京都のブルーベリー職人~独立起農の夢先案内人

ブルーベリー養液(水耕)栽培ってホントのところどうなの?という方。設備メーカーのホームページではわからない実態がここでご覧いただけます。さぁ、あなたも魅惑のブルーベリーワールドへ!!

ブルーベリーの養液栽培(水耕栽培)メーカー代表が語る、赤裸々の日々。ホームページではまだまだ語りつくせない日々の活動をここで報告します。
メーカーの実態、生産者の本音はここからつながります!!

テーマ:

こんにちは。

 

12月にはいったとたんに身の回りが「わさわさ」と気ぜわしく感じてきた、

ブルーベリー職人です。

 

今日はまた新しくブルーベリー園を、その用地の開墾から始める、

フロンティアスピリット溢れる友人を紹介します。

 

おけんちん、とかエ〇ファーマーとかいろいろ言われていますが

私は「ケンちゃん」と呼んでいます。

 

茨城県鹿嶋市にて3ヘクタール6000本弱のブルーベリー園を経営し、

生食用から加工品の販路開拓(大手量販店を数軒)など

輝かしい業績を上げながらも、

福島原発の放射能拡散被害により、

生産を辞め、一昨年、園の全て廃棄せざるを得なくなった、という奇特な運命の持ち主です。

 

彼のブルーベリーに対する愛の深さは並々ならぬもので、

その執念とも言うべき深い愛情の結果、

また大きなチャンスが!!

 

神奈川県藤沢市にてブルーベリー農場を開設することになりました。

正式な名称は未定ですが、

こちらからぜひ読者登録をしていただき、

雑草生い茂る現場から、

ご一緒にブルーベリーを育ててみませんか?

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

たまりにたまった事務作業を黙々とこなす、ブルーベリー職人です。

 

どっかで聞いたことのあるような表題でした。なんだっけ?漫画かな。

 

 

 

怒涛の11月も過ぎ去り、振り返るとやはり自宅には6か7泊くらいしかしていませんでした。

 

しかも、今期(第7期)の決算月でした。

 

なんとか(世間様にご恩返しするには程遠いですが)いくばくかの税金を払うことになりそうです。

 

早いもので、独立して8年目を迎えます。

 

そういえば、先日の鳥取での総会では独立8周年のお祝いをしていただきました。

 

しがない業者ではありますが、本当にうれしかったです。

 

今期第8期は、また今月からあちこち行きます。

 

台湾での事業も本格化します。

 

関東並びに中部でのプロジェクトも稼働します。

 

そして春からは、皆さんがお待ちかねの、あの伝説の「ブルーベリー講座」がまたスタートします。

 

 

 

本当に美味しいブルーベリーを求めて、

 

ただひたすら、前を見続けて

 

能書きなんかでなく、

 

本当に全国、そして海外も走り回ります。

 

53歳。

 

自由に体が動かせる残り時間はどんどん少なくなっていきます(笑)。

 

ミカンやりんごやいちごのように

 

美味しいブルーベリーが手軽に食べられるような

 

そんな世界を広げていけたら、と妄想は止まりません。

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

ひっさしぶりの西日本めぐりから先ほど帰宅した

ブルーベリー職人です。

 

今回の旅は

23、24日 名古屋

25、26日  鳥取

27日     福岡

28日    佐賀

29日    山口

30日    京都着

 

という行程でした。

めぐってみて考えたことは

「温故知新」です。

故きを温ねて新しきを知る、

この言葉通りに

これからのブルーベリーに関わる私自身のあるべき姿、

進むべき道をあれこれ考え、

やはり行くしかない、と確信しました。

 

そうそう、根の動きや葉の展開など

その動きを加速させる、とある資材に巡り合えたことも

今回の大きな収穫です。

 

おりしも、これから冬に入りますので

実際にその効果を確かめるのは春先からになりますが、

もし、この仮説が正しければ、

ブルーベリーの養液栽培はまた一段と進むことになると思います。

 

それが何か???って?

ごめんね。まだ言えないのよ(笑)

ってか、ずっと言わないと思います(お客さん以外には)。

秘密の一つや二つ、あってもいいよね。

 

ではでは。

 

  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

雨の中、鳥取県から中国道を爆走し、佐賀県にはいりました、ブルーベリー職人です。

気温は11度。

同じ11度でも、京都のそれとは違って底冷えがしないせいか、

暖かく感じます。

 

さて、佐賀県と福岡県の県境にある背振山脈。

ここに「三瀬鶏」で有名な三瀬村があります。

この中心にあるのが「どんぐり村」。

標高は450mあります。

 

ここで昨年の11月10日、ブルーベリー「ロケットシステム」を納品しました。

通称「割りばし苗」と揶揄されますが、

大きい苗がいい苗、ということじゃないのですよ、お父さん。

ちいさくても元気いっぱい。大きくてもいじけてなかなか、など

(苗の品質の見極めについてはまたいつかお話しますね、ご要望があれば)

 

これが植付け直後です。昨年の11月10日でした。

 

そしてこれが一年後の昨日。11月28日。配置は全く変えていません。

(中央の柱は雪での圧壊を防ぐものです。)

 

つまり、こういう大きさです。これはブリジッタ。

しっかりとした花芽がたくさんついています。

 

というような状態でしたので、来年2017年3月には大鉢に植え替えて来年6月からは収穫に入ります。

植えてから1年半です。

 

 

もうこれくらいでは驚いてはもらえないですよね。

もっと頑張ります。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

名古屋での熱い出会いの興奮が未だ冷めやらぬブルーベリー職人です。

 

今春、北海道へ向かう途中でバースト(パンクね)したスタッドレスタイヤを新調しました。

全国を車で回りますが、タイヤはまさに命。

雪道用とはいえ、高速での移動が主体の私は

ミシュランX-ICEを選びました。

早速付け替えて鳥取に向かいます。

 

26日の鳥取地方は快晴模様。

スタッドレスタイヤなのに、本当に静かでハンドルの感触も腰砕け感がありません。

 

さて、この地はブルーベリーの養液栽培を2000年に始めた、

日本で最も歴史の長い「聖地」です。

土耕栽培しかなかった当時、革命的な生育の速さ、そして果実品質の均質化は

酸っぱいものが当たり前の当時のものとはまったくの別物。

市場関係者の驚きとともにこの栽培方法を全国に知らしめました。

ブルーベリーのリーフティーや100%国産果実のワインなども最初にまともに

製品化したのはココです。

(ジャムなどの加工品を作っているところで輸入冷凍果実の空箱が裏に積み上げてあるのは今でも多いのが実態です。)

 

今日全国にある出荷産地で、この聖地を訪れていない産地関係者はありません。

最古であるがゆえに、いろいろな課題をクリアーしてきた歴史があります。

今日もメンバーの圃場を訪れあれこれと意見交換。

 

最古で16年目を迎えるこの地では早くから研究会が結成され、

栽培技術や販売情報のやり取り研鑽が活発です。

さすがに16年目となると根つまりが起きます。

アクアフォームだと10年くらいは平気です。

しかし、ピートモスなどを使うと養液栽培では5年ほどでこうなってしまい、まともな生産はできません。

なぜか?それはまた別の機会に・・・

 

圃場での意見交換の後、少しお話をさせていただきました。

これまでの全国を廻って集積した知見をもとに

今あるブルーベリー栽培そして販売の課題をおさらいしながら

さらに新しい情報をお伝えします。

wポット」や「ロケットシステム」などの新しい方法も

さらに詳しく紹介していきます。

なんせ、必要な資機材はすべてすでにお持ちの方ばかりですから

今日からでもすぐできます。

 

果樹生産の要は品種更新。新しい品種もどんどん入れていかなくてはなりません。

アクアフォームを使う「ネオアクア農法」の、最大のメリットは、

「生育の速さ」。

今秋発売された、新品種の果実も1年半後には収穫できます。

ごろごろしたあま~~い果実をどこよりも早く皆さんにお届けできるのです。

 

先日の地震の爪痕もまだ生々しく残るこの地を後に九州佐賀県へ向かいます。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。