こんばんは。踊る通訳の花岡千都子です。

 

今はほとんどアクセスしていないmixiにアクセスしてみて、2007年11月の2回目のビオダンサの日記を見つけました。

 

以降、そのままコピペです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は1ヶ月ぶりにビオダンサに行ってきた。 
 

今日はとてもスローな1日だったのに、定時直前に上司の一人とちょっとしたトラブルがあって、気持ちが荒れてた。 

なんか明るく踊る気分なんかじゃなくて、早く家に帰って寝てしまいたい気分だった。 

でもいざ始まってみると、最初はぎこちなかったものの、徐々に自然に体が動きだした。 

どうして私、こんな風に踊ってるんだろう? 

どうして私、こんなに笑ってるんだろう? 

どうして私、こんなに泣いているの? 

そんな疑問が頭を通り抜けていった。 

閉じていた心と体が、花が咲くように、ほぐれて開いていった。 

今回特に感動したのは、与えることがこんなにあったかいものだってこと。 

私たちはいつでも子供のように自由な心を取り返せるんだね。 
みんな目がキラキラして、とても美しい顔をしていた。 

ファシリテーターさんが「あなたが美しいと思える時は、私も美しい」と言ったとき、はっとした。

 

だから人は美しいものを見たがるのかな。 
You are OK. 
I'm OK too. 
それでいいだよね! 
この気持ちを大切に取っておきたい。 

なかなか物事を続ける事ができない私だけど、また行こう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10年前のこのビオダンサのことを今でも昨日のことのように覚えています。

 

今も、この気持を持ち続けて約10年。

 

私はどんどん自分らしく生きていけるようになりました。

 

私がビオダンサで経験した変容のプロセスを一人でも多くの人と分かち合いたいと思って、ファシリテーターになりました。

 

神戸ビオダンサは次回は5月25日(木)19:30〜21:30@Spaceわに 

テーマは「Transformation 変容」です。

 

詳細はこちら

 

 

6月18日(日)13:30-18:00 @Spaceわに

松田裕樹さんとのコラボ「ビオダンサ+気持ちポーズ&ムーブ」

テーマは「身体で心のセルフケア」

 

初めての方、大歓迎です\(^o^)/