もりとものひとりごと



もりとものひとりごと



もりとものひとりごと


さあいよいよ水族館でのダイビングです
私自身も前回大分に調査に来たときは諸事情で水族館に潜れなかったので初めてです!!

総勢で8名いたので、まずはスタッフが潜ってそれを観察してから潜りましょうということで、私と玲子、すぎぴーが最初に潜ることになりました

混雑している駐車場をパスして、バックヤードからの入場はなんだかVIP気分!
しかし、水槽の水面に入ったときから水族館のお客さんに見られると思うと緊張します
潜降すると、無数の魚やサメ、エイなどが出迎えてくれます
もうぶつかりそうな位です

しかしそれ以上に感動したのは、ガラス越しにたくさんのお客さんがわれわれが潜っている姿を見て、手を振ってくれたり不思議そうな顔をしていたり!!
事実めちゃくちゃ気持ち良いですよ
まるで舞台で芝居をしている俳優のような気分!!
われわれは先に潜ったのでまだいまいち要領がわからなかったけど、2回目に潜ったひかるっちなどは、写真のようにガラスの外のお客さんと記念写真を撮ったり、クエストで会話したり
次回はもっと楽しめるだろうなーって気分です

写真やビデオも持ち込みOKだし、ストロボやライトもOKなのです
最大水深は8mくらいだけど、6mあたりにいることがおおいかな
見られるのがいやな人は影に着底して写真を撮ることもできます
水温は24度くらいなので、ドライだとしてもインナーは薄着でOKだし、ウエットでもいけます
潜水時間は40~45分くらい、結構ゆっくり潜れます

いやーこれは皆さん是非体験してほしいなー
海ももちろん良いけど、こんな体験他でできないからねー
これからもツアーを組もうと思うのでぜひ参加してね!!

うみたまダイブが終わったあとは、お土産を物色!
そのあと、別府湾を見渡せる温泉で温まり、延岡に向かいました

続く




AD

九州ツアー(大分観光編)

テーマ:

もりとものひとりごと




もりとものひとりごと



もりとものひとりごと



瀬戸内航路のため、まったく揺れることもなく快適な朝を向かえ大分に到着しました
その後すぐに大分潜水へ!
大分潜水のヒロト君がわれわれのために1日空けてくれて、午前中はご家族で大分観光の付き合ってくれました・・・・(感謝)

大分といえば地獄めぐり!
いやー大分の温泉はすごいですわ
ほぼ100度に近い温泉があちこちで噴出しているんだから
しかも成分の違いにより蒼い海地獄、赤い血の池地獄など特徴のある温泉が点在しています

温泉が熱すぎるから、竹を使ったシステムでわざわざ温度を下げてから人間が入る温泉に使っているそうです。なんかその熱エネルギーを使えないのかなーと思ってしまいました

昼食は大分名物の鳥天と地獄蒸し
大分の人はから揚げより鳥を天ぷらにした鳥天のほうがなじみがあるそうで、大分を離れたときに鳥天がないことに愕然としたそうです
ケンミンショーみたいやね

地獄蒸しは温泉の蒸気を使って野菜などを蒸して食べる料理
大ちゃんは最後まで鬼山地獄で売ってたとうもろこしの地獄蒸しを食べればよかったとつぶやいていました(笑)

さあ昼食後はいよいよ水族館でダイビング「うみたまダイブ」です

つづく
AD


もりとものひとりごと


もりとものひとりごと


もりとものひとりごと

当初はスタッフのみが前日に出発してフェリーで九州入りする予定でしたが、参加者全員が(あっ大ちゃん以外)前日発OKということになり、じゃあフェリーに乗る前に神戸を観光して行こうや、ということになり急遽神戸観光&南京町での夕食が追加されました!

天気も最高によく、気持ちよく神戸異人館散策ができました
まだ初日だというのに、フランス人形を買ってる人もいましたが(笑)
全行程アミューズ号なのでそんなことも可能です
ただソファーだけは買わないでねと懇願(笑)

夕方から南京町に移動して、まずは1日に1万3千個も売れるという老祥記のぶたまんをゲット!
他にも似たようなぶたまんを売っている店はたくさんあるのに、老祥記だけが大行列です!
小ぶりのぶたまんはめっちゃおいしかったです!
その後、17時の開店を待って民生廣東料理店へ!
アオリイカの天ぷら、ミンチのレタス包み、わたり蟹の炒めそば、上海蟹のミソ入り豆腐、ザーサイチャーハン、サービスでもらったデザート・・・・・
何をとってもおいしかったです
紹興酒を飲んでご機嫌な気分でフェリーさんふらわーに乗船
アミューズ号に乗ったまま乗船できるのでらくちんです!!

船内ではジャズライブやパフォーマンスショーなどを見ながら、まったく揺れない快適な船旅で朝には大分に到着します!

つづく

AD