歴史を見直しているうちに見えてきたもの。
それはどの民族にとっても大事なものは同じ。
その民族の言葉と歴史と神話。
それはその民族の経験と知恵の賜物。
日本であれば言葉は
大和言葉と漢字、ひらがな、かたかな、和歌。
その民族独特の哲学は、その民族の言葉でしか語れない。
歴史は神社と寺他様々な文化や伝統の引き継ぎも含まれる。
神話は古事記、日本書紀、風土記、その他地元の言い伝え。
特に神話と歴史が重なる日本の神話は特に大切。
古事記、日本書紀はその代表、基本である。
歴史や神話を教え伝えるためには言葉が必要。
言葉と歴史と神話は密接に繋がりあうもの。

だから、このうちのどれ一つでもないがしろにはできない。

そして密接に繋がりあうものの代表的なものが、
日本においては神社文化であり、
それを大事にお守りしてきた天皇の文化である。

日本は天皇文明の国なのだ。

これは歴史が語っていること。
  • 23 Feb
    • 二月二十三日は孝安天皇の祭日・・・ジワジワ地盤を固めた時代

      ここでいう祭日は命日、天皇が崩御された日を現在の歴に照らして確定されている日をいいます。 第六代孝安天皇は伝承上とも言われる古代の天皇です。   御父は孝昭天皇、御母は世襲足媛命(よそたらしひめ)/余會多本毘売命(よそたほびめのみこと)。   御名は大倭帯日子国押人命(おおやまとたらしひこくにおしひとのみこと)/日本足彦国押人尊(やまとたらしひこくにおしひとのみこと)。   考昭天皇の崩御後、第二皇子である大倭帯日子国押人命が即位されました。   宮を室(奈良県御所市室)に移し、秋津島(嶋)宮(あきつしまのみや/あきづしまのみや)といわれました。   三十八年には、考昭天皇を掖上博多山上陵(わきのかみのはかたのやまのかみのみささぎ)へ葬られています。   古事記によれば、百二十三歳、日本書紀によれば百三十七歳で崩御されました。   御陵は玉手丘上陵、奈良県御所市大字玉手にあります。 歴代天皇一二五代のうち、第二代綏靖天皇、第三代安寧天皇、第四代懿徳天皇、第五代孝昭天皇、第六代考安天皇、第七代考霊天皇、第八代孝元天皇、第九代開化天皇は欠史八代と言われています。   それがなぜかという理由の一つは、古事記・日本書紀共に天皇の事績に関する記述が少ないことからです。しかし、平凡な毎日のくりかえしであればあらためて記録すること、言い伝えることがなかったということもできます。平凡な毎日の繰り返しの時代であったということは、つまり平和な時代であったということになります。そういう平和な時代が八代もの間続いたというのであれば、素晴らしいことですしそれほど初代神武天皇の統治の影響が大きかったのだということもできるかと思います。ここは素直に日本人なら誇りにしていいことではないでしょうか。     しかし、そんな中でも記紀には天皇と周辺の豪族などの娘である皇后の結びつきが記録されています。こうした血縁による結びつきは現在でも通用する地盤固めの一つの方法でもあります。   またもう一つよく言われていることが、その崩御年の高すぎる年齢です。記紀で年齢の違いがありますが、考安天皇も百歳代となっています。しかしこのことについても、古来日本では半年を1年とする考えがあったことを知り、そこから単純に2で割ると古事記では61から62歳、日本書紀では68から69歳となるので違和感のない年齢となりますから問題とはならなくなるのです。   古代は伝承の時代ですから、伝言ゲームの様に言い伝え違いなどもあるかもしれませんが簡単に記録と照らし合わせることができません。しかしだからといってそれを否定するのは、先人達を否定することになってしまいます。たとえ伝言ゲームの伝え違いがあったとしても、その存在の真実を否定することはその子孫であるといわれる私たち自身をも否定することになってしまいますから、素直に受け入れることが必要ではないかと思います。 参照:「宮中祭祀」 「天皇のすべて」 「古事記」 「全現代語訳日本書紀」 他  

      NEW!

      テーマ:
  • 22 Feb
    • 竹島の日

      本日は竹島の日。   これは明治38年2月22日に島根県知事が所属所管を明らかにする告示を行ったことから、2005年に島根県で「竹島の日」と定められました。   以前松江城へ早朝に行った時、大きく竹島について書かれたものが町中にあり、ああ竹島は島根県なんだよなあと実感しました。しかし多くの日本人は考えもしないのではないかと思います。   島根県が作った竹島の日ですが、これは島根県だけの問題ではない、日本の問題です。   かえれ島と海 竹島問題研究所 島根県のサイト この竹島問題についての総務室があるのが松江城の側なのです。私が目にした建物がこのサイトの写真にありました。   竹島 外務省の竹島のページ   外務省で作った動画     各国語版もありますが、この言葉使いや言い方が正しいものかどうか?少し不安もあります。外務省には前科を積み重ねていますから→ 英語の問題・・・英語と日本的思考が災いの元?     竹島については多くの動画が作られています。日本のものだという証明動画が多いのですが、忘れてならないのは韓国が不法占拠開始後前後から65年に日韓基本条約と漁業協定が締結されるまでに、日本人の漁業に携わる人の被害が多くあり、死傷者44人、抑留された船員3929人、拿捕された漁船328隻、被害総額は当時の金額で90億円を超えるという事です。   去年隠岐の島へ行ったKAZUYA君の話。そうなんだあ、と思います。                           隣国の問題は全て絡み合っていますが、日本は毅然とした対応をし続けるしかないと思います。   まず言葉から変えよう・・・静かに慰霊されるべき交通事故死の少女  

      NEW!

      13
      テーマ:
  • 21 Feb
    • 二月二十一日は仁考​天皇の祭日・・・幕末へ向けて時代が大きく変化

      第百二十代仁考(にんこう)天皇は幕末に向かう時代の天皇です。   千八百年生。 御名は恵仁(あやひと)、寛宮(ゆたのみや)。   御父は光格天皇、御母は勧修寺婧子(かじゅうじただこ)。   在位一八一七年から一八四六年。   江戸幕府の将軍は、第十一代家斉から第十二代家慶の時代です。   光格天皇の第六皇子である恵仁親王が八歳の時、中宮欣子(よしこ)内親王(後桃園天皇の第一皇女)の実子となり儲君に定められ、十八歳で即位されました。 古儀の復興に熱心で、父帝に光格天皇とおくり名して諡号(しごう:生前の行いを尊んで送る名)を復活させました。諡号は制度してありましたが、第五十八代光孝天皇以来、わずかな例外を除き行われていなかったのです。これは九百五十年ぶりのことでした。 仁考天皇は学問を好み、しばしば廷臣のために和漢の歴史書や古典を読んでいましたが、公家の子弟の教育機関として学習所の建設を決意し、千八百四十五年に講堂の建設に着手しました。天皇はその完成前に崩御されましたが、この講堂の開校が幕末の尊王攘夷に大きな影響を及ぼすこととなりました。仁考天皇崩御後、次の孝明天皇から下賜された勅額により学習所は「学習院」(京都学習院)と名乗るようになり、それが明治天皇により設立された学習院大学の前身である皇族・家族教育期間の学習院となったのです。   在位中には、文政四年伊能忠敬が16年に亘って諸国を巡り測量して作成した「大日本沿海興地図」が完成しています、この三年前に伊能忠敬は亡くなっていましたが、その弟子たちが死を伏せて続け完成させたのです。   その二年後の文政六年にはドイツ人シーボルトがオランダ商館員として来日しましたが、その五年後の文政十一年のシーボルト台風の際に座礁したシーボルトの乗船した船の積み荷から日本地図の持ち出しが発覚し、シーボルト事件へと発展しました。そのためこの時の台風がシーボルト台風と名付けられたのです。この地図は伊能忠敬の地図の縮図で、書物奉行高橋景保が贈ったものでした。幕府はシーボルトをスパイ嫌疑で拘束し、シーボルトの情報収集に協力した疑いで高橋景保ら多くの日本人関係者が投獄され処分され高橋は獄死しました。シーボルトは国外通報の上再渡航禁止処分となりました。しかし、30年後日蘭修好通商条約締結により解除され再来日し、幕府の外交顧問となりました。   この頃葛飾北斎が富嶽三十六景の初版の制作を始めています。この作品が後に欧州でゴッホをはじめとする印象派の画壇に大きな影響を与えることになります。また北斎がこの絵を完成させたころには歌川広重が東海道五十三次絵を発表しています。   文政八年、幕府は異国船打払令を出しました。それは外国船がこの頃しばしば来航して上陸しては暴行問題を起こしたからで、フェートン号事件などの影響も大きくありました。それまでは大津浜事件などが起きても新鮮な水と野菜を与えたりしていたのですが、政策を転じたのです。   また頼山陽の「日本外史」が著されたのものこの頃です。この本は後に幕末の志士の教科書のような必読書となりました。   文政十三年の三月から八月にかけてはお陰参りという伊勢神宮への集団参詣が大流行しました。数百万規模で起き、奉公人は主人に無断で、また子供が親に無断で参詣ししたので「抜け参り」とも言われました。   元号が文政から天保に変わった翌年天保の改革が行われています。その二年後の天保四年には天保の大飢饉が発生、およそ六年続きました。また東海道大地震が発生し、天保騒動の米穀商商店の打ちこわしや、大塩平八郎の乱、生田万(よろず)の乱と続いていきます。大塩平八郎の乱は、旗本が出兵した乱としては島原の乱以来二百年ぶりのことでした。これは幕府権威失墜を示す事件となり、この騒動の翌日から米価は下がりはじめました。   その後もモリソン号事件、蛮社の獄と言われる言論弾圧事件、そして清国でアヘン戦争が勃発の情報が日本に伝わり、攘夷運動に繋がっていきます。   天保十三年には幕府は、異国船打払令を廃止、またオランダ国王が幕府に開国を勧告、またフランス船が那覇に来航するなど、歴史の彼方から観ると時代の変化が加速を始めたようにみえる頃です。 千八百四十六年崩御。 天皇の諡号である「仁考」は、候補として最終的に残った「仁考」と「孝明」の中から、天皇の皇子である第百二十一代孝明天皇がご聖断によって決められました。     御陵は後月輪陵、京都市東山区今熊野泉山町、泉涌寺内にあります。           参照:「宮中祭祀」 「天皇のすべて」 「歴代天皇事典」  

      11
      テーマ:
  • 20 Feb
    • まず言葉から変えよう・・・静かに慰霊されるべき交通事故死の少女

      言葉というのは何度も繰り返し繰り返し使うと、違和感があるものもなじんでしまうという力があります。先月こんなニュースがありました。   自民党会議、「慰安婦の少女像」呼称見直しを要求 産経ニュース2017.1.27 10:51更新   自民党の外交部会などの合同会議が27日午前開かれ、ソウルの在韓国日本大使館や釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦像をめぐり、政府が「慰安婦の少女像」と呼んでいることについて見直しを求める声が相次いだ。会議に出席した外務省幹部は呼称見直しを検討する考えを示した。 会議では外務省が提出した資料に「慰安婦の少女像」と記載されていた。出席議員からは「少女像と呼べば、実際に少女が慰安婦をやっていたと思われる」「『虚偽の少女像』と呼ぶべきだ」などと批判が相次ぎ、呼称を改めるよう求めた。 慰安婦の呼称に関しては、岸田文雄外相が20日に衆参両院で行った外交演説で「慰安婦像」と言及している。菅義偉官房長官が11日の記者会見で「『慰安婦の少女像』あるいは『少女像』ということに尽きる」と答えたが、政府関係者は27日、菅氏が「慰安婦像」を「少女像」と言い間違えていたことを明らかにした。これ以降、菅氏は「慰安婦像」と呼んでいる。         まず言葉ありき。 言霊の幸ふ国、そして言挙げせぬ国である我国での言葉の使い方が酷すぎると思います。考え抜かれた言葉を使わない限り自らを汚し貶めるだけです。 この話題が出る時必ず「慰安婦像」といいますが、慰安婦なんて存在せず売春婦しかいなかったのに「慰安婦像」というのは、慰安婦の存在があったということを認めることになります。また売春婦に少女なんていもしなかったのに「売春少女像」と言うと、売春婦を少女にさせたという風に取られかねません。     韓国がありもしない慰安婦を象徴するものとして使っている少女像ですが、恐ろしいことにこの像にはモデルがありました。実在しない慰安婦としてのモデルにされてしまったのは、米軍車にひき殺された少女像なのです。この少女像には隣に椅子がありますが、この時亡くなったのは二人の少女でした。だからこそ隣に椅子があるのです。 米軍装甲車女子中学生轢死事件   一定年齢以上の方々は、この事故が起きた時の韓国の大騒ぎの事を思い出せるはずです。そういえば銅像についてのニュースもあったと思います。昔は韓国で何かが起きるとその後の騒ぎが物凄く毎回驚かされたものです。それが気づくとそいう報道がされなくなりましたが、近年はインターネットや動画の普及でそうした気質が今も変わっていないことが知れ渡るようになりました。民族の本質は変わらないからこそ、伝え続けなければならないのです。     そしてこの少女像についての検証ブログがありました。 慰安婦少女像すら嘘だったとうい衝撃!     この少女像については、単純に「少女像」と呼ぶべきだと思います。最初は、「交通事故死少女像」、あるいは「交通事故少女像」と呼ぶべきかと思いましたが、わざわざアメリカを刺激することもないでしょう。   そして、アメリカにはこの像が欧米で広がれば広がるほど、本来のモデルが明らかになった時アメリカが起こしたことが、もう一度問題になるのではないかと伝えて行くべきではないでしょうか。   この交通事故で亡くなった少女は、別の意味で慰霊されるべき少女であるのに、このようなことに担ぎ出されている、とてもかわいそうな少女です。   この少女像を製作した彫刻家夫婦は、最初は反対していたのにお金に負けてしまったといいます。   この交通事故死した少女がモデルにされているとわかっているのに、この少女像を慰安婦像、あるいは売春婦像などと呼ぶべきではありません。   若い命を散らした少女達のためにも、この少女像を慰安婦像などと呼ぶのは止めにしましょう。それがこの少女の慰霊にも繋がるのではないでしょうか。     この問題には毅然と対応しなければ、日本と日本人全体が貶められるだけのみならず、未来の日本と日本人のために命を懸けて闘われた先人達を貶めることになります。そして先人達を貶めることは、その子孫である我々を貶めるという連鎖になるのです。そして貶められるような人は必ず差別されるものです。世の中から差別はなくなりませんが、少しでもそれを減少させることは出来ます。それには誇りある人間にすることです。誇りある人間は差別しようにも負けずに最後には差別の方が去っていくでしょう。しかし今の私達の多くは誇りされ持たされていない者が多いのです。     以前から言われていたことですが邦人の子供いじめについてが取り上げられました。↓こんなことが起こることは予想できたことです。そしていじめは過剰になれば死に繋がることは世界中変わりません。「いじめ」なんて言葉でこのようなことを語っていけないのは学校等での問題と同じです。 「慰安婦像で在外邦人の子供がいじめ」 自民党会合で「慰安婦像放置」の政府に注文が相次ぐ 対外発信の充実を求める意見も 産経ニュース2017.2.16 17:33更新   自民党の外交部会などの合同会議が16日、党本部で開かれ、世界各地に設置された慰安婦像をめぐる日本政府の対応に批判が相次いだ。 会合には、明星大の高橋史朗特別教授と、オーストラリアで慰安婦像設置計画を阻止した「オーストラリア・ジャパン・コミュニティー・ネットワーク(AJCN)」の山岡鉄秀氏が出席した。 高橋氏は、米カリフォルニア州グレンデール市に慰安婦像が設置されて以降、韓国系や中国系の子供から在米邦人の子供が受けたいじめや嫌がらせの実態を報告した。「日本人は臭いと言われ、仲間はずれにされ続けた」(小学校低学年)、「追いかけてきて何度もつばを吐きかけてきた」(小学校中学年)といったことがあるという。 高橋氏によると、現地の日本総領事館は「学校ではいじめはないことになっている」などとして、具体的な打開策はとっておらず、通学する学校長との関係悪化を恐れ、被害を訴えていない親子もいるとされる。   報告に対し、出席議員からは「外務省は戦略的に歴史的事実を発信してほしい」「いじめがある前提で外務省と文部科学省の対応が必要だ」「在外邦人の身体を守るべき深刻な問題で、名誉回復と切り離して対処すべきだ」などと、政府に早急な対応を求める声が続出した。合同会議は今後、在外邦人の子供に対するいじめの問題を集中的に議論することを検討する。 党国際情報検討委員会の原田義昭委員長は、平成27年12月の「日韓合意」声明文などの慰安婦像に関する英訳について「日本が全て悪く、申し訳ないという部分が強調され、悪用されている」と指摘。旧日本軍による組織的な強制連行を認めたと受け止められないよう 政府に対応を促す意見が相次いだ。       昨日のブログ英語の問題・・・英語と日本的思考が災いの元? でもとりあげましたが、外務省の英語の問題、日本人的思考での対応は国際社会では不利にしかなりません。しかし、一方で日本人的いたわりの心を忘れてもいけないと思います。私はネットなどでのこの少女像に対する暴言やコラ等を行う事については良くないと思っています。交通事故死した少女がモデルになっているのですから。ただし、毅然とした態度と国際社会向けの対応の心得を忘れてはならないとも考えています。私達日本人の日本人的優しさがつけ入られ利用されてこのような状況になっているからです。それは、上記ブログの中でオーストラリア在住の山岡鉄秀さんがわかりやすく語っている動画が貼ってありますので、是非ご確認いただきたいと思います。    

      14
      1
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 英語の問題・・・英語と日本的思考が災いの元?

      英語化は不要だけれど英語は最重要課題です。   17日の久野潤チャンネルは、久野潤さんが不在のため、山岡鉄秀さんをゲストに迎えたものでしたが、とても分かりやすく日本の問題が語られていましたが、そこで語られていたのは日本の外務省をはじめとする国際政治での英語の酷さと日本的思考でした。日本的思考を国際社会にそのまま持って行くのは災いを招くようなものです。ところが、それを率先して現在行っているのが日本の国際政治です。   私は英語化には大反対ですが、言語は最重要であると考えています。その言語とは我が国の言葉はもちろん英語や隣国の言葉です。特に英語は、国際的に発信するのには欠かせない言葉ですが、その言葉を使用して国際社会に対応する時に日本的考え方で発信してはだめですし、誤った歴史認識での発信をしてはならないのです。ところが、そうしたことを今現在行っているのが日本の問題点です。そうしたことが、とても分かりやすく山岡さんが解説されていますので、是非多くの日本人に見て頂きたい内容となっています。   久野潤チャンネルは、通常半分が有料枠となっていますが、今回はスペシャルとして全部を無料で視聴できますので、是非是非拡散し何度でもご覧ください。       山岡さんについてはご存知の方も多いかもしれませんが、オーストラリア在住でオーストラリアの慰安婦像設置を阻止された方です。下記に、寄稿記事のリンクを貼りましたが、この動画で聴く方がとても分かりやすく頭に入りやすいかと思います。とても良い内容でしたので多くの方々に是非この動画は見て頂きたいと思います。     山岡さんのプロフィール Australia-Japan Community Network(AJCN)代表。 http://jcnsydney.blogspot.jp/ 昭和40年、東京都生まれ。中央大卒、シドニー大大学院、ニューサウスウエールズ大大学院修士課程卒。2014年、豪州ストラスフィールド市において中韓反日団体が仕掛ける慰安婦像設置計画に遭遇。子供を持つ母親ら現地日系人を率いてAJCNを結成。「コミュニティの平和と融和の大切さを」を説いて非日系住民の支持を広げ圧倒的劣勢を挽回。2015年8月、同市での「慰安婦像設置」阻止に成功した。     産経新聞のiRONNAでは注目記事がいくつもあります。 なぜ韓国人は「慰安婦像」をむやみに設置したがるのか   慰安婦問題で韓国に「無条件降伏」し続ける外務省のホームページ   「ハンタジー」から覚めない韓国人 反日プロパガンダは終わらない   豪州発 日本人よ目覚めよ! 慰安婦像計画完全阻止を緊急報告   豪州の慰安婦像はこうやって阻止した   同じくiRONNAで山岡さんが引用された記事 日本を歴史問題で貶め続ける中韓の「戦勝国包囲網」に気をつけよ!      

      11
      1
      1
      テーマ:
  • 18 Feb
    • 雨水にはお雛様を飾ろう(^O^)/

      24二十四節気だと本日は雨水、「うすい」と読みます。     雨水とは、雪から雨に変わり降り積もった雪も溶けだすという意味だそうです。     そして七十二候では、本日は土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)、雪がしっとりした春の雨に変わり、大地が潤い始めるころということです。     二十四節気は、太陽の動きを元に夏至と冬至で二つに分け、さらに春分と秋分で四等分、その各中間に、立春、立夏、立秋、立冬を入れ、それをさらに15日毎に三等分したものです。     そしてそれをさらに5日ずつに三等分したものが七十二候。だからこそ、季節の変化に対応していて、とても分かりやすく、また農耕などには今も参考にされているのです。     昨日、東京では春一番が吹き荒れ、夜も風が強かったのにもかかわらずどことなく暖かで、春が近づいている実感がわきました。まさに雪から雨に変わる季節が目に見えた日でした。     そして昨日は何といっても祈年祭の日。今年の五穀豊穣と我が国の安泰と安寧、そして繁栄を宮中でも神宮でも、そして日本全国の神社でも祈られた日です。我が国一つだけ繁栄しても世界は繋がっていますから繁栄の維持はできません。我が国の繁栄を願うことは世界中の繁栄を願うことでもあります。そして、この祈年祭は春、農業等が始まる時期に行われるのです。その時期が目に見えて分かりやすい二十四節気や七十二候はもっともっと生かされていい暦だと思います。     そしてさらにそれを際立たせたのが昨日東京で吹き荒れた春一番で、さらに春感が増す一日となりました。       写真は昨日のお昼時の皇居です。風が強くてもどことなく暖かくうららかな感じで皇居の周りにある小さな公園に座る人が多くいました。   さて本日の雨水ですが、ひな祭りの由来には水が関係していますので雨水にひな人形を飾ると良縁に恵まれると云われているそうです。 曲水の宴   ひな人形とは、春を寿ぎ無病息災を願う厄払いから生まれた行事ですので、実は女の子だけでなく本来老若男女を問わない行事です。5月5日が男の子の日だけでないのと同じであります。 端午の節句は男の子が主役?   最近はお雛様あるいは武者人形等を省略する家も多いかと思います。しかし、お雛様や武者人形は形代ともなるものです。つまり身代わりにもなるものですので是非そろえて頂きたいとも思うのです。   ブロガーのうさんぽさんのお話で、うさんぽさんのお嬢さんのお雛様が火事から守ってくれた話があります。私はこれが大好きで何度も読んでいてアメブロを止めると連絡があった時真っ先にこのお話を保存したものです。このお話を知ってからお雛様はあったほうがいいと思うようになりました。何しろ私達は人形やぬいぐるみだっておろそかに捨てられない民族です。このようなことがあっても不思議はないと思うのです。 人形感謝祭参列     このお話を読んだら、自分のお雛様(武者人形)が欲しくなるかもしれません。   またもしお子さんにお雛様や武者人形がない方は検討してみたくなるかもしれません。   ぜひ読んでください↓うさんぽさんのお雛様に起きたお話です。お雛様もとても美しいお雛様です。 お雛さまの不思議な話    

      16
      6
      1
      テーマ:
  • 17 Feb
    • 二月十七日は四条天皇の祭日・・・事故で崩御された幼帝

      祭日とは、天皇がお隠れになった日、命日の事です。 第八七代四条(しじょう)天皇は鎌倉時代の天皇です。 一二三一年生。 御名は秀仁(みつひと)。 御父は後堀河天皇、御母は藤原竴子(九条道家の娘)。 在位一二三二年から一二四二年。 承久の乱の後、後鳥羽天皇の血統排除のため、その兄で出家していた守貞親王(後高倉院)の子の茂仁親王(後堀河天皇)が十歳で即位されました。後高倉院の薨去後は天皇の親政となりましたが、元来病弱であったため、二歳の秀仁親王に譲位されて即位されたのが四条天皇です。 その二年後には後堀河上皇は二十三歳で崩御され、外祖父の道家や母方の縁者である西園寺公経らが政治を動かしたといいます。        しかし四条天皇は元服してすぐの十二歳で事故が元で早世されました。宮中の人を驚かそうと御所の廊下に滑石を撒いたところ、誤ってご自身が転んだのです。 一二四二年崩御。 四条天皇は12歳だったため、皇子女がなく皇位継承問題が生じました。元々鎌倉幕府は承久の変で敗れた後鳥羽上皇の血統以外の者に皇位を継承させるため、後鳥羽上皇の出家した兄の子、後堀河天皇が誕生した経緯がありました。四条天皇の崩御で後高倉院の系統が絶えましたので、結局後鳥羽上皇の系統に戻らざるをえなくなるのですが、公家たちが推す順徳天皇の皇子の忠成王ではなく承久の変になんの関与もなかった土御門天皇の皇子邦仁王が選ばれ即位することになりました。(後嵯峨天皇)この間、11日間の天皇空位期間が発生いたしました。これは称徳天皇から光仁天皇に至る空白期間の55日間以来472年ぶりの事でした。以降、称光天皇から後花園天皇に至る7日間まで天皇の空位期間は186年間起きません。(北朝は除く) 御陵は月輪陵、京都市東山区今熊野泉山町、泉涌寺内にあります。泉涌寺内は御寺として御歴代の天皇の御陵がありますが、その始まりは四条天皇とされています。またそこには父君後堀河天皇の御陵もお近くにあるのです。         参照:「宮中祭祀」 「天皇のすべて」 「歴代天皇事典」      

      11
      テーマ:
    • 祈年祭(としごひのまつり)には遥拝をしましょう(^O^)/

      2月17日は、宮中と伊勢では祈念祭があります。  「宮中祭祀」から紹介いたします。    祈念祭は「としごひのまつり」と読みます。  二月十七日に伊勢の神宮にて行われる祭儀で、今年の米をはじめとする作物の豊作を祈願されるお祭りです。           これは古く律令にもお定めのあるもので農業国日本の表れの祭儀です。  この神宮の祈年祭にあたり天皇陛下は勅使をお差し向けになられるとともに宮中三殿に出御されて今年の年穀の豊作を祈願されます。  天皇陛下の入御ののち皇太子殿下が御拝礼になります。  明治二年(1869年)二月に神宮への勅使発遣を御再興になられ、明治天皇は紫宸殿から遥拝されました。  本来この祭典は神宮はじめ諸神社のものでしたが、宮中でもそれに倣われて明治五年(1872年)二月四日にはじめられました。以後皇霊殿では二月四日、賢所、神殿では同十七日とされていましたが、大正三年に三殿とも十七日に統一されました。  以上       日本人にとって五穀豊穣を祈るとても大切な日が祈年祭の日なのです。秋には神嘗祭、新嘗祭がありますが、その対となる春のお祭りです。     神宮のサイトにはこう書かれています。   祈年祭は春の耕作始めにあたり、五穀豊穣を祈るお祭りで、「としごいのまつり」とも呼ばれます。「とし」とは稲の美称であり、「こい」は祈りや願いで、お米を始めとする五穀の豊かな稔りを祈ることを意味します。稲の育成周期が日本人の一年といえます。 農耕が生活のすべてであった時代、豊作を祈ることは国家の安泰、国民の繁栄を祈ることに他なりませんでした。そのため祈年祭は国家規模で執り行われ、奈良時代の『延喜神名式えんぎじんみょうしき』によると、神宮を始め全国2,861社の神々に幣帛へいはくが奉られていました。特に神宮には天皇が勅使ちょくしを差遣されてお祭りが行われており、朝廷の崇敬の念が窺われます。 元々は民衆が行う祭りから宮中祭祀に上がった祭祀ですから、全国の神社でも祈年祭は行われています。田の祭りが起源であることから地方により祈年祭の時期が違うところもあります。                                           熱田神宮では3月に行われるようです。     本日お近くの神社で祈年祭があれば、是非お参りしましょう。またはお近くの神社の祈年祭の時にはお参りしましょう。   あるいは、本日、伊勢か宮中へ向かって遥拝しましょう(^O^)/   五穀豊穣と、国の安泰・安寧と繁栄を祈りましょう(^O^)/  *遥拝:遠く離れた所から祈ること。あるいはその方角に向って祈ること。     ★豊受大神宮  大御饌 2月17日午前4時 奉幣 2月17日午前7時   ★皇大神宮         大御饌 2月17日午前11時       奉幣 2月17日午後2時     天皇陛下の御配慮  

      6
      2
      テーマ:
  • 16 Feb
    • 天皇と憲法・・・天皇について知ることは日本を知るという事

      13日の月曜日に東京竹田研究会があり、その時のテーマは「天皇と憲法」でした。今年の竹田研究会は、より一層天皇について知っていただきたいということで、今回のテーマだということでした。   この日の午前中、竹田恒泰さんはお嬢さんのお宮参りをされたそうなのですが、奇しくもこの日は明治天皇即位150年目の節目の日だったそうです。流石竹田さんと言われたそうですが、竹田さん御自身は悔しいことにご存知なかったそうで、ご家族揃ってお宮参りに行ける日が13日の午前中しかなかったので、その日にお宮参りをされたんだそうです。縁とは不思議なものだと思います。(竹田さんは明治天皇の玄孫です)   この日の講義が上記のFBで簡単に紹介されています。   ≪グローバリズムの限界≫ グローバリズムの定義は、人・物・金が自由に動き回れること。 約150年前にアメリカ(ペリー)によって開国させられた日本は、そのグローバリズムを最大限に利用して世界の経済大国になりました。 そのグローバリズムを推し進めてきた当のアメリカが、内向きに舵を切ってきたのを見ればわかるようにグローバリズムは限界を迎えています。 グローバリズムの反対はナショナリズムやナチズムなどと言う人もいますが、先生に言わせると「ローカリズム」です。 ローカリズムによって個が個として輝き、そしてそれぞれローカリズムを尊重して融和していく、まさに古事記の国譲りの精神そのものです。 世界における日本のプレゼンスは増しているとおっしゃっていました。 ≪天皇と憲法≫ 大日本帝国憲法と日本国憲法の天皇についての条文を比べて、「主権」が天皇から国民に移ったかのように言われたりしますが、実は天皇の権能はほぼ変わっていません。 主権の定義は、国の政治のあり方を最終的に決める力です。 法律一つとってみても、大日本国憲法下でも天皇一人では決められませんし、日本国憲法下でも国民(国会)は決めることはできても公布(効力を発する)することはできません。 どちらか一方が主権者なのではなく、戦前も戦後も天皇と国民が一体となって主権者なのです。 まさに、ルソーが理想としていた「君民共治」が日本では行われているのです。       上記のグローバリズムが進むとローカリズムとなることや、天皇と憲法については、竹田さんが過去にも何度もおっしゃってきたことですが、こうしたことは何度も何度でも繰り返し繰り返し聴くべきことかと思います。何度でも繰り返し聴くことで、その理解が進んでいくのです。   しかもトランプ大統領の誕生や、EUの崩壊が目に見えてきたことで、グローバリズムがローカリズムに進むという事も実感として理解しやすい世の中になってきています。私が最初にこの話を聞いた時よりも今回の方がさらに理解しやすい世の中に竹田さんの言葉通り変化してきているのです。これは何も国際社会を例にしなくても、国内を見てもわかりやすいかと思います。昔各地方を日本では「国」といいました。その国である地方より都会を人々は目指します。でも、その都会に来ると自分の故郷がより一層意識されるのです。東京の企業に勤めている方で同僚は全員東京出身者なんてことは、家内工業以外ほとんどないと思います。実際はほとんどが地方の人々でしょう。そして東京生まれの人々でも話を聞くと、両親が地方の人々です。そして、みなその地方を意識しているのです。私も栃木出身で東京生活のほうが栃木県での生活より長くなりましたが、いつになっても栃木県を意識せずにはいられません。それほどルーツというのは強いものなのです。なぜなら根っこのないものは存在しないからです。それがもっと大きな国際社会になったら、意識するのが日本になるのは当たり前の事です。どんな人にも国があるのです。   そしてその国、日本には天皇がいらっしゃいます。今上陛下まで続く長い歴史のある天皇という存在は、現在憲法で規定されていますが、その憲法そのものが我国独自の表現で天皇を表しており、大日本帝国憲法も日本国憲法もその天皇についての条文はほとんど変わりがないと竹田恒泰氏が説明されました。言葉使いが違っているため、変わったように見えますが、その言葉使いの変更で変わったように見せかけ、実はほとんど変わらないように維持したのです。小さな嘘はすぐばれますが、大きな嘘はなかなかばれないと竹田さんはいつもいいます。ところが日本人自身がその大きな嘘に騙されてしまっているのが現状だと。     このテーマは日本全国同じテーマで行われているようで、この内容を既にお聴きになっていたブロガーのうさんぽさんが、うさんぽさんの過去記事も使いまとめていらっしゃいます。うさんぽさん二日徹夜で書かれてアップしたのですが、長すぎるという事で5つに分けています。私にはこのようにまとめる力がありませんので、是非うさんぽさんのブログを読んで欲しいと思います。うさんぽさんほど、竹田恒泰氏の発言されていることを曲げずにご自分の言葉で文字お越しされている方はいないんじゃないかと思います。   誰も知らない「日本国憲法」の真実~天皇と憲法~①「国民主権」ってほんと? きっとこれを読むとそうだったんだ~と思った後で寒気がしてきます。しかし、これは知らないといけません。これは何度も竹田研究会に通っている方はもう理解されていますが、例えば今回始めてきた方だとここまでの話はわからなかったかと思います。ぜひ、この①から読んで欲しいと思います。     誰も知らない「日本国憲法」の真実~天皇と憲法~② 日本国憲法は破棄してはいけない! 日本は世界で唯一の『君民共治』の理想国家 これを読むと日本という国が世界でも稀な素晴らしい国であることが理解できます。私達日本人は日本という国に生まれてとても幸せです。ところがあまりにも幸せなのが当たり前すぎてみなわかってないのです。我が国は古代から大陸の皇帝が羨ましがってきた国ですが、近代ではルソーが理想と掲げたけれども実現不可能だから次点の民主主義を目指すといった君民共治が実現している理想の国なのです。   誰も知らない「日本国憲法」の真実~天皇と憲法~ ③ 日本国憲法は破棄してはいけない!! 日本国民が守るべき「日本の国体」が何たるか正しく知ろう! 日本がなぜ連綿と続いてきているのか、そしてこれからも維持していくために大切なものはなにか?その根本としてきたものがなにか?を是非確かめて下さい。この5つのまとめの肝です。   誰も知らない「日本国憲法」の真実 ④ 日本国憲法は破棄してはいけない!! 大切なものを守るための改憲なんです! 私達日本人の精神の根本にあるもの、和について書かれています。   誰も知らない日本国憲法の真実~天皇と憲法~⑤ 第一条「国民の総意」とは何か? この「総意」という言葉の意味がとても深いのです。この言葉には日本が凝縮されています。これを読むときっと感動すると思います。   日本国憲法に天皇の項目を維持するために動かれた方々の、国語力の素晴らしさと現在の私達の国語力の乏しさの差の大きさが少しでの縮まるように願ってやみません。     是非、5つ全部を読んでください。今回のテーマで語り切れなかったことまで、うさんぽさん書かれています。今回1回だけしかこのお話を聞かれていない方は、うさんぽさんのブログを読めば、何度も竹田研究会に出席されているぐらい、あるいは竹田さんの動画を何度も聴かれるぐらいの知識が得られるかと思います。                      

      14
      4
      1
      テーマ:
  • 15 Feb
    • 祝!瑞穂の國記念小學院開校

      塚本幼稚園をご存知ですか?   以前ここでも、君が代斉唱等で取り上げたことがありますが、毎朝国歌斉唱と教育勅語朗唱で始まることで有名な幼稚園で、剣道などの武道、日本の伝統文化である茶道や論語や将棋、そろばん、大正琴、日本太鼓、田植え・稲刈り、良書選定して読み書き・読み聞かせに力を入れており、一部の方々にその教育が素晴らしいと注目を集めており視察される人も多いと聞いています。                       ところが、そういう素晴らしい教育を行っていることを悪くいう人達がいるのです。       インターネット上での当園に対する 誹謗・中傷記事について   昨今、インターネット上で、当園に対する不当な誹謗・中傷記事が書かれたブ ログが立ち上げられ、園及び保護者に対する悪口や嘘が投稿されております。 これらの内容は全くの事実無根であり、保護者間の分裂を図り、当園の教育活 動を著しく害するものです。  専門機関による調査の結果、投稿者は、巧妙に潜り込んだ K 国・C 国人等の元 不良保護者であることがわかりました。  今まで黙っておりましたが、看過することができません。  現在、法的措置を含めた厳重な対応を進めておりますが、当園は、日本精神を とりもどすためにも、日本に在住する極めて少数派の K 国・C 国等の人たちの こういった行為に対して、断固として立ち向かう所存です。  保護者の皆様方には、ご心配とご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し 上げますとともに、今後もより一層教育の向上に努めてまいりますので、ご理 解を賜りますようお願い申し上げます。     学校法人 森友学園 塚本幼稚園幼児教育学園 園長 籠池 泰典       私はこういう教育がもっともっと増えればいいと思っていましたが、せっかくこの幼稚園で学んでも現在の公立小学校での教育の歪みに、卒園生たちが戸惑うことが多いという事でとうとうこの春、瑞穂の國記念小學院という小学校が開設されるということを上記ブログで知りました。             そしてそこには瑞穂神社もあるのです。なんて素晴らしい小学校ができるのでしょう。こういく教育が受けられる場所が、もっともっと増えればいいと思います。          

      26
      1
      テーマ:
  • 14 Feb
    • すめらぎのお話・・・落雷で譲位された天皇

       元慶9年(885年)1月18日、源定省(さだみ)の第一王として源維城(これざね)が誕生しました。旧暦では本日が1月18日に当たりますから、1132年前の今日のことです。   ※改暦は何度もありましたのが単純に旧暦にあてはめています。   臣籍降下していた源定省は2年後皇籍復帰し、即位されました(宇多天皇)ので維城も皇族となり5歳の時に親王宣下を受けその翌年には敦仁と改名されました。   そして13歳で立太子、即位されました(醍醐天皇)。   臣籍に生まれ即位された唯一の天皇です。   この立太子も即位も宇多天皇は、菅原道真だけに相談して決めたといわれており、藤原氏の反発を招きこれが後に菅原道真追い落としの遠因ともなったといわれています。   昌泰4年正月25日、宇多上皇が比叡山や熊野三山に参詣されている間に、菅原道真が娘婿に当たる斎世(ときよ)親王を即位させようとしていると讒言され菅原道真が左遷されました。宇多上皇が急遽内裏に向かわれましたが締め出され、そんな中で道真の処分は決まったのです。   大宰府へ左遷された道真は失意のうちに亡くなりましたが、その後道真失脚を狙った藤原時平は39歳の若さで急死し、醍醐天皇も病気がちとなり道真の怨霊の仕業と言われました。   そして延長8年6月26日、清涼殿落雷事件が発生しました。内裏の清涼殿は天皇が日常生活を行う所ですが、そこに落雷があり居合わせた公卿数人が焼死したのです。天皇の居所に落雷があったのは衝撃的なことでしたが、これも道真の怨霊の仕業と言われたのです。   この時既に道真の死去から既に27年が経過していました。天皇はこの後病がちとなられ9月22日に寛明(ゆたあきら)親王(朱雀天皇)に譲位されその7日後出家されたその日に崩御されています。   醍醐天皇の時代はのちに延喜の治と褒めたたえられましたが、一方で道真の怨霊が発生した時代でもありました。     菅原道真の霊を鎮めるため、北野天満宮が創建され、現在に続く天神信仰はこの時代に形作られていったのです。            

      4
      テーマ:
  • 13 Feb
    • 二月十三日は反正天皇と後朱雀天皇の祭日・・・皇太弟の初即位と13度目の皇太弟の即位

      祭日とは命日の事です。ここでは御歴代の天皇の祭日のことです。 ★第十八代反正(はんぜい)天皇は古代の天皇です。 御名は水歯別命(みつはわけのみこと)/多遅比端歯別尊(たじひのみつはわけのみこと)。 御父は仁徳天皇、御母は磐之媛命。 仁徳天皇が崩御された後、第十七代履中天皇が即位しましたが、その即位前の皇太子だった時に、同母弟の住吉仲皇子(すみのえのなかつみこ)が、皇太子であると偽って婚約者を横取りしその発覚を恐れて太子を殺そうとしたことがありました。その時同じく同母弟であった端歯別皇子は、どちらに従うか迷い嘆きながらも道のある兄のほうについて住吉仲皇子を討つ手伝いをしました その後履中天皇が即位すると、皇太子には自分の皇子ではなく同母弟の端歯別尊を立てました。 そして履中天皇が崩御されると即位されました。皇太弟が即位されたのは、初めてのことでした。 端歯別天皇(みつはわけのすめらみこと)は淡路島で生まれ、歯が一本の骨のようで上下が揃い容姿も麗しかったといいます。瑞井(みずのい)という井戸で太子を洗った時に多遅(たじ)の花が井戸の中にあったので、多遅比端歯別皇子のいわれとなりました。容姿端麗で歯もきれいであったことから、歯の神様と この時代は五穀豊穣で人民は富み賑わい、天下太平でした。 日本書紀によれば即位五年目の一月崩御されました。古事記によれば七月六十歳にて崩御とあります。 御陵は百舌鳥耳原北陵、大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町にあります。   堺は三国の境に位置することからついた地名といいますが、そのことからどこの方角にも属していないという方違神社(ほうちがいじんじゃ)があります。その方違神社が隣接しているのが反正天皇陵です。私は以前早朝にお参りした時に、凄くきれいな朝日の写真が撮れましてそれから特別に感じております。きっと何か意味があって隣接した地に陵が出来たのだと思います。なお、創建は反正天皇より遡る第10代崇神天皇により素戔嗚命(すさのおのみこと)を祀らせたのが始まりとされ、他に、八十天万魂神(やそあまよろずみたまのかみ)、三筒男大神(みつつおのおおかみ)、息気長足姫命(おきながたらしひめのみこと)=神功皇后(反正天皇の祖母)が御祭神として祀られています。また反正天皇の父の仁徳天皇、反正天皇の兄の履中天皇、さらに反正天皇も合祀されていますので、ここにお参りするだけで沢山の神々や天皇をお参りすることになります。私は二度、反正天皇陵と方違神社にお参りいたしました。今後も機会あるごとにお参りしたい神社の一つです。       こちらは側面からの反正天皇陵。正面は方違神社と反対の方向となります。   ★第六十九代後朱雀天皇は平安時代の天皇です。 千九年生。 御名は敦良(あつなが)。 御父は一条天皇、御母は藤原道長の娘、彰子(しょうし)。中宮の彰子に仕えていたのは紫式部です。 在位千三十六年から千四十五年。 後朱雀天皇がまだ皇太子の時代、東宮妃として入内したのは藤原道長の末娘の嬉子(きし/よしこ)でした。母の妹ですから叔母でもあります。この頃は天皇、皇子共に藤原家と入り組むように結び付いており、藤原家全盛の時代でした。 第六十八代後一条天皇はお世継ぎの皇子に恵まれないまま崩御され、同母弟の敦良親王が即位。 後朱雀天皇は、諸制度の厳格な運用を励行されたそうです。 この時代、比叡山の不穏な動きがあり、宮中には放火が頻発しました。後朱雀天皇はこれを「徳のない自分が皇位についているからだ」と強い責任感を示したといいます。 在位十年のとき天然痘が大流行し、後朱雀天皇もこれに罹患し崩御。後朱雀天皇の曽祖父である村上天皇の同母の兄、朱雀天皇の号から追号されています。 御陵は圓乗寺陵、京都市右京区竜安寺朱山、竜安寺内にあります。       奇しくも本日は同母弟が皇太弟として即位された天皇の祭日でした。 参照:「宮中祭祀」 「古事記」 「全現代語訳日本書紀」 「歴代天皇事典」 「天皇のすべて」  

      8
      1
      テーマ:
  • 12 Feb
    • 初午には稲荷神社に行こう(^O^)/

      初午とは、二月最初の午の日のこと。 これは全国の稲荷社の本社の伏見稲荷神社に宇迦之御魂(うかのみたま)の神が降りた日が和銅四年二月十一日の初午だったと日本書紀に書かれていますが、この日が伏見稲荷へ詣でるお祭りの日となっているのです。   昨日は新暦ではありますが、2月11日でした。そしてその翌日の今日は新暦の初午の日です。そして昨日の9:34は満月でした。前後48時間は満月の力も強いといいますから、今日はお稲荷さんは参拝するとパワーが沢山いただけそうです。 とはいえ、以前は旧暦で行われていた初午行事も現在は新暦で行われることも多い行事の一つですが、今も旧暦で初午が行われている所もあります。お近くのお稲荷さんの初午の日がどちらか、是非確認してみてください。今年の旧暦での初午は3月8日となります。   なお稲荷様は、稲荷様系ではない神社の境内やお寺の境内にもお稲荷様がいらっしゃることは多いです。 稲荷の大神様は、生命の根源を司る「いのち」の根の神であり、古くから農業の守護神、商業、工業、殖産興業、交通安全、厄除、火防の神、と万能神として屋敷神ともなり広く崇敬されてきました。日本全国にお稲荷様がいますから、ご近所にい稲荷神社があるかと思います。農業神でもあるお稲荷様ですから、農作業が盛んな所は今でも初午は旧暦で行われているかと思います。というのも豊作を祈るお祭りでもあるから季節的には農作業が始まる旧暦の時期があうのです。とはいえ暖かい地方では新暦の方が時期があうでしょう。   初午神事は、瑞穂の国である我国の「事始め」「仕事始め」の日として大切にされてきました。この時期は厳冬から春への移り変わりの季節。陽気は一段と盛んになり、草木を始め万物の活動が目に見えて目立ち始める時期、2月の午の日が初午の日に当たるのです。   古来より初午の頃から農家では五穀を始めさまざまな種を用意して、農作業が始められています。一陽来復と全てのものの蘇り、そして作物の豊饒を願う神事が初午祭です。 「午」は動物の馬に通じ、馬は神の最も愛寵されたものとして、人々は馬を通じて神の霊威を感じ、午の日を神聖な日と考えるようになりました。方角では南、時間では昼の12時・正午を表し、陽気の盛んな事を示しています。 年穀の豊饒と商工業をはじめすべての物事が順調に育ち、発展する事を稲荷の大神様に祈願し、皇室の弥栄と国家と国民の安泰を祈る日です。     京都の伏見稲荷大社では本日8時から初午大祭です。       三大稲荷の一つの茨城県の笠間稲荷神社では、旧暦と新暦両方の初午大祭が行われています。とはいえ三代稲荷もいくつかのバージョンがあります。     宮城県岩沼市の竹駒神社では、初午大祭3月8日から3月14日の1週間行われます。     東京のお稲荷様で有名な一つ、王子稲荷では本日が初午ですが、二の午の24日と二回行われます。ここでは火防の凧を買う凧市が有名です。私は以前この境内で買った見た目普通のお稲荷さんが今まで食べた中で一番美味しいと思ってます。       八王子の子安神社では、本日8時から初午祭りがあり、午後の催し物では狐面に絵付けができるようです。ここは御朱印も凄い   御朱印といえば、上神明天祖神社では期間限定の伏見稲荷神社の御朱印が頂けるようです。   上神明天祖神社(東京の白蛇さま)@kamisinmeitenso  2/12は初午祭といい稲荷社の例祭を斎行します。初午祭を祝して2/1~2/12稲荷社御朱印をおわかち致します。 かねてより、稲荷社の御朱印はないのですか?とお問い合わせただき、この度おわかちする運びとなりました。 社務所受付時間は… https://t.co/32SQhNoKmp2017年02月07日 20:54     日本全国沢山のお稲荷さんがいらっしゃいますから、様々なお祭りがあるかと思います。 是非、初午祭りにお参りして頂きたいと思います。     一瓶塚稲荷神社としんこまんじゅう

      15
      1
      テーマ:
  • 11 Feb
    • 紀元節は神社でお祝いしよう(^O^)/

              本日は紀元節です。紀元節とは日本の始まりの日のこと。日本の誕生日です。   日本の国のはじまり は、神武天皇が即位された日をいいます。   今では建国記念の日となっていますが、本来は紀元節、今でも各地の神社の行事ではそのお祭りが紀元祭として行われており名前は変わりません。   紀元節は、元々は元旦でしたが、新暦になった時にその新暦で特定された日がそのまま確定され2月11日となりました。   どこの国にも始まりがあります。アメリカは独立記念日の7月4日、フランスは革命記念日の7月14日、日本は神武天皇が即位した紀元節というわけです。     昨夜の久野潤チャンネルは、神武東征と、それが2千数百年後までどのように伝えられてきたかについての話、「紀元節前夜に考える、初代神武天皇と建国の精神」というテーマでした。歴史とは繰り返し繰り返し伝えるものですから、紀元節前日に相応しいテーマだったと思います。       番組で、久野さんが竹田恒泰さんの現代語古事記を読みましたが、本日は古事記や日本書紀などを読んでみるのもいいかも知れません。 和銅五年正月廿八日編纂の古事記・・・1305年前     本日は日本全国の神社で紀元祭が行われています。 是非お近くの神社へお参りしお祝いしましょう(^O^)/                             動画を検索すると橿原神宮と明治神宮、また上賀茂神社の紀元祭の動画が沢山ありますが、なにしろ橿原神宮は、神武天皇の即位された宮の跡にできた神社ですし、明治神宮はその橿原神宮を創建された明治天皇の神社ですから、この二つのお祭りが一番大きいのだと思います。しかし、大小に関わらず日本全国の神社で紀元祭の祭事が行われています。 橿原神宮の紀元祭参列     こんな動画もありました。戦前は祝祭日には学校に集まって神社に行きお祓いをしてもらうのが当たり前でしたが、こちらの保育園では淀姫神社に行かれています。       日本中でこうした教育が復活するといいと思います。祝祭日は本来休む日ではないのです。   本日は是非、近くの神社で日本の誕生日を祝福してください(^O^)/     なお、本日明治神宮と橿原神宮では、日本の誕生日にはおむすびを食べようキャンペーンでおむすびが無料で配られるそうです。豊芦原の瑞穂の国に相応しいキャンペーンじゃありませんか。建国記念日におむすびを食べる、いいですよね(≧▽≦)   建国記念の日に「おむすびを食べよう」 明治神宮などで2000個無料配布 日本JCがキャンペーン 産経ニュース2017.2.10 17:46更新   「建国記念の日」(2月11日)への国民の認知度を上げようと、若手経営者らでつくる日本青年会議所(日本JC)は今年から、「日本の誕生日には、おむすびを食べよう」と呼びかけるキャンペーンを始める。11日に特製のおむすびを無料配布するなどして、「節分には恵方巻き」のような食文化をつくり、日本の建国への関心を高めたいとしている。 日本JCが平成27年に実施した建国に関する意識調査では、米国やカナダの国民の9割以上が「自国の建国・独立の日」を正答したのに対し、日本人は2割未満にとどまった。 日本JCの三井陽一郎さんは「節分の日に恵方巻きを食べるような食文化が根付けば、日本の建国への認知度も高まるのではないか」とキャンペーンを提案。食べ物は日本が稲作文化から発展してきたことや、「お結び」という縁起の良さもあって「おむすび」に決めたという。 今年は、初代神武天皇即位を紀元とする皇紀2677年に当たることから、「日本は今日で2677歳 お誕生日おめでとう!」とデザインした特製おむすび約2千個を作製。11日正午から東京都渋谷区の明治神宮会館前、午前11時から神武天皇をまつる奈良県橿原市の橿原神宮の鳥居前広場で無料配布する。 一方、ツイッターなどに、おむすびを食べている写真を「#日本おむすび」というハッシュタグを付けて投稿してもらうことも呼び掛けている。 三井さんは「建国記念の日には、スーパーやコンビニなどに日本の建国を祝うおむすびがたくさん並ぶようになるまで継続していきたい」と話している。                

      11
      3
      テーマ:
  • 09 Feb
    • 二月九日は允恭天皇の祭日・・・皇位継承の記録に御璽登場

      第十九代允恭(いんぎょう)天皇は、古代の天皇です。 御名は男淺津間若子宿禰/雄朝津間稚宿禰(をあさづまわくごのすくね) 。 御父は仁徳天皇、御母は磐之媛命。また、履中天皇と反正天皇は同母の兄。   第十八代反正天皇は皇嗣を定めないまま崩御されたので、群臣達が協議し天皇の御璽を奉ったのが男淺津間若子宿禰命です。しかし、病身であってよく歩くこともできないと辞退されました。群臣達は、再度頼みますが承知されなかったため、妃の忍坂大中姫命が大手水を持ち懇願し、寒い時期で腕が凍るほどであるのを見て驚き、もう断れないと御璽を奉り即位されたといいます。允恭とは「まことに、つつしむ」という意味で、こうした逸話から漢風諡号が出来た時に諡となったのかもしれません。   なお皇位継承の際の御璽について記録されたのは允恭天皇からとなっています。     宮は遠飛鳥宮で飛鳥の地に初めて宮を設けられた天皇です。 即位されて三年目、新羅に良い医者を求め呼び寄せ、その治療で病が治り大変喜ばれました。医者には厚くお礼をして帰されています。   氏姓の乱れや不正を正し、また「宋書」に記された倭国王済といわれ、外交にも力を注いでいます。   在位四十二年にて崩御。   御陵は惠我長野北陵、大阪府藤井寺市国府にあります。     125代続く天皇ですから御歴代の天皇は様々です。病弱な天皇もいらっしゃいますが、脚が不自由な天皇もいらっしゃったのです。またこの二代後に即位される允恭天皇の孫の清寧天皇は白髪皇子と言われ生来白髪だったといいます。世界の国々と比較すれば、少しでも弱い所があればなり変わってしまう所でしょうが、そんなこともなく古代から継承されてきたのが日本の歴史です。 参照:「宮中祭祀」 「古事記」 「全現代語訳日本書紀」 「歴代天皇事典」 「天皇のすべて」

      8
      テーマ:
  • 08 Feb
    • 二月八日は仁徳天皇と​崇光天皇の祭日・・・民の竈と南北朝合一

      ★第十六代仁徳天皇は古代の天皇で、世界一大きいお墓 に埋葬されています。   御名は大雀命/大鷦鷯命(おほさざきのみこと)。   御父は応神天皇、御母は仲姫命。   仁徳天皇は五世紀に活躍したとされる天皇で、大規模な土木工事を行い河内平野を開発し、応神天皇とともに「河内王朝」を築かれた天皇です。   応神天皇崩御の後、皇太子の菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)は兄の大鷦鷯命に即位してもらおうと即位されず、また大鷦鷯命も父応神天皇の意に背くわけにはいかないと即位されず3年の間互いに行為を譲り合われたと伝わります。皇太子は儒教の教育を受けられており長兄相続説を取られており、一方で大鷦鷯命は我国古来の一番若い末子が相続することにより国の繁栄が長く続くという慣例に従ったものと言われています。この譲り合いは兄の意志が固いことから国を憂えた菟道稚郎子の自殺による薨去で終止符がうたれ、この知らせに驚き悲しまれ馳せ参じた大鷦鷯命が遺体に招魂の術を施された所、太子は蘇生し遺言を残され再び薨じられたといいます。そしてその遺言により、菟道稚郎子の同母妹の八田皇女を大鷦鷯命は妃とされました。   菟道稚郎子の宮があったところには宇治神社があり、その地名も菟道稚郎子の菟道が宇治に転じたといいます。   仁徳天皇の都は難波高津宮に置かれました。ここで民の竈(かまど)の逸話が生まれます。民家からの炊事の煙が立ち上らないのを見て民の困窮を知り税を3年間免除したという話です。そのため聖帝(ひじりのみかど)と称えられ、歴代の天皇の範 とされてきたといいます。御歴代の天皇が民が苦しい時減税や免税を繰り返してきたのは、仁徳天皇の範に習ったのでしょう。 民の竈(かまど)のその後   古代の大阪は今の大阪とは地形が全く違っていたといいます。その大阪を開拓、土木工事を大々的に行われたと伝わるのが仁徳天皇です。大阪の礎を築かれたのが仁徳天皇なのです。そしてそのような大々的な土木工事を行われたということから、大きなお墓もできたのだろうともいいます。それはねずさんの古墳のお話等に詳しく書かれています。ただしねずさんは古墳は平野部にしかないと言われてますが、私の実家周辺には山の上に沢山古墳がありました。それらは今は残されていませんが、足利市で有名な織姫神社は山の上にあり、その神社の裏には結構大きな古墳が今もあります。   古事記によれば八十三歳にて崩御。   なお古事記では八月十五日、日本書紀では春正月の戊子の朔癸卯に崩り、とありますので、宮中祭祀は日本書紀から祭日を決めているのがよくわかります。   御陵 は百舌鳥耳原中陵、堺市堺区大仙町にあります。   大阪、難波には仁徳天皇を祀る難波神社があります。また宮跡には高津宮があります。そして若宮神社が日本全国にありますが、若宮とは八幡神社の御祭神応神天皇の若い宮という意味で仁徳天皇が祀られた神社のことです。摂社末社としてあることも多い若宮神社ですから、実は仁徳天皇の宮は意外にも日本全国に多くある神社の一つなのです。 公共事業の先駆け 地震大国の日本で巨大古墳がほとんど残っているのはなぜ? 仁 世界一大きなお墓ができたわけ 困難な時代に繰り返し語り継がれる話     ★北朝第三代崇光(すこう)天皇は、室町時代に朝廷が二つに別れた南北朝時代の天皇です。 御名は興仁(おきひと)。初名は益仁(ますひと)。 一三三四年生。 御父は光厳天皇、御母は三条秀子。 在位一三四八年から一三五一年。 光厳天皇の第一皇子である興仁親王が、光明天皇の譲りを受け十五歳で即位しましたが、翌年室町幕府の内紛が起こり全国規模の騒乱に発展、足利尊氏は後村上天皇の南朝に帰服しました。 これにより南北朝は合一し、後村上天皇が天皇となり、崇光天皇と皇太子(直仁親王)は廃されるのです。北朝の神器は南朝に収められ、崇光院には光明院とともに、太上天皇の称号が贈られました。 ところがその翌年南北朝合一は破れ、光厳上皇・光明上皇・崇光上皇と直仁廃太子は南朝の本拠地賀名生(あのう)へ幽閉されてしまいました。崇光天皇の幽閉は賀名生で二年、河内金剛寺で三年に及びましたが、南朝勢力の衰微により一三五七年開放され京都へ戻りました。 その間幕府は自らの正当性を支える天皇が不在なため、崇光上皇の弟にあたる弥仁親王を擁立、即位させたのです(後光厳天皇)。     後光厳天皇が第一皇子の緒仁親王へ譲位しようとした時、崇光天皇は御自身の皇子である栄仁(よしひと)親王への皇統返還を主張しましたが、管領細川頼之が指導する幕府の不介入方針もあって、最終的には後光厳天皇に押し切られ、後光厳天皇から緒仁親王への譲位が実現しました(後円融天皇)。さらに後円融天皇が皇子幹仁親王(後小松天皇)に譲位しようとしたときも、崇光上皇は、自らの皇子栄仁親王への即位を要求しましたが、このときは逆に将軍足利義満が積極的に紛争に介入し後円融天皇を強く支持したため、栄仁親王の即位は実現しなかったのです。しかも、子孫は皇位を諦めるよう誓約させられ、栄仁親王は世襲親王家である伏見宮家を立てられ初代当主となったのです。崇光天皇は失意のまま崩御され、遺詔して崇光院となりました。つまり崇徳天皇のように自らの皇統を絶たれたことを主張されたわけです。「光」の字は北朝の通字のようになっていましたので、組み合わせ「崇光」とされたのかもしれません。 すめらぎのお話・・・崇められ味方になりました   一三九八年崩御。   参照:「宮中祭祀」 「天皇のすべて」 「天皇を知りたい」 「古事記」 「日本書紀」 他 参

      5
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 二月六日は高倉天皇と正親町天皇の祭日・・・平氏の時代/信長・秀吉の時代

      ★第八十代高倉天皇は平安時代末期の天皇です。 一一六一年生。 御名は憲仁(のりひと)。 御父は後白河天皇、御母は平滋子皇太后(建春門院)。 在位一一六八年から一一八十年。   平滋子は、平清盛の妻の時子の異母妹で後白河上皇の別格の寵愛を受けました。「言葉にできぬほど美しく若々しい」と称えられた美貌で入内することになり、終生愛されたといいます。また、後白河上皇が不在の折りには代わりに奏聞を受けるなど政治的発言力も持っていたといいます。     第七皇子であった憲仁親王が、六条天皇の譲りを受けて即位したのは八歳、六条上皇はまだ五歳でした。この高倉天皇の即位は清盛の武力を背景に行われており、後白河上皇の権力の掌握がこれにより確立したのです。     高倉天皇は十二歳で清盛の娘徳子を中宮とし、六年後の一一七八年には言仁親王(後の安徳天皇)が誕生しました。   しかしその間に建春門院が崩御されており、後白河上皇と平清盛の間を繋ぐものがいなくなっていました。   そして言仁親王誕生の同じ年に鹿ヶ谷の謀議が発覚しています。これは後白河法王近臣の平家打倒謀議です。以前から後白河法王と清盛との権力争いが激しくなっていましたがこの後は極端に悪化、清盛は法王を幽閉して院政を停止させ、法王は源氏に肩入れするようになるのです。   高倉天皇は優しく穏やかな人柄で、父と岳父の間で心を痛めていたといいます。そのためか、言仁親王への譲位の翌年二十一歳で崩御されました。     一一八ー年崩御。   御陵は後清閑寺陵 、京都市東山区清閑寺歌ノ中山町にあります。     ★第百六代正親町(おおぎまち)天皇は室町時代末期から戦国時代時代末期の天皇です。 一五一七年生。 御名は方仁(みちひと)。 御父は後奈良天皇、御母は万里小路栄子。 在位一五五七年から一五八六年。 歴代の天皇の中で一番貧したと言われる後奈良天皇の第二皇子の方仁親王が、天皇の崩御後践祚しました。この年織田信長は弟の信行を討って尾張を統一、武田信玄と上杉謙信が川中島の三度目の決戦をしています。朝廷は相変わらず困窮しており即位式ができたのは三年後の一五六十年のこと。毛利元就らの献金のおかげでした。 即位から十年あまり後、信長が美濃を平定し天下統一の野心を示すと、天皇は誠仁親王の元服料の献上や尾張と美濃の御料地の回復を命じます。朝廷と織田家の関係はそれぞれの父の時代にもあり、織田信秀は後奈良天皇へ内裏修理費用をとして銭四千貫文を献上していました。 一五六八年、正親町天皇を守護するという名目で上洛した信長は、京都を制圧すると皇室の再興に乗り出し、皇室御料地の回復、朝儀復興の資金援助、御所の修理などを行いました。こうして天皇の勅命を引き出し天下統一に利用したのです。       また、正親町天皇も信長の武力・財力・政治力を皇権の復興に利用し、講和を仲介することで自らの権威と価値を高めました。 手厚い皇室重視策をとる信長に応えて、天皇は度々講和の勅命を出した他に、香木蘭奢待(らんじゃたい)を与えています。これは正倉院に安置されている香木で、王者が焚く香木といわれています。 天皇が特に大きく動いたのは、信長と石山本願寺との和解の仲裁でした。信長が手を焼いていたものですが、天皇自ら和解を勧める文書をしたため勅使を二度も派遣したのです。 一五八ー年、信長は正親町天皇の臨幸を仰いで「御馬揃」を行い、最後には自ら暴れ馬で場内を駆け巡り、剣をふるい矢を投げ、武力を誇示しました。これに対して正親町天皇は、太政大臣・関白・征夷大将軍のいずれかに任じ慰撫しようとしましたが、信長は返事をしないまま本能寺へ向かい明智光秀に攻められ自害しました。   その後天下人となった豊臣秀吉も信長路線を継承しました。低い身分から成り上がった秀吉には皇室の権威は欠かせず、また皇室にとっても絶対権力者との連携が必要だったのです。 一五八六年孫の和仁親王に譲位し、その七年後七七歳で崩御されました。 一五九三年崩御。   御陵は深草北陵、京都市伏見区深草坊町にあります。         参照:「宮中祭祀」 「天皇を知りたい」 「天皇のすべて」 「歴代天皇事典」  

      9
      テーマ:
  • 05 Feb
    • 漢字の「様」を使うのは神様、仏様、王様だけ?

      本日の産経ニュースにこのような記事がありました。   新聞での敬称あれこれ 子供は学齢で決まり、漢字の「様」は原則使いません 産経ニュース2017.2.5 06:00更新   朝刊の校閲作業中、出稿部の記者から問い合わせの電話がありました。 子供の敬称と表記について確認する内容だったので、今回は新聞での「敬称」に関することを書いてみようと思います。 まず、原則として人への敬称は「氏、さん、君、ちゃん」を使います。 子供の場合は、基本的に学齢を基準に考えます。 中学生以上は男女とも「さん」を使います。小学生の男子は「君」、女子は「さん」。そして、小学校入学前の子供には主として「ちゃん」を使うのが原則です。 ただ、記事によっては小学生に「ちゃん」を使ったり、男子中高生に「君」を使用したりしてよいこともあります。   高校野球など、運動部の男子部員に対して「〇〇君」という表現を見たり、テレビなどで聞かれたりした方も多いと思います。これは昔から使われているせいか、自然に受け入れられているようです。   こういった敬称の使い分け基準は、新聞社・通信社の表記慣習としてほぼ確立されていますが、現在の弊社用語集には明確に記載されていないため、時折、問い合わせがあります。   冒頭の問い合わせでは、「くん」は漢字の「君」を使うか、それとも平仮名の「くん」がいいのか、ということを尋ねられました。   原則の通り「君」の方を推奨しましたけれど、少し興味がわいたので、ざっと記事データベースで調べてみたところ、過去1年間の記事の中で10例ばかり「くん」と平仮名を使っている記事がありました。ちなみに「君」の用例はその15倍以上でした。記事内容の硬軟で判断し、優しい印象のある「くん」が使われたのかもしれません。 原則以外の敬称で特徴的なものと言えば…。すぐに思いつくのは、相撲の力士の場合でしょうか? 番付が十両以上の力士には、「さん」などではなく「稀勢の里関」のように、「関」を使います。   ですが、スポーツ選手や芸能人の場合は、社会活動や事件、事故、訴訟などスポーツ競技・芸能活動から離れた話題、記事のときにしか敬称をつけず、「本業」の活動を報じるスポーツ記事や芸能記事では、名前だけで敬称なしになっていることが大半です。   皇室(天皇と皇族)に対する敬称ですが、天皇については、常に「陛下」とします。   臨時に行われる特別な国事行為や、極めて重大な事象についての記事初出では、皇后、太皇太后、皇太后は「陛下」。皇太子、皇太子妃は「皇太子徳仁親王殿下」「皇太子妃雅子殿下」のように、初出は名前を付け、敬称は「殿下」です。   その他の皇族の場合、「秋篠宮文仁親王殿下」「常陸宮妃華子殿下」のように宮家の当主は宮号、妃は宮妃の後に名前と敬称である「殿下」を付け、内親王、王、女王は、名前+「殿下」となります。   一般の公務や私的な行為の場合は、天皇陛下以外の敬称は「さま」で原則、統一します。さて、敬称で「さま」がつくのは皇族だけですし、敬称とは違いますが、漢字の「様」を使うのは神様、仏様、王様などです。   キングでもクイーンでもない米国大統領にも、もちろん使いません。「トランプ大統領」、場合によっては「トランプ氏」などとなります。   ただ、現在の新大統領の振る舞いを見ていると、つい、「トランプ様」とでも呼びたくなりますが…。(い)   ・・・・・・・ ※赤字や太字は私がつけました   一般の人々への敬称は問題ないかと思いますが、皇后陛下をはじめとする皇室の方々への敬称についてはもっともらしい記事となっていますがおかしいと思いませんか?   おかしなこと ①初出には敬称を使用すると書かれていること。敬称ですから最後まで使うものです。 ②親王の言葉がもれていること。 ③親王・内親王については称号があるお方は称号を使うべきであるがそれが書かれていないこと。皇太子殿下(浩宮)、秋篠宮殿下(礼宮)が成人する前は、それが(ある程度は)守られていました。現在敬宮内親王殿下の称号が使われていないのはおかしいのです。 ④一般の公務や私的な行為の場合は天皇陛下以外は「さま」で原則存在とありますが、天皇・皇室はご存在そのものが公的なものです。 ⑤「様」は一般的にも使用されている敬称です。「さま」と「様」の違いもおかしな話です。表記の問題であって、言葉の「様」に変わりはありません。平仮名の「さま」と漢字の「様」を読んだときにどう分けるのでしょう?子供の場合ならまだしも、「様」を平仮名表記するのはバカにしているような気がするのは私だけでしょうか?     私が子供の頃、NHKに鈴木健二というアナウンサーがいました。映画監督の鈴木清順氏の弟であり、その声質や多くの名物番組も持ったことからとても人気で紅白の司会を何回も行ったこともあります。NHKには歴史系の番組が必ずありますがその先駆けとなったのは鈴木アナウンサーの「歴史への招待」ではないかと思います。著書も多く私も何冊か読んだ覚えがあります。しかし、とても人気のあったアナウンサーであったのにも関わらず、定年退職後民放に行かれることもなく、当時不思議に思ったことを覚えています。最近ふとこのことを思い出した時に、こういう言葉の乱れに敏感であったために、民放に行かれなかったのではないかと考えてしまいました。   その鈴木健二氏の著書の内容はほとんど覚えていませんが、一つだけ覚えていることがあります。それは言葉というのはバランスがあり、それは言葉の始まりで決まるという事です。例えば、「ぼく」で始まれば「ぼく」が語る口調になり、「おれ」で始まれば「おれ」の口調になります。そして「私:わたし」と「私:わたくし」でもその口調は変わっていきます。「ぼく」は、ですます調や断定調に語るかもしれませんが、「ございます」といような口調にはならないでしょう。「ございます」という口調になるには、やはり「私:わたくし」で始まらないとおかしな感じになってしまいます。だからこそ言葉の始まりがとても大切であるという事です。詳細は違っているとは思いますが、このような趣旨のことが書かれていたのです。   バランスというのは、他にもあります。世の中には対になっているものが沢山あります。そしてその対にもバランスがあります。男といったら女です。男と女性とは言いません。女性というなら、対になるのは男性です。言葉にはそういうバランスがあります。   敬称にもそれはいえます。天皇陛下といえば皇后陛下です。天皇陛下について語っている言葉の中に、皇后陛下が「さま」で登場するのはおかしなことです。そうした対の認識が書けているから、親王の言葉がもれるようなことも起きたのでしょう。   「さま」については親しみを込めて呼ばれる方も多いです。ただし、マスメディアが報じる場合の「さま」が本当に親しみを込められたものかというと疑問を感じざるをえません。なにしろじわじわと日本の敬称の破壊を行ってきている現実があります。マスメディが使用している言葉に、人々はつられるものです。だからこそ「生前退位」という言葉も一般化してしまいました。しかしそもそも「生前」も「退位」も普通には使用しない言葉です。あまりにも失礼すぎる言葉だからです。だからこそ違和感を感じている方も多くいたわけですが、あまりにもマスメディアがこの言葉を使用したがために、その方々も「いわゆる生前退位」と表現せざるをえなくなっています。産経新聞は今では「生前退位」の表現を止めましたが、長い間使用したことに変わりはありません。そして、産経新聞は日本の新聞の中ではまだいい方としても、何度もその失態を竹田恒泰氏が指摘しています。   言葉は思考に関わってきます。だからこそ、思考の破壊をするために言葉の破壊が狙われるのです。人には習性がありますから、違和感を感じている言葉でも何度も聞かされていると抵抗感が減ってしまいます。そうしたことを狙われているとしか思えないのが現状です。     かって植民地になった国々は、言葉が奪われています。現地の言葉の教育を促したのは、植民ではなく併合しかしていない日本ぐらいでしょう。   アジア、アフリカ、南北アメリカ、等、現地の元々の言葉や文字が公用語として使用されている国がどれだけあるでしょうか?     日本人の言葉、日本語を護るのは日本人だけなのだということを私達はもっと意識しなくてはいけないと思います。     言葉を考えよう(^O^)/ 敬語は社会の知恵  拡散希望「生前退位」という造語の使用はやめましょう やっと→産経新聞は今後、「生前退位」ではなく「譲位」とします ”言葉というもの~皇室への敬称を考える~”

      10
      1
      テーマ:
  • 04 Feb
    • 三度目の春、立春・・・やってみよう(^^♪

      本日は立春。今日から春です。 …あれ?旧暦1月から3月が春だったんじゃないか?はい、それも春です。つまり、月の満ち欠けを基準にした場合、旧暦の春です。 立春は、昼夜の長さを基準にしてます。冬至(昼が一番短い)と春分(昼夜の長さが同じ)の真ん中の日が立春。そして、立春から立夏の前日までが文字通り春。今年の立夏は5月5日です。つまりこれは二十四節気の春です。二十四節気は太陽の1年周期を24等分した太陽暦の暦日です。昔の暦は太陽太陰暦といいましたが、月の暦である太陰暦と太陽の暦である二十四節気を組み合わせていたからなんですね。これは農業を営む上でも重要であったからできた暦であるともいえます。だからこそ今でもこうした暦が生かされていますし、自然の営みを見る上でも、この暦は欠かせないわけです。   私は肌寒い日がなくなる日のめどを五月の連休に置いていたのですが、こういうことを知るとまちがってなかったんだ~と思いつつ、これは長年の体験で自分で気づいたもだすから、最初からこれをちゃんと知りたかったとも思うのです。   地方により、その基準も変わってくるかとは思いますが、二十四節気覚えておくといいと思います。 昨日までは大寒でしたが、今回の大寒は初日物凄く寒かったのに異様に暖かくなったり変化がありましたね。そしてその大寒のラストの昨日が節分、豆まきです。つまり節分は大晦日の行事で、穢れを祓うみそぎなんですね。つまり年神様に来ていただくという行事です。 24節気は立春から始まります。旧暦の元旦はこの立春前後、ということは立春と旧暦の元旦が重なる日もあります。 これは朔日立春といい、非常に縁起のいい日とされています。が!残念ながら次の朔日立春は2038年、まだまだ先の話です。   昔の人は二度の新年を迎え、穢れを祓ったという事なのかもしれません。何度でも穢れを祓うというのが神道的生活だから違和感がなかったのだと思います。   春というのは、希望に満ちた名前ですが、旧暦の1月朔日(1日)は春節といいます。新しい年の初めは春なんです。だからこそ、一月の和名には春のつく名前が多くあります。昔は何故真冬なのに春なんだろう?と思ったのですが、旧暦や二十四節気を知ると、ああだからなんだ、と理解しやすくなります。   初春月(はつはるづき) 孟春(もうしゅん) 新春(しんしゅん) 上春(じょうしゅん) 初春(しょしゅん) 子春(ししゅん) 開春(かいしゅん) 王春(おうしゅん) 献春(けんしゅん)   この他の名前にも春を連想させるものが多くあり、人々がいかに春を待ち望み喜んだかがわかります。名まえで春を言祝いでいたわけです。 いずれにしても、新暦元旦から何回も春を迎えるのもラスト。これからは、じわじわ暖かくなる春本番です(@^^@)/       昨日解禁された「やってみよう」のフルバージョン     歌詞も春らしいです(^O^)/ 歌詞は動画の説明欄に全文掲載されていますが、特にいいところ↓ ・・・ はじめよう やってみよう 誰でも最初は 初心者なんだから やったことないことも やってみよう 苦手な相手とも 話してみよう 知らなかったこと 見たことないもの あたらしい 楽しい  ・・・ 恐れず 迷わず 同じ今日という日は 二度とないんだから 明日よりも今日に はじめよう 知らなかった自分と 一緒に走ろう 思い立った日が 思いついた日が そこが スタートだ  ・・・ やって後悔などすることないさ 理由なんていらない やってみよう やってみよう やってみよう やってみよう やってみよう

      12
      2
      テーマ:

プロフィール

あらみたま

性別:
女性
自己紹介:
世界を知るための国学、和学、自習&愛好&探究者 それによって考えたり、思ったり、気付いたことな...

続きを見る >

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
76887 位
総合月間
49243 位
学び・教育
1197 位
歴史・仏像
307 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。