【徳島・阿南唯一のJFACe認定美容鍼灸院】はり・きゅう・トレーニングaruhi

徳島阿南にある美容鍼灸のプライベートサロンです。
たるみ、ほうれい線、二重あご、くすみ、ニキビ、クマ、シワ…数え出したらキリがないお悩みありませんか?
ぷるぷる、すっきりにリフトアップした美肌を手に入れるために美容鍼灸始めてみませんか?


テーマ:
おはようございます晴れ

こんにちはクローバー

こんばんは星



徳島県で初めてハリウッドスタイル上田式美容鍼灸Ⓡ創始者から技術を学んだプロの美容鍼灸師

はり・きゅう・トレーニングaruhi(あるひ)の院長坂本です(*‘∀‘)


★電話番号:0884-22-1774
(↑ スマホでクリックしたら、電話がかかります)


当院のホームページは→コチラ



当院の人気No1コースは→コチラ










クマにもいろんな種類があると前回のブログでお伝えしましたが、




本日は前回の分類をもう少し掘り下げていこうと思います。




バックナンバー

  目の下のテディベア#1~色素沈着 解剖学 脂肪 薄い 睡眠不足 ~


 目の下のテディベア#2~分類 色素沈着 血行不良 たるみ~











①茶色いクマ

主に色素沈着な状態。

紫外線や乾燥、お化粧によるものなどが原因です。

これらのダメージが蓄積して起こります。

間違ったクレンジング方法や、

日頃の目の周りに対する粗暴な扱い(目をこすりすぎるなど)によって悪化する恐れが強い。

お化粧で隠しやすい。



②青っぽいクマ
主に血行不良によるもの。

目の周りの皮膚は薄く皮下の毛細血管が透けて見えてしまうため、

血流が悪いと青っぽく見えてしまう状態。

冷えていたり、ストレス、眼精疲労、睡眠不足などの生活習慣を見直すことが必要な事が多いです。



③黒色のクマ
たるみによるクマ。

目の下の脂肪が元々少なかったり、

加齢による眼窩脂肪が目の下に出てくるたるみによってその少し上がへこむため、

黒いクマとなって見えるということです。

色素などの沈着によるものではないため、お化粧で隠すのは難しい。





このようにクマを掘り下げていくともいろんな特徴があるのですね!








□はり・きゅう・トレーニングaruhi(あるひ)


★電話番号:0884-22-1774
(↑ スマホでクリックしたら、電話がかかります)






阿南店:徳島県阿南市長生町南貝ケ原10-1-B8
 徳島店:徳島県徳島市大松町榎原外53(クレバリーホーム徳島南店様敷地内)


□初回体験の方はコチラ
美容鍼ナビ
JFACeホームページ


□患者様before/after
コチラ①(70歳代女性)
コチラ②(60歳代女性)
コチラ③(50歳代男性)
コチラ④(30歳代女性・1)
コチラ⑤(30歳代女性・2)
コチラ⑥(30歳代女性・3)
コチラ⑦(20歳代男性)
コチラ⑧(部分比較・あご)
コチラ⑨(部分比較・おでこ)
コチラ➉(部分比較・目)
コチラ⑪(10回通院後)
コチラ⑫(60歳代女性・2・部分比較)
コチラ⑬(ニキビ痕・毛穴)


□患者様の生の声はコチラ(インタビュー)コチラ(対談)
 徳島店での生の声はコチラ(対談)





最後まで読んでいただきありがとうございました(*'ω'*)







Facebook
いいね!お待ちしております!

はり・きゅう・トレーニング aruhi

Facebookページも宣伝




LINE@
ぜひお友達登録してくださいね!
友だち追加数



Instagram
フォローよろしくお願いします!

Instagram






美容・ビューティー ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

徳島・阿南で小顔、美肌を作るプロの美容鍼灸師 坂本裕美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。