GGAGのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
空港で時間を取られて予定よりも遅く社屋に到着したため、まずは急いで工場を視察することになりました。もうすでに退社している従業員もいましたが、残っている社員は皆、極東からの来客を歓迎してくれました。

戦後から続く元国営企業ということもあって工場の規模はとても大きいです。延々と続く廊下と部門ごとに区分けされた多くの部屋。多くのエフェクターメーカーが筐体やパーツを外注でまかなっているのに対し、G-LABではオリジナルの筐体やパーツを多く使うことで制限の少ない製品設計と高いコストパフォーマンスを実現しています。更に楽器関連のブランドとしては後発であることと、元々は宇宙産業や医療関連の精密機器から電子計算機まで製造する企業であることから電子技術に関する高い専門知識を持ったスタッフを中心に運営されていることが合理的かつ先進的な性能を備えた製品開発を可能にしています。

工場の視察ではG-LAB製品に関連する部署以外も見せてもらうことができ、ELZABという企業自体の概要を知ることができました。私自身は工作機械については全く分からないのですが、それでも先端技術と共産主義時代からの旧来の技術が上手く共存したメーカーであることはよくわかりました。
衝撃や耐熱・耐寒をテストするための施設や筐体製造部門(金属を溶かすところから始まります)、そしてソ連の人工衛星用の部品を作っていた時代から使われていて今も動いているコンピューターが印象的でした。現代の物と比べものにならない性能ですが、部屋一つでコンピューターという物の実物を初めて見ました。

2、3時間かけて視察した後、今度はJacob、Waldemau両氏から新製品GSC-5の講習を受けました。
従来のGSC-1、2、3に続く、Guitar System Controllerシリーズの最上位機種として設計されたのがGSC-5です。しっかり時間を取って設計者から講習を受けることにより、より深く製品を理解することができました。
現在の仕事を始める前から、B.C.Richのプログラムスイッチャーを皮切りに市場でよく見かけるスイッチャーはほぼ全て使ってきましたが、GSC-5に勝る操作性と音質を備えた物はありません。
ライブ、コンサートだけではなく、ミュージカルやオペラ、サーカスまで生演奏の現場が多いヨーロッパならではのプロフェッショナルなツールです。
一度使い慣れるともう他の機種には戻れません。。。

GSC-5について詳しくはこちらをご覧ください。
http://neuvellaxe.com/hp_glabp/glabp_gsc52.htm
http://youtu.be/5RWMh9BJm9k
http://www.amazon.co.jp/G-LAB-Guitar-System-Controller-GSC-5/dp/B00A0GIJQG

しかし、朝4時前にスイスの空港に着いてからここまで休むことなく頭を使ったのでさすがに疲れていました。外は真っ暗(工業地帯で民家も街路灯もないので、本当に真っ暗闇です)で遅い時間ですが、招待されたディナーへ向かいます。
GGAGのブログ
GGAGのブログ
GGAGのブログ
GGAGのブログ
GGAGのブログ
GGAGのブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

GGAGさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。