あなたにとって仕事は、人生の大部分を占めていくでしょうが、本当に満足できるたった一つの方法は、あなたが素晴らしい仕事だと信じられる仕事をすることです。 偉大な仕事をする唯一の方法は、あなたのする仕事を愛することです。 まだ見つからないなら、探し続ければ良いのです、止まってしまってはいけません。 だから見つかるまで探し続けることを止めないでください。  スティーブ・ジョブスの言葉


弊社HP:  http://www.amsco.co.jp/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-11-06 12:11:20

さて、どうするか・・・・

テーマ:ブログ

投稿開始当時、巷で流行始めたブログを、筆者のような文才の無い一般人が突然始めた2005年9月22日から・・・  前回投稿の、2015年10月末まで早10年の月日が流れたことになります。 


一言で10年と言いましても、個人としては実に長い長い期間ですから色々なことがありました。 (一般的に10年一昔等と言いますから、今から考えれば昔と言える頃にBlogを始めた事になるわけです・・・・。) 少し前からBlogをこの先、どのように続けるべきなのかと時折考えていたわけですが、中々良い考えが浮かばない事も事実でした。 


10年位前は丁度、筆者のような一般人にもBlogが流行始めたと情報が押し寄せた頃で、会社帰りの同僚や、取引先の方々、知り合いの方達との会話にも「ブログやってます??」「私始めましたよ!」等という会話もあちらこちらで聞かれるようになった頃だったと記憶しています。


拙いBlogでしたが結構、長期間、自身でもよく続いたものだと開始当時を懐かしく思い・・・・ 10年という月日の経過に驚いている部分もあります。 最近、巷での主流としては、「Facebook」や「ツイッター」等を使い自身の思いや行動をタイムリーに発信して、仲間や考えを一にする方達と手軽に交流する事や、その他もう少し生活に密着した部分にスポットを当てて、つぶやいたり、話題を共有したり、画像付きの短い文章でつづる形式のタイプが時代にマッチして盛り上がっているように感じます。

 

ただ、時流に流され、無意識のまま流行に乗ることだけが良いとは思いませんが、10年も続けていると自身の生活パターンの中に「blog」を投稿するために身近なところやニュースやnetなどからBlogネタを探し、テーマを決めて曲がりなりにも一つの文章にに纏めるという作業が1週間の行動パターンの中に、結構重く、、、、 しかし、しっかり生活に入り込んでいる事に気がつきます。


幸か不幸か節目を迎えるに当たって、筆者もこの先を考えるのに丁度良い時期なのかも知れないと考えており、特に体調が悪いときや、業務に追われているときなどは話題がマンネリ化してしまっている投稿も多々ありますし、投稿作業自体が厳しくなることもありました。 読み返してみると数年前に、同じようなネタで全く逆の事を言っていたことに気がついてみたり、後輩の皆さんに説教染みた失礼な発言をしてしまったりと、自身の投稿を見て恥ずかしいやら、情けないやら、反省している自分も居るわけです。


親しい友人からは、手軽に発言できると「ツイッター」を勧められて居ますが、自身としては調子に乗って短絡的な過激発言をしてしまう事により、関係者に迷惑を掛けてしまったり、物議を醸す事も避けたいような気もします。 確かにツイッター等も、気軽に投稿できて面白そうな事は事実ですが・・・・。 


Facebookは交流する方を、投稿者側で指定できると言う点や、特殊な勧誘等の影響も受けにくいと言う、今までの「blog」では対応しにくかった事に対応しやすいと言う事も、大きな利点かも知れないと感じているわけです。 (本当は、読者や特定の発言をを絞り込める設定がblogにも機能として備わっていたかも知れませんが、勉強不足の筆者には良く解りませんでした・・・・)


先日、相手側の事情により、知り合いとFacebook上で連絡を取りたいという強い依頼が出たことにより、数ヶ月前に「Facebook」を始めて驚いたことは、世界中で活躍している仲間達とタイムリーに、高いレベルで意見交換が可能であり、E-mailよりは簡易でblogよりは焦点を絞って特定の方達とのみ意思の疎通が図れる事の素晴らしさに驚いているところです。 


特に感じるのは、昔は交流があったのですが、海外移住等の理由により今では中々連絡が取れずに居た幼なじみや、旧友、学友までも自動的に探してくれるような機能は、筆不精のオヤジには誠に便利な有り難い部分です。


他のツールに今までに無い便利さを感じていると言う理由も含めて、今後の「Blog」投稿について、どうするべきなのか? 自身の中でblogと言う物の位置づけをどうすべきなのか? 正直迷っている自分が居ます。 


ついつい、書き込みが長くなってしまいましたが、一度立ち止まって今後の方向性を考えてみるために「アメーバblog」の投稿をお休みさせて戴きます。 又突然継続していたりしているかも知れませんが、今までお付き合いくださり、本当にありがとう御座いました。 


筆者をご存じの方は、引き続きメインになりつつある「筆者Facebook」をお訪ねください。 


https://www.facebook.com/yuji.architect



AD
2015-10-30 08:30:39

気の持ちよう・・・・

テーマ:ブログ

自分が不幸だと思う瞬間は、誰もが経験する事でしょう・・・・


筆者が以前、サラリーマン時代信頼する上司から言われたことなのですが、大切な事は不幸を不幸のままにのままに終わらせるのか、それともそこから何かを見出すのかの差が未来を大きく分けると言うものです。 筆者の知る限り、自分に起きた不幸を嬉しく思う人間は誰一人いません。 


だからこそ、無理やりにでも別の方向から考えてみる事が必要なのかも知れません。 上司が何時も筆者にアドバイスをくださるときに仰る言葉は、「ピンチはチャンス」だった様な記憶があります。 まさに 光と影があるように、物事には二つの意味があることに気が付くべきなのでしょう。


では、どうやって考えていけばいいのかですが、誰もが生きる時間には限りがあることは事実です。 その限りある時間の中で、自分にとって余り有意義で有るとは考えにくいい事柄に、貴重な長時間を使うことは実にもったいない事なのかもしれません。 もしかすると、その事に気が付けただけでも、残りの人生かなり得したことになるのかもしれません。

 

自身の足でしっかりと乗り越えた経験は、将来自分のためになる事は確実でしょう。  不幸を感じることで、自分の幸せがイメージしやすくなるのも事実です。 まさに昔、上司が私に教えてくれた言葉どおりピンチとチャンスは表裏一体なのですね。


苦しく感じるピンチも、明るい未来のための抵抗とわりきって乗り越えていきましょう・・・・。

AD
2015-10-23 13:24:32

愚かであると知る賢さ・・・・・・

テーマ:ブログ

例え話ですが、ものすごく賢い人が「俺は世界で一番優秀だ」と言っていたと仮定すると・・・・・


その人は本当に賢者なのか・・・・? と言う話です。 本当に優秀な人は、自分の限界を作ろうとしないはずだと言います。 なぜなら、己の中には無限の可能性があることを知っているからなのでしょう。 未来の自分は、今日までの自分を追い越していかなければいけないと知っているからなのかも知れません・・・。


先日、海外で活躍するエンジニアと話をしていたのですが、「自分は賢い」と言い切る人たち(エンジニア)を深く観察するに、自分の知識や技術にあぐらをかき、他者をさげすみ続けるそうです。 そして、いつの日か、真の優秀な人たちに追い抜かれてしまうのだといいます。 ある特定の分野に秀でているからと言って、自分が世界で一番賢いと思う人は、単なる驕りなのかもしれません。


筆者が真の賢者だと尊敬している人の言葉ですが、「賢者とは、自分の中にあるまだ足りない何かをきちんと見極め、それを追及することができる人」だと言います。 だからこそ、次々と新たな技術や知識を得ることができますし、それをもとに更なる発展が見込めるのでしょう。


エンジニアである限り、己の不足を知り、より深い知識を得て、真の賢者を目指したいものです・・・・。

AD
2015-10-16 14:15:33

言葉の主旨を掴む・・・・・・・

テーマ:ブログ

言葉とは不思議なもので、同じ言葉を話していたとしても、参加人物が変わると印象がガラリと変わってしまいます・・・・・・・・・・・。


信頼に値すると信じられている人の、経験に基づいた言葉には重みがあるのですが、余り実績のない人の言葉は信用に値しないととらえられてしまうことも世の中には多々あります。 どの言葉を信じるのかは自分自身で決めるべきですが、ここでひとつ覚えておかなくてはいけないことは何か??


自身に対しの忠告の言葉の場合、どんな人間でも、自分の嫌な部分を言い当てられたり、自分に反論されたり否定されたりすると不愉快な気分になります。 しかし、自分にとってためになる言葉ほど、聞きづらいこともまた事実であることを思い起こすべきなのかも知れません。


本当はそんな時、「誰に」言われたのかではなく、「何を」言われたのかに注目して見るべきなのでしょう。 いい評価だったとしても悪い評価だったとしても、自分に対する評価を耳に入れておくことは、時として目標への近道になることもあるのです。


どんな忠告でも、一度は自分の心でしっかりと受け止めて考えてみましょう。 素直に反省できたのなら改善すべきですし、納得がいかなかったら保留にして、後日また考えてみるのも良いかも知れません。


大切なのは、誰に言われた言葉だとしても、必ず一度は心で受け止めるということかも知れませんね。

2015-10-09 12:39:02

成功は失敗の元・・・??

テーマ:ブログ

聞き慣れた言葉の逆説ですが、どの分野でも、何の努力もなく成功者になった人は誰一人として居ないと言います・・・。


スポーツや芸能の分野であれば、成功者はそれ相応の鍛錬を積んでいます。 練習の量が成功に直接関係するとは限りませんが、少なくとも「何もしない」という選択肢はありません。 必ず何かを練習(トレーニング)したり、レッスンを受けたり、自ら努力したりしているのです。


学業や技術の分野であれば、それ相応の勉強や研究をしています。 「あの人は天才だ」ともてはやされている人も、生まれてから何の知識も入れずに天才なわけではありません。 人並み(もしくはそれ以上)の勉強をして、それ以上の結果を出せる人だということでしょう。


つまり、どんな成功でも、実現するまでは必ず何かをしていなければいけません。 何もしないで「成功したいなあ」と思うことは、空を見上げて「お金が降ってこないかなぁ」と考えるのと同じくらい非現実的なことですね・・・。


「成功」を現実にするためには、必ず何かが必要になっているはずです。 本当に成功したいと思うなら、怖がらずに挑戦すべきです。 


全く何にも挑戦しない限り、まず成功することはないのですから・・・・・。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。