感傷的で、あまりに偏狭的な。

ホンヨミストあもるの現在進行形の読書の記録。時々クラシック、時々演劇。


テーマ:
「くも膜下出血」

を入力する際、耳で聞いたとおり、

「くもまっかしゅっけつ」

と打ったら「雲真っ赤出血」

と出た。
・・・こわいわっ。


あれれ?と漢字を思い浮かべ、

「くもまくかしゅっけつ」

と打ち直したら出た。

・・・そりゃまあそうなんだけどさあ。ブーブー。


耳で聞くのと、文字で書くのとが違う言葉はまだまだある(ハズ)。

今、思いつくのは

「大岡越前」(おおおかえちぜん)

実際口にすると、

「おーかえちぜん」

絶対に「お」を3つも言ってない。


(おまけ)
今日の「サザエさん」でも同じようなことやっていた(「しりとり」)のだが、
今日の2本の脚本を書いたの、だれだったんだろう。
妙にシュールで、ウィットに富んだ脚本だった。

PR
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード