳細は神戸ビオダンサFacebookページをご覧ください。

      27
      テーマ:

プロフィール

amy (花岡千都子)

性別:
女性
血液型:
O型
お住まいの地域:
兵庫県
自己紹介:
フリーランス通訳・翻訳者(英語⇔日本語)花岡千都子です。 神戸市外国語大学 英米学科卒業。 ...

続きを見る >

読者になる

Chizuko Hanaoka

ブログランキングに参加しています。 ぽちっとワンクリック応援お願いします。 にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

月別

一覧を見る