櫻井翔くん注視ブログ

櫻井翔くんのことを日々注視・考察しています。
シュールなことが大好き。
櫻井翔くんにブログをみつけてもらうのが最終目標です≧(´▽`)≦あはは


テーマ:

こんにちは。合宿中です。

 

 

記事書こうかな~と思ったのですが、特に書きたい内容もなかったので(いきなりネタ不足)ツイッターいろいろチャレンジしてみよう!と思って、いろんな角度から急に怒涛の呟きをしてみております。(かなり気まぐれな行動)

 

 

{1766D25E-CED4-496E-8683-711FD0DFCD78}

 

(チョイス)

 

 

後から

◆いちばん「いいね」が多かったもの

◆一番RTされたもの

 

で、傾向を分析させて頂こうと目論んでおります。(私の自由研究です)

 

 

皆さんは特にお気にせず、いつもどおりのツイッターライフをお楽しみくださいませ。

 

 

で、気まぐれにいろいろつぶやいていたら、

かなちゃんが昨日書いていた「松本潤第二章」の話にからめて、急に「パブリックイメージ」の話がしたくなりました。

 

で、その話について語ろうと思ったら、

 

140字では無理だ

 

と思い(コンマ2秒の判断)ブログに移動してきました。

 

やっぱりブログなんだな~私は~~≧(´▽`)≦

 

昨日のかなちゃんの記事はこちらです。

松本潤第二章の幕開け

 

 

かなちゃんの記事を読んで、すごくなるほどなと思ったのですが(さすが!)

 

 

【第一章】

かっこいい王道スター

 

【第二章】

かっこいいをベースにした、滑稽なことをしているという面白さ

(※ポイント※全部天然の成せる業)

 

 

という構図ということですね。

 

 

第二章が表出しているのは、今でいくとMJのコーナーということですね。

 

 

たしかに、これは完全に私の主観ですが、潤くんに対するイメージは変わってきているなと思う場面が最近多いです。

 

 

①潤担の感じ方の変化

「潤くんかっこいい!」<「潤くんまじ天使(かわいい)」

 

②一般層のイメージ

「松潤ナルシストっぽい」<「松潤結構ウケるよな(MJのイメージ)」

 

 

私はかれこれ7年程ジャニオタSNSの世界にいますが、①は明らかに変わったなと感じますね。

 

自担だとあまり客観視できない部分もありますが、他担だからこそ客観視できる部分があるなと思っていまして。①については確信を持ってそう思いますね。そして、最近特に加速している印象です。だからこそ、かなちゃんが言うところの「第二章」へ突入しているのでしょうね。

 

 

さて、翻って、翔くんはどうでしょうか?

 

サクチュウブログでは、かれこれ7年ほど、櫻井翔くんのパブリックイメージについての研究を重ねてきております。(戦ってきております)

 

同じように整理させてもらうと、

世の中のイメージとしては

 

【第一章】

高学歴の優等生キャラ・何でもできるキラキラ櫻井くん

 

【第二章】

私服がダサくて、運動があまりできない櫻井くん

※主に夜会で形成して頂いたイメージを抜粋

 

と、なっているかと思います。

 

 

そして私が今まで主張してきたのは

 

【第0章】

本当は負けず嫌いで野心家・櫻井くん

 

最近主張しているのは

 

【第三章】

なんともいえないかわゆさを持ち合わせている(実は天然)櫻井くん

 

です。

 

 

~ここから考えられること~

 

◆翔くんの場合、もともと第一章&第二章の両輪で売れたところがある

 (夜会がいじる前に、ニノがいじってくれていた)

→翔くんの場合、第一章と第二章は常にセットで扱われる

 

◆私の主張は常にパブイメと乖離している(ファイト)

 

◆潤くんの場合は、こういうイメージ↓

 

{577AD511-2B83-41A8-BB17-7B4431AC2EE7}

 

◆翔くんはこういう感じ↓

 

{59593409-4228-4DB4-947D-766C0A2BCEC6}

 

 

 

 

【要するに】

 

①櫻井翔くんのパブリックイメージは、第一章&第二章の振り子を

振りながら形成されているものである。(もともと第二章的要素がベースにある)

 

②私たちが少し「パブリックイメージ変わってきたかな?」と感じているのは、第一章と第二章(+その他のイメージ)のバランスの話であると捉えることができる。

 

※最近は、第二章の方に光が当たることが増えた。

 

※しかし、第一章を発揮する活躍の場(MCやキャスター)が定期的に存在するため、第一章がなくなることはあり得ない。

 


【結論】

 

櫻井翔くんのパブリックイメージはなかなかよく出来ており、

櫻井翔くんの新しい章はしばらく始まらなそうである。

 

それはそれで、ブロガーとしては、

新しい魅力を発信しがいがあるというもので、

やりがいもありますけどね!

(大人になった筆者)

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

櫻井翔の野心。

 

 

この話をしたいと思います。

 

私は、昔から、「野心の塊である櫻井翔くん」が大好きです。

 

「天下とってやるぞ」

「俺のことバカにしてきた大人たち、全員見とけよ」

 

的な(※あくまでも心の声です※)野心を心にたずさえて、必死に頑張ってきた歴史なんですよね。櫻井翔くんの歴史は。

 

 

私が好きな翔くんの話、

この記事↓に一番まとまっているかなと思います。

私が櫻井翔くんを好きな理由

 

 

心に野心を携えながら、少し不器用でとんがっていたのが昔。

 

そして、心のなかの野心はそのままに、上手に振る舞えるようになってきて。

 

翔くんの中にあった野心のようなものが、満たされたのかな~(あまり感じなくなったな~)と思うタイミングがありました。

 

嵐15周年(ハワイ)後のタイミングです。

 

この記事に書いてあります↓(大体記事でまとまってる)

 

この素晴らしき世界と、翔くんの変化。

 

 

 

こういう変化は素晴らしいことだと、心の底から感動している傍らで、

若干寂しく思ってしまっている私がいることも事実です。

人間とは贅沢なものですね。

 

 

私の中でひとつの問いがずっと居座っています。

 

 

翔くんの野心は消えてしまったのか?

 

 

ほら、昔はリリックとかに野心全開で綴っていたじゃないですか。

あまり、そういう感情を表に出さなくなりました。

最近の嵐にまつわるリリックまじ平和ですもんね(例:To my homies)

 

 

どうなのかな~何考えてるの~?今何目指してるの~~?|д・)チラッ

 

 

と、よく観察しているのですが、最近の翔くんからはそのカケラをほんとうにあまり感じません。

 

 

最後に野心のカケラを感じたのは、ChapterⅡ(2015年)なんですよね。

ChapterⅡに秘めた闘志と野心@ARASHI BLAST in Miyagi

 

 

 

思ってないわけじゃ、ないと思ってます。

 

 

後輩(シゲ)に対して「全力で逃げ切るよ」とかって言っていたり、この人全然道譲る気ないんだなって思う場面も結構あるので(←こういうとこまじで好き)野心はあるんだと思うんですよね。

 

 

けれど、今の翔くんが一体どこを目指しているのか、わたしはずっと結構知りたいな~~と思っているのですが、なかなか聞けないですね。

 

 

こちらのTVガイドアルファにも・・・

 

{5F19EC04-E672-46EA-BCE4-AC475DB642F7}

 

(潤担買いです!)

 

 

{08E77116-C094-44A2-B1EB-5939A1CCA47E}

 

 

 

(翔くんはグレーのダッフルコート)

 

 

この中に、なるほどなと思いながらも、「うむ、翔くんまだ言ってくれないのね(もしくは本当に無欲なのか?)」と思ったんですけど・・・

 

 

少し抜粋しますね。

 

「俺はここ何年か“次の目標は?”って聞かれたときに“現状維持”って答えてるけど、僕にとっての“現状維持”って3つも4つも番組があって、今ならドラマの話も頂いて、それを来年も再来年も続けていくっていうのは、ものすごく能動的な行動じゃないと出来ないことだから。・・・略・・・」

 

 

 

うん。わかる。ホントそのとおり。

わかるよ。わかる!!

 

 

でもさー(@´з`@)ノ゙

 

なんかさ~絶対どっか目指してるよね?だってあの翔くんだよ?

 

 

え?別人?別人でしたっけ?あの櫻井翔くんですよね?あの?(きょとん顔)嵐をどこの高みに導こうとしているのか、「これは俺個人の考えだけど」ってさ、言ってくれてもいいのにな~~~~。

 

 

と思っています。ゆうりさん(@´з`@)ノ゙

 

これはちょっと本当にわがままっていうか、夢ってやつですね!

 

 

翔くんは、いつだって想像もつかないようなところへ導いてくれる人でした。その原動力になっていたのは、彼自身の野心(と圧倒的な努力と、的確な客観視・判断力)だったと思っています。

 

 

翔くんの次の野心を、私は心から待ってるよ~

翔くん~~(*^ー^)ノヒラヒラ

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

ツイッターでチラ見してくださった方もいらっしゃるでしょうか。

 

ブロガー強化合宿始まってます。(また)

 

10時くらいにかなちゃんと合流したあと、

かなり熱いディスカッションを繰り広げ、

雑誌を買いに行き(TVガイドアルファHと、QLAPを買ってきました)

その後眠くなってしまったので少々昼寝をし、漸くPCを立ち上げました。

 

テキストの内容は全体的に同じコメントがベースになってるのかな~って感じでしたが、TVガイドアルファが一番網目が細かくて、翔くんの言葉が丁寧におこされているのかな?って気がしました。

 

テレビガイドアルファの創刊号(A)も、翔くんに託してくださいましたよね。

 

みにくいアヒルの子@TVガイドアルファ(2016年11月頃)

 

このテキストは本当に素晴らしかったので必読です。

 

翔くんにこういう角度から光を当ててくださる方々は、多いようでそんなに実は多くない。ありがたいことです。

 

あと、クラップもこの一文についての記事が書きたいがために買って帰ってきました(あとで書きます)

 

 

{E7BBF2A4-2615-49FB-8305-4611B349AA06}

 

 

 

いきなりなのですが、9月13日にブログ7周年迎えておりました。

 

 

完全に10周年が射程圏内に入りました(ほんとうにあった怖い話)

 

 

今日はよい機会なので、

 

私にとってブログとは何だったのか?

 

 

これについて、振り返っていきたいと思います。

 

 

私は、2010年9月13日にブログを開始しています。

 

今仲良くしているメンバーは皆そうですが、一人でむくっとブログを開始している場合が多いです。(もしくは、ブログ読者→ブログライターへの転身というケースもありますね)

 

私も例に漏れず、いきなり「ブログ書きたいな」と思い、

当時ブログといえば「アメーバブログ」しか知らなかったので、アメブロでブログを開設しました。

 

当時はまだ嵐のブログをそんなに書いている人も今ほど多くもなかったと記憶していますが、奇跡的なめぐり合わせで私たちが出会った話もしたいのですが、それはまた今度(え)

 

 

2010年からの7年間を簡単に振り返ってみようと思います。

 

さっきかなちゃんとも話していたんですけど、

 

冗談ではなく、わたし

 

ブログで人生変わったなって思うんです。

 

 

いろいろなことがあったけれど、ブログをやってきて、色んな方に見てもらって、反応をたくさん頂いて、はじめて見えた景色が沢山ありました。

 

 

最近、わたし菅本裕子ちゃん(ゆうこす)に注目しているんですけど、ゆうこすは「SNSで人生を変えた」第一人者なのではないかと思います。

 

彼女はぶりっ子みたいな感じに一見見えるけれど、すごく努力家で誠実で魅力的なビジネスパーソンだと思います。

 

 

私もブログをやっていく中で

 

SNSというフィールドで、

自分の言葉(メッセージ)だけを武器に、

共感を紡いでいく。

 

 

この可能性を、この7年間でめちゃくちゃ感じたし、すごく面白いなって思いました。

 

顔も出さず、身元も明かさず、言葉という素手だけで勝負してきたのが楽しかったのかもしれないですね。

 

サクチュウブログの最盛期(投稿数&PV数)は2013年なんですけど、ここまで来るまでの道のりは震えるくらい面白かったです。

 

「なんでこんなこと言われなきゃいけないんだろう」とか「人間とはこういう生き物なんだな・・・(悟)」と、ネットの世界から人間の性質について悟りを得たり、いろんなことがありましたが、

 

やっぱり自分の信じた道を行くのが大事なんだな~とか、すごい壮大な気付きを得ました。

 

 

私のブログを続ける上での根底にあるのは、

 

①自分が思っていることを的確に言葉に昇華させたいという欲求

 

②その言葉で共感を紡ぎたいという欲求(皆さんとのキャッチボールをしたい)

 

大きくこの2つかもしれません。

 

あと、「櫻井翔くんの生き様応援してる」(壮大)なども、もちろんあるのですが、

 

私にとってブログとは何か?と問われたら、

 

自分の言葉(メッセージ)で共感を紡いでいく挑戦のフィールド

 

と、答えるだろうなと思います。

 

仕事とは別に、こういう挑戦のフィールドがあることで、私の知的好奇心が刺激されているんですね。確実に。

 

 

最近でいくと、SNS上の変化として、ブログ(長文)よりもツイッター(短文)の方が圧倒的にユーザー数が多いですよね。そして、インスタも相当存在感ありますよね。

 

ツイッターをどうやって使うか?という点に関して、さっきかなちゃんとも話したのですが、私の中では「サクチュウブログのツイッター版」として位置づけています。だからちょっと投稿が少なくなりがちなのかもしれないですね。あんまり、筆者の近況とか呟きとか投稿してもしょうがないよな・・・とか、何気に思ってて、投稿していないです。笑

 

なので、本当はツイッターの世界で、共感を紡いで切り拓いていく新しいチャレンジが出来たらいいんですよね、きっと。

けれど、文字数の壁を超える有効な術が見つかっていないのが現状です。ブログで伝えている内容を140字で伝えるの難しい。。。

 

これはちょっと考えてみますね。(←言いましたこの人)

 

 

皆さん、ここまでのおもしろくもなんともない自問自答の文章を読んでくださって、誠にありがとうございます。(ほんとにな)

 

なんとなく、こたえが見えました。

 

以上を踏まえて、私が最近思っていることとして

 

 

◆読んでくださっている皆さんとのキャッチボールが出来ていないので、反応が分からない(もっと意見交換したい)

 

というのがあります!!

 

そもそも私のブログ上での発信が激減しているのが要因だと思うのですが(ほんとにな)、もう少し、ツイッター含め発信を増やしていきたいと思っています。

 

ぜひ、お気軽に感想など教えてくださいませ≧(´▽`)≦

 

よし!!がんばります!

 

NEXT→「野心」と「無欲」の間 ~誰が嵐を高みに押し上げるのか?~

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{AFFF694A-D0EC-4129-8E54-295E743531B3}
 
こんにちは!!
 
ブロガー強化合宿、きちんと活動しています。
 
昨日の夜に、2年ぶりの嫁つらアップしました!
皆さんからの「それとないアピール」、私はきちんと受け取っておりました。
よければご覧くださいませ♡
 

 

かなちゃん、ミユさん、青い人も続々と記事をアップしています。

 

やればできるんだよね!!(普段からがんばれ)

 

 

さて、ananと聞くと黙っていられない翔担です(ドヤ)

 

過去にも、ananと聞くと黙っていられないので、いくつか雑な記事を書いてきております。

 

①たいぴーのヌードのとき →こちら

 

②智のanan(ワキ毛)のとき→こちら

 

あと、記事は見つからなかったのですが、大倉のときもひと騒ぎした記憶があります。

 

そうです。

 

 

皆さんお気づきですよね。

 

 

image

 

 

この画像を出したいだけです(出落ち)

 

というわけで、ヨコちゃんのananに敬意を表して、記事をかかせて頂きます。

 

ワオ!!!

 

{7ED38B29-A842-4F1E-9CD6-6541EFC71505}

 

 

とりあえず、一番の感想として

 

 

同じ35歳とは思えない。

 

 

という率直な気持ちを抱いていることをお伝えさせてください。

 

※ヨコちゃんと翔くんは同い年です。

 

 

 

翔くんがananのヌードをやったのは2009年末ですので(発刊が2010年頭)当時26歳かな?!え、わっか!わっか!!!やっば!!

 

※二度とあの日々は帰ってきません。

 

 

 

先ほど、この記事を書くためにヨコちゃんのanan買ってきました。では、35歳の横山さんと、たぶん人生最高潮にかっこよかった翔くん(26歳)を交互にご紹介していきますね。

 

 

身体の横からショット↓
 
{8F550C60-AFFC-41C1-9B68-5434D2F66BFA}
 
 
 
{945120B8-E241-4FDE-AAE6-815DB86B76E9}
 
※身体が薄い
 
 
背中の様子がわかるショット↓
 
{31F50A2F-3628-4C67-94C1-BB170708C0AF}
 
 
※やっぱり身体が薄い
 
 
ちなみに今はこうです。
 
image
 
こっちのほうがいいですよね!!(前向き)
 
 
うん、やっぱりこっちのほうがいいと思うんですよね!
 
{915DDCED-9CB4-47E0-A531-A28CF8B4424B}
 
※これは相当鍛えている時期の筋肉
 
 
たぶん翔くんはもうananは出来ないと思うんですけど、
 
だからこそ「あの頃」のananが輝く。
 
 
 
過去は振り返らない。
 
未来を見て歩いていく。
 
(※ananの話です)
 
 
たくさんのジャニオタさんがこれからもananのお祭りを楽しめますように祈念して、この記事を終わりたいと思います。
 
 
(何だったの)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

image

 

 

え!!!???(読者さん心の声)

 

 

 

そうです!!そのまさかです!!!

嫁つらを書きます。

 

 

アンケートを取り始めたは良いものの、「何が一番皆さんに喜んでいただけるだろうか・・・(ハッシュタグを使って頂きたいという運営側心理)」

とお風呂の中で改めて考えたところ、

 

 

 

「嫁つら2017」ではないか?

 

 

という結論に至り、「よし、書いてみよう」と決意した次第です。

 

 

 

※参考※

過去の嫁つらシリーズはこちらから→嫁つらシリーズ

 

 

アンケートで記載した内容はまた追って書けたら書きます!特にananについては伝統芸やらないと気が済まないみたいなところあるので、書きたいと思っています。(伝統芸とは)

 

 

 

最後に嫁つらを書いたのは2015年9月のようですね。

 

月日は経つのは早いものです。

 

 

いろいろありましたが、とりあえず嫁つら読んで全部笑いとばしましょ~(´∀`)

 

 

では、嫁つらシリーズ2017夏の陣、近況をお届けします。

 

 

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

 

 

「なぁ、これ何?なんか邪魔なんだけど。」

 

 

「え!!!???これ!!?こないだ厄払いに行ってきた時に頂いた御札だよ?ちゃんと飾っておかないと!!

 

もうほんと!!本厄おそろしや~~~なんだからっ!!!」

 

 

イメージ図↓

 

「は?おまえ本厄だったの?(笑ってる)

 

どうりで・・・(ニヤリ)」

 

 

 

いいえ翔くん、

笑い事ではありません。

 

 

 

週刊ポストベランダで炎上未遂事件というものが我が家で起きております。

 

(起きていません)

 

 

未遂というのはどういうことかというと、

 

翔くんに羽交い締めにされ・・・

 

「火はやめろ。びりびりに破くことは許可する。」

 

と言われたので、しぶしぶ引き下がりました。

 

 

 

が、しかし!!!

嫁は我慢ならんのです!

 

 

籍を入れることの重み

 

これですよ。

 

これを分かっていない人(マスコミ含む)が多すぎます。そんな簡単に言うんじゃないよ!!(嫁おこぷんぷん丸)

 

嫁つら単行本の発刊が急がれますね・・・┐(´∀`)┌ヤレヤレ

 

(全体的に信じないでください)

 

 

 

で、ふと我に返った際に、気づいたのです。

 

 

今年、本厄だったことに。

 

そして、お祓いに行ってきた次第です。

 

 

その御札をどけろと言われましたが、あの手この手でなんとか守り切ったのが、先週の話です(´∀`)

 

もう大丈夫だと思います!

カムバック!平和な日々!(´∀`)

 

 

 

ところで、翔くんは最近ドラマを撮っているので、本当に忙しそうにしています。

 

 

なお、ドラマ中に嫁が担っているNEWミッションとして、下記のようなものがあります。

 

 

①美容院のこまめな予約

 

翔くんは髪の毛がすぐ伸びるのですが、ドラマにあわせて短髪を維持する必要があるため、毎日じーーーーっとウォッチして、伸びてきたと思ったら美容院に電話して予約を取る、ということをやっています。

 

(いよいよマネジャーへの道)

 

この位は序の口です。

 

 

次はこちらです。

 

 

②嫁もセリフを全暗記

 

いつ翔くんから

 

「ちょっとこれ(他の役)やってくんね?」

 

と頼まれるか分からないじゃないですか(´∀`)

 

 

「やってくんね?」と言われて、台本見ながら棒読みの演技したら、プロ意識低いと思われて、ため息つかれちゃうんですよね。

 

 

皆さん、まさかと思いますよね!?

 

いくら翔くんでも、そこまで厳しくない!だろうと!思いますよね!?

 

 

そのまさかです。

 

 

だってあれですよ?

 

 

ミュージックデイやベスアの時も、嫁は徳島さんと羽鳥さんの分全部暗記してやっています。

 

過去に一度、ベスアの練習のとき台本見ながらやったら

 

 

真顔で

 

「は?」

 

って言われましたからね。これはもう当たり前の基準なんです!

 

 

ちなみに、今回のドラマに関しては、嫁はすべて覚えて準備していますが、今のところ「やってくんね?」とは一度も言われていません。(未オファー)

 

 

 

しかし。

 

備えあれば憂いなし(´∀`)

 

 

ことわざでもそう謳われています。

 

 

③日常から生徒になりきる

 

翔くんは校長先生なので、校長先生としての演説を練習したいんじゃないかな~と思い、嫁が日常生活の中で生徒役をやっています。

 

 

(´∀`) 「校長せんせー!(挙手)かっこいいです!」

 

 

嫁は制服まで用意してきて、かなり頑張っているのですが、毎回部屋から蹴りだされます・°・(ノД`)・°・

 

 

 

校長先生、かなりかっこいですよね?( p_q)

 

 

けど、「かっこいい校長先生だね♡」と伝えると、

 

 

「別に普通だろ。」

 

 

と言いながらも、まんざらでもない表情を浮かべているので、これはきっと効果があると思われます。続けていきます。

 

 

こんな感じのエブリデイです。

 

翔くんは本当に鬼の頑張り屋さんなので、仕事は常にパーフェクト。本当に努力の人です。

 

嫁はその姿を見て、本当に誇らしい気持ちと、尊敬の気持ちを携えながら、「嫁にできることをすべてやろう」と日々気持ちを新たにしています。

 

(していません)

 

 

そうです。

 

この流れであれです。

 

 

土曜10時

「ウチの夫は仕事ができない」

 

 

翔くんのドラマにバトンパスをする大事なドラマ!!ということもあり、毎週たのしく拝見しております。

 

翔くんも録画でいっしょに見ているのですが、いかんせんウチの夫は仕事ができすぎるため、ドラマをきっかけにいろんなことが起きています。

 

 

①お弁当つくっても食べない事件

 

~さーやのお弁当を見て~

 

 

「ねえねえ、翔ぽんもお弁当要る??(´∀`)」

 

 

「は?!翔ぽんってなんだよ。きもいからやめろよ。」

 

 

「お弁当要るよね??(´∀`)(´∀`)」

 

 

「えー。食べれるかわかんねぇけどな。つくりたいならつくれば?」

 

 

「分かった!つくる!(´∀`)」

 

 

 

 

~とある日の帰宅後~

 

 

だだだだだだっ(嫁ダッシュ)

 

 

「翔ぽんお弁当食べてない!( p_q)なんで!?時間なかった・・・?( p_q)」

 

 

「だから言ったろ?忙しすぎて時間ないから基本ウィダーインゼリーなんだよ。」(スポンサー)

 

 

「絶対うそ!そんな訳ない!楽屋でお弁当食べたよね!?」

 

 

 

「・・・ガタガタうっせーな。だったら、俺が食べたいと思うメニューでつくれよ。その時の気分ってもんがあるんだよ。

 

おまえならわかるだろ?

 

 

 

「・・・・・・・・・(´∀`)(´∀`)そういうことね(´∀`)りょうかい!がんばる!(´∀`)」

 

 

ひどいと思われた仕打ちも、嫁への新しいチャレンジの機会の提示だったということですね。

 

 

というわけで、翔くんの食生活を精緻に分析し、食の好みと身体のバイオリズムを研究し尽くした上でメニューを考えた結果、

 

最近では週に3回は食べてくれるようになりました(ガッツポーズ)

 

 

 

②嫁の長いプレゼンへの指導事件

 

※参考

ウチの夫は仕事ができない第二話

 

 

できる男の鉄則として「プレゼンが簡潔である」というのがありました。

 

 

ご存知の通り、ウチの夫のプレゼンは極めて簡潔でわかりやすいです。

 

 

 

逆に、嫁の毎日の日課である「本日あったこと報告スピーチ(翔くんへの)」が、極めて、つかぽんに酷似しておりました。

 

 

翔くんはあまり聞いてないと思うんですが、とりあえず酷似しておりました。

 

 

 

第二話の録画をリビングで翔くんと一緒に見ておりましたところ、CMで案の定言われてしまいました。

 

 

 

「これさー、おまえみたいじゃね?ふっ。(鼻で笑う)」

 

 

「え?!?!(´∀`) 聞こえてたの!?」

(聞こえていたという事実に歓喜)

 

 

「は?あんだけ毎日近くをうろつかれたら、聞こえるに決まってるだろ。バカか。」

 

 

「えー。何がだめなの?オチがないってこと?」

 

 

「オチがないっつーか・・・『簡潔に結論からしゃべる』じゃね?」

 

 

「えーでもそれだと話が終わっちゃうよ?

 ちなみに言っとけどねぇ、あたしだって結論からしゃべるの位できるよ!?仕事ではやってるし!」

 

 

 

「じゃあ俺に余計な話を聞かせるのをやめろよ」

 

 

 

「でも、だってさ、たくさん話したいんだもん!」

 

 

 

「・・・・・・・・・おまえマジ頭わりーな。

 

俺以外のやつにはやるんじゃねーぞ。バカがバレるからな。(ぼそ)

 

 

 

そういって翔くんはキッチンの方へ行ってしまいましたが(照れてしまったのでしょう)

 

 

嫁的には、ダラダラたくさん話す許可がおりたということで(´∀`)

 

 

 

しあわせな気持ちで、続きのドラマも拝見しましたとさ。

ありがとう、つかぽん!!

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

というわけで、翔くんの仕事を全面的に支えるのが嫁としてのつとめ。

 

「仕事ができる翔くん」を維持し続けるためには、彼自身も努力をし続けなければいけないですし、そしてその嫁はその倍の努力をしなければならないのです。

 

そんな嫁はつらいけどやりがいある日々(´∀`) 
To be continued(´∀`)

 

久々の嫁つらなのでコメ欄あけます!!
どうぞお気軽に、ご感想おしえてください(´∀`)

 

ツイッターのハッシュタグでも!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
{51BFAB3D-312C-4E02-8882-80DD88A591DA}

 
 
 
皆さんこんにちは!大変ご無沙汰しております。
 
 
自称ブロガーのゆうりです。元気です!
 
 
GWに開催された「ブロガー強化合宿」、記憶の片隅にありますでしょうか。
 
 
 
「集中できる」環境と、「一緒にやる」という集団力学の発動によって
普段書けない量と質の記事をアウトプットすることに成功しました。
 
 
 
特に、翔くんの2.25事案についての記事(こちら)は結構いろんな反応を頂き、なんだか変な言い方ですけど、「言語化するということへの手応え」と「反応を頂けることの有り難さ(ブロガー冥利につきる)」と「色んな方々の感情に触れられるというブログの醍醐味」みたいなものを再確認する機会になりました。
そして、私の中でも改めて色々さっぱりする契機となりました。
 
 
きちんと御礼をお伝えできておりませんでしたので、この場を借りてご挨拶させてください(遅)
 
読んでくださった皆さん、声をわざわざ掛けてくださった皆さん、ありがとうございました!
 
 
 
 
 
が、しかし。
 
 
それ以降、こんなことを述べるようになってしまいました。
 
 
「合宿じゃないと記事書けない」
 
 
 
(はて)
 
 
どこの作家気取りでしょうか。
 
しかし、これは残念ながら現実でした。
 
その証拠に、私は合宿以来1つも記事を書いておりません。(堂々)
 
 
なので、合宿をやることにしました。
第二弾@都内某所(うち)。
 
今日と明日の1泊2日で開催です。
 
 
タイムスケジュールはこんな感じです。
 
{394C9A4D-E7F3-47C1-A6ED-1FCC5B397453}
 
(手書き)
 
 
今はタイムスケジュール上、ミユさん、青い人はエイトコン@東京ドームに行ってしまいましたので、かなちゃんと2人で開幕しております。
 
 
{3959EDAF-083E-4D68-A0DB-7826E062CD0B}
 
 
今考えているブログテーマはこんな感じです(雑)
 
 
{646FA885-58CD-438D-A662-0CDADA9FED89}

 
なお、すぐ調子に乗り始める私たちは、ハッシュタグなるものをつくりました。
 

 

 

こちらで随時検索をしていきますので、ご感想などを含め、いっしょに盛り上がっていけたら嬉しいです≧(´▽`)≦

 

どこぞの宣伝Pばりのリツートかましていきます≧(´▽`)≦

 

 

今日かなちゃんと話していたのですが、
 
「未だに読んでくださってる読者さんは本当に皆さん優しいし、ノリがいいし、心が広くてありがたいの一言!!」
 
と。
 
皆さんノリがいいので、きっと乗っかってくださると信じて(´∀`)
 
 
恒例の?アンケートを開始しております!単なる興味シリーズも含めて、気軽な気持ちで乗っかって頂けると嬉しいです。
 
 

 

 

 

 

では!!よろしくお願いします!

 

 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【かな男の恋物語~オフィス編~】叶わないけど君が好き①

【②かな男の恋物語~オフィス編~】叶わないけど君が好き

【③かな男の恋物語~オフィス編~】叶わないけど君が好き

【④かな男の恋物語~オフィス編~】叶わないけど君が好き

【⑤かな男の恋物語~オフィス編~】叶わないけど君が好き

 

 

(前書き)

本作品は、かな男の恋物語のスピンオフです。

特に、櫻井部長が登場する①を読んでから下記をお読みいただくと、より楽しめるかと思います。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

ブッーブッー。

 

14時。ちょうど会議に向かおうとしていた私の携帯が震えた。

 

「今日ここ予約したから。19時に現地で待ち合わせな。」

 

食べログ評価3.75のおしゃれなレストランのURLが添付されている翔くんからのメール。

 

「わー!おいしそう(´∀`)どうもありがとう!」と手早く返信し、

会議室のドアを開けた。

 

 

どうもこんにちは。

申し遅れましたが、わたくし、ゆうりと申します。

 

 

経営企画部の櫻井部長は、私の幼なじみで

私にとっては兄のような存在。

 

私はというと、同じ会社の人事部で働いています。

 

 

そうなんです。

お気づきの通り、よりによって同じフロア。

完全にニアミスなんです。

 

 

翔くんは会社でも異例の出世を遂げた有名人。

 

バレると色々面倒なので、毎日櫻井部長とは関係のない他人のフリをしています。女優さながらの名演技です☆

 

 

でも。

翔くんも若くして昇進しているので、たまに誰かに話を聞いて欲しい日があるんでしょうね。

 

 

そんな日は私の出番です。

 

 

「へえ~~~~」「ふ~~~~ん」「そうなんだ~~~」「すごいね~~~!!」「おにぎり丸ってやっぱり美味しいの?」とテンポよく相槌を打っているだけで翔くんは元気になるし、美味しいご飯(もちろん奢りです☆)も食べられるならオールオッケーですよね!

 

いつも甲斐甲斐しく違う店を予約してくれるのが、本当に翔くんらしい。人に美味しいものを食べさせるのが大好きな人なんです。

 

さて、今日は何の話かな?

 

 

ゆ「翔くんごめん!会議伸びて、遅くなっちゃった。待ったよね?ごめんね!」

 

翔「おせぇよ。・・・もう全部頼んであるから。おまえの飲み物だけオーダーして。」

 

ゆ「さすが!!ありがとう(´∀`)わーい、何頼んだの?ここ美味しそうだったよね~~あ、すみませーん。」

 

 

~料理到着~

 

ゆ「おいし~~~~(´∀`)(´∀`)さすがのセレクトだね~~~ここまた来ようっと(´∀`)」

 

翔「だろ(ドヤ)」

 

ゆ「ところで翔くん、最近仕事はどう?部長さん、たいへんでしょ?今日もなんか、かな男くんにキレてたね(笑)聞こえてたよ~」

 

翔「キレてねーよ。普通に指導してるだけだっつーの。」

 

ゆ「でもさ、かな男くん頑張ってるよね!すごく一生懸命。今、経企で次の中計つくってるんだよね?こないだ私のところにも問い合わせで来たよ。話がよく分かんなくて出直しさせちゃったけど。あはは!」

 

翔「まじかよ(笑)笑ってる感じが、俺よりこえーだろ・・・。けど、あいつガッツあるからなー。ちゃんと鍛えれば将来有望だと思うよ。」

 

ゆ「そうだよね~!あたしもそう思う(´∀`) あ!将来有望といえば、潤子ちゃん!あの子ちょーかわいい!気も効くし、すごく感じいいよね。うちの部長も褒めてたよ!」

 

 

翔くんが今日話たかったのは、絶対潤子ちゃんの話だから。

そんなのお見通しに決まってるじゃない。

 

 

翔くんが話したい話題をふってあげるのが、昔から私の役割なんです(´∀`)

 

 

翔「松本な(破顔)あいつも頑張ってるよ。仕事に向き合う姿勢が真面目なんだよな~~あんまり周囲に見せないけど、すげーストイックなんだよ。あいつ絶対伸びるよ。俺ちょっと大雑把なとこあるじゃん?あいつすげー細かいところに気づくから、すげー助かってる。頑張って欲しいんだよな。あ、知ってるかおまえ?松本いま盆栽にハマってるらしくて、家で育ててるらしいぞ。女性なのに、ちょっと変わってるよな~~。あと、毎日水素水飲んでるらしいぞ。水素水飲むなんて、藤原紀香か松本かくらいだよな(一息)」

 

 

ゆ「へぇ~~~よく知ってるんだね(´∀`)さすがいい上司だな~~でも翔くんさ、毎日潤子ちゃんに振り回されてるよね?ふふ。あたしさりげなく見てるよー。」

 

翔「・・・っ!?は?振り回されてねーよ。何言ってんだバカかおまえ!」

 

ゆ「冗談でーす(´∀`)ちょっと言ってみただけー。ちなみに盆栽って高いよね?あれひとつ幾らくらいするんだろーね?潤子ちゃんに聞いてみてよ。」

 

翔「たしかにな~~。そうだな、明日聞いてみるわ。」

 

ゆ「うん。分かったらおしえてね!」

 

 

 

 

 

翔くんは覚えてないのかな。

 

 

盆栽の話も水素水の話も、既にわたし、3回は聞かされているということを。

 

 

毎回違う切り返しをしてあげてるから、気がついてないのかな。

 

あんなに頭が良い人なのに、そういうとこあるんですよね。

ま、翔くんのいいところですけどね!

 

 

翔くんはまだ潤子ちゃんのことがお気に入りみたいだから、私はそっと見守っておきます。

 

 

 

明日は、翔くんにおにぎり丸のおにぎりつくっていってあげよーっと!!

 

 

 

おわり

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こういうことを言うのは不謹慎かもしれないのですが、わたしちょっと最近どうしても笑っちゃうんですよね。

 

 

2.25事件に託けて、翔くんのビジュアル面に対する各所からのお声(クレーム)がものすごいことになっている件について。

 

すみません。ほんとにすみません。皆さん真剣であって、笑ってはいけない話題だって分かってるんですけど、もうそれがほんとに気になってしまって笑笑(堪えきれないようだ)

 

こんなに太ったことに関してクレーム入ってるアイドルっているんですか?私あんまり知らないんですけど・・・。

 

 

稀有な存在ですよね。本当に。櫻井くん。

 

 

(気に入ってるようだ)

 

 

ツイッターでアンケート開催させて頂いたのですが、まさかの「①櫻井翔くん何故痩せられないのか案件」が第一位を獲得中でございます。

 

 image

 

皆さんの関心の高さが伺えます。

 

 

では、こちらについての私の見解を書いていきたいと思います。

 

前提として、前記事にも書いた通り、これは

 

「アイドルで居続けて欲しい」

 

という潜在的な願望が

 

「やせて」

 

という声として表出しているという理解を私はしております。

 

 

それはなぜかというと、過去にめちゃくちゃカッコ良かった翔くんを皆認識しているからです。

 

 

分かります。

気持ちはとても分かります。

かっこいいですもんね。文句なしにかっこいい。

 

 

 「なぜ痩せられないのか?」を論じる前に、

ここでいくつか、前提を確認させて頂きたいと思います。

 

 

①「太った」という表現が適切なのか?(デフォルトはどちらなのか)

 

私の記憶が正しければ、2010年以降、上記のような「痩せてるな、翔くん」と思うビジュアルに近かったのは一度だけです。

 

 

※神カル公開の時期=謎ディ撮影開始時期(2011年夏頃)

 

「謎解きはディナーの後で」にインする時に、翔くん食事制限してダイエットしてました。私が認識している限り、これ以降のドラマでは、減量してからドラマに入るということをしなくなりました。

 

だからどちらかというと「太った」というよりは「痩せなくなった」という感じの印象を持っています。

 

②本当に太っているのか?

 

テレビで見ると太ってるように見えるんですが、

生で見ると痩せて見えませんか?(問題提起)

 

私この現象非常によく起きます。

 

現場(接近戦)で見ると

 

「え・・・・・・かっこいい・・・全然太ってないよ・・・?(見惚)」

 

現象。

 

だとすると、テレビで見ても文句なしに痩せていたときというのは「痩せすぎ」ということになります。

 

ただ、テレビの住人なのだからその状態でキープせよ、という論理も一理あります。

 

以上を踏まえた上で、「櫻井翔くんはなぜ痩せないのか?」についての仮説を下記に記載します。

 

 

仮説①

年齢問題

まだ若い方にはあまり分からないと思うんですが、私も30歳をこえてきて、どうにも感じます。年齢の影響(悲しい現実)

肌の表面張力が落ちてくるんです(切実)かつ、むくみの影響が結構ダイレクトに来ますので、油断も隙もないんですよね。

翔くんももう35ですから、年齢問題はあるのではないかと思います。

 

仮説②

体質問題

むくみやすいですよね?とても。(シンプル)

 

仮説③

食べ物・飲み物の好み問題

潤くんみたいに、食べるものに気を遣って体つくれたらいいんでしょうけど、翔くんは「今日何を食べるか」に命を燃やしているタイプなので、ダイエットに伴う食事制限は、本当は本人の意に反しているんだと思うんですよね。本当は、味の濃いおいしいものを食べたいし、チーズケーキを食べたいし、お酒も飲みたい。そういう人なんですよね(かわいい・・・)むしろ、ドラマ勝負かけてた時期は、よく頑張って痩せてたなと思います。かなり食事制限頑張ってたもん。仕事としてちゃんとやってたよね。

 

 

仮説④

そこまで痩せる気がない問題

これじゃないですか?一番根本の問題は。私たちの中で「翔くんあの頃めっちゃかっこよかった・・・」とぽーっとなっている時代は、翔くんとしては「痩せすぎ」の部類に入るのではないかと思います。あの状態はドラマをやる上での役作りの副産物であって、「アイドル」だからああしてたわけではないのではないかと私は思っています。「痩せてかっこよくなろう」という意識は、未だかつてあんまり持ったことがないんじゃないかな・・・。いい意味でも悪い意味でも。あくまで私見ですが。

 

 

書きながら、「こりゃ今後も(あの時代レベルには)痩せないだろうな・・・」という気持ちだけが高まってしまいましたが、ドラマインに伴い、③が多少安定してくるので、多少痩せるのではないかと思います。

 

ただやっぱり根本的には、前記事で書いたような「みんなの期待」を翔くんには一度しっかり受け止めてもらえるといいですよね。

いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

2017年2月25日という日は、

後から振り返ってみたときに、

一体どのような日と位置づけられるのだろう。

 

 

最近、そんなことを不意に考えます。

 

 

翔くんにとって、そしてファンである私たちにとって、

あの日はどんな意味を持つのか。

そして、現在進行形で一体どんな意味を持っているのか。

 

そのくらい、多くの人が様々な感情を抱いた(現在進行形で抱いている)事案だったのではないかと思っています。

 

私もその当事者の一人でした。

 

様々な感情を経由して、一旦私の中では現時点の終着地点に辿り着いたので、記事を書いてみようかなと思った次第です。

 

繰り返しになりますが、「いろんな感じ方」があると思います。

 

変わらずに応援している人もいれば、まだ苦しい人もいると思うし、もしかしたら担当を降りた人も、居ますよね。きっと。いろんな感じ方があると思うし、それ自体をとやかく言って争うのはナンセンスだと思います。

 

今から私が書く内容も、「ひとつの感じ方」として、片耳に入れる程度で読んで頂ければと思います。

 

 

 

少し時間の針を巻き戻して、自分の感情の変遷を追っていこうと思います。

 

 

はじめ、記事が出るまえに情報が流れはじめたとき、

「まさか。嘘でしょ。」と思いましたよね。

 

いつものように信憑性の低いガセ記事だと思ってた。

誰もがそう思ってたのではないかと思います。

 

けど写真が回ってきて、手が震え始めました。

 

今まで翔くんのこんなツーショが出てしまうようなこと、なかったから。

 

自分の手の震えはさておき、TLも含めて、なんだか物々しい雰囲気が漂っていたことを、他人事のように覚えています。

 

・鉄壁の翔くんが、なんで?(こんなヘマする?という困惑)

 

・後追い報道から見え隠れする「結婚」の二文字

 

・まさか翔くんが「撮らせた」のか?という疑問が浮上してしまう展開

 

 

今回の件で苦しい思いをしている人はきっと、「信じていたのに、今は信じていいのか分からない」ことが苦しいのではないかと思います。私もその葛藤についてずっと考えていたように思います。

 

 

もはや、極論すると、論点は熱愛云々ではない。

事実は分かりませんし、分からないようにしてくれれば良いのです。

 

 

今回の件に関しては、櫻井翔くんの「アイドルとしての姿勢」が論点なのではないでしょうか。

 

 

(かっこいい!!)

 

 

なんだか不思議な感覚なんですけど、わたし、思いの外落ち着いているんですよね。とりあえず「週刊ポストなんか冊子ごと全部燃えればいいのに(真顔)」っていう感情は一通り通ったんですけど、その後は、世論の流れやことの成り行きをずっと観察していました。

 

 

世論を観察していて気付いたこと↓

 

①翔くんが近年太っていること(ビジュアル面)に関しての潜在的不満がここに来て表出(アイドル続ける気あるわけ?!)

 

②翔くんの強気で勝気で全部思い通りにしたいところに対する潜在的不満がここに来て表出(ファンのことなんだと思ってるの?!)

 

③近年少々キャスター業に力を入れていたことに対する潜在的不満がここに来て表出(あなたの本業なんなの!?アイドルじゃないの?!)

 

 

翔くん自身がどう思ってるかということはさておき、「アイドル・櫻井翔」としての需要の高さが上記のような潜在的不満の表出につながっているし、今回の事案に対するみんなの困惑の震源地のような気がしてなりません。

 

熱愛云々については表出している事象であって、もともと横たわっていた意識の乖離が、今回の件で表出してきたと私は捉えています。

 

そして、それに関しては翔くんはもともとファンの期待度マーケティングを少々ミスっているような気がしてならない。やや誤算が生じているっていうんでしょうか。

 

翔くん自身はあまり気にしていなかったのかもしれないけれど、「翔くんが思っていた以上にみんなは翔くんのことをものすごくアイドルとして期待していた」ということなのではないかと。何度も言うように、熱愛云々はきっかけであって、もともと潜在的にあっていつか表出していたズレなのではないかと。ここは真摯に受け止めなければいけないのではないかな~と私は思っています。(お前誰)

 

 

これは完全に余談ですが、私自身は上記①②③について、下記のように捉えていました。

 

①今に始まったことではない♡

 

 

(2013年の櫻井翔くんです)

 

②そういう真っ直ぐなところが好きだけど、それは「仕事に誰よりも真摯に向き合ってる」ことが絶対条件だよ!

 

③キャスター楽しそうにやってるね・・・翔くんが充実してるんならいいよ・・・(親のようなまなざし)

 

 

 

相当いろいろ考えましたが、私は翔くんの今までの言葉を信じます。

 

 image

 

ハワイで言ってた言葉もそうだし、

 

シゲとの対談@ZEROで言っていた

「全力で逃げ切るよ」

という言葉もそうだし、

 

なにより、今も昔も謳ってる

 

「ステージ上終身雇用」

 

という言葉を信じてる。

 

ChapterⅡの新しいリリックの言葉も信じてる。(こちら参照

 

 

ここまで積み上げてきたものの重さは誰よりもわかってると思うし、

それを自分で壊すようなことをする人ではない。

 

嵐があるから今の自分があることも誰よりもわかってるし、自分は「みにくいアヒルの子」(こちら参照)だから努力し続けなければいけないと思ってると思う。

 

そして、嵐を本当に大切に思ってると思う。

 

確かにちょっと唯我独尊的で頭が良すぎるところもあって、少々子どもだからたまにキレちゃう時もあるけれど、私がずっと見てきた翔くんは、「愚直に努力し続けてここまで来た人」だし、人を悲しませるようなことをする人ではない。

 

※じゃあ何故あんな記事が出たのかという疑問は残るが、まぁ考えたところで分からないから放置でいいのではないかと。

 

 

ただ、厳しいことを言うようですが、「信じられなくなってしまった」人が出てしまっていることは事実で、それはなんでかというと、翔くん自身の日頃の言動にも一因があったのではないかと思います。何度も言うように記事はきっかけであって、何か感じる部分があったからそう感じているわけで。それはきちんと受け止めなければならないのではないと思います。

 

 

だから結論として、今私が思ってることとしては

 

「仕事がんばれ」

 

です。(シンプル)

 

 

何らかの理由で、直接的に何も言うことができないのであれば、アイドルの仕事で、その姿勢でみせていくしかないよね。そして、そんなことは翔くんもわかってると思います。もともと決まってた仕事なんだろうけど、すごい勢いで仕事決まってきてるから、すごく良かったなと思います。

 

大丈夫。櫻井翔は絶対大丈夫です。

 

私は、自分が見てきた翔くんを信じてるし、これからの翔くんを信じます。

 

 

というわけで、久々の連ドラ盛り上げていきます。

 

 

 ひゃっほーーーーい≧(´▽`)≦

 

 

 

NEXT→櫻井翔くんは何故痩せられないのか案件

いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

現在、都内某所に宿泊中です。(with青い人、かなちゃん、ミユさん)

 

 

ご無沙汰しています。

 

ゆうりです。

 

 

実は3月くらいから計画がまことしやかに進んでいた本計画。

 

スタートはかなちゃんのこの一言でした。

 

「缶詰でブログとか書きたい」

 

(本当にあの子そう思ってるみたいです)

 

その声にフットワーク軽く乗っかった私たち。

 

「やっぱりGWがぴったりだね!」

 

「二泊三日とかしたいもんね!」

 

(GWに何してるという一切の疑問は封じて頂いて)

 

 

本日を迎えた次第です。

 

ブログ書くの久しぶりすぎて、タイピングしながらそわそわしてるんですが(カタカタカタ)リハビリ兼ねて頑張っていきます。

 

ちなみに本日のざっくりとした予定は

 

【9時】

起床・活動開始

【AM】

スタートアップ記事執筆

会議(各人の書くテーマを固める)

【PM】

2つくらい記事を書く

【22時】

「母になる」鑑賞

【25時】

記事書き終わっていたら就寝

 

です。

 

かなりストイックですよね。

 

合宿の模様は、レポーターKANAさんがレポしてくれています!(需要)

 

 

 

 

 

忍びの国楽しみですね!(ピグ着替えました)

 

 

 

今から記事のテーマ会議なのですが、その参考にさせて頂いております。アンケート実施中です。もしよろしければご協力お願いします。

 

 

 

 

 

※震える結果となっていて、肩まわしてます(①の需要の高さと②の低さ)

 

 

ミユさんのもよろしくお願いします。

 

 

 

さて!!

では、もうすぐ会議始まるのではこのへんで!!

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。