京都のブルーベリー職人~独立起農の夢先案内人

ブルーベリー養液(水耕)栽培ってホントのところどうなの?という方。設備メーカーのホームページではわからない実態がここでご覧いただけます。さぁ、あなたも魅惑のブルーベリーワールドへ!!

ブルーベリーの養液栽培(水耕栽培)メーカー代表が語る、赤裸々の日々。ホームページではまだまだ語りつくせない日々の活動をここで報告します。
メーカーの実態、生産者の本音はここからつながります!!
NEW !
テーマ:
こんにちは。

北海道東北から帰ってきてすぐ台湾へ飛んでいきました。

毎日まいにち目まぐるしく動いています。

今回の旅の目的は

①昨年10月に導入植付けした苗の生育確認

②食品展示会視察

の2点でした。

将来、日本国産のブルーベリーの「高級品」市場へ輸出をもくろむ一方、
おてごろ価格の一般汎用品は台湾国内で生産します。

今、流行りのLCC便にて出発です。

なんと台湾まで片道1万円を切っています。すごい時代になりました。

手荷物だけで、保険なし、とかなら5千円台!!

東京へいくより安い。



座席が狭いとか聞きますが、全然そんなことないです。
2.3時間のフライトなら十分です。

台湾到着後、現地在住の友人と合流します。



右が学生時代の友人F君、左は彼の義弟。
どちらもパワフルに動きます。
こちらも負けてられません。

後方に見えるのは展示会場。



アジア各国から集まった、ありとあらゆる「食」の展示会です。

とにかく広くて、見て回るだけでも2時間ほどかかりました。

ここに、提携先企業の(有)アグリプラン様が出展されています。

山口県美祢市(みね)で、美祢ブルーベリーガーデン を経営されています。

この展示会への出展は2回目ですが、

ここのブルーベリーで作ったジャムなどが、大変な評判となっています。

台湾ではブルーベリーの生産はほとんどありません。

今回もブースを訪れるバイヤーが引きも切らず、

てんてこ舞い!!うれしい悲鳴を上げています。



こういうイベントは来客の波があって、ずっとだらだらとくるわけでもなく、

きたきたきたぁ~~~と思っていると、

一気にどーーーんときます。



きました~~どーーーん!

大忙し!!

この日の午前中だけで数件の商談成立。大成功です。



右から、有限会社アグリプランの代表、有道会長。

わたし。

そしてFくん。Fくんは実は山口県出身で、なんの因果か、

前回と今回の山口県産品のPRと輸入販売の取次ぎに

駆り出されて貢献しています。



とまぁ、こんな感じで販売先の開拓もわたしはやっています。

苗やら設備やら肥料を売るだけではどうしようもないですからね。




ブルーベリー事業の大きなテーマは出口戦略です。

生産設備を農家に売るだけでなく、

その生産物の出口(販売先)を生産者と一緒に開拓する、という

大きなテーマに、前職時代は取り組めませんでした。

生産設備販売のみ、に集中せざるを得なかったのです。

しかし、苦節8年、独立して初めて取り掛かることができました。

当方の生産システムで収穫した美味しいブルーベリーを、

いかに高く販売していくか、みなさんと一緒に考えます。

時期尚早!とか言っているうちに、ほら、もう10年経ちました。

私だって残された時間は多くはありません(笑)。

だから一緒に走りましょうよ。

美味しいブルーベリーは、みんなが食べたいはずです。



次回に続く。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

放浪も度が過ぎて、いよいよ家路さえわからなくなってきたブルーベリー職人です。

(あっ、だから放浪か!!)

先月は、1か月のうち、2泊3日しか京都にいませんでした。

今週はおとなしく、田んぼをみて回ったり(米もつくっている)

ブルーベリー園をみたり(ほぼ、放任栽培)、

展示圃場を手入れしたり。

で、入ってきた台湾からのレポート。

本当に美味しいブルーベリーをアジアの人にも食べてもらいたい、

その思いから手掛けたブルーベリー台湾事業。

昨年10月に訪台し、植えた苗が

半年ちょっとでこれほどまでに大きくなりました。



これが植付け後一か月です。




これが昨日。素晴らしい生育ぶりです。

おなじ35番です。しかもこれ、ノーザンハイブッシュ。

これから真夏を迎えますが、無事、乗り切るか??

今までの、「ブルーベリーの常識」に挑みます。

乞う、ご期待。

来週の台湾レポートをお楽しみに!!





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

今日は新しいチャレンジャーのご紹介です。

みなさん、お友達として
この方!! を今後ともよろしくお願いします。




このブログでお知り合いになって、

もうさんざんお世話になった、

かの有名な、

南紀白浜ブルーベリーオリーブ農園様


こちらのお知り合いで、

オーストラリア、ニュージーランドのワイナリーで

ワインの修行をされていた方がこの春に帰国されました。

(えらくざっくりですみません、汗(;^_^A)

年間ン千万人の観光客が訪れる、この南紀白浜。

ここで、ブルーベリー園を開園されるということで

僭越ながら、お付き合いいただいております。

新しいことを起こすには

とてつもないエネルギーがいることを

私もこの年になって痛感しております。

こちらの方も

とてつもない体内原子炉をおもちのようで

ブログの文面にエネルギーが(放射能ではないですよwww)あふれています。

よろしければ、またみなさん、読者登録並びに

南紀白浜でのとてつもない美味しいジェラートお目当てに

お出かけくださいね。

みんなで、オリーブとブルーベリーの輪を広げましょう!!

よろしくお願いします。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

放浪のブルーベリー職人です。

先週、北海道を回って東日本3週間の旅から帰ってきた、と思ったら

もうおとといからまた関東に入っています。

3週間前に来た、この都内府中市の園に

大関ナーセリー様がご来園いただきました。

この園には多数の品種がありますが、

大関様のパテント種苗ももちろん入っています。




昨年より導入植え付けした「ロケットWポットシステム」

植えて一年でこの大きさ、しかもしっかりと果実をつけたこの生育ぶりに

大関社長もびっくりされています。


アクアフォームを使うことで得られるこの生育スピードと

樹の充実ぶりは、これからご紹介する新品種の育成に欠かせないものと
なりそうです。




そして、大関社長様がご持参いただいた、

超弩級の新品種果実。

「トワイライト」と「ユーリカ」です。

もう、ひたすらでかい。



これはユーリカ。ごろんごろん、とした大きさです。

しかも、大きさだけではない、その食感。

パリッ.と口の中で音がするほどクリスピーながら、

口いっぱいに広がるフレーバー、

充実した甘さ、旨み。

今までにない味です。

もう、なんとお伝えしてよいのやら・・・



糖度計で見ると、ちょっと甘さ控え目です。



大きさは25mm越え!!でかいながらも

チャンドラーとは違い、収量も大いに期待できそう。



これからは、こうしたいままでにない新しい世代のブルーベリーが
主流となって大きな変化をもたらしてきます。

そうすると、いかに早くマーケットにPRしていくかが大事になるわけですが、

今まで5年かかっていたことが1,2年で可能になることは

言い換えれば、今までの栽培方法に何か問題がある、と
考えるほうが妥当です。

やりかた、方法を変えない限り、今までと同じ結果しか得られません。(それを望んでいるのなら別ですが)

結果的にお客さんを逃がしてしまうことになります。



新品種の導入を急ぎ、

充実した果実の品質、おいしさ、そして生産量でもって

お客さんを魅了してしまうことが大事だと思われます。

「営利栽培」で、プロとしてブルーベリーを生産されるのなら

本当に美味しいブルーベリーを研究し、育て続けていく義務が、農家にはあると思うのです。

なぜなら、感動、よろこびの対価としての「お金」をお客さんからもらうのですから。

近隣のブルーベリーも今の時期にしか食べられません。

お互いによく研究しあって、本当に美味しいものを出していきたいですね。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

ようやく、富山まで参りました。

ここは、

魚津市「向中野ファーム」(仮称)様、

八尾町「 ベリーベリー・ヤミー」様など、

新進気鋭のブルーベリー農園が誕生しています。

まずは、魚津市の向中野ファーム様。

5反1000本のブルーベリーが、蜃気楼の見える神秘的な丘の上に整然と
並んでいます。



こんな感じです。



植えて半年くらいですが、かなり大きくなりました。

蜃気楼のブルーベリー、というネーミングもいいかも、です。

(勝手にごめんなさい)

次は八尾町の「ベリーベリー・ヤミー様」。

オーナーがあたたかく出迎えてくれました。

前出の向中野オーナー様と一緒に。



このご両名のオーナー様は

いずれも脱サラ組で、非常に素晴らしい感性と発想力をお持ちです。

お二人の魅力は、とてもこの文面ではお伝えすることはできません。

おそらく、ブルーベリーも幸せな環境で育っているから

とても美味しいに違いありません。

糖度計を持ち歩いているので、

ハイブッシュ系アーリーブルーの糖度を測ってみました。

な、なんと



14.7度!!

ほのかに酸味があり、まだまだ糖度がアップしていく予感。

うまみも濃いです。

養液栽培だから水っぽい?なんて、いつの時代の話だ!?

と再認識せざるを得ません。

ちゃんと旨みがあって、味も濃く、糖度も乗っています。

アーリーブルーはそんなに新しい品種ではありませんが、

しっかりと環境を整えることで

美味しさを引き出すことができるのです。



さらに、このベリーベリー・ヤミー様のオーナー、

付近の立ち木を利用して、

ゲゲゲの〇太郎みたいな

ツリーハウスを作って楽しんでいます。

「ひみつきち」と書いてありました。

んんんんん、これはほしいですね。



結構な高さの上にあります。

作るのたのしそう~~~。

こんな遊びができるのも、オーナーのセンスの一つですね。

木を植えようかなぁ(笑)。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。