一瞬で肘関節を極める

テーマ:
気の赴くままに書いているので、まとまっていないかもしれませんがお許しください。

この間の空手の稽古で、両手を使って相手の突きを受ける事を行いました。両手受けは隙ができやすいのでリスクが大きいと主張する方もいますが、しっかり相手の腕をロック(極めることが)できれば、相手は二の手を放つことができなくなります。

稽古内容についてはこちらをご参照くださればと思います。より千唐流の良さが分かります。

両上肢で受けた時に、片方の腕は相手の肘付近に、他方の腕は相手の手首付近にセットしておきます。上手く引っ掛けておくと、相手の腕は引けない状態になります。さらに言うと肘にダメージを与えることもできます。(もちろん武術としてやる時は刹那の時間で行う必要があります)

これを上手く整体術に転用すると、肘関節の調整に使えます。

殺法と活法は表と裏の関係になっていますね。

AD
お久しぶりです。

本日は、以前、空手の稽古で、手首を掴まれた時の返し技について学んだ時の話です。

返し技そのものの解説はブログでは説明しにくいので、割愛しますが、相手の手首がこれ以上動かない位に極めます(固めます)。

さらに、相手の腕が逃げそうな方向にはあらかじめ他方の腕などでストッパーを設置しておきます。

そのような状態で掌屈、手首を手のひら側に曲げることをすると、意図も簡単に相手が痛がります。

…これって何かに似ていません?

そうです、整体などの関節部分の調整の方法と相似します。

なので、手首関節を調整する時は

1.相手の手が動かないようにしっかりと極めること
2.相手の手が逃げそうな方向を把握しておく

ことに意識されると良いと思います。

他にも意識すると良いと思われることもありますが、
整体術としてより勉強されたいと思っている方には、
快整体術研究所で体験講義を受けると良いと思います。
AD

夜の新宿

テーマ:
{E3EA8DF5-AB66-4115-BA54-47755BA78E91}

新宿駅西口から撮影しました。
イルミネーションはここ最近取り付けられたそうです。

整体の話にはなっていませんが、
ほっと一息つけるようなブログにもなればとも思います。

今年もあと2ヶ月ですね。
AD

便秘は軽く見ちゃだめ!(1)

テーマ:

クライアントに日頃のお通じの事でお悩みの方が多いので、

整体術の範囲とは直接関係しない部分も含みますが、

綴っていきたいと思います。

 

仕事との兼ね合いで、ブログなのであまり多くは記載できないことについては

ご了承くださいませ。

 

健康な人の便は水分が8割です。

残りの固形分は、小腸の粘膜が剥がれ落ちたもの、消化されなかったもの、腸内細菌の死骸の3つで構成されている、と言われています。

 

「自分はそんな8割ほども水分がなく、柔らかくない・・・」と思われている方いませんか。

 

続きはまたの機会に綴ります。

 

日中はとても暖かい日でした

テーマ:
今日東京では最高気温16℃と暖かくなりましたが、夜は最低気温1℃まで下がるようです。

昼間の感覚で薄着で寝てしまうと、体が冷えすぎてしまいます。

こういうことが多いので、この時期、風邪を引きやすくなる人が増えます。

また、寝ている時に体が冷えるという方には、電気毛布を使うという手もあります。

電気毛布

電気毛布の種類によっては、目覚める数時間前から暖めてくれるタイマー機能付きのものもありますので、購入される場合は機能面をチェックすると良いでしょう。

もうすこしで春ですね。

冬の乾燥時の肌荒れ対策

テーマ:
二十四節気でいう「大寒」も過ぎ、ますます寒さが厳しくなっておりますね。

施術家の方やそうでない方もそうですが、
乾燥して手の指がカサカサになっていたり、あかぎれになっていたりすることがあると思います。

なってしまうと、仕事をするうえでとても煩わしくなりますよね。とくに施術家や美容師などにはとても面倒なことです。

そのため、指先がカサカサに硬くなる前、あかぎれになる前に手当てをすることが重要です。

最近では、ハンドクリームが多種多様に販売されていますが、
私の個人的な意見では、1本2,000円程度する高めのものがお勧めです。

私が使っているものは、製薬会社系のメーカーのものですが、硬めのクリームなのですが、朝1回手に塗ると、夜寝るまで持続します。
水仕事をしてもベタつかないので、塗りなおす必要がなく、結果、1本で2か月程度もちそうです。

また、運悪く指先が硬くなってしまった時には、ローション系のもので応急措置をします。ローション(ジェル含む)は保湿効果というよりも、皮膚を柔らかくする効果が大きいと、個人的には感じました。

もっとも、皮膚科でお薬として処方していただくのが最も効果を見込めるクリームが手に入ります。ご自身の肌の状況に合わせてお選びになってくださいね。








今年もあと少しですね

テーマ:
冬至も過ぎ、さらに寒くなってきました。


12月29日は、徳川家康が朝廷から勅居を得て、徳川氏に改めた日と言われています。永禄9年のことで、新暦でいうと1567年2月18日です。


これから年末年始を迎え、たくさん食べたり飲んだりされる機会が増えると思いますが、体調を崩されないようお気を付けくださいね。

大根サラダ 
  


来年はもう少しブログの更新回数を増やそうと思います。

良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

 

 

 

先日、施術した時のことです。
そのクライアントの方は定期的に施術をさせていただいておりますが、仕事が忙しくなり、体も辛くなってしまったので、鍼(はり)治療を受けたとおっしゃっていました。

パソコンでの業務がかなり多いため、首が硬くなり、肩周辺、とくに肩甲骨まわりも鎧をまとっているかのように固まっていました。
「快整体術」を用いて施術を行ったので、当然結果が出ました。

施術後、クライアントに感想を伺ったところ、
「鍼はピンポイントで結果が出るけど、心地よさは感じなかった」とのことです。また、「(快)整体術のほうが広範囲に結果が出る」、「心地よさが全然ちがう」等と「鍼とは比べものにならない」とも最後におっしゃっていました。

そう言われるのは、やはり快整体術が指先の感性をとても大切にするからだと思います。もちろん、快整体術は、指先だけではなくて全身の感性も磨く必要があります。
また、クライアントの疲労具合に合わせてリラクゼーション効果も出るように調整したことも理由になります。


私も整体の勉強を始めた頃は、指先の感触を認識するのが困難でしたが、次第にちょっとした違いも分かるようになってきました。

今日もこれから施術に行って参ります。

ご来訪ありがとうございます。

私の整体の母校、快整体術研究所が 平成27年1月より講座が大幅リニューアルするとお知らせをいただきました。

今日はそれについて簡単に説明します。

快整体術研究所のアメーバブログ
WEBで学べる「快整体術3級講座」 (http://ameblo.jp/3g-kai/)によると、

「今回、快整体術の本科コースも見直し、効率的なプログラムの改定と合わせて学費も減額、しかも専科コースの充実を図りました」とのことです。

学費が減額になったということは、入門しやすくなったということです。

快整体術の技術力の高さは、「百閒は一見に如かず」です。
特に整体術の学び直しをご検討をされている方には、その質の違いがすぐに理解できると思います。公開講座に一度出てみてください。

もちろん、初心者の方にも「効く整体術」としても高名な快整体術研究所が、一般的な整体の学校とどこがどのように違っているから結果が出せるんだ、ということがよく分かると思います。一度ご自身の眼で確かめてみてください。

目的別にも様々なコースが新設され、
「具体的には、美容整体、スポーツ整体、介護整体、受験整体、トラフベル整体、快整リフレ、セラピストコース、就職コース、再入学コース(他校卒業者対象)、総合コース(本科と専科の組合せ)になります」
とのことです。

快整体術で施術していると、結果が出ますので、クライアントの紹介者からご依頼をいただくことが多数あります。

整体の道を目指している人はぜひ一度お考えになってみてくださいね。

快整体術研究所 http://www.kai-seitai.com/