さていよいよダイビングです
トカラの激流を考えてインストラクターですが私以外は全員流れの抵抗を考えてコンパクトデジカメ
私だけハウジングでかいんですけどー

しかしさすがインストラクター集団
皆真っ黒でプロっぽい





私は相変わらずのオレンジマンでちょっと浮いてたかな(笑)




さてさてボートに乗り込みポイントへ移動





黒潮ど真ん中のポイントに行くにはどのくらいかかるんだろう
って思ったら港からわずか5分

まずはガイドが潮を見るためにスキンダイビングでエントリー
結構長い

どうやらほとんど流れていないみたい
しかしながらエントリー
透明度は20mほどだろうか

なんとなくトカラのイメージとは違う穏やかな海でのんびりダイビング
しかし、途中ギンガメアジの大群が登場。。。
参加者の中にはギンガメにまかれた人もいたよう
しかしさーっといなくなる
次にはハンマーも登場

なんてこともありましたが、アドレナリン出まくりの海を想像していた面々はちょっと物足りない

でも自然相手だからしょうがないことは参加者全員がわかってる
そんな時は違う楽しみ方
とにかくキンギョハナダイの数は半端ないですしタテジマキンチャクダイの大きさや数は沖縄以上です
ツノダシの群れやカラフルな魚たち
そして洞窟ポイントや海底温泉
流れが無くても楽しませてくれます

その日は3ダイブ
アフターダイブは温泉にと言うことで民宿から車で20~30分ほどのところの温泉に!

口之島には野生の牛が生息していて、その牛達が集落に入ってこないように途中ゲートがあります







ゲートを入りいよいよ温泉に近づくとかなり怪しい案内が




ガードレールにペンキでいたずらのように書かれた案内
これも秘境っぽくていいよねー

セランマ温泉センター
かなり野性味たっぷりの露天風呂です







でもご安心を
最近きれいな内風呂も出来て近日オープンです
我々が行った時はまだギリオープン前でした




さあ体も温まったところで夕食
夕食はバーベキューです!!
肉も魚も盛りだくさん






初めて会うインストラクターの方々と新たな交流を持ち
トカラの夜は更けていきました

明日は激流になることを願って就寝

今日はこの辺で失礼します
AD

23時に鹿児島港を出航して6時間、早朝5時に口之島に入港です
まだ眠い目をこすりながら下船すると民宿の車が迎えに来てくれています
今の時期まだ暗いですね




民宿までは港から車で10分ほど、到着すると早朝にもかかわらず朝食を準備してくれています。


ココで島の事情をひとつ
島には民宿が今のところ2件しかありませんし部屋数も限られています。
宿泊客のほとんどは工事関係者で急な工事などがあると急に部屋が足りなくなることもあります。
基本的には男女別相部屋でご夫婦や友達同士で1部屋と言うわけにはいかず、時には他ショップツアーの人と相部屋になることもあります。
その辺の事情がOKという方で無いと難しいかもしれません。
部屋は民宿坂本をイメージしてもらうとそんな感じかなと思います。






でもトイレがウォシュレットだったり大きな地デジテレビがあったりするのは結構違和感だったりしますが(笑)



島には郵便局はありますが、ATMはありません


また昼と夜だけ営業している売店があるのでお菓子や飲み物、お酒などもここで手に入ります。


焼酎トカラ列島もここで買えます




診療所もありますが、お医者さんは常駐していなくて、看護士さんだけがいるそうです。



朝食後ダイビングまでは少し時間がありますので仮眠をすることも出来ますが、ちょっと朝の散歩に出てみました



なかなか秘境感満点じゃないですか!

携帯電波ですが、ドコモだけが通じます
さすが秘境の友ドコモ、手放せません(笑)

さていよいよダイビングですが今日はこの辺で

まだ引っ張るのかいって声が聞こえてきそうですが
引っ張ります(笑)

明日は珠洲にブイ設置に行ってきます
毎年後手後手になって結局7月くらいに珠洲ツアーをスタートしていましたが、毎年漁師さんから5月にくれば海も静かでいいんにと言われ続けてきたので今年こそ5月から珠洲ツアーをスタートさせますよ!!

珠洲の城ヶ瀬沖もトカラ並みに流れることもあるので、トカラに行こうと思う方は夏場にぜひ珠洲ツアーに参加してコツをつかんでください!!
AD