櫻井翔くん注視ブログ

櫻井翔くんのことを日々注視・考察しています。
シュールなことが大好き。
櫻井翔くんにブログをみつけてもらうのが最終目標です≧(´▽`)≦あはは


テーマ:
こんばんは。

御礼が遅くなってしまいましたが、翔くんお誕生日のメッセージ寄稿、ご賛同頂いた皆さま、誠にありがとうございました。

読みながら、なぜか私がとても勇気づけられておりました。とってもうれしいメッセージになりますね!!想いを寄せ合う機会って、やっぱりすてきだなって改めて感じました。ありがとうございました。


しかしながらですね・・・本当は今週中に準備して、来週末に届けにいこうと思っていたのですが、わたくしが今週体調が芳しくなく、かろうじて這いつくばり仕事だけしている状態につき、少し遅くなってしまうかもしれません(;_;)すみません。。

逆にもし、まだ寄稿されたい方いらっしゃいましたら、どうぞコメント寄せていただければと思います。

締め切りにご協力いただいた皆様、ありがとうございます。そして、わたくしの自己管理がなっておらず恐縮ですが、少々お待ちくださいませ。


記事も書けてなくてすみません!!
また落ち着いたらきます!!
AD
いいね!した人

テーマ:
大好きな翔くんへ


翔くんにもらってきた幸せについて考えてみました。


思い出せばキリがなく、
腹を抱えてわらったことも。
翔くんが掴みとったものを自分のことのように喜んだことも。
感動して思わず泣いちゃったことも。
顔をくしゃくしゃにして笑うあなたを見て、思わず笑みがこぼれたことも。


すべてが、私の大切な思い出です。


いつも私たちの前で、どんなときでも強くあり続けるあなたに、私は一体、どれほどの幸せをもらってきたのでしょう。


そんなことを、何度もかみしめて考えた一年でした。


私は、少し子どもだったのかもしれません。


翔くんが、公の場所で少しずつ自分の本音を話さなくなって。
分厚い鎧を着ているような、ソツのない対応をすることが、私はどうしても我慢ならなくて。


「なんで!!??」って思ってた。ずっと。


けれど。
翔くん32歳、嵐15周年のタイミング。

ここまで来ないと、分からないことがたくさんあったんだな、と今は思います。


翔くんも、いろんなことを考えて、葛藤していたんだよね。


そんな中で、強くあり続けるために、笑いつづけるために、
いろんな人の期待にこたえるために、

何より、自分の志した道を、往くために。


取った最善の行動があれだったんだって、今ならよく分かります。


翔くんがどんな時も強くあり続けてくれたおかげで、私はいつも笑えてた。

小さな「!?」と、勝手なるブログでのパブリックイメージとの戦いはあったけれど、不安になったことは一度もないし、本当に、ずっと幸せだったんです。


今年の幸せを、言葉で表現するのはとてもむずかしいです。


あっけらかんと、顔をくしゃくしゃにして
子どものように、また、笑ってくれるようになりましたね。


もしかしたら翔くんは自分では気づいていないかもしれないけれど、
最近の翔くんは本当に楽しそうで、それだけで私は、充分過ぎるほど幸せです。


2年前のソロ。
あなたはこう歌いました。

「君にはもっとこの先ずっと笑っていてほしい」

いま、私はそっくりそのまま、同じことを翔くんに伝えたいです。

そろそろ良い歳のおじさんなのだから、
体に気をつけて、たまには仕事以外のこともしてね。


翔くんが、毎日楽しく、笑って過ごせますように。

不思議だね。
昔はいろんな欲があったけれど、今はもうただただ、それだけ。
翔くんが笑ってくれていたら、それでいいなって思います。

翔くん、33歳のお誕生日おめでとうございます。

今年も、来年も、ずっとずっと、大好きです。


2015年1月25日
ゆうり


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

もうすぐ翔くんの33歳のお誕生日!!

今年もやりまーす♡(´∀`)♡


こちらの記事のコメント欄にて、翔くん33歳の誕生日お祝いメッセージを集めたいと思っております。

せっかくわたし東京に住んでいるので、ね!!土地の利なんかを活かして、ね!!あとブログアクセスね!(身も蓋もない)せっかくたくさんアクセスして頂いているから、ね!集約場所として使いましょう、ということですヾ( ´ー`)

今年もたくさんの素敵な読者さんに恵まれましたので、一緒にお祝いしましょ~(*^ー^)ノ


ご参考として、昨年度の記事を貼ります。こちらの記事の、コメ欄をご覧ください。昨年度ご参加頂いた皆さん、ありがとうございましたー!!(´∀`)

昨年度のお誕生日メッセージ(コメ欄をご覧ください)



2015年。

嵐15周年を経て、16年めへ。

櫻井翔くん33歳に。




LOVEコンの終わり頃から、その兆候は感じ取れましたが、あたしいま、翔くん超スイッチ入っていると思うんですよね。久々に超スイッチ入ってる。

その割に「2015年はゆっくりします」とか言うからまじ成長(変化)を感じて仕方ない訳です。


ここ1年半ほど、翔くんが腹を括ってやってきたこと。

「どう見られるかを考えることはもうやめた」


こう言い切って、前だけを見て進む翔くんの姿を、あたたかく、嬉しく見守っている人がたくさんいるんだよってことを、ぜひ伝えたいです。


去年は、まさに変化の中にいた最中だったけれど、今年の振り切り方、アウトプットにわたし感涙だもの( p_q)( p_q) (筆者の事情)



もちろん、どんなメッセージでも歓迎です♡


賛同してくださる方、ちょっとはやいですが徐々にコメント欄にメッセージ寄稿お願いいたします!!

翔担以外のかたも大歓迎ですよー!!



むしろ翔担以外の方、嵐ファンではなく他担の方にもわたしたまに「櫻井くんについて」お声がけいただくのですが、いずれもとても嬉しいコメントばかり!!!こういうのこそ、伝えましょう!!ね!!!!!???ぜひ!!!!



ご協力ぜひぜひお願いいたします(*^ー^)ノ 





なお、本記事は1月25日当日に、本文を書き換えたうえで、頂いたコメントを一気に承認して再アップさせていただきます。コメントは最終的には公開致しますので、その点だけご留意くださいませ。もし、やんごとなき事情で非公開を希望される方は、その旨記載をお願いします。






下記注意点です。ご確認のほどよろしくお願いいたします。


・コメント欄は、アメーバ会員のみ記載できるかたちとさせてください。本当に本当にお手数ですが、アメーバ会員ではない方は、こちら(アメーバ会員登録)からご登録くださいませ。お手数おかけしますが、よろしくお願い致します。




・上記にも書きましたが、頂いたコメントは最終的に公開致します。個人情報などの記載はお控えくださいませ。(※もし、やんごとなき事情で非公開を希望される方は、その旨記載をお願いします。)

・以前、番組内でも公言がございましたが、翔くんはギャル小文字などの表記があまり好みではございません。釈迦に説法ではございますが、正しい日本語での表記をお願い致します。




・メッセージがひとつのコメ欄に入りきらない場合には(溢れる気持ちに伴う字数オーバー)2つほどに分けて投稿をお願い致します。メッセではなく、分割でのコメント投稿で統一頂けますと大変助かります。分割になる分には、まったく問題ございませんのでp(^-^)q




・いつも書いてくださる方が多いので・・・恐縮ながら念のためですが・・・・万が一私へのメッセージございましたら、翔くんへのメッセージとは分けて記載をお願い致します。(冒頭、もしくは末尾にてお願いします)





・最後に、お誕生日はまだですけど、もうお誕生日が来ているテイでお願いします。笑


以上、いろいろと書きましたが、最低限のマナーを守って、皆さんのストレートなお気持ちをぜひぜひ!!


頂いたコメントは、責任持って私が紙面におとしてまとめていきます。
ファミクラに持っていきます。



そのため、誠に恐縮ですが下記を締め切りとさせてくださいませ。




1月25日(日)23:00 (夜11時)まで



※1月25日(日)0:00過ぎからコメントは全件承認して公開しはじめたいと思います!
23時まで、コメント受付は継続いたします。いっしょうけんめい承認します(´∀`)クリッククリック

いつもは恥ずかしくてコメントできないYO!という方も、ぜひね!!これを機会に!!一緒にいかがですか!!!(´∀`)(´∀`)たくさんの方に、ご賛同いただけると嬉しいです♡


というわけで、コメ欄へのメッセージ寄稿、お待ちしております♡


お誕生日コラムのようなゆるい記事も少しずつ書いていきますねー(´∀`)わーわー

ブログはじめて5年めのカウントダウン。年季入りすぎて自分でびっくりですが、楽しくやりましょ~(´∀`)

AD
いいね!した人  |  コメント(203)

テーマ:
こんばんは!!!

ちょっともうあっちもこっちもでいろんなこと起こっててパルプンテーーー!!!!(ノ´▽`)ノ

主に仕事と・・・仕事2と・・・仕事3と・・・

あとMYOJOですよね(@_@)

早売りの画像は見ました(@_@)(@_@)テキストですよ問題は・・・震えちゃいますよ。

もう今から震えてます。


寒いいいいいいい~~夜だからああああ~~~

(香美)


記事の中で歌をうたう危険なメンタル状態ということです。ただいま。


ようやく今日買って帰りました。ノンノ!!!!!!

ほんとさあ!!




よくやってくれたよ( p_q) ありがとうねノンノさん( p_q)


こちら。全体的に潤のかわいさがいよいよやばいレベルに達してます。

{88F0DEF8-0A84-4AA9-A2BC-DDA824ED0C53:01}
これさ・・・なんなんだろう。顔、口から下は見えてないし、目もつぶってるのに、なんで?なんでこんなに可愛いの?

わたしこの姿勢になっても絶対かわいくないですからね。(まつげ貧相問題)

そして翔くんのなんともいえないガチっぽい寝顔も味わい深いです♡

{F237888A-3FA8-4712-9EB4-B2FE34EACC72:01}

ねむいよね~(´∀`)まだ寝てていいよ~(´∀`) (激甘)



ちなみに翔くんの寝顔といえばこちらじゃないでしょうか。

{F7614DA9-B1CD-4A8F-AA20-145613ECADCD:01}

ぶーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@) かわゆすぎてぶーーーーーーーーーーーーーーーっっ(@_@)(@_@)

竹本くんの頃から、ほんとさ。かわゆいんですよ翔くんは。だって顔がかわゆいんだもん。ちょっと笑ってむにゃむにゃしてるだけで、かわゆいに決まってるもん(*_*)


さてノンノに戻りますね。

これ見てぶったまげましたよ。あたしは。

{089BD0BC-9B96-437F-9A7F-7D98B27B3729:01}


{BE422CE4-D15C-4E62-9AD4-09DB23DA941E:01}

潤のかわいさが群を抜いている(@_@)


この2枚が、なんというか・・・「嫁はつらいよ」状態の象徴画みたいなものなんですよね・・・(とおいめ)



1枚めもう1回みてくださいね。


{089BD0BC-9B96-437F-9A7F-7D98B27B3729:01}

なんだか亭主関白様オーラ出してるけど、顔はほころんでいますよね。

これはね、まんざらでもないんですよ。

(知りません)


自分はざっくり食べ終わって、そこにいる必要はないんだけど、本当はそこに座ってなくていいんだけど、潤のためにそこにいる。そうです。そういうステイタスです。(テキトーに話してます)

もし隣にいるのが嫁だったら、2秒で離席ですから( p_q)

(離席レコード記録)


そして2枚めですね。

{BE422CE4-D15C-4E62-9AD4-09DB23DA941E:01}


最終的に、ちょっと食べたくなってきちゃってる(@_@)(@_@)


これも、潤だからこそなんですよ( p_q) 

潤くんのつくったお味噌汁( p_q)( p_q)( p_q)おいしいもんね( p_q)( p_q)


嫁だったら、あれですよ。そもそも味噌汁を食してること自体、認識されていない可能性が高いですよ。(原因:離席)



嫁はつらいよ朝ごはん( p_q)( p_q)


潤くんかわいいねほんと( p_q)( p_q)翔くんにこんな顔させるなんて罪な子だよほんと( p_q)
AD
いいね!した人

テーマ:
こんばんはヾ( ´ー`)

皆さんコメントありがとうございまーす!!本記事の最後にリンク貼りますが、お誕生日メッセージよろしくお願いします(´∀`) どちらさまもご遠慮なく!よってらっしゃいみてらっしゃい!!(八百屋)


さてさて。

明日は、翔くん32歳最後のNEWS ZEROですね。

はあああああああああ歴史を感じますねええええええ( p_q)( p_q)( p_q) 

同じくらい自分も年をとっているという事実にも震えますが、ほんとね、こんなに長くやらせていただけるなんて( p_q) 33歳になっても、34歳になっても、翔くんが望み続ける限り、NEWSZEROというかけがえのない場所が、あり続けますように。


さて。「翔くんが形づくる嵐のストーリー」という題名をつけてみました。

この話ずっと、きちんと考えたいなと思っていたんですよね。

過去にも、いろんな記事に書いたことがあると思うのですが、わたし、翔くんはストーリーを訴求するコンセプチュアルスキルがとても高いと思ってます。

嵐はどのような歴史を辿り、どのような方向へ向かっていくのか。そこにどのようなストーリーがあるのか。

翔担だからという説はありますが、あたしは翔くんの言葉から、いつもこれらを認識してきました。

人は、ストーリーに魅了される生き物です。

グループの中にあるストーリーに、多くのジャニオタが魅了されているのではないかと思うのです。

だからこそ、私は翔くんのこの「ストーリーをつくる力」に注目しています。そして、「さすがだなこの人」とよく思ってます。


それは、リリックという形でも表出しますし、雑誌等のインタビューでも表出しますし、あとあれですね。コンサートの挨拶という形でも表出します。

ちょっといろいろ記憶を辿ってきちんと調べないと書けないものもあるので、今日は私がぱっと思い出せる範囲で「コンサート挨拶」を引用しながら、翔くんが形づくるメッセージを紐解いてみたいなと思っています。


まず、直近でいくとハワイの挨拶です。

【ARASHI BLAST in ハワイ】翔くんの挨拶。15周年にハワイへ行った意味。

こちらの記事に書いてあります!
この記事は、私自身が今後も大切にしていく記事になると思います。

下記、ハワイコンサート挨拶より抜粋。

15年前、違和感しかなかった「嵐」というグループ名に、今、これだけの自信を持って、誇りを持って。嵐という看板を背負って、再びこのハワイという場所に、我々5人、そしてスタッフとで戻ることができたこと、本当に嬉しく思います。

それも一重に、皆さんのおかげです。本当にどうもありがとう。

デビュー半年後のコンサートで、「嵐のファンになってよかったと思えるグループになります」ということを言いました。18の時に言った自分の言葉を、ただただ追いかけてきた15年間だったと思います。これからも、あのちょっと生意気だった18のときの自分の言葉の背中を追いかけて、嵐のファンでよかったと皆さんに思ってもらえるような嵐でありたいと思います。



この↑内容から、

違和感・不安しかなかったデビュー当時 
 ↓
自信と誇り、そして感謝に満ちた今


という物語が抽出できると思います。


では、私の記憶に残っている(もしくは記録に残していた)挨拶をニュアンスですが、時間を巻き戻しながら紐解いていきたいと思います。

記憶に残ってるもの、つまり超主観なので、そこんとこだけすみません!!(物忘れ激しいから不安)


まず、LOVEコンオーラス@福岡の挨拶。下記超ニュアンス&抜粋です。

昨日の夜、1年半ぶりに5人だけで飲みました。1年半前も、私が声をかけました。

これまでの話とこれからの話を、沢山しました。結局のところ、5人それぞれの口から出るのは、結局「嵐が好きだ」という話でした。2時間とちょっとくらい、色々話しても、結局「嵐が好きだ」ってことになりました。

皆さんにもたくさん愛して頂いていますが、我々5人は、皆よりも嵐が好きです。負ける気がしません。嵐として、これから15年、20周年、30周年、目指していきたいと思っています。どうぞ。皆さん。僕たち5人に負けないように沢山愛してください。もう一度言います。負ける気がしません。



これはさすがに最近なのできちんと覚えてましたけど、本当にいい挨拶だったんですよね。2013年末。

この時の翔くんの様子を見て、「こりゃ嵐さん、2014年から攻めるな」と確信しました。

「誰よりも自分たちが嵐が好き」というところをコアに据えて、前へ進む嵐というものが、この挨拶から伝わると思います。


えーっと。次はあれですかね。
5×10の挨拶。

10年前のあのハワイの会見。 もう一度、もう一度あの日に戻るとしてもきっと同じ道を選ぶだろうなと強く思います。


続きましてTimeオーラスの挨拶。

この東京ドームという大きな箱で、一番奥のほうまでお客さんが入っている姿みると、思い出す景色があります。

僕らがデビューして2、3年の頃、全部の会場でお客さんがいっぱいになるってことはなくて、空いてる席見て、悔しくて悔しくて、たまらなかった。

それが今、こうしてこんなにいっぱいのお客さんが集まってくださっているのを見ると、嬉しくて嬉しくて。どうもありがとうございます。 ただ、会場が大きいことが重要なんじゃないと思うので、皆さんの気持ちの大きさ、愛情の大きさが僕たちにとって一番大きな糧だと思っています。この会場で出来ることは本当に素晴らしいことだと思う。だけど、みんなが応援してくれる一人一人の気持ちの大きさが僕たちは一番嬉しいです。

ここまで来るのに8年かかりましたが、8年かけてここに立てたことは、僕にとって今、大きな誇りです。 僕達の8年は、おそらく間違ってなかったと胸を張って、今、この場でみなさんに言えます。



これも素晴らしい挨拶だと思います。ちなみにこの挨拶もハワイと同じ構造です。

すべての会場をうめることが出来なかった昔 
 ↓
東京ドームという大きなハコにぎっしりお客さんが入ってくれている今


という物語が抽出できます。


そして、こうやって並べてみると、翔くんがいかに「ここまでの道は、間違っていなかった」という内容を述べているかがわかると思います。

表現は色々と変わっていますが、これまで自分(たち)が歩んできた道を自ら肯定しているんですよね。

ちなみに、思い出したので貼っておきます。ここにもありました。

「17歳の自分への手紙」@H

雑誌Hでの「17歳の自分への手紙」の中では、こう言っています。

こっちも未だに“これで本当に良かったのか”分かっていません。
でもまぁ・・・“悪くないかな”ってところまでは来られたよ。来られるよ。



嵐の歴史は、しばしばストーリー(苦節○年的な)で語られることが多いと思いますが、その震源地はわたし翔くんだと思ってます。そのくせ、「昔は大変だったとか言われるけど、僕らは僕らで楽しかったんですけどね?」とかってことも言いますから、ほんとうまいなって思いますけど。なかなかの策士ですよ。無意識にやってる部分もあると思いますけどね。だからすごいんですよね。もって生まれたストーリー化の能力だと思います。

けれど誤解して頂きたくないのは、上記のような自己肯定のコメントや、昔から今の物語風の描写は、何よりも翔くん自身が自分のために、自分に言い聞かせるように言っていることだと私は思います。狙って発言しているわけではないんですよね。たぶん。

翔くん自身が、この「嵐になってしまった自分」と向き合い続けているんだろうな、と思いますし、翔くん自身が、メンバーやスタッフさんと一緒に、本当に頑張ってきたからこそできた道だと思います。


よし、寝ます!!(急)
もしかしたらこの話続きを書くかもです。


翔くんのお誕生日まであと1週間切りましたーーー((((((ノ゚⊿゚)ノ

こちらお願いします♡ 
翔くん33歳お誕生日おめでとうメッセージ募集中


いいね!した人

テーマ:
こんにちは♡

皆さま、メッセージ投稿いただき、ありがとうございます!急かしてしまって大変恐縮ですが、ご協力いただき、本当に助かります。ありがとうございます。

コピペしつつ(Ctrl+C→Ctrl+V)じっくり大切に読ませて頂いてます(´∀`)

私なんかがこんな幸せな気持ちになってしまって恐縮ですが、これは!!去年も思いましたけど、まじで!!翔くん、本当にたくさんの人から愛されてるな~しあわせだね~って。すごくそう思いました。


そして、僭越ながら私へのメッセージも頂きましてありがとうございました。いつも身に余るお言葉をありがとうございます。ただ独り言のように無駄にストイックに文章化に向き合ってるだけの者(誰)ですが、これからも楽しんで頂けたらうれしいです。


さて、そんなことを考えていたら・・・

やや抽象的ではありますが、翔くんの「愛する」「愛される」のバランスについて書きたいなと急に思い、筆を執りました。(パソコン)


これはずっと思ってることなんですけど、翔くんってまわりからめっちゃ愛されてるのに、愛されなれしてないんですよね。「すぐ照れる」など、もろもろの言動からそう感じています。

かといって、自分が愛されている自覚がないわけでもない。

「愛されている自覚がない」というのは、その人の中に「愛情や承認が足りていない」という状態と同義で使っています。

これは単なる私の持論ですが、大人になって「愛情や承認が足りていない」と、様々な認知や行動の歪みが発生してしまい、仕事のパーフォマンスにもかなりの影響を及ぼすと思ってます。それが良いとか悪いとかではなくて、そのくらい、人間というのは弱い生き物であり、感情に左右される生き物なのだと思います。

そういう、「その人の中の愛情・承認が満タンではない」状態ではないんです。翔くんはそういうタイプではない。自分の中の愛情は足りていて、だからこそ時に自分を犠牲にして、人のために何かできるのだと思います。


けれど、ちょっとここから逆説的なことを言い始めますね。

これが翔くんの少しアンバランスなところだと思っているのですが・・・

翔くんって(特定の)人に過度な愛情を与えるじゃないですか。(cf.ふまたん、千賀くんなどなど)

そして、人のお世話をするのも大好きじゃないですか。サプライズも大好きだし、人喜ばせるのが好きなんですよね。

要は「愛したい」タイプなんだと思うんですけど(愛されるより愛したい)

これちょっとうまく伝わるか分からないんですけど!!!だんだんだん!!!(地団駄ふんでます)


その「愛したい」という欲求の根っこには、「愛されたい」があると、わたし思うんですよね。


(下線)


総論で見ると愛情が足りていない人ではないと思うけど、上記のような過度な愛情の与え方をするという行動の根っこには、「そういう形で承認されてきた」という歴史と無意識の価値観形成があるような気がしてなりません。具体的には、家族の中での関係性ですよね。

これは完全に私の推測というか仮説でしかないですけど、年の離れた兄弟のお世話をしてきた翔くんは、そういう形でご両親から承認を受けてきたんじゃないかなって思うんです。

お世話焼きという行動は、もう今となっては板につきすぎてるんだと思いますけど、基本的に、翔くんだけではなく、私たちの「よく取る行動」は、両親から「それが良いことだよ、えらいね」って褒められきた行動だとおもっていて、ほめられたいからその行動を取っているんですよね。

翔くんに関していえば、「愛したい」と「愛されたい」のバランスはそんな感じだと、私は思っています。


大人になってからのほうが、「愛情の満タン具合」についてはよく考えます。

「自己信頼」と言い換えても良いかもしれません。

若いころにどれだけの人と出会って、摩擦も乗り越えながら、たくさんの愛情や承認で自分を満たすことができるかが、社会に出てから踏ん張れるかの鍵だったりすると思うので、若い皆さんは本当にたくさんの人と出会って、真剣に向き合ってほしいな~なんて、老婆心ながらに思っています。


翔くんのお誕生日記事のはずが、最後よくわからないところにヾ( ´ー`)

翔くん33歳まであと7日♡ (わお!)

翔くんお誕生日おめでとう≧(´▽`)≦メッセ↓
(〆切までだいたいあと1週間!)
こちらでお願いします♡



いいね!した人

テーマ:
ブログさぼってて本当にすみません。

(特大フォント)


そして、酔っ払ってますいま。(らりほー)

仕事っていうか・・・最近体力の衰えがやばくてですね(アラウンドサーティ)ほんっとに寝ないと、持たないんですよ!!できれば7時間寝たいですもん毎日!!!アラサーまじやばいですので気をつけてください。皆さん。(何)


ホントお誕生日記事手抜きで恐縮なんですが(正直にいった)

そしてえっと・・・ほんとにこちらの都合で恐縮なのですが、こちら↓

翔くんお誕生日おめでとー!メッセ

今週の土日から猛烈にワードにコピペし始めますので、もしお時間許せばそろそろ・・・そろそろ皆さん本腰入れて、渾身のコメントを頂けたら幸いです!≧(´▽`)≦

今週の日曜は、ネイルを変えるのと、コピペしまくります!!!(週末の過ごし方)


じゃあ、ちょっと突然ですが、きゅるるん度高めの翔くんをご紹介しますね。

あたし、きゅるるん度高めな翔くん好きなんです(´∀`)


きゅるるん①
{3C71D6A8-8CB6-48CF-B0DA-3383516058AB:01}


きゅるるん②
{79E1EFEF-1D28-474F-8CA6-3F4BBDBBA00D:01}


きゅるるん③
{6D208D9C-E557-4C9D-81C0-EC68F0B1FD18:01}


きゅるるん④
{307656B4-D04B-4799-959A-F036A6A37A4B:01}



そして栄えあるきゅるるん大賞はこちらです!!!!!!!!!






きゃんわ♡♡

翔くんの腕の太さに今日一瞬きゅん♡ってしたけど、いろんなことが起こってましてすぐ仕事戻りました!!今週何もまだ見てないので、夜会とか夜会とか夜会とかはやく見なくちゃ!!!


ちゃおちゃおヾ( ´ー`)


えっとー。

きゅるるん翔ちゃんのお誕生日まであと9日くらいヾ( ´ー`) 

寝ますヾ( ´ー`)


メッセージ、大変恐縮ですがみなさま!!!!!みなさまどうか!!!!!何卒よろしくお願い致します!!!!('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)
いいね!した人

テーマ:
こんばんはヾ( ´ー`)

昨日オリエント急行みてそのままぐーーーーーーーーZZZZて感じだったんですけど、本日、昨晩のZEROの翔くんみてきゅん♡♡ってなりました。


なんかあたし、最近翔くんの30代感に超きゅん♡♡ってなっちゃうんですよね。

{57737F65-11C8-429A-A5D5-5BCD97C97C43:01}

なんか、いいかんじの、ちょっとしたおじさん感が出てきましたよね♡最近(´∀`)

まったく隠してないと思うけど、隠し切れない30代感。


{569C3468-2608-484D-AC95-73E49F3A8364:01}


ほらほら!!これとか!!超きゅんってなる!!
{07B587B6-5845-434F-A34A-27387C7B430C:01}

(最近お気に入りの一枚)

テカっちゃうのは積年の課題(´∀`)

なんかFNS?テカリ事件のこと、翔くんが自分で前にオトノハに書いてましたよね。いつだっけ(´∀`)


ほらテカってる32歳♡
{C44E72E1-19B9-478C-94F7-0EBC9A16F54F:01}



そんな中、こちら29歳。(思い出の一枚)

{021754E7-171A-4486-8C04-8BEE5A86201A:01}

わたしもこのマチュピチュ着用したことがあります(´∀`) (詳細割愛)


そしてこちらが28歳。

{CEC90829-61B4-4C35-BA6F-E5B30DDE02FA:01}

(ミラコー)


そうなんですよね。お気づきの通り、やっぱり30代入ってから、だいぶ出てきてるんですよ。おじさん感が。


あたし今のほうが好きですけどね♡

というわけで、もうすぐ33歳のゾロ目YEARになります♡

翔くんのゾロ目YEAR突入まで、あと12日♡

いいね!した人

テーマ:

こんにちは≧(´▽`)≦

書けるときに記事たくさんあげる作戦≧(´▽`)≦

メッセお返しできてなくてホントすみません( ´(ェ)`)しょぼん
思いの外たくさん頂いてしまいまして・・・ヒントは頂いているので、記事でお返ししていきますねY(>_<、)Y

まず、翔くんのラップのパート2を書きたいと思います。

はじめに申し上げておきますが、

まだあまり綺麗に言語化できていません。

(え)


なんか、ぼんやり思ってることを書き連ねてみたいと思います。逆に、何かご意見頂けたらうれしいです。ちょっとこれは個人的に研究していきたいと思いますので。


わたしあんまり几帳面ではないもので(みんな知ってる)翔くんのラップを一覧にしてまとめるみたいな行為はしたことがないのですが、ばーーーっと時系列を頭の中に格納して追っている感覚として、なんかラップの内容がちょっとずつ変わってきているなという印象は、漠然とあるんですよね。


ちょっとその「変わってきているな」を細かく出してみたいと思います。


◆翔くんの青春時代の投影みたいなラップが登場しなくなった

ここから先すべて、嵐の楽曲のトーンが大人路線(友情→愛情)に変わってきているという前提はあるような気はしますが、それでも、最近一切出てこなくなりました。

翔くんの青春時代の投影ラップ。
例えば、シングルでいくと

①ピカダブ
動き続けた長針と短針は 振り返ってみるといやに短期間・・・(略)


あとこれは受験のイメージでかいてると思うけど、入れてみます。

②サクラ咲ケ
「右へならえ」から踏み出すこの一歩を・・・(略)


そしてこれちょっと解釈が難しいところですけど、
青春時代ではないけど、なんか当時の翔くんの気持ちを投影してる系だと思って入れてみます

③We can make it
僕はただただ黙々と Dream と書いて「目標」と読む・・・(略)


あとはこれは間違いなくそうでしょ~。

④ステゴー
日々をこうして過ごす中に・・・(略)

「交点」の話、翔くんよくしてましたよね。


で、ちょっとBelieveからラップの印象が微妙に変わったなって私印象としてあるんですよね。なんだろう??なんていうのかな。「ラップの内容が大人になった」っていうんでしょうか。

やばい。全然うまく言えてない(`Δ´)


あとあれですよ。一番青春時代を投影してるのはStill...のラップですね。

そして青春時代を投影してるわけではないかもしれないけど、彼の気持ちを投影してる系でいくとFutureとかもど真ん中ですよね。


なんかね、最近のラップは「とある風景」を翔くんが思い描いて、それをラップにしてるなって感じの印象が強いです。架空の物語というか。その場所に翔くんがいる感じがあんまりしない。

そんなことを、前に本人も言ってたと思います。たしか。風景をイメージして、それを言葉とはめる、みたいな話。

その「風景イメージ法」でうまくできるようになってきたから、彼自身の体験を棚卸しする魂のラップはあまりなくなったのかもしれないですね。うむ。それはそれで、リリックをつくる観点でいくとすごいことですけどね。自由自在だもん(・_・ 三・_・)


◆ポップな歌詞が少なくなった

また全然うまく言えてないやつ来ました。

(ブログに書く勇気)


えーっと。例えばですね・・・

①きっと大丈夫
「今日はどうなの?Baby?」って先輩やけにご丁寧 ほぼ命令 ・・・(略)・・・wicked wicked wicked everytime

とか、ポップじゃないですか。(伝わって)

あと・・・

②太陽の世界
ちょいもとい もうお任せご想像に・・・(略)・・・ 俺 風来坊 迂回路 時に近いよ YO-HO!向こうの方へと 頂上方向へ俺と


これとかもポップ・・・軽快な感じの言葉選びじゃないですか。単語中心っていうのかな。

あとこれも。

③Di-Li-Li
まず始めに 不真面目に Boon Boon CLAP AND Boon Boon CLAP的に ・・・(略)・・・とかく辛い時にこそ顔上げ前を見る


④ななな (題名表記がんばれ)

はっはーい。待て待って どうした?そんなに汗かいて まぁまぁまぁ焦らないで・・・(略)・・・


なんか今こういうのあんまりないですよね。今はかなり・・・こう・・・漢字と英語が多いというか・・・しっかりした言語で構成されたリリックになったなという印象を受けます。

Take off!!!!!の「セッション発祥」のあたりとか、翔くんがオトノハに書いていたところあたりは、ちょっとポップですね。久々に。


どうなんだろこれ≧(´▽`)≦

私の単なる印象なんですけど、感じてるの私だけだったらすみません≧(´▽`)≦あはは


アップしちゃえ≧(´▽`)≦

(勇気)


こちらお願いしまーす♡
翔くん33歳お誕生日おめでとうメッセージ募集中

いいね!した人

テーマ:
いつからでしょう。

「陰」と「陽」という言葉が、私の中に根付いたのは。

もっと正確に言うと、私の中に「陰」が芽生えたのはいつのことだったかな。

中学生のころ、「世の中に絶対なんてない」ことに絶望を覚えてしまったこと、よく覚えてます。

何があったわけでもないのに。
今思えば、私は本当に幸せな環境にいたのに。

多感すぎたのでしょうか。

自分の中の「陰」とうまく付き合えるようになったのが、自分自身の成長といいかえても過言ではないかもしれません。


先日、ツイッターで流れてきたシゲに関するブログを拝見したのですが、「ああ、なるほど」とものすごく合点がいきました。私の感じてたシンパシーは、こういうことだったのか、と。よく分かりました。


私のアカウント(@yuri125125125)からRTしていますので、よろしければご覧頂ければと存じます。

+act miniで作家をはじめたことに関してシゲがこんなことを話していたらしいです。


「(アイドルをやっているとき)陰と陽”が常に混ざっていた」

「NEWSでいるために作家をやる」



発刊後「ピンクとグレー」を読んだときに、読み終わって一番はじめにこう思ったんですよね。

「同じ穴のムジナかもしれない。」と。

シゲのパーソナリティまで深く知っているわけではないので恐縮ですが、村上春樹とか読んでそうだなって思いましたし、シゲから見えているこの世界と、私から見えている世界は、少し近いところがあるんじゃないかなって、勝手ながらその時思ったのをよく覚えてます。

シゲのその後の作品から、私はなんとなく足が遠のいてしまっていたのですが、それは、シゲの表現する「陰」の世界にこれ以上触れることを、無意識に私自身が避けたのかなって思います。

「陰」と「陽」で二分された世界の中で語るとすると、

私の中で、アイドルは「陽」の存在。

ジャニーズの現場のエネルギー。
そして人間としてのエネルギー。


圧倒的「陽」の存在として認識していますし、「陽」のパワーを補給し続けられるからこそ、私はジャニーズが好きなのかもしれません。

その「陽」の存在であるアイドルの中にある「陰」に、書籍という形で触れてしまうことに、戸惑いを感じたのかもしれないですね。


正直なことを申し上げますと、上記のシゲに関する記事を拝読して、あたしシゲを好きになる素養があるなと思いました。

素養というのは、ちょっとむずかしいのですが、

「陰」と「陽」のバランスが、極めて自分と近いことに依拠しています。

直感的なものですし、私がそう感じているだけかもしれませんが、とても同じにおいを感じています。

だけど、変なことを申し上げるようですが、好きになる素養はあるけれど、逆に好きにならないだろうな、とも思いました。

いや、シゲのことは普通に好きなんですけどね!?(主にドヤ顔が)


担当にはならない、担当にしてしまったら逆にしんどくなってしまうタイプだろうな、という意味です。


じゃあいきますね。得意の自担カーブ。


(´∀`)


シゲの「陰」と「陽」の話に触れて、ピングレ読んだときの感情を思い出して、瞬間的に自担スライドして思ったことがあります。


私が翔くんを好きな理由。またわかりました。

(また)

とても強い人のように見えると思いますが、翔くんの中にも弱いところがあります。少なくとも、私からはそう見えます。弱いところ・・・というか、アンバランスなところと言ったほうが適切かもしれません。


それは、マイノリティであり続けたことから来るコンプレックスだったり、過度に人に愛情を与えることで自分のポジションをつくろうとするところだったり、周囲からとても愛されているのにそれを照れて受け取れないところだったり。そんなところです。


これらが翔くんにとっての「陰」だとすると、彼はこの「陰」を全部「陽」に変えてきた、と私は思っています。それこそが翔くんの強さであり、私はそこに対して最もリスペクトの感情を抱いています。


「陰」と「陽」を統合してしまう強さ。


これだと思ってます。
櫻井翔の一番すごいところ。 


これ、3年前に書いた記事です。

30歳になった翔くんへ贈ることば ~陰と陽の“陰”~

この時書いたこと、今でも何も変わっていません。

翔くんの言葉が妙に刺さるのは、心をつかんで離さないのは、
どことなく似た境遇で生きてきたこれまでと、
決して真似できないゆるぎない「強さ」が彼にはあるから。



この「強さ」というのは、「陽」へ向かう強さです。

今はきちんとバランスが取れるようになりましたが、前提として私は「陰」が少し強い人間なので、「陽」へ向かう強さを持った人に惹かれる傾向がとても強くあります。


しかしながら、これは私の持論ですが、陽へのエネルギーが強い人の中にも、複数種類あります。

・もともと「陽」のエネルギーが人(無条件な明るさを持っている人)

・「陰」の側面はあるけれど、それを凌駕する「陽」のエネルギーを出している人


翔くんは後者です。

ちなみにシゲは

・自分の「陰」とうまく付き合っている人

だと思ってます。

私は翔くんはとても「人間らしい」人だと思っていて、それは好きな理由の中の大きな位置を占めているのですが、その「人間らしい」という形容は、【「陰」の側面がある】とほぼ同義です。


度重ねる言語化によって、ほぼ解明されつつある「私が櫻井翔くんを好きな理由」ですが、大きくは2つの要素があります。

①「陰」の側面へのシンパシー
上に書いたような内容です。翔くんのアンバランスなところ。

②「陰」を「陽」に変える圧倒的な強さへのリスペクト


とても有り難いことに、ブログを4年ほど続けてくる中で、よく「ゆうりさんから見える翔くんをこれからも書いてください」というお言葉をよく頂戴します。

これはどういうことなのか、私もずっと考えていたのですが、大きなところでいくと上記①の目線なんじゃないかな、と今は思っています。①があるから②がありますし、「こんちくしょう精神」のお話なんかは、①がないと出てきませんからね。

そして、翔くんのアンバランスなところに気づけるのは(気づいてしまうのは)、他ならぬ私自身がその要素を持ち合わせているからです。自分の中の「陰」が共鳴してしまうから、気づいてしまうんだと思います。

ちなみに、シゲの「陰」も、わたし絶対感じ取れると思います。けれど、それはちょっとこわいな、と思ってしまうのは、共鳴しすぎてあぶないなって思ってるからだと思う。そっちにものすごい引っ張られてしまいそうで。

そして、翔くんが好きなのは、「陰」から「陽」へ引っ張りあげてくれる存在だからなんだと思います。たぶん、そういうことなんだと思う。


作家とアイドルという形で「陰」と「陽」をきっぱり分けることでアイドルを全うするシゲと。

自分のなかの「陰」を、「陽」として輝くための原動力に変えることでアイドルをやってる翔くんと。



どっちが良いとかっていう話をするつもりは毛頭ありませんけど、なんかいろんな形があってすごく面白いなって思います。


アイドルとは生き様を見せることそのものであり、

この人達は、そのくらいのパワー・熱量を持って、本気でアイドルという仕事を全うしている。


すごいですよね。
ほんとアイドルなめんなよって思います。(誰)


シゲのことは、わたし今まで通りアイドルのほうの側面を中心に応援したいなって思ってます(・ω・)/同じ穴のムジナとしても、すっごく、すっごく応援してます。

そして、翔くんにはこれからも圧倒的な強さで、この世界が素晴らしいってことを教えてもらおうと思ってます(´∀`)


ほいほいほい!私が記事を書かずにさぼっていたせいで、翔くんのお誕生まであと13日となりました。(!!)

皆さま、こちら書いてくださいましたか~??
翔くんへの33歳お誕生日メッセージ募集中です♡
翔くんへのお誕生日メッセージ

すでにコメントしてくださった方、ありがとうございます(´∀`)
いいね!した人

テーマ:
こんばんは(´∀`)

メッセありがとうございます!!後ほど、まとめてご返信させていただきますねー!!!

明日仕事以外たぶん何もできないので、今日は記事を書きます!!

時間の配分が全然うまくできないできないことで昔から有名ですみません!!Y(>_<、)Y(昔から)

今日は、翔くんのラップについて書こうかなって思います。

何について書こうかな~と考えていたとき、ふと思い出したことがありました。

こちら。約3年前の記事ですが、まずこちらをご覧頂きたいです。

オーラスで翔くんが言った「素晴らしき世界」

この記事に書いてある、神門さんの「S.Sさん」という曲、私たまに無限ループで聞いているときあるんですけど、ほんとに鳥肌立つくらい感動してしまうんですよね。

今日久しぶりに聞いて、また鳥肌立ったもん。


日本語ラップのミスターサタン


とかまじ震えて立てなくなるくらい感激しちゃうもん何回聞いても( p_q)( p_q)( p_q)


ぜひ、皆さんにも聞いていただきたいです。

ほんとに。無限ループで聞き続けられる。私は3年間聴き続けてますけど、未だに感動してますからね。

翔くんのラップを、こんな風に言って頂けるなんて( p_q)( p_q)

ほんとにね、嬉しいよね( p_q)( p_q)翔くんね( p_q)( p_q)


ダントツ日本で一番人を呼べるMC櫻井翔くんなんですけどね。


あたし、別にもともとラップには詳しくないんですけど、翔くんのラップを聴き続けているうちに、だんだんラップに関して耳が若干肥えてきているところが、たぶんあります。そして、そんな自分に自分でちょっとうけるんですよね。

しかし、最近何をみても思うんですよね。

翔くんってやっぱラップめちゃくちゃ上手いよな。って。(もちろん真顔です)



ふといまのJ-popを見渡したときに、あともしかしたらジャニーズの楽曲で顕著なのかもしれないですけど、ラップってかなり、相当メジャーなものになりましたよね。ほんとに。

2015年、年初。2015年にしていきなりそう思いました。曲に入ってて当たり前というか。


私の中で、ラップというものの最初の記憶は、

DA・YO・NE (1994年) なんですよね≧(´▽`)≦ (世代)

だよね~ だよね~


いーすとあんどゆり。なつかしすぎる涙涙涙


あと、ブギバとかですか??おざけんのブギバはいつ頃だったかな。


1999年のデビュー時、ラップをひっさげて発売されたA・RA・SHI。当時はまだまだラップは新しいものでしたよね。ラップがすごくフューチャーされてたもんね。


なんかね、そして翻って今。

翔くんのラップまじ無敵だなって思うんですよね。

カラオケで他の人のラップ歌ってるのとか聞いてて、「これ翔くんがやってくれたらまじかっこいいんだろうなぶーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっっっ(鼻血)」って、よく思ってます。(カラオケの楽しみ方)


なんかね、うまく言えないんですけど。

リズムの取り方が抜群にうまい。

声とリズムのハマり方が、神がかってうまいと思うんです。

私も結構リズムマンなので、リズムへの微妙なはまってなさとかが気になっちゃうんですよね。翔くんはまじで完璧。そこがすごいし、心地良い。


あと声質が、ラップをするためにうまれてきたような感じですよね。(絶賛)

低さが、すごくあってると思うんです。あと、翔くんってラップ収録するときめっちゃ口を近づけてると思うんですけど、あれもコツなんだと思うんですよね。はっきり発音させるための。すごくそこ気をつけてるなって思う。ラップしてるとき、翔くんめちゃくちゃ口動かしてますからね。口っていうか、顔全体っていうのかな。


基本的に、翔くんのラップに関していうと、
すべては努力によってここまで来ている。


過去のラップに関する証言とかを掘り出してきたい衝動に駆られ始めていますが、もう眠くて仕方ないので寝ます。(えっ)

いろんな試行錯誤と、研究と、血のにじむような努力(影の)によって、ここまで来てるんです。それは絶対にそう。


だからあたし、翔くんラップまじうまいなって思ってもいいと思ってるんですよね。自担の贔屓目を差っ引くとか差っ引かないとかそういう話を超越したところで、ホントにラップ日本一うまいと、私は思ってます。


あと、翔くんの綴るリリックの感じが少しずつ変わってきてるな~ってことを、また続編として書きたいと思ってます。Timeの頃とかとくらべて、今のラップ明らかに違うなって思ってるんですけど。それずっと思ってて、書いたことないので、お話してみようと思います。


眠すぎて何書いてるかわからなくなってきたヾ( ´ー`)
寝ますヾ( ´ー`)


翔くんのお誕生日まであと18日(o^-')b
いいね!した人

[PR]気になるキーワード