大阪・エンタメ系 英語通訳/翻訳 花岡千都子オフィシャルブログ

大阪・神戸で活躍中のフリーランス通訳・翻訳者が、IT、エンターテイメント業界、スピリチャル系の通訳のお仕事を通じて感じたことや、ハッピーでポジティブな日常生活を綴ります。

メッセージボード用


通訳・翻訳、セミナーイベントご依頼の方はこちらから。
NEW !
テーマ:
6月27日(月)

まだ時差ぼけのために夜はあまりグッスリ眠れず、早朝に目が覚める。朝4時くらいから空が明るくなり始め、それで起き出して、宿泊しているスタジオの目の前の海岸に降りて行った。
{838B39F7-E0D1-4BD7-B3C6-4D96DBC45BAD}


ちょうど日本時間の夜なので、夫とFaceTimeで話しながら、夜明けを眺めていた。

{054E6914-AA23-4D72-B943-5B136474C149}


まだ自分がカナダにいるという実感がないが、明らかに日の長さが違うので、日中が長いのは何かお得な気分だ。

午前中は、サンデッキの上でセッションをして、午後はみんなで海岸に降りて行った。
{D46BC99D-016E-4874-B642-9797ACEF8606}


朝は水の中にまで入っていかなかったが、午後はじゃぶじゃぶ浅瀬に入っていき、カニと遊んだり、貝殻を探したりした。
{57EF9557-8423-45E7-8EE2-D332C659C620}



センサリーアウェアネスって、ジュディスによるといわゆる「ワーク」ではない。
私たちは大きな赤ちゃんになり、「遊ぶ」のである。

自分が何に興味を持つのか、どんな感覚になるのか、探検していくのが楽しい。

それを言葉で説明するのは難しいが、シェアリングの時の他の人の感覚を聞くのも興味深い。

夕方には親子の鹿も現れて、結構近くの距離まで近づいても逃げなかった。

夜はみんなでベジタリアン・カレーを作って、和やかな時間を過ごした。
{9C21290E-9C77-47E1-9B8D-7FCBB67EEAE0}



ここでは一つ一つのことを丁寧に手作業するので、生活をするだけで、あっという間に時間が経っていく。

料理をしたり、洗濯をしたり、掃除をしたり、ゆったりとした時間が流れていく。
特にこれをしたということがなくても、退屈することもなく、とてもリラックスしている。

まず、心を落ち着けること、そこから様々な繊細な感覚、センセーションがわきあがってくのだろう。

無理に何かを感じるのではなく、感覚が開いていく感じを待っている時間が好きだ。

今までの刷り込まれてきた体験を、改めて体験し直し、発見しいていく作業、それがセンサリーアウェアネスだ。

それは簡単なようで難しいのか、難しいようで簡単なのか、紙一重なところが面白い。

まだまだ私は、繊細なセンサーをむき出しにすることにまだ抵抗があり、表面的な思考に囚われすぎているのかもしれない。自分が何を感じていくのか、とても楽しみだ。

夜も10時くらいまで明るく、まるで昔に旅行した北欧のようだ。

音もほとんど無い世界で、自分の体の内臓の音まで聞こえそうな沈黙の夜。

私はいつも音楽を聴いていることが多いが、それは外界から自分自身を守るためにシャットダウンしているのだと気づく。ここでは外界の音に妨げられることが無いので、無駄に耳を麻痺させる必要も無い。

闇夜に光る星が見たいが、また早起きしてフレッシュな朝日を浴びよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

626日(日)


朝、バンクーバーから国内線、タクシーを乗り継いて、途中キャンベルリバーでフィッシュアンドシップスをランチにいただいて、水上タクシーにてコルテス島に到着。ジュディスにおむかえにきてもらう。

{07176FD5-C022-4DD9-949F-58E8FDE00DEC}


{F4D2F137-0A17-4B6D-A72A-657DBD3A71BF}


久しぶりのフィッシュ&チップス。すごく久しぶりに食べた。しっかりイギリス式のお味。


サクッと周りを散策。


とてもいいお天気、暑すぎず寒すぎず、とても過ごしやすい。


{99551A29-5247-4CB7-BB20-F89111ED7098}

野菜がなんでもとっても大きい!

簡単なベジタリアンの夕食を自炊して、夜はジュディスによるオリエンテーションと短いセッション。


簡単な自己紹介をして、どうして私はここにいるのか?について話す。


私は、どうしてここにいるんだろう?


私はこの日本人グループのコーディネーター兼通訳者の一人でです。


か、ぞもそも、どうして私はそうしているのか?


ゆっくりとこの一週間をかけて、考えていこうと思います。



到着後、少しお昼寝をしたけれども、時差ぼけのためこの二日間あまり眠れなかったので、今日は早く床につこう。


ここでは何もかも原始的でワイルドである。


森の木々に囲まれたシャワー室は、ただ簡単な木の柵があるだけで、天井もなく、まるで森の中で雨に打たれているような気分でシャワーを浴びた。


夜は10時過ぎまで、ほのかに明るく、時差ぼけでのせいでなかなか眠れません。


ここでは、自分のペースで、ありのままの自分のまま過ごそうと思います。

{8D138AFD-0B32-430F-B966-9399A56AEAAC}

{C80C88C6-2B73-48EB-8D6F-A6B331B2DFB0}

{FCB799AC-ED10-40EE-A445-531286F9806A}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今、バンクーバーのホテルでこのブログを書いています。
昨日、関空からバンクーバーに到着して、成田から到着した他の参加者の皆さんと合流しました。
{C7B3A42A-0BE4-4145-9775-ADF00EA3DE77}

{0CF4C160-DF15-4677-AA0B-EF1EC756F487}


今回、カナダのコルテス島にて開催されるジュディス・ウィーバー博士のセンサリーアウェアネス・ワークショップの通訳として、またツアーコーディネターとして一週間同行しています。

昨日は、バンクーバーに到着して、1日バンクーバーを観光していました。飛行機では1時間くらいしか眠れなかったので、眠たいと思ったのですが、バンクーバーはとても爽やかなお天気で、ぶらぶら歩きにはぴったりのこじんまりとした街だったので、ホテルの近くのパンケーキショップでランチを取った後、ダウンタウンに繰り出しました。
{1D9C543C-02D9-4794-8F39-FB7EC1B150FE}

カルガリーオリンピックの聖火台です。

折しもサマーセールのタイミングだったので、ショッピングに夢中になり、靴やお土産物などお買い物していまいました。

参加者のSさんと、Yさんとも意気投合して、お揃いのサンダルを買ってしまったり

女同士の旅も楽しいですね~

夜はシーフードが美味しい店で、パリパリにグリルされたサーモンのディナーをいただきました。

バンクーバーの人たちは、道で地図を持って立ち止まっていても、声をかけてくれるし、お店のサービスもホスピタリティが溢れていてとてもフレンドリーな人たちです。
とても快適で充実した1日目を過ごしました。
{4A547435-5A84-439B-8F84-EF6A49CAC232}

{B08411B0-8BC4-456D-B68E-7BA6BDB0B1AF}


二日目の今日はいよいよ、コルテス島に移動します。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)