京都のブルーベリー職人~独立起農の夢先案内人

ブルーベリー養液(水耕)栽培ってホントのところどうなの?という方。設備メーカーのホームページではわからない実態がここでご覧いただけます。さぁ、あなたも魅惑のブルーベリーワールドへ!!

ブルーベリーの養液栽培(水耕栽培)メーカー代表が語る、赤裸々の日々。ホームページではまだまだ語りつくせない日々の活動をここで報告します。
メーカーの実態、生産者の本音はここからつながります!!

テーマ:

 

こんにちは。

 

しばらく記事を書いていなかったので、やめたのか、とお叱りを受けたブルーベリー職人です。

 

いえ、どっこい生きています(笑)

 

この二週間の動きが半端なかったもので

 

ついつい書きそびれてしまいました。

 

今日は静岡県浜松市におります。

 

ホテルから浜松城が見えます。

 

さて、以前にお話したような見学会を開催してみたい、と思いまして。

 

場所は東京都府中市本宿町。

 

クルマはおける場所がありませんので、西府駅のコインパーキングに停めるなどしてお越しください。でも電車が便利かなぁ。

 

日程は5月14日日曜日(時間未定ですが10時くらいからかなぁ)

 

 

ブルーベリー栽培に悩んでいる方にお越しいただければと思います。

人数はそうですね、20人くらいまででしょうか。

 

養液栽培がどんなものか、

 

Wポットシステムはどうなっているのか、

 

いろんなご質問にもできるだけお答えしたいと思っております。

 

ご出席ならびにご要望などございましたら当方HPお問い合わせまで。

 

こちらです。

 
参加費は、、、そうですね、近くに稲荷さんがあるのでそこでお賽銭とお参りをお願いします(笑)。
 
ではまた詳細が決まりましたらご案内申し上げます。
 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

飛騨高山から松本を経由して群馬・赤城山 にはいったブルーベリー職人です。

 
こちらの沼田の隣、昭和村の標高700メートルの高原地帯で、
ブルーベリーのWポットシステムの導入工事でした。
 
工事当日は、雪が10センチほど積もるほどの寒波。
 
この日は都内でも結構降ったようですね。
 
圃場予定地の整地工事が雪で遅れたため、
植え込み工事だけでも先行してしまおうという作戦です。
 
ご覧の通り、周りは真っ白。かなり冷え込んでいます。
吐く息も久しぶりに白く、
つま先までキンキンに冷え込みました。
整地工事が済み次第、移設を行う予定です。
この辺りはハイブッシュ系が中心ですが、ラビットアイ系にもチャレンジします。
Wポットシステムは寒冷地でもラビットアイ系に対応できる優れた仕組みです。
これを使えば、いままで不評だったラビットアイの巻き返しができると思っています。
 
新品種も出たことだし。
 
それでは、また。
 
それと、
見学会をシーズン前に企画しますので、
お問い合わせいただいた方、お楽しみに!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 
飛騨高山~松本へ安房峠を抜けていま赤城山のふもと、沼田です。
 
飛騨高山では、未来の観光農園開設に向けて、
今のうちから着々と準備が始まっています。
ロケットシステムは、このように、現在は大きな規模で展開できないけど、苗を大きく育てておきたいとか、
試験的に取り組んでみたい、
といったご要望にもお応えできるシステムです。
 
何がロケットかって???
 
生育が早い、という意味じゃないのです。
多段階ロケットのように
一段一段着実に育てられる願いを込めて名付けたものなのです。
 
ただ単に早いだけならテポドンがありますからね。
あれは爆発するのが目的ですが、
こちらは爆発したら困ります。(笑)
 
いまブルーベリーを植えるのに標準仕様としている「Wポットシステム」。
これの原理をご理解いただくのにも、このロケットシステムはとても役立っていることに気づきました。
 
そして、寒冷地ではラビットアイ系は(迷信的に)無理、
とか言われている「理由」もこれを見ていたら気づきました。
 
やはり、物事は壁に当たったら原点に立ち返る、という事です。
ではでは、明日は群馬編です。
 
この地域でこれから仕掛けていくことがとてもとても楽しすぎます。
いままでなかったものがいきなり出現するのですから。
みんなの驚く顔を早く見たいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

西に東にまた西に、とできるだけ京都の自宅を離れていようとするブルーベリー職人です。

 

京都もそろそろ桜の季節。

 

そらもうすごいひと人ヒト。

 

しかし、それには関係なく走り回っています。

 

今日は岐阜の飛騨高山から信州松本を経由して群馬高崎まで参りました。

 

今朝は零度でした・・・

 

 

 

さて、そろそろ田んぼを耕さねばなりませぬ。

 

これこそが、農家の農家たるDNA。

 

しかし、(トラクターの)爪がない・・・

 

摩耗しているので、交換しなければいけません。

 

上がこれまでの爪、下が新品。

 

これほどまでに摩耗します。

 

これを一本一本丁寧に換えていきます。

 

 

こんな感じです。

 

いよいよ、2017年度のコメ作りがスタートします。

 

毎年同じように見えていろいろ変えています。

 

肥料、耕し方、水やり、除草、・・・

 

年に一回しかトライできません。

 

あと20回はできるだろうか。

 

昨年イノシシが入ったけど、今年の防御策は果たして有効なのか、

 

農業は毎年試されます。

 

全智全能の神に。

 

だから面白いんですね。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

九州四国から一転して岐阜は飛騨高山に来たブルーベリー職人です。

 

今日の気温は2度(午後4時)。

 

雪がちらついており、まだまだ真冬です(ちなみに冬は大好きです)

 

さて、今度の28日は府中市で見学会をやるのですが、

 

これは私の主催ではなく、提携企業先の主催です。

 

そのため、先日ご案内しました見学会ではありませんので

 

慌てないでください・・・。

 

またしっかりと企画しますので。

 

 

 

そして、いままでブルーベリーを土耕栽培でやってこられたかたの

養液栽培の導入工事を葛飾区で行います。(30日)

これも、府中の見学会を経て、知り合った土耕栽培の方々の相談をお受けしていうるちに

じゃ、みんなでやろうよ!!ってことになったので、遠足みたいなもんです。

ラインのグループページもあり、いろいろな情報交換が始まっています。

 

これまでの17年間の間にも数件、似たようなことをお請けしてきました。

 

施工前と施工後では、その年のうちにブルーベリーの「樹相」がガラリと変わります。

これはもう本当に面白いくらい。

それがわかるのは、そう、いままで触ってきた方々だから、なんです。

 

ついてはWポットの見学会もですが、

土耕栽培→養液栽培の事例と果実の売り方の変化についても面白い事例が多々あります。

場所は埼玉県坂戸市と川越市内です。

こちらも日帰りで今シーズンに見学会も企画してしまおうかと。

 

ご家庭でも簡単な仕組みで育てられたら、

「あ、ブルーベリーってこんなに美味しいんだ!!」と。

そしたらもっと消費のすそ野が広がるじゃないですか。

イチゴみたいにどこでも美味しいブルーベリーが食べられる、となれば、

生産者の方ももっともっと売りやすくなります。

 

土耕栽培のブルーベリーが半年でいかに変化するか。

これは本当に面白いですよ~~~。

 
百聞は一見に如かず、
一見は一植(栽培)に如かず、
一植は一食に如かず、、、ですね。
 
これも本当に楽しみです。
 
 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。