1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-06 00:18:09

公演のお知らせ

テーマ:公演
{B791E04E-0CF1-43CA-9F34-BD65771A5673}

{311061BB-E8D1-4E33-9D87-BBB963CF984C}

北辰の会改め北斗座  舞踏公演
『舞楽星(ブラックスター)』
♪D・ボウイとJ・コルトレーンに捧ぐ

時・平成29年 7月16日(日)午後7時開演
                        17日(月祝)午後5時開演 
於・中野テルプシコール
  中野区中野3-49-15
 JR中野駅南口下車高円寺方向7分
入場料・予約、前売2500円   当日2800円 
         学割2000円

舞踏   大竹宥熈  五藤雄三  芽衣桃子  吉村広野  エリカ

照明・佐竹春彦  音響・六島芳朗  舞監・申彦  協力・黒岩綾子  彫刻・晴柀幸一

制作・北斗座
問合せ 080-6595-0781
      mail:hokushinbutoh@gmail.com


以下大竹宥熈師匠案内文
***********

御挨拶
梅雨天気の日々ですが皆様お元気でお暮らしでしょうか。
此の度北辰の会は(北斗座)と新しく名告ることになりました。各団員が漸く成熟した肉体に成りつつあり、舞踏を正しく継承する技術と責任を負う気構えが芽生えてきたように感じ思い、改名を決断しました。振り返れば若い頃にイメージした理想の集団舞踏を追い求めて45年の月日が経ちました。五藤は30数年、桃子は10数年、広野は七年以上の研鑽を積んできました。
進化した未来の舞踏とは又原始の踊りのようでもあります。宇宙は永遠、北斗七星も変わらずに輝いております。
今回はロックとジャズの巨星D・ボウイとJ・コルトレーンの音楽に胸を借りて果敢に挑みます。又、我らが銀河鉄道の旅にドイツ人の父を持つエリカがデビューします。未来の舞踏の星と成れるかは皆様の応援しだい、よろしくお立会い下さい。世界一周の舞踏修行の旅の途中の万琵は今アフリカです。又今回は30年も前からわれらの舞踏を観続ける彫刻家、晴柀幸一氏が偶然にブラックスター(舞楽星)のイメージの新作彫刻を舞台上に出品してくれます。果たして共振して惑星空間となるや否や注目に価します。
どうか暑い夏の夕刻ですが、見えないものにこそ真理がある!そんな素的な舞台に遊びに来て下さるよう北斗座全員お待ちしております。
敬具
七月吉日    北斗座  大竹宥熈

***********


公演2日目7/17は、ジャズの巨星コルトレーンの50回目の命日です。50年前のその日の数日後、17歳の大竹師匠家出。50年前の家出少年の夢、いかならむ。

混迷と不穏な空気が世界中に漂うこのご時世、北辰の会改め北斗座も、決して穏やかでない意見や立ち位置やモチベーションの相違による対立もあった一年でしたが、共に踊り飯を食いコーヒーや酒の杯を重ね、対話し続けてきた関係を誇りに思います。かわいい後輩ができることでこちらも先輩にならせてもらえます。個人主義とコミュニケーション下手が増えて、集団が集団でい続けることそのものが難しい時代になりましたね。DM発送作業がまず墨をするところから始まり、チケットは一枚一枚書道作品、チラシは今回3種類あるのでよかったらコレクションして見比べてみて下さい、チラシにも一枚一枚篆刻を押して、ひと段落したら炊き出し、価値があるかは別として希少なヒト達の営みではあるかな、こんなご時世だからこそ…天才から全人類への贈り物『至上の愛』を、共に奏でましょう。

ご来場お待ちしております。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-12-30 23:35:22

能『道成寺』観能

テーマ:見たもの

12月25日(日)

青木只一 五十年祭 追善能  13:00~ 国立能楽堂

能「鷺」青木一郎  狂言「地蔵舞」山本則俊  能「道成寺」青木健一 

【料金】S席15000円、A席12000円、B席9000円、C席6000円
【お問合せ】青木一郎能の会事務局 TEL. 0422-22-6876  
詳細情報:国立能楽堂



女はみんな子宮に一つずつ般若の面を隠し持っている、といつの頃からか思っている。山伏に惚れた娘が火を吐く大蛇となって逃げた山伏を追いかけ、鐘の中に隠れた男を鐘ごと焼き殺す、という女の業そのものの表出のような能『道成寺』は、面白そうで一回は見てみたいと常々思っていたら、いつも使っている稽古場にチラシあり、掲載情報によれば年下のイケメン男子がシテらしい、というわけでA席を前日に電話予約したら最前列の端っこの席が取れました。

道成寺は、バンジージャンプがどこかの部族の男が一人前の男と認められる通過儀礼であるように、これを勤めれば能役者として一人前と認められるという通過儀礼になっているようで、道成寺鐘入りで落ちてくる鐘とタイミングを合わせて飛び上がり鐘の中に消える危険を伴うアクションが見せ場、能の師匠粟谷明生先生の著書によれば、2年位前に家の長老にそろそろ息子に道成寺を披かせてやりたいのですがと申請、許可を得て、一家総出多額の費用も捻出して、大抵は一生に一度だけ勤める能だそう、無我夢中で飛び上がり気がつけばカエルのような格好で真っ暗な鐘の中でひっくりかえっていましたという鐘入り体験描写は、読んでるだけでも心臓が口から出る思いが致しました。

一部と狂言が終わったのが3時頃、20分の休憩があったので眠気覚しにお茶を買いに外に出て、トイレに行き祖父の遺品の謡本を膝に広げ、観る方も体制を整え緊張感を持って第2部道成寺の始まりを待ちます。静々と鐘が運びこまれ、無言のまま儀式的かつ男5人がかりで釣り上げられていく物理的に大掛かりな仕込みを固唾をのんで見守ります。鐘入りの前に舞われる乱拍子という舞は、楽譜に音符で書き表せば、何小節も続く休符記号の後、小鼓方のイヤーーー!!ポンッに合わせて上がったまま静止していたシテ方のつま先がぱたっと落ちてかかとがあがる、また長い長ーーい間の後イヤーーー!ポンッでかかとが落ちる、という感じの静寂とピーンと張り詰めた緊迫感漂う、今まで見た能のどれにもない、小鼓方とシテ方の一騎打ちのような舞で、見ているだけで観客の方も胃が縮み脳の血管もキューッと細くなる思いがし、客席から寝息が聞こえたのが信じられないようなこの静寂と緊張感に耐えられない客がいるのもなんかわかるような。お昼ご飯ポトフとパンでちゃんと腹ごしらえしてきたつもりだったのですが、いや道成寺を観る時はそんな軟弱なものじゃなく、米と海藻と根菜とほどほどのたんぱく質とか、なんかもうちょっとちゃんと腹ごしらえしなくてはいけないと思いました(カツ丼とか血糖値を上げすぎるものも向いてない気がする)。

その極めて動きの少ない舞の間は、あどけなさの残る思い込みの激しい一途な少女の顔に見えていた女の面が、次第にテンポアップして音も動きもキビキビ速くなっていくにつれ、あれアイシャドウ変えた?というような、女の色気や憂いや生活感が滲み出てくる顔に変化して見えるから能面って不思議です。着けるとほとんど目隠ししてるのと変わらないくらい視界が狭い能面つけたままどうやって鐘の真下に立てるのか、素人にはわからないままとにかく無事鐘入り、観客の方もほっとします。間狂言、鐘は落ちてるし女人禁制と固く言われてるのに女の人通してしまったしという不祥事をどっちが報告に行くかでモメる男二人の狂言に笑いもおきてる間に、鐘の中ではタネも仕掛けもあるらしく、暗闇の中シテ方一人で装束と能面を変えて、蛇ののたうつ様を予感させる金属音がしたかと思うと、鐘が上がって般若の面の後シテが姿を現します。般若の面ってほんとリアルだな…僧侶3人で祈りふせ、蛇体は日高の川波深淵に飛んでぞ入りにける〜と消えたことになってるけど、成仏したとは一言も言わないもんね…。祈ったくらいでおさまるもののはずないしね…。

後シテが揚幕の向こうにポーンと飛び込むのを見送り、縁もゆかりもない青年であっても男が男になった瞬間を見届けたようで、なんだか嬉しかった。奥さんやお母さんだったらもう感無量でしょうね、能面付けっ放しだから実物がイケメンかどうかは結局未確認なのだけど(笑)、良い声の肝の据わった能役者さんなのでは。道成寺は鐘の釣り上げ下ろしの、命預けます預かりますの男同士の信頼感と緊張感も目の当たりにできて面白いので、また機会あれば観たい能です。でもこれ若手の通過儀礼である以上必然的に観客の方としては、だんだん年下男子のシテ方との年齢差がひらいていくことになるね。なんとなく、羽生結弦選手にめっちゃ手を振って応援するおばちゃん達の気持ちがわかった気がする(笑)。


道成寺を観る機会は人生に何回かあってほしいけど、自分の子宮に内蔵してる般若の面を実人生でつけなきゃいけない機会は、一回もあってほしくない!どうかありませんように!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-16 22:20:30

『第九』公開稽古

テーマ:公演
直前の告知になってしまいましたが、北辰の会毎年年末恒例、ベートーベン『第九』全曲即興で踊る公開稽古、今週末開催します。12/18(日)午前11時〜  会場 吉祥寺東コミュニティセンター(九浦の家)ホール  吉祥寺駅より徒歩10分 武蔵野市吉祥寺東町1-12-6  0422-21-4141

入場無料、予約不要。どなたでもどうぞお気軽にお越し下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。