あもん ザ・ワールド

君へと届け 元気玉

苦しい時こそ


空を見上げようじゃないか





$あもん ザ・ワールド





空にはみんなの元気玉が飛んでるぞ


みんなの元気玉ちょっとずつもらって


君も元気になろう





このブログで表現されている詩や写真の著作権は放棄していません



無断複写、転載は禁止します

NEW !
テーマ:

日本の道一選の先には

旧杉山家という唯一一般公開されている家がある

ここは明星派の歌人、石上露子の生家だ

彼女は与謝野晶子、山川登美子と並ぶ明治の女流歌人の一人で

日露戦争で酔いつぶれていた時代に女性から見た反戦詩を綴っていた

 みいくさに こよひ誰が死ぬ さびしみと 髪ふく風の 行方見まもる

「戦争・軍隊を正当化して、女性あるいは人間そのものを完全に否定しようとする国家の論理、すなわち男の論理に対する激しい怒りが込められていた」と評価されているそうだ

愛する人を見送り待つ心情

男には綴ることのできない和歌である

そんな彼女の家はとても趣があった

日本の和美を主張する造りに

狩野派の襖絵や数寄屋造りの奥座敷などがあり

何気なく現れる西洋風の螺旋階段に驚いた

現代でも美人と称されるであろう彼女の

ユーモアとセンスが盛りだくさんの旧居だ

旧居を堪能するには寒いほうがいい

あもんの旧居堪能術のひとつだ

寒いときには神経が研ぎ澄まれる気がする

ここでの静寂は一種の麻薬のようであり

侘び寂びのスパイスがたまらなく気持ちいい

ひんやりした後の温もりは旧居に飴とムチを頂いているみたいだ

ひとしきり堪能した後

あもんは一枚の設計図を見つけた

 ☆

『島国からの贈物』

「旧居にあるもの」

2001日 112大阪府富田林市旧杉山家にて

 

凛とした背筋を伸ばして正座するような冷たさがまずあり

人間の陰の部分を隠しているような暗が存在する

しかし至る所にある様々な隙間から陽が鋭く入ってきたとき

家屋の隅々の木内部に吸収されていた陽が一気に放出される

この暖がたまらなく心地よく 

思わず寝転び伸びをしてしまいたくなる

時代に塗りつぶされ真黒になった梁や柱は 

一見衰退と感じられやすいが

私にはたくましく厳かな色に感じられる

数多くの足を受け止めた床や階段は 

一見悲鳴のような泣き声が聞こえられやすいが

私には歓喜の唄を唄っているように聞こえる

ただ今の時代では無用と称されがちな床柱や欄間には

寂しさの色がついている かつては華美と絶賛されたろうに

日本人の狭隅精神をふんだんに取り入れた茶室は

まさに日本文化の宝とほざいてもおかしくなかろう

ここには日本と書かれた設計図が存在するのである

人は皆 日本人を感じ始めた時

自然と旧居に向かっているのである

陰・厳・華・宝   

此処ニ有リ

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。