言葉を残す

テーマ:

町の本屋さんの倒産が1.5倍。

そんな記事を見ると寂しい。

 

人見知りな子供だったわたしは、

本が大好きだった。小学校の休み

時間は、いつも本を読んでいた。

 

いつか本を書きたいと思っていた。

だから、1冊目の本を出した時は

本当に嬉しかった。

 

お金も不動産もあの世に持って

行くことはできない。

 

残せるのは言葉だけ。

 

そう思っているから、いろんな人の

出版も勧めている。そんなわたしに

元ダイヤモンド・ビッグ社の社長の

藤岡氏が力を貸してくださった。

 

そして、企画します。

 

出版企画書の1Dayセミナー

 

誰かの夢を叶えられたら嬉しい。

 

藤岡氏は、いろんな出版社の顧問もされている。

かつては、ライターズネットワークを立ち上げて

出版社と若手ライターの橋渡しもされていた。

 

出版業界にも詳しい。

 

そして、わたしは、たくさんの人に言葉を残して

欲しい。その言葉が日本の未来に繋がると

信じているから。