京都のブルーベリー職人~独立起農の夢先案内人

ブルーベリー養液(水耕)栽培ってホントのところどうなの?という方。設備メーカーのホームページではわからない実態がここでご覧いただけます。さぁ、あなたも魅惑のブルーベリーワールドへ!!

ブルーベリーの養液栽培(水耕栽培)メーカー代表が語る、赤裸々の日々。ホームページではまだまだ語りつくせない日々の活動をここで報告します。
メーカーの実態、生産者の本音はここからつながります!!

テーマ:

皆さん、こんにちは。

 

今日の埼玉は、昨日と打って変わって、驚くほどの夏日でした。

 

30度くらいにはなったのではないでしょうか。

 

気が付けば今日は日曜日。でもしっかり工事をします。

 

休みなどと言ってられないのです。

 

自営業のつらいところですね。

 

でも、農家だって休みなし。好きな事やらせてもらってるんだから、

 

休みがなくても全然苦になりません。

 

さて、工事は昨日に引き続き、設置工事です。

 

シートを何とか昼過ぎまでかかって張り終え、ポットを配置しました。

 

とりあえず、並べてみただけですので、

ポットの位置がずれまくっています。

 

ここまでやっておけば、明日からの作業(アクアフォーム充填、植え込み)が

スムーズに行くことでしょう。

 

この作業は今回は当社の仕事の範疇にはないのですが、

知らん顔して帰れませんよね~。

 

ということで、楽しい作業を朝か晩までたっぷりと堪能した一日でした。

 

明日はもう一か所の違う現場に顔を出します。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

雨続きで、まるで梅雨時みたいな気候がずっとですね。

 

洗濯ものは乾かない、

 

田んぼもなかなか天気に恵まれず、稲刈りが進まない・・・

 

本来なら、スカッと晴れ渡った青い空のはずが

 

高温多湿のこの天気にも本当に困ったもんです。

 

さて、そんな中、自宅(京都)の稲刈り→モミ擦り(玄米化)を終えて、

昨日から埼玉県入間市の社会福祉法人にやってきています。

 

こちらでは、「農福連携」(農業と福祉)の一端を

ブルーベリー栽培とその販売に活路を見出そうとしています。

 

機械化の進んだコメでは、昔ほど労力は必要としなくなりました。

いわゆる、手刈り→日干し(かけ干し)→脱穀→モミすり、です。

私もその昔、家族総出で作業を手伝っていました。

 

野菜や果樹なども、機械集約化はそれなりに進んでいますが、

やはり人手に頼る部分が大きく、まだまだお米みたいにはいきません。

 

福祉業界でも、いろんな取り組みがなされていますが、

最近では農業とのかかわりが大変大きな比重を占めてきているようです。

 

しかし、問題は農産物の価格の安さ!

 

一生懸命育てた野菜でもキャベツ2個で100円とか、

普通にある話です。

 

そこで、ブルーベリー。

(他の果樹に比べ)単価も高く、工賃が出しやすい。

ジャムからペースト、ドライ、パウダーなど

加工のレンジが広いなどが特徴です。

 

ここ、埼玉県入間市の事業所でも

そうした取り組みが始まりました。

 

もともとは茶畑だったこの場所。

真っ平に整地転圧されました。

ここにシートを張ります。

 

もちろん、国産のシート。

ホームセンターや通販であるようなぺらぺらてかてかではありません。

あれは生産現場ではよくて2年しか持ちませんので使い物にならないのです。

目安は1平方メートル当たり150円くらいのものがいいです。

100円前後だとダメです。あとで泣きます。

温室はイチゴハウスです。

ブルーベリーはあくまで露地栽培。

シートを固定しながら、平行してかん水設備、そしてポット配置と

一気に進めます。

そうしないと、風でシートが飛ばされ大変なことになります。(もちろんシートピンはあります)

 

明日はここにポットを配置して、アクアフォームの充填作業です。

 

まだまだ続きます。

お楽しみに。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さま、こんにちは。

 

台風がこちらをめざしてきています。

 

農家にとっては疎ましいこの一週間。

 

少しでも海上に逸れてくれたら、と願わずにはいられません。

 

 

さて、先日の続きで、「Wポットシステム」の生育過程をご案内します。

 

まずはこれ。2015年11月20日。

 

これからすこしづつ落葉していきます。

 

そして、2016年4月1日。

かなりの花芽をつけて春を迎えました。

 

開花後の 5月18日。

新葉が展開しだすと、そのボリュームに驚かされますが、実はこれから。

 

同じく、5月18日。

さらに1か月後の6月8日

この日は、茨城県鹿島市で3町歩(3ヘクタール)6000本!のブルーベリーを栽培していた、大ベテランのケンちゃん氏が来園。(オレンジ色)

 

 

その彼でさえ、この生育ぶりには驚きを隠せません。

割りばし苗から1年でこれ~~??うそだろ~~(笑)、って。

ご覧いただけるでしょうか?果実が色付きはじめています。

2年生苗を植えてまだ1年半にも満たないというのに。

 

さらに翌日には、あの大御所、大関ナーセリーの大関社長様がお見えになられました。

苗を出荷した記録(2015年3月)をわざわざ(笑)確認してからお越しいただきました。

それがまさかのまさか、でこんなになっているとは!!ともうびっくり。

この後、大関社長様には海外の最新情報をお伺いしました。

海外の最新のブルーベリー情報は、今はもうここからしか入ってこないので、

非常に貴重なお話でした・・・。

今後のブルーベリーの「産業化」に向けて新しいシステムのヒントをいただきました。

 

最後に、8月20日の様子です。

なり疲れも見せず、新梢がもうこれでもかと押し合うように伸びています。

植えてから約15か月でここまで生育するのは、

特別なことをやっているわけではありません。

ブルーベリーの好む環境を整えたらこうなった、ということです。

今までの栽培法を否定はしません。ソレはソレ。

でも、もっといろいろ遊んで、悩んでみましょう、ということで。

全ては遊びゴコロからはじまるのです。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

ブルーベリーからいったん離れて稲刈りに精をだしていた

ブルーベリー職人です。

 

なんとか台風16号が来る前に取り込みを終えられました。

 

とはいっても、イノシシやらシカに荒らされて

 

収量はとほほ・・・

 

さて、

 

写真の整理をしていてちょっと思いついたので

アップしときますね。

 

ブルーベリー「Wポットシステム」です。

 

場所は東京都府中市。もちろん露地栽培です。

 

まずは植え込み時。2015年3月4日

見覚えある方もいらっしゃるかもしれません。

ちょっと遊んでみただけです。

 

これが2週間後の3月22日

寒い時期ですのであまり動きがありません。

 

そして、3か月後。2015年6月3日。新葉がでてきました。こんなもんかな?

 

3か月後の9月25日でこんな様子です。

結構来ていますね。でもまだ株もとは細いです。

 

更に2か月後、11月20日。だいぶ冷え込んできていますが、

紅葉なんてナニソレ状態。

さて、次回は今年に入ってからの様子をアップしていきます。

お楽しみに!!

 

あ、そうそう。アミノ入り液肥はノズルが詰まる、とか言って

5倍も6倍も!!高い肥料を買わせようとする業者もいるようです。めっ!

気を付けましょう。

現行のノズルは詰まりませんよ。ご安心くださいね。

つまったりして全国からクレームがきていたら今頃このご案内なんかできませんから。

それこそつまらない話、です、なんつって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

南から北から、どこにでもすぐ向い、

いまは東進中のブルーベリー職人です。

今日は長野県茅野市にきました。

この地で、ブルーベリー養液栽培の設置工事です。

少数規模でもできる「かんたんキット」、

そして環境適応性が増す「Wポットシステム」

この2つの技術の粋を集めたポット栽培がこの地でスタートします。



園主様はブルーベリー観光農園を夢見て、

ご家族のご理解と笑顔の元、

ようやく栽培をスタートされました。

簡単キットとはいえ、

中味はプロ向けのものと全く同じです。

そして先進のWポットシステム。

さらに、この地は日本一長い日照時間と

冬場の厳しい寒さで知られています。

この栽培をここで始めるという事は

それなりの勝算があってのことです。

楽しいブルーベリー栽培、そして

楽しい夢を描く観光農園のスタートです。

応援よろしくお願いいたします。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。