脳梗塞リハビリ雑記

50代(2012年)で脳梗塞になり只今リハビリ中の日々です。


テーマ:
オルゴールで脳卒中
(脳梗塞,脳出血,くも膜下出血)の後遺症を治す講演会だった。
講演会がつまらないのでユーチューブ差し替えた。




オルゴールの音楽はパッヘルベルのカノン」
音楽は能管に響き、後遺症がかなり改善されると言う。

カノンなどは副交感神経を刺激して
リラックスして脳に響く。

パッヘベルはバッハ、ヘンデル、ビバルディが活躍した
バロック時代のオルガン奏者であり作曲家。

1680年頃の曲で、ざっと300年前の旋律になる。

コード進行は、C-G-Am-Em-F-C-F-G。
この美し過ぎる旋律は、現代のPOPS音楽の黄金コードでもある。


面倒くさい話は専門家に任せるとして
私たちは脳がゴキゲンになるようにケアする。

必ず後遺症は治ると信じて!!
いいね!した人  |  コメント(6)
PR

[PR]気になるキーワード