Aotearoa より

テーマ:

アオテアロアとはマオリ語で「白い雲のたなびくところ」という意味です。=New Zealand

 

到着日(10/26)

到着初日(10/26)

ノートPCを持って来るのを忘れた>< と思ったら、今回お世話になるおばちゃんが用意していてくれた。名前はトッシー。この女性すぐに叩いてくるのだが学生時代豪州の砲丸投げのチャンピオンだったので、結構痛い。初めてこっちに来た時からお世話になっている、ご夫婦である。旦那さんも豪州の人だけど、ずっとNZLでコーディネーターをしている。そのご夫婦に車で迎えに来てもらった。海が近い。潮の香り。

 

機内では離陸時の失態で乗務員にこっちに来いと言われ端っこの席に座らされた。眠れなかったけど腹が減っていたのでご飯を食べていたら、飛行機の乱高下、あれも死ぬほど嫌いで、プレートの物をぶちまけてしまった・・・・>< そしたら、近くの白人の女の子がお菓子を持ってきてくれて頭を撫でてくれた。う~ん・・・いい子だねぇ。ジェットコースターも大嫌い。ここだけの話、バンジージャンプはNZL発症・・・違った発祥。高い所も大嫌いなんだよね・・・・・。絶対やらされるだろうなぁ。

 

二日目(10/27)

相変わらずここは時間の流れがゆったりしている。根がものぐさなのでこういう所に来るとすぐにそういう感覚に染まってしまう。

とは言え4時起き。協力を頼んでおいた写真家ユーちゃんも登場。この方女性(年齢は僕より若い)だけど、こちらで写真家(カメラマンと言われるのを嫌っています)をやっている。ユーちゃんとは日本で知り合った。というよりも、日本に帰ってきて大学に入り直した時にラグビーの授業で一緒になった女性。当時は彼女も女子ラグビーをやっていた。髪形なんかはスポーツ刈りだったのに今はロングヘアですっかり見違えたけど、とにかくうるさい!! し、手が出てくる!!

 

しかし、とうとう来たなぁ。こんなことで来るとは思ってなかったけど。気分はもう全快!!こんな景色を見てればあんなことはどうでもよくなる。

 

前回来た時は南島だったから、北島は久しぶり。朝から部屋の掃除と必要なものを買いに街へ出る。こちらは食材がバカ高い。電化製品とウェアと生活必需品を買ってきた。一番ありがたいのは洋服に困らない!3Lで普通に着られる。ついでにスパイクも2足購入。一足しか持ってこなかったし、どうせすぐぶっ壊れるだろうし。ちなみに一番でかいサイズは40センチだった。

 

戻ってご夫婦とバーベキュー。トッシーは絡み酒。昔からひどい。酒もすすんでくると必ず結婚の話が出る。うるさいなぁって言ったら「Hiroshi!」という声がでかくなる。逃げるけど追いかけてきて叩かれまくる!!相変わらず何を言ってるのかわからんが、豪快なのは変わってないww お前、俺の後輩じゃなかったっけ、まっ、いっか。まさに怪獣^^

 

三日目(10/28)

早朝にまたユーちゃんが来てくれたので5時に家を出る。色々説明してるけどがみがみ言うので全然頭に入ってこない。好きなようにやらせろ、って言ったらまた耳元でガンガン叫ぶので場所だけ指定して撮ってもらうことにした。頼まなきゃよかったぞ!って小声で言ったらまぁ、顔を真っ赤にして怒ってたね。それを見て笑ってたら、グーで殴り掛かってきたので車に避難する。こんなんじゃなければ絶対にもてるだろうけどね、顔は本当に綺麗だけど、怖すぎる。

 

実はNZLはもうシーズンオフ。オフと言っても公式戦が終わると言うだけで若手たちはキャンプの準備。代表はこれからテストマッチシーズン。今回は若手のキャンプに参加させてもらう。キャンプは11月12日から。それまでは自主トレ。

 

午後から学校のトレーニング室へ行く。う~ん、炭マグのいい匂い^^ トレーニング開始。体重が110を切ってるので元に戻さねば。食べればすぐに体重は乗っかるだろうけど、走れなければラグビーにならないのでそこが肝心。

 

トレーニングが終わってちょっと近所を散歩した。写真を撮るのはあまり得意じゃないんだけど、でも、こんな場所にいるという雰囲気だけでも。もうちょと静かになってくれ!!

 

四日目(10/29)本日

この学校、大都市にいくつか分校があり、チームはそれぞれ存在している。今いる都市のチームでピックアップされれば学校の代表になれる。日本のそれとはちょっと違う。この歳でやるのかとは誰も言わないww 要求されるプレーが出来れば試合には出られる。フィットネスは吐かない日はないだろうなぁ。

 

早朝に車であっちこっち寄り道しながら写真を撮る予定だったが車が故障。こりゃあ、怪獣と若年寄の呪いだね。おかげで少々ゆっくりできた。学校のトレーニング室は誰もいないはずなんだけど、地元の高校生たちがトレーニングに来ていた。俺、実際はかなりシャイです。特に面と向かったら面識のない女性とは話せない^^; kiwiたちもシャイな人がかなり多い。だから、トレーニング室でお互いにちらちらと観ながら最初はやっていたけど・・、そこへ先生、俺もお世話になった方だけど、その先生が来てくれたので劇的に仲良くなるww 卒業生だと言ってくれたので後半は大変だった。未来のAll Blacksたちよ、がんばれよ!!!!

 

夜は仲間たちとバーベキュー。まぁーーーー喰うなぁ、喰う!ラグビーは体をぶつけ合うスポーツだから練習でも試合でも殴り合いは起きる。ここにいる奴らは誰も代表になれなかったけど、それでもあの時はみんなで真剣にトレーニングに励んだなぁ、俺はみんなより10以上上だけどそれでも一緒に目指したな。殴り合ったって終われば仲間!!今日、音頭を取ってくれたのはNooroa。ポジションは同じバックロウ。一番なぐり合ったなぁなんて思いながら顔を見ていたら日本語で色々と話してきた。日本語うまくなったじゃねぇか(^-^)b

 

今は片づけ中。

AD